木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< Win Fixer 2005 | main | 歯力+死力=1 >>
歯力・気力・記憶力
数日前に左の奥歯が弱っていることに気づき、なるべく左の歯を使うことにしました。二日前、食べていた肉に軟骨のようなところがあったので噛み砕こうとしたところ激痛が走りました。

左の奥歯の内側は六年前にトロントの日本人歯科医が削ってつめものをしてくれたのですが、二週間もしないうちに剥がれました。直してもらうとまた剥がれ、何度か同じことを繰り返して、そのうち馬鹿らしくなり直してもらうのをやめました。ということで左奥歯の内側にはぎざぎざの孔(あな)があいています。

この孔の奥にある歯肉に何かが食い込んだようです。食い込んだのが砕こうとした軟骨なのか、逆に自分の歯が砕けて食い込んだたのか分かりません。楊枝でつついたり、歯ブラシで掃いたりしても出てきません。右の奥歯で噛んでも痛みが走ります。食事をしていなくても歯をかみ合わせることがあるらしく、ときどき顔を両手で覆います。

歯をかみあわせないように気をつけているうちに、気力が減退しました。ここに書こうとおもっていることがあるのに書くことができません。すぐにやらなくてはいけないことが四つあるのに始められません。

記憶、とくに作業記憶(一時的な記憶)が落ちています。あさ、二十七日に送った原稿が短すぎると電話がありました。そんなことはない、ちゃんと字数を数えた筈と思って、原稿をみてびっくり。頼まれた原稿は一行につき二十六文字、四十行、約千文字でしたが、みたら一行につき二十六文字、二十六行の原稿を送っていました。長い原稿を四十行に縮めようとしているうちに四十という数字が記憶から飛び、二十六に置き換わったようです。

作業記憶の減退は今に始まったことではありません。五月二日、ギル・シャハムが東京で演奏すると思い込んでいました。東京演奏は五月二十八日です。来年の五月二日にシャハム&江口玲のアメリカ演奏があり、それと置き換わったようです。弱っている歯を無意識のうちにかばっていて、それが気力、記憶の減退につながっていたのではないでしょうか。

おのまの仮説:気力と記憶力は奥歯をしっかりかみ合わせることによって保たれる。「歯力・気力・記憶力」

「歯力・気力・記憶力」に関する話だったら二十八年前、シンガポールでかかった歯科医の話をしたいのですが、ここまで書いて気絶寸前、ちょっと横になります。


| おのまのプロフィール | 現在 | 04:59 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:59 | - | - |
こんにちは。
歯力、気力、記憶力ですね。以前は、「は・め・ま」と言われていました。私は、これは全部駄目です。しかし、今日は驚きました。右目は元々、10年ほど前に網膜剥離で、ほぼ視力はありません。左の大事な目が、少々遠くの物を見ると、下の方の画像が2重に見えるのです。もちろん、2重焦点レンズですが、おかしいです。ちょっと困りましたので、眼科に行くつもりです。
気力は負けません。芹沢一也氏の「ホラーハウス社会」という訳の分からない本を読んでコメントを掲載したら、2〜3日後に、もう、著者と編集者からコメントが入っているのです。しかも大量に。びっくりしました。アマゾンに投稿した「カスタマレビュー」が採択される以前です。すごいと思いました。正に監視社会ですね。私など無名なのに。...それでは、お元気でお過ごし下さい。
日本経済についての原稿読みたいですね。私も、「日本経済は立ち直っている」なんて、宣伝を信ずるほどナイーブ[英辞郎の採録から:経験が少ない、だまされやすい、ばか正直な、うぶな、世間知らずの、無警戒{むけいかい}な、認識{にんしき}の甘い]ではありませんので、同じ心境です。
| Caro Ideale | 2006/03/30 6:46 PM |

気力充実とのこと羨ましいです。私は一時間ほど歯をいじられて、ますます減退しています。

ホメイニ革命以前のイランに三ヶ月ほど出張したことがありますが、密告、検閲が横行していた時代で多くの人々がびくびくしていました。国家権力がおこなう監視は結局のところうまく機能しない代物だと思います。

情報の伝播が早いネット社会も諸刃の剣なのでしょうが、すくなくとも既成のメディアにはない力があるので、これからどう展開していくのか興味津々です。
| おのま | 2006/03/31 4:38 PM |

私は、ブログのサーフィン(とは言わないか?)をしている訳ではありませんが、関心のある「テーマ」で検索をすると、かなり多数の人が何かを言っていることを発見します。今までは、彼ら・彼女らはそのような発言をしなかったのだろうでしょうが、それが、一応は可能となり、権力サイドもそれらの情報を収集して、活用して行くことが可能となりました。
まあ、一般人民がどのようなことを考えているかを分析する人たちを大量に抱えないと無理でしょうが。これらの国家権力を悪用しないことを祈っております。血圧・脈拍が上がり、ちょっと休息が必要となりました。おやすみなさい。
| Caro Ideale | 2006/04/01 1:40 AM |

おからだお大事にしてください。

監視機構は権力側の人にも機能してくれますが、そんなもののない社会の方が住み易いでしょうね。

国家機関に携わる人がもつ権力はすべて国民から付託されているのだという民主主義の根幹から外れなければ、彼らが怖れるものはなく、従って後ろ向きの監視機関も不要のはずですが、残念ながら日本の政・官は基本から逸脱することが少なくないですね。

自浄を切に望むものですが、それができないのであればネット世界のなかできりきり舞いする時代になっています。ライブドア・自民党の灰色疑惑にしても偽メールという矮小なイシューに加工した自民・民主はネット世界で笑われています。


| おのま | 2006/04/01 5:43 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1164
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters