木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記・寝姿 | main | ゲンキー記・工夫・1/2 >>
キューバの医療事情
ここ数日ちょっと見直しているのがカナダのCBCテレビです。

http://www.cbc.ca/


カナダ人が犠牲になったこともあるのでしょうが、イスラエルのレバノン侵攻に関する報道に根性が感じられます。ジョージ寄り、即ちイスラエル寄りのハーパーカナダ首相に対するチェック&バランスがよく機能していることが感じられます。

おやっと思ったのが、リン・ラッセル(Lynne Russell) という、湾岸戦争の頃からCNNで活躍していた美人キャスターがいつのまにかCBCのキャスターになっていました。FOXほどではないけれど、ジョージ寄りのCNNを嫌ってカナダに移ってきたのではなかろうか、などという妄想に根拠はありません。

リン・ラッセルは押さえた声で明瞭な発音をするので、聞いていて心地良く、それに加え、ときどき口の端でニヤリと笑うような表情をつくり、これがもうちょっとのところで嫌らしくなりかねないぎりぎりの表情なので印象に残ります。好きなタイプではありませんが、女性の名前と顔が記憶に残らない私にとっては例外的な人です。

脱線した。

八月九日、CBCでキューバ特集が流れました。キューバは行った事がありませんし、この特集だけで判断するつもりはありませんが、国のありかたについて参考になると思うので一部を紹介します:

^緡堵颪鰐砧繊
特集でとりあげられた若い女性医師の月収は25ドル(2500円)。平均的なキューバ人の月収は15ドル。外国からの観光客が増え、タクシー運転手やバーテンダーは医師のニ、三倍稼いでいる。
H狃はひとりの看護婦とペアで675人のキューバ人を診ている。
ぐ貽、四時間、診療所で治療、四時間半、各家を訪ねて健康相談。
ゥューバの医療は治療より予防に重きをおいている。
Ε▲瓮螢、カナダにくらべて全人的治療、自然治癒に重きをおいている。
О緡轍革が進んでキューバの幼児死亡率は減り、平均寿命は77.1歳になった(アメリカ77.3歳)

キューバは経済危機に瀕したときでも最低生活を国が守るという姿勢を保ったので、国民は政府を信頼しているとレポートしたところに、カナダはアメリカになるな、というメッセージが込められているように感じました。そういえば、去年は大勢のアメリカ人がインフルエンザの予防注射をアメリカでしてもらえず、カナダにやってきました。

医療費が払えなくて自殺に追い込まれるマケグミの数を増やしながら、カチグミになることを奨励する社会より、貧しくても国民すべてが安心して暮らせる社会のほうが上等ではないでしょうか、コイズミさん。

七月三十日にのせた「幸福世界地図」を見たら、キューバは83位、やはり日本(90位)より上でした。

(ブログランキング)に入っていますhttp://blog.with2.net/link.php?310164をクリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:33 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1308
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters