木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 未来予測・2 | main | 未来予測・3 >>
咳・覚えていますかSARS
直るまであとひとつきもかかるのは敵わないと思った咳をかかえたまま日本出張となりました。飛行機のなかではマスクをしていました。

このマスクは、スキーをしている時に冷たい空気がそのまま肺に入らないためにと思い、日本からの友人に持ってきてもらったもの、冷たい外気と自分が吐き出す温かい呼気とがマスクと鼻のあいだで混ざって吸い込まれる空気が温まるだろうと思ったのです。吸気を温める効果は思ったとおりでしたが、同時に温かい空気がマスクの上に抜けてめがねを曇らせるのでやめました。

咳によくないのが乾燥した空気。飛行機の中は乾燥しています。水で湿らせたマスクをして行こうと考えたのですが、湿ったマスクだと冷たい空気を肺に取り込むからかえって良くない、乾いたマスクでも湿り気は生じると教えてくれた人がいました。なるほど、スキーをしたときにめがねが曇ったのだからその通りです。

そういうわけで、生まれて初めてマスクをして飛行機に乗りました。と書いたところで、SARS騒ぎがあった時はマスクをしないで飛行機に乗っていたのを思いだしました。二年前の騒ぎを覚えていますか。知っていますか、SARSって何の略か、日本語でなんというのか、どういう症状か:

Severe Acute Respiratory Syndromeの略、「重症急性呼吸器症候群」。

SARSコロナウイルスとの密接な接触後、通常2〜10日(平均5〜6日)たって、38度以上の急な発熱、咳、息切れ、呼吸困難などインフルエンザのような症状がみられる。

発熱が初めてみられてから約1週間後に、呼吸困難や咳など、肺炎の症状が現れ始め、それとともに他の人への感染力も強くなって行く。胸部レントゲン写真をとると、肺炎または呼吸窮迫症候群の所見が見られる。香港からの報告では、下痢症状も比較的多くみられ、頭痛、さむけ、食欲不振、全身のだるさ、意識がはっきりしないなどの症状が見られることもある。
(資料:国立感染症研究所HP)

咳はおさまりました。診てくれたドクターや知人より二週間も早い回復です。熱や下痢はありませんでしたが、咳と呼吸困難は重症でした。体力、気力ともにもうひとつ、井上氏の話が脱線したままで進みません。二年前は元気だった、若かった(笑)。
| おのまのプロフィール | 現在 | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:27 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1193
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters