木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 小沢一郎氏はボケ老人? | main | 石井光太氏のブログ・日本のインド化 >>
林雨 第七回 かねは天下の回りもの
低金利政策のおかげで預金者は1000万円を銀行に預けて年に1万円の利息を得、1000万を預かった銀行は消費者金融業で運用して150万円の利息を得ます。預金者、消費者から銀行へ149万円の移転が行われるわけです。

銀行はニンゲンの体で言うなら血を体のすみずみまで届ける心臓の役割をになっていますが、1980年代後半のバブル経済をみずから演出し、煽った多くの銀行が不良資産を抱えて死に瀕し、実際に死んだ銀行もあったわけです。心臓を回復させるための所得移転が必要であったことは間違いありません。 

しかし心臓を助けるために行った所得の移転は一時的に必要とされた悪であり、心臓が回復したら今度は体のすみずみに血が届けないといけません。預金金利を上げる、消費者金融の金利を下げるなどによって、預金者、消費者に借りを返す、すなわち所得移転の方向を反転させないといけません。

国家機関に奉職するひとが、人為的な所得移転・必要悪に便乗して益を得ることをもって自らの才覚と思うのであれば愚者であり、悪と知って八百長マネーゲームに加わるのであれば背信の徒といえますが、小泉純一郎氏の国家経済運営チームは愚者と背信の徒で占められているものだから、少数のカチグミが肥える一方で日々増大するマケグミはやせ細る、自死に赴くという現象がおきています。

1998年にノーパンしゃぶしゃぶ「楼蘭」会員としてその名を高め、6160万円の退職金と共に日銀を去った福井俊彦氏が2003年に総裁として日銀にカムバックしたときは驚いたものですが、八百長市場主義にとりこまれて、あるいは自ら進んで八百長をプロデュースして1000万円を六年で2437万円にしたなどは哀しい話ではあります。問題なしと言い切った小泉純一郎氏については、そんなニンゲンだと分っているからなんの感慨もありません。

必要悪の役割が終わったら、福祉を充実させることも必要ですが、小泉改革なるものはここでも逆行しており、その一例がリハビリ医療の打ち切りです。詳細は「文藝春秋」七月号に免疫学者の多田富雄氏が書いているので省きますが、私の友人に一年まえに脳梗塞で倒れてリハビリ中の人がおり、医者によるリハビリが打ち切られます。ご家族の心痛はいかばかりかと腹が煮え繰り返る気持ちです。

青い目主導による八百長市場を容認し、そこから生まれるカチグミになることを恥とおもわない小泉純一郎氏・竹中平蔵氏の国家運営では日本が心臓肥大の病人になります。日本運営にあたる人は「かねは天下の回りもの」と知って健全な国家運営をする人でないといけません。 

span style="color:#0000FF">(ブログランキング)に入っていますhttp://blog.with2.net/link.php?310164をクリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

「地域情報→海外→北米」というカテゴリーで36位から42位に落ちました。ぼちぼちいきまひょか(笑)
| おのまのプロフィール | 政治経済 林雨編 | 03:04 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:04 | - | - |
久し振りにお邪魔します。東京で経営コンサルタントという自営業をはじめて、はや7ヶ月目に突入しました。最近の、おのまさんの”純ちゃん”チーム批判に「やれやれ、もっとやれ〜」とエールを送っています。やっと、おのまさんらしくなってこられたと。ともかく平衡感覚を失くして、「お金お金」と言い続けたのが純ちゃんチームですから、ここらで罰ゲームを受けてもらいたいものです。「改革」の中身は、高級官僚(若手)や金融系の一部財界人(お年寄り)にポストを新設して、分配してるだけですよね。全然、小さな政府になってません。その上、社会福祉はますます小さくなっていきます。アメリカまで行って、男芸者してる場合(ブッシュの前で振り付けつきで、歌わなくてもいいですよね)じゃあないですよ。いうことで、今年も総理大臣としての、靖国神社参拝には絶対反対ですからね〜。
| けん | 2006/07/09 11:10 PM |

けんさんもご存知の通り、本来おのまは人の蔭口はいわない人格者(笑)。ここ十数年の日本の政治経済は見るのも聞くのも嫌い、まして書いたり話したりすると気分がわるくなります。

林雨・第七回も我ながら嫌な話を書いたと自己嫌悪感が生じ、同じように思う読者もたくさんおられるだろうから辞めましょうかと編集長にお伺いを立てたのですが、このままでよろしいとのこと。けんさんから激励もあったので続けます。

小泉氏の浅慮、無責任、無慈悲、軽薄なふるまいは嫌いですが、彼がA級戦犯が祀られている靖国に行くのは構わないという考えに変わりはありません。

国際条約にあった「戦犯」の定義から逸脱した「A級戦犯」というまやかしによるマインドコントロールから抜け出すことが必要だと思います。

日本人が戦勝国によって押し付けられた「戦犯」をまともな問題だととらえるのは思考停止の極みであと思うのです。だいいち、東京裁判をしきったマッカーサーやウエブらが後にあれは自分たちが間違っていたと言っているです。

多数だから良いというわけではありませんが、中国、韓国、朝鮮はおかしい、日本より中国、韓国が嫌いという国が多いのではないでしょうか。
| おのま | 2006/07/11 2:26 AM |

書くのを忘れました。

先の戦争の日本人による総括は終わっていないと思います。日本人みずからの総括の過程で「戦犯」の何人かは責を問われることになるのだろうと思っています。
| おのま | 2006/07/11 2:31 AM |

靖国は平行線として(笑)、テポドンはいかがでしょうか?今日テレビでやっていたのですが、中国、ロシア、アメリカともに、「北朝鮮は困りものだが、そんなすっごい目くじら立てることか?」ということみたいです。「空砲じゃないか」ということらしいです。ロシアは「一番近くに落ちてるのはウチなんだけど、あんまり危ないとは思わない」と。日本の政府は「先制攻撃も必要じゃないか」みたいな勢いですが、なんか空振りしそうな気配が濃厚です。これも中国や韓国に毒された私の目が歪んでいるのでしょうか。「なるほど」と思ってしまいました。
| けん | 2006/07/11 7:53 PM |

朝鮮がミサイルをうちこんでこようと核兵器の実験をしようとめくじらをたてなくても良い。したがって日本が軍備強化をしてもめくじらをたてることはない。ということになるでしょう。

日本にミサイルが届くんだよ、核兵器があるんだよ、拉致をしているんだよという敵対行為を誇示するメッセージを送ってくる朝鮮は平和であった日本海を戦争の海に変える危険な隣人です。

党首質疑でみたらすっかりのんきなジーサンになっていた小沢一郎氏に耳を貸していたら時すでに遅しと臍(ほぞ)を噛む日がくると思います。この辺は外国に住んでいる日本人の感覚が当たるのではないでしょうか。

日本は大騒ぎしていると騒いでいる韓国に対する問いかけ方法を十二日の日記に書きました。あの論で進むとアジア諸国が軍備強化の悪循環に陥る危険があるので残念に思います。しかし、朝鮮が暴走しはじめた今はジーサンやノム様にはあいまいにしてあまい思考ではなく、平和のための具体的、現実的な思考を求めないといけないと考えます。未来に無責任なジーサンやノム様が未来に対するなにがしかの影響力をもっているというのは厄介なことです。

朝鮮の脅威についてもけんさんとは平行ですかな(笑)
| おのま | 2006/07/12 2:30 AM |

平和を愛する国家や諸国民など少なくともご近所には無いどころか魑魅魍魎の跋扈する世界。
日本国は国連に決議案などで一応拳を振り上げては見た。が
アメリカは煽るだけあおって、はしごを外してしまった。
結局は日本国にとって本当に信頼できる国などありはしない。

国も人間も「独立独歩、自立自営」が基本、その上でお互い対等にお付き合いするのが肝要かと。
建前は独立国でも実質はアメリカの属国であることは全世界の共通した認識。
シナも半島も日本国を相手にしていない、当てにするのはお金だけ。
日本国にとって自主独立の気概と軍事力の整備が喫緊の課題。

靖国ですが。
戦犯は本当に加害者ですか?
戦犯は被害者ではないですか?

戦前の日本が民主国家であったと思うじいちゃんにとって
敗戦の責任は他ならぬ主権者である我々日本国民であると思います。
東條氏が今の「金将軍」であって、自己の利益のために戦争を仕掛けたのだったら別ですが。

小泉は靖国参拝の義務がある、だって自分で公約したんでしょ?
国家の総理大臣として参拝を義務付けているのではありませんからね。
問題にする方がおかしいと思います。


| じいちゃん | 2006/07/12 12:13 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1269
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters