木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 小脳のパニック | main | 小脳のパニック・虹・未必の故意 >>
小脳のパニック・転倒
数年ぶりでスキーを再開するにあたって決意したことがあります。

モーグル(こぶ)を滑ろう、ダブル黒菱を滑ろう、十五メートルジャンプをしようなどという威勢のいいことではなく、転倒しないで滑ろうという、後ろ向きではないけれど、前向きでもないことでした。何故そんなことを決意したかというと転倒は痴呆につながるからです。

母親が痴呆症になったきっかけが家のなかでの転倒。骨折自体は大したものではなかったらしいのですが(当時わたしは海外勤務中)、弟夫妻の家で養生している間に寝たきり状態になり、あっという間に痴呆が進み回復することなく数年後に他界。

痴呆の多くは脳の血管障害で起きるとされていますが血管に障害がなくても転倒で痴呆になる、いや転倒しなくても簡単になる方法があります。飲酒、それも深酒。

二日酔いの朝に目が覚めて布団の中でグズグズしてるうちに昼になり、自己嫌悪に陥り、それでもってなおさら起きるのが嫌になり、からだに力感がよみがえらないまま夜になってまた朝を迎える、などというのは、僕にもできる痴呆の体験、今までなんの苦労もなく思い出せたものが思い出せなくなったりします。

始めは大事をとって、あるいは無精をきめこんで「起き上がらなかった」が、いつしか「起き上がれなくなった」になる。いままで自分がやってきた諸事をやらなくなる、やり方を忘れてしまう。忘れてもイノチに別状ないと意識するのかしないのか、いっそのこと全部忘れちゃえと見る見るうちに脳の皺(しわ)が消えていく。飲酒、転倒・ねたきり・痴呆。

記憶装置=長年かけて大脳に築き上げた神経細胞のビルディング。

装置を壊すには神経に栄養を運ばない(血管障害)、神経細胞を甘やかす(無精)のいずれでも良い、と大雑把なくくりですが、まあ、当たっているでしょう。なんだって無精は筋力を弱らせます。日本の外交をみてごらんなさい。安易外交が習い性となって、肝心な成果なし、隠蔽、ごまかし、先送りの積み重ね。おっと脱線。

痴呆になったらなったで本人はシアワセなんだと云う人もいますが、しかしニンゲンは考える葦(あし)→生きているあいだは考えよう→起きていよう→骨折を避けよう→転倒を避けようという、明快にして健全なる(笑)思考経路が転ぶまいという決意につながったという次第です。

決意があったって転ぶ時は転びますから、転んだときのダメージを小さくする、そのためにはスピードを出さない、ジャンプをしないという憲法を制定して、シーモアで転ばないスキーの練習を重ね、十二月にウイスラーへ行きました。練習の成果は実り、うまく滑っていたのですが、斜度がほとんどないところで立ち止まろうとして転びました。平地だから油断したなと考えたのですが、転倒はなおも続きました。一月のサンピークス、初日の美人雪の緩斜面で止まろうとして転倒。三月、グラウスで後ろからつっこんできたボーダーを避けて止まった直後、向きを変えようとして転倒、おなじくグラウスで坂を上りきってやれやれと思ったところで転倒。

いずれも止まっているときや極くスピードのないときに転倒しています。どうしてか。続きは明日。
| おのまのプロフィール | スキー  | 13:12 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:12 | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters