木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< マヒン家のモミゴト・その後のその後 | main | 気になるでべそ >>
恐怖・自覚できない
二年前の日記に、めまいで立ち上がれなくなり病院へ運ばれたあとで起きた記憶違いのことが書かれています。

「ああいうことがあった直後は気力、体力が衰えるだけではなく記憶も乱れてしまうようです。いや、こう書いている今もなお乱れていることの自覚がないのかもしれません。恐いなあ」

二年後の九日、明け方、自覚できないことのオソロシサを夢で見ていました。

後ろ足で立ち上がっている小熊がいて、前世は人間の女の子。女の子は可愛い顔であったが盲目、自分の顔を鏡でみることができなかった。「見る」ということがどういうことなのかを理解しようとしたが分からず、日々もがいているような気持ちを抱いたまま死んだ。熊に生まれ変わって「見る」ということが分かった。

夢のなかで、女の子の絶望的な気持ちが伝わってきたのですが、それが急に膨らみ、自分も何かを理解しようとしているけれど、それはニンゲンでいる限りは不可能なことなのだという思いに襲われました。絶望感の凄まじさで気が狂うと思って目がさめたのですが、暫くの間は動悸がとまらず、汗びっしょりでした。

「見えるから見えないことが分かる」
「見えなければ見えることが分からない」

自覚できないナニカが在るけれど自覚できないからそれが在るということすら分からない。だからといって絶望することはない、あらゆるものを自覚する要などない。汗が収まってからそう考えました。

今、分からなくても良い、今、得られなくても良い、否、永遠に得られなくても良い、と思わないことには生きていけないよと思うのが「悟り」なのか、それとも魔王の手から逃れようする「臆病」なのか。どちらにせよ恐怖から解放されるにこしたことはありません。

| おのまのプロフィール | 非日常感覚 | 05:11 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:11 | - | - |
テレビはニュースしか見ないのにたまたまニート問題の番組を見てしまった。
よく喋るニートが質問され発言。
「食えるから働かない、何もしないでいる心算もない、人に迷惑かけていない、人の事構うな、親が死ぬのを待っている、云々・・・」
これは夢か、現実か、はたまた幻か?
じいちゃんはおったまげてウロウロウロウロ

いやなもの見ちゃったなあ・・・
でも、自覚できない、分からない、って悟りじゃないよねえ。

しかし、じいちゃんでも2〜3億宝くじでも当れば仕事しないかもなあ・・・・
そうなったら何するかなあ・・・・
ニートでもするかなあやっぱり。
ありゃ、ニート取りがニートになった(^^);

| じいちゃん | 2006/06/10 8:22 AM |

ニート・Not in Employment,Education or Training

「国破れて山河あり」は「国がバラバラになっても・・」とも解釈するそうですが、片方にニートが増え、片方に金儲けに執着するアウトローが増えている今の日本はやぶれているのでしょうか。

しかし、モノや情報があふれている日本を見ると、そこに生きているだけで、広義の教育、訓練を受けているのではないかとも思えてきます。狭義の雇用、教育、訓練であくせく生きてきたおのまは、人の事構うなと言ったニート氏は恵まれているのかもしれないと複雑な気分です。

破れたりとはいえ、日本は我が世代がおったまげるほど「良い国」になっているのかもしれません(笑)。
| おのま | 2006/06/10 1:28 PM |

おのまさん、おもしろい夢です。ご本人は動悸、発汗を伴う恐怖を体験されたというのにこんなこと言うのは失礼ですが、悪戯好きなクロクマ・スピリット(!)にからかわれましたね? ほら、先日 Black Bear ラベルの黒ビール飲んだでしょ? ついでに言うと、あの時傍にいた黒熊の共犯者である琥珀色のクレマチス、花言葉は「たくらみ」です。

笑われるでしょうけど、時々私は夢の中で、いわゆる前世らしき過去世体験をすることがあるのです。潜在的な想像力に由来するものかもしれませんが、いずれにしてもなかなか面白い体験です。その時々の世で与えられた自覚できる感覚には限界があって、能力を獲得するには(女の子と小熊のように)適切なタイミングがあるようです。その代わり欠落した感覚があったとしても、それを代償する他の感覚が少なからず発達していてうまくバランスがとれているのです。
だから私の場合、現世では「飛ぶ」ことが出来なくてもかつては可能だった(と思う)から、またこの次くらいには期待してみよう♪ と絶望するどころか実に楽観的なのです。
| Ferri | 2006/06/11 6:17 PM |

Ferriさん、ビールの黒熊、たしかに後ろ足で立ってますよ。複雑な夢を見たと思ったのですが、単純なものですね。前世体験をしたことはありません(多分)が、現世でかなえられないことがあってもいいではないかという姿勢には同感です。

まりたんさん、宝くじが当たらなくても良しとしましょう。そもそも、ほとんどの人が当たらないように出来ているものに期待するなんてばかげています。おのまも時々買いますが(笑)
| おのま= | 2006/06/12 4:41 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1237
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters