木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< スキーレッスン・ミュンヘン | main | スキーレッスン・3・板選び・爆弾証拠 >>
スキーレッスン・2・靴選び


今朝みた狼です。小雨が降っていて鼻先が濡れています。一日に見た躍動感はなく、考えこんでいる様子です。何を考えてるのでしょうか。ほう、日本人を幸福にするためにはどんな人が首相になったらいいのだろうか、ですか。この白い狼とは波長が合うようです。写真を撮ったあと、ゴンドラへ向うと十メートルほどあとをついてきました。黒い狼は寄ってきません。

今朝のグラウス、美人度は準ミス級の滑りやすい雪でしたが、横殴りの湿った雪がめがねにくっついて視界がわるく、そうかといって外すと目が痛くなる。百メートル滑っては目を休め、また滑るの繰り返し、風で指先が冷たくなる、リフトは混んでいる、ということで一本滑ってやめました。一本で上がったのは過去のレコード。しかし、そういう人は多く、朝十時過ぎだというのに帰りのゴンドラもかなり混んでいました。

さて二日のシーモア、スキーレッスンの話です。

アツコさんもゆなさんも雪が付いている針葉樹の美しさに綺麗!を連発していましたが、そう、刻々と変わって行く木の様を見あげながら山を登ることがシーモアで滑る魅力のひとつです。

ふたりが取るレッスンはドロップ・イン、即ち予約無し、その場で申し込むレッスンで、申し込んで一時間後に始まります。道具一式、レッスン、リフト券の三点セットで八十ドル(八千円)。三点をばらばらに買うと、三十九(道具)+三十五(レッスン・一時間)+三十八(リフト)=百十二ドルになります。ドロップインレッスンの時間は参加人数により変わります(生徒数が少なければ短い、多ければ長い)。アツコ&ゆなのふたりは二時間ちかく教えてもらいました。



レッスン申込書に名前などを書き込んで、支払いを済ませると道具選びです。最初にスキー靴を選びます。道具のなかでは靴が一番大事かもしれません。窮屈な靴だと痛いから滑る前から脱ぎたくなるし、かといって足が楽なぶかぶか靴だと玉乗りをしているようなもので、一日中オット、ト、トと叫ぶことにます。称してオットトットの玉乗りスキー♪

その辺のことは十分心得ているシーモアの係員ですから、遠慮は無用、一番良い靴が見つけるまで係員に持ってきてもらうといいです。小柄なゆなさんはもっと小さい靴、もっと小さい靴と頼み続け、子供の靴まで試しました。さすが、カナダに住むこと七年、臆することがありません。でもひとつき前に感じた印象と大分違うなあ(一月二十六日の日記)。カナダ人に負けない背丈があるアツコさんはカナダに来て一年ちょっと。二種類のサイズを試して選びましたが、五時間滑った成果をみると遠慮は無かったのでしょう。


| おのまのプロフィール | スキー  | 06:32 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:32 | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters