木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 三号室・レイ | main | 六号室・Pの車 >>
五号室・レン
レン、白人、経営学部。親は不動産で財をなし裕福です。レンの車はトヨタ・セリカで今まで乗った車の中で一番良いそうです。Pはこれから生まれてはじめて車を買うというのに。レンの家でのパーティーによばれ、セリカで行ったところ途中でガス欠。みんなでガソリンスタンドまで車を押したのも懐かしい。
実家は敷地1500坪、部屋数20、風呂が7室、サウナバス、テニスコート、温水プールつき。リビングルームはバスケットボールができるのではないかという広さ。モーターボートや鉄砲も見せてもらいました。レンは世界中、旅行をしており来年は日本ほかアジアを回るといいます。なるほど、それで変な日本語を練習していたのか。
日本と英国のビジネスの比較をテーマに勉強しているというので、よく質問しにきましたが、Pが北米のブランドを知らなかったと同じく、レンの知っている日本といえば、ソニー、トヨタ、ダッツンくらいでした。
ダッツンというのはダットサン、日産自動車のことで、当時の北米ではトヨタ以上に人気の高いブランドでした。このブランドは日本興行銀行出身のひとが日産の社長になったときに廃止、同時に北米でビジネスを伸ばした功労者たちを会社から追い出すなどしたため、日産は一気に劣等企業になる。再建にはカルロス・ゴーンという外国人が必要だったというのは有名な話です。
Pはトヨタと近い会社勤めだったのですが、ダッツンを廃止するなどは背任行為だと陰ながら思ったものです。ああいう社長にボーナスや退職金を払うのは間違い。甘い。あらら、話が変な方向に行った。
レンは弟のデイビーとよくPを遊びに誘ってくれ、Pが家族寮に移ってからもやってきたものです。いつのまにか連絡が途絶えてしまったのですが、そのうち探しだしましょう。
| おのまのプロフィール | ‘70年 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:45 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1053
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters