木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 2003年2月1日 | main | 変なアメリカ人 >>
朝食つきホテルの客
南カリフォルニア大学へ行くことになっている友人が、自分の泊まっているホテルは朝食つきだから便利だというので、ホテルを移りました。
朝、食堂に行ってみるとイタリア人の若者たちが三十人ほどいました。
修学旅行なのでしょう。
もうひとつ集団があり、こちらは六・七十代のシニア―。
これも旅行グループでしょうか。
食事は美味しくなかったので、ホテルをかわらなければよかったと後悔しました。
翌日も若者とシニアーのグループと一緒になりました。
ちょっと美人の女子学生が気になりました。
翌々日、若者グループは出発したらしく、食堂は寂しくなりましたが、シニアーグループはいます。
一週間後Pがロスアンゼルスを去る日も彼らはホテルに居ました。
旅行者ではなく、安ホテルを生活の場としていたのです。
彼らは死ぬまであの朝食を食べ続けるのかと気の毒でした。
| おのまのプロフィール | ‘70年 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:41 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1017
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters