木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 黒い狼・やわらか戦車 | main | スキーレッスン・7・総括 >>
スキーレッスン・6・爆弾証拠
チャージしたばかりのバッテリーでしたが、寒さに弱いらしくスキーレッスンのすべては撮影できずに終わりました。最後に紹介する写真は爆弾証拠写真とリフト乗り。

ロープトウを三、四本滑ったあと、チャックというややきつい斜面に移動したときは内心驚きました。滑りはじめて一時間もたっていません。ふたりとも上達が早い。意外やアツコさんがニックの後について行き、足腰がしっかりしているゆなさんはボードの滑りの影響があって苦労しています。

さて爆弾証拠写真です。予習では親指のつけね、拇指球に乗り、前傾姿勢で滑っていましたが、チャックではかかとに乗り、後傾姿勢になっています。







踵に乗るのは別に悪いことではありません。あの日は新雪が厚く積もっていたから板の先端が雪に突っ込まないように浮かせながら滑るのは理に合っています。ただし、上半身があっとおどろきのけぞりスタイルだと、板だけが滑っていき、オットトットの玉乗りスキーになるので、いつでも拇指球に乗れるようにファイティング・ポーズを保っておくのが良いのです。普段の生活では拇指球に乗ることが少ないので滑るときはいつも意識するのが上達の早道です。

下の写真、脚のすねを靴のべろに押し付けて、上半身を脚と平行になるように前に傾けています。このファイティングポーズならからだが板に遅れません。踵(かかと)に乗ってもオットトトになりません。



最後の写真です。これを撮ったらバッテリーがあがってしまいました。



最新式のリフトは乗るときと降りるときにスピードが遅くなりますが、シーモアのリフトは旧式で乗るときもスピードが落ちないから多少緊張します。ボーダーのゆなさんは慣れていますが、初めてのアツコさんにはニックがつき、乗るときにリフトのスタッフにスピードを落としてもらっていました。リフトに恐怖感を抱かせないようにしたニックは神様。

写真は撮れませんでしたが、ニックのレッスンが終わったあとの話はまた明日。

| おのまのプロフィール | スキー  | 11:57 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:57 | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters