木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記・満足 | main | war・戦争 >>
パピヨンできなかった1974年
渦巻く海へ飛び込んだマックイーン、足がすくんで飛び込めなかったホフマンを見て落ち込んだ気分になった1974年の夏のことを書いておきます。

1972年、初めてBC大学をみた日に、やがて留学を終える時が来る、このような美しいい地を去るのがさぞかしつらいことであろうと思ったのですが、案の定、帰国の日がせまるにつれバンクーバーに残りたいという気分が大きくなっていました。

カナダの会社数社から就職勧誘を貰っていたことや、韓国三星グループから派遣されていたオムが会社をやめてドクターコースに進んだことで大いに気持ちが揺れ動いたのです。

しかし苦労して留学制度をつくってくれた先輩たちのことを考えると会社に戻るべきだというのは自明。第一回生の自分がやめれば、あとに続く留学生もやめるのが出る、留学制度がなくならないとしても留学生の選考がやりにくくなる。

ということで、そういう思いをバンクーバーを離れたときはきっぱりと断ち切っていたのですが、ハワイから日本への飛行機のなかで「パピヨン」を見てうーんとなったわけです。飛び降りたい!

そういうモヤモヤした気分はその後も戻ってきましたが、それを最後まで押さえ込むことができたのは良かったと思っています。私が知っているかぎり転職に走った留学生は少なくとも十年ほどはいませんでした。その後は追跡調査していないので知りません。

それに、あのときパピヨンしていたら、いまごろは職責を利用して小遣い稼ぎをする日吟葬祭や害交漢を批判するなどできません。うん?旺盛にして健全なる(笑)わが批判精神はパピヨンできなかったことが原因なのか。

(ブログランキング)に入っていますhttp://blog.with2.net/link.php?310164をクリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。


| おのまのプロフィール | - | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:28 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters