木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 本日手抜 | main | 本当に手抜き・ジュンの手抜き >>
イツァク・パールマンを聴いて

トロントにいたころ、何度かパールマン・Itzak Perlmanの演奏を聴く機会を逃しました。縁がなかったのでしょう。

二十二日、日曜日、オーフィウム劇場でパールマンの演奏会。バンクーバーに来るのは十三年ぶりとのことでチケットはあっというまに売り切れ。ギル・シャハムが一番と思っているので別に悔しいとは思いませんでした。

先週のこと、メル・種村氏の奥さんが日本に帰っていることを知り、では一枚あまっているかもしれないと電話をしたらビンゴ。前から八列、メルの右隣でベートーベンのバイオリン協奏曲を聴きました。

幼い頃小児麻痺にかかり、脚が不自由なため椅子に座っての演奏で、見ているとやりにくそうな感じがしますが、目をつぶるとそんなものは全く消え、よどみのない静寂な世界が心にしみわたってきます。

演奏を終えて椅子から立ち上がろうとして、何度か失敗しましたが、誰かが手を差延べることもありません。自力でステージに現れ、すわり、演奏し、立ち上がる。三度ステージに呼び戻され、最後は白旗のつもりでしょう、黒い帯のようなものを放りいれました。それでもなりやまぬ拍手に幕際まで歩いてきました。

昨年の今ごろサラ・チャンを聴いた時は感動しただけでしたが、今回は、パールマンが成し遂げてきたことに匹敵する何かを、自分はやってきたのだろうか、やっていないとすれば、これから何をなすべきなのかと考えながら雨の中を歩きました。

| おのまのプロフィール | 音楽・美術・映画 | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:05 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1081
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters