木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< シーモア・4・ミステリーピーク | main | 林雨 第一回 >>
シーモア・5・イースターバニー


…匹いけるまでもなく、バニーは待っていました。最終日を祝うスキー場からの贈り物でした。



△海里佞燭蠅皀好織奪佞世修Δ任后H人雪とあって、大勢のスタッフが滑っていました。



H爐眛盈修任靴腓Α一緒に働いた連帯感が現れています。



せ笋シーモアのスタッフではないからハグしなかったのではありません。背丈からみてこのバニー、オスに違いないと思ったからです。小柄なメスウサちゃんなら熱烈抱擁したかも(笑)

バニーのまわりに人が集まってくるのをあとにして、片栗粉ゲレンデを一気にすべりました。うーん、満足。



ズ能のリフトに乗って景色を眺めていたら、バニーが滑ってきました。伴走している人が写真を撮っています。ふたりとも見事な滑りです。




ΝШシーズン最後の滑降を惜しむかのように、若者たちがたたずんでいました。こういう風景を繰り返しながら青春が過ぎていく。




┃日が落ちるまで静かに待って終わるのも良さそうです。来シーズン、また会おうぜ。



迷った末に黒菱・ユニコンを滑りました。迷ったのは、最後は中級コースを気持ちよく滑りたかったのと、もしロープトウが終わっていたら歩いて坂を上らないといけないからです。

雪のせいか前回より楽に滑ることができましたが、とちゅう一度だけ停まりました。坂が急で狭いから短いターンを繰り返しながら降りるうちに両足がばらばらになるのです。一気に滑る強い脚をつくらないといけません。

ロープトウは終わっていて板をかついで上りました。百メートルしかないのに汗をかき、百歳になっても山スキーをしていた三浦敬三さんに思いをはせました。



疲れていましたが、ナイトスキーができるグラウスへ行って一時間ほど滑りました。グサグサの雪、短くて単調なゲレンデ、しかも混んでいる、景色はダウンタウンの建物、やっぱりシーモアが良い。などと云ってはいけません。グラウスのおかげで今シーズンは三十日滑り、数年のブランクを取り戻せたのですから。グラウスさん(山)、シーモアさん、有難うございました。

片栗粉 愚図り キュット ぬか娘 
カチカチ ザラザラ 全部よかった

| おのまのプロフィール | スキー  | 04:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:03 | - | - |
いいですね、本当にスキーが好きで素敵な冬を過ごせましたね。それに体力もあるしうらやましいです。
このところ体力の低下を感じている私、同い年なんて大きな声で言えません。
写真でそちらの様子を見せてくださるのを楽しみにしています。
| slam | 2006/04/22 8:46 PM |

slamさん:

例年にくらべて雪が多い年にスキーを再開できたのは幸運でした。雪質が気象、時間、場所の僅かな差でおおきく変ることを知ったのも収穫でした。

体力の低下はとうの昔に始まっていますが、山に入っているあいだは体も心も大きく変るような気がしました。

五月に入っても雪が残っているようでしたら、また写真を載せます。
| おのま | 2006/04/26 6:26 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1187
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters