木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 続 愚・小泉純一郎 | main | 続続続 愚・小泉純一郎 >>
続続 愚・小泉純一郎
低金利政策の狙いは不良債権で死に体になっていた銀行を救うことにあり、只同然で必要資金を調達し、それに金利を上乗せして運用した銀行は莫大な利益を得ることができました。預金者から銀行へ所得の移転がおこなわれたわけです。

銀行が調達した資金を何処かで運用するという行為は、ニンゲンの体でいえば、いったんとりいれた血を体の隅々まで送り出す心臓のようなものですから、非難されることではありません。死に瀕している銀行=心臓を回復させるのは必要なことでした。

しかし、銀行が莫大な利益を得るということは、心臓に血が滞っているようなもの、体のどこかに血が行き届かなく、壊死していることでもあります。

壊死が起きないように思いをめぐらすのが国家運営にあたる人に求められる役割なのですが、残念ながらコイズミ、タケナカの国家運営観はそうではありません。カチグミ、マケグミを作ることを善しとし、従って、ホリエモンさんを支持し、日銀総裁のマネーゲームをとがめない、自死に赴く弱者を切り捨てるのです。

所得の移転は一時的な必要悪であると認識している人、国の隅々まで愛と哀の心で見ることのできる人をリーダにしないと、日本は心臓だけが肥大した、はなはだ奇怪な姿となり、ほどなく全身が病に冒されることになるでしょう。

ブログランキングなるものに登録しました。

http://blog.with2.net/link.php?310164をクリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

ただいま「地域情報→海外→北米」というカテゴリーで182位。前日から22位上昇。結構(笑)

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:02 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1254
高所得者層、法人を厚遇する施策から、「社会・会社から疎外される若年者層」に対する施策を!!
私のブログの最近の目的の一つを記載しよう。低所得者層、個人を犠牲にし、高所得者層、法人に対する減税措置を推進している、コイズミ・奥田路線は、若年者層を社会・会社から疎外している。と言うことを言いたい。[原記事は、2006年6月19日に掲載したものです]
| 青山はここにありました | 2006/06/24 2:34 AM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters