木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 大後輩たちの声 | main | 大相撲五月場所初日 >>
林雨・第三回

変えたばかりの装丁を元に戻しました。黒をバックにした装丁は好きですが、グラフィックな要素が勝ち、ただでさえ貧しい文章がますます貧しくなる(謙遜・笑)感じがするようです。


きっこさんがとりあげた「亀田兄弟の八百長ボクシング」を私もたまたま見ていました。ひどい番組であったことに同感するとともに、日本のマスコミはくるところまできたかという思いがします。半年ぶりに見る日本のテレビは思考停止に陥った、あるいは陥る寸前の視聴者に与える覚せい剤のごとき番組が多くなっていて、国をあげてコイズミ劇場のペースで動いている感があり、うそ寒い。

政・官・民のいずれもですが、「中枢」にいるオトナたち、そのグループにシンパシーを感じる「周辺」のオトナたちが陥っている思考停止、あるいは横着な思考・行動様式と一般庶民の無意識界とがシンクロナイズするとき日本はとてつもない悲劇に遭遇することになるでしょう。経済が回復しているかのようにみえる今は十五分間の幕間(まくあい)。

しかし、昨日大後輩たちの声をラジオで聞いてみると、覚せい剤的マスコミにひっかからない若者たちもいる、その数は多いのではなかろうか、オトナとコドモ(大後輩たちはこっちのグループですよ・笑)の冷たい断絶が深化しつつあるのかもしれないとも思いました。


前に書いた日記を元に「林雨・第三回」を書きました:

2004年10月、一人の若者がイラクで人質になりました。香田証生、24歳。

「小泉さん、ぼくは、また、日本に帰りたいです。すみません」という映像とともに誘拐犯から自衛隊撤退要求がテレビで流れました。

青年をみて、多くの日本人に共通する隙だらけのヒトだな、面倒見切れないなとは思いましたが、そうはいっても日本人、どうすれば同胞を救出できるのかを考えていました。

考えるまもなく小泉首相は即座に「撤退しない」と答えてしまいました。その時点で青年の死が確定する、なんで時間を引き延ばしながら交渉しない、ブッシュに媚びたいのか、それとも小泉というのは単純な思考しかできない男なのだろうかと情けない思いでした。

朝鮮の金正男が不法入国で逮捕されたことがあります。そのまま拘留して、拉致事件解決のカードに使えると思ったのですが、そんなことは一切することなく、いそいで朝鮮に送り届けました。小泉という男は金正日に媚びたいのか、それとも単純な思考しかできないのだろうか。

「プータロー」とあざけった国会議員、「100ドルしか持っていなかった」「短パン姿だった」「やめろと言ったのに行った」と見殺しにして良いという保険をばら撒いたマスメディアが小泉首相の死刑宣告の後押しをし、48時間後、青年は処刑され、生首が切り取られていく映像がインターネットで世界中に配信されました。

生首の映像は大人に逆らう子供はこのようにお仕置きされるのだという見せしめである。そう認識した子供は大人と決別したでしょう。そういう大人にはならないとひそかに誓った強い子供、力が抜けてしまった弱い子供、共にです。

子どもは大人に迷惑をかけ、大人はひやひやしながらその尻拭いをします。尻拭いしようとしなかった、いや、手ごろな言い訳をほざくだけで、実はその力が無かった大人、小泉、国会議員、マスメディアを理解しあえる同胞であると思う子どもがいると期待するのは愚かというものです。

| おのまのプロフィール | 政治経済 林雨編 | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:42 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1203
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters