木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ウイスラーで滑る | main | ウイスラーで滑る・ゴンドラの中での会話・2 >>
ウイスラーで滑る・ゴンドラの中での会話
●ウイスラーのゲスト・リレーションズという所で顔写真いりのパス(昨日のせた写真・首からぶら下がっています)を作ってもらい、ゴンドラに乗り込んだのが十時近く。

ゴンドラ乗り場はすいていて目の前にいるのは白人のご婦人がひとり。スキーもボードも持っていません。二十分も乗っているゴンドラで二人きりになるのは気が重い、しかし避けるのも失礼だしという一瞬の迷いがありました。

白人女性はその匂うように美しい顔(かんばせ)が十代後半を過ぎると激しく変容してしまうことが結構多く、、、脱線だ。この話題はやめよう。

一緒になったご婦人は年のころ四十五、六に見えますが、あるいは三十代かもしれません。みずしらずの男とふたりきりになるのは気が重い年代ではないでしょうか。

胸に名札をつけていたので、そこから会話を始めました。( )は私の内心です。

「ここで働いているのですね」
「イエス、レストランで」

(ウェイトレスやレジ係りという雰囲気ではない。雇われ店長? オーナーという風情でもないけれど、見かけでは分からない。グレンイーグル・ゴルフで一緒になったマイクとドリーンだって老舗のレストラン・オーナーには見えなかった。あの日、傷ついたカラスを抱き取った。二年になる)

「雪が少ないですね」
「四月末までは麓まで滑ってこれたんだけれど」
「あなたも滑るのですか」
「ええ。ウイスラーにきて十六年ですから」
「BC州の出身?」
「いえ。イングランド」
「イングランドで生まれた?」
「そう」
「英語はカナダ人の英語ですね」
「すっかり変わったわ」
「イングランドには行くことがありますか」
「年に一、二度は行ってます」
「だったら、イングランドのことを忘れないですみますね」

(変なことを云ったな。彼女が三十五歳だとすると十六年まえは十九歳。だったら、十六年イングランドに帰らなかったとしても、忘れたりはしない。やっぱり一台あとのゴンドラに乗ればよかった)

「カナダの生活にはなれましたか」
「とっても気に入ってるわ。イングランドにないものがある」
「たとえば」
「自然」
「イングランドも美しいと思うけれど」

(1992年、ロンドンから汽車、車でスコットランドまで行ったけれど、あのとき見たなだらかな起伏の景色は良かった。ところで、どこからどこまでがイングランドだったのだろう)

●↑気になるので調べました:
イングランドはブリテン島の南部約3分の2を占める。北方はスコットランドに西方はウェールズと接する。

イングランドの大部分はなだらかな地形であるが、北方には山岳がある。地形は、ティーズ川とエクス川を結ぶ線で分けられる。


| おのまのプロフィール | スキー  | 01:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:32 | - | - |
小説になるような雰囲気と会話とコメントで、楽しかったですね。(未だ続くのかな?)
おのまさんが素敵な人生を過ごされているご様子、窺えます。英語でこれだけの会話をするのは、ちょっと難しい。一般会話は特にね。
| Caro Ideale | 2006/05/15 11:26 PM |

Caro Idealeさん、三日連続の話はご期待に添うような展開にならずモヤモヤされたのではないでしょうか。

ジョン・ル・カレ原作のThe Constant Gardenerという映画(日本では、ナイロビのなんとかという題)は男女の出会いと小説のような(笑)展開、アフリカの自然、先進国の邪悪、偽善、抹殺される正義などが絡み合っていて、面白いですね。ああいう世界から程遠い「素敵な人生」を送っています(笑)
| おのま | 2006/05/17 4:44 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1209
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters