木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 画家・安野光雅さんからのはがき | main | ロスアンゼルスのフリーウェイ >>
記憶ちがい
1月19日に書いた「留学するまで・続き」にヘンダーソン&クオンントと書き込んで以来Pの頭の中が変な感じです。
どうも気になるのでさきほど本をさがしてみました。
分かりました。
記憶違いがふたつあった。
ひとつはヘンダーソンではなくヘンダースン。
そしてもう一つは彼らのテキストはミクロ経済学というか、消費者行動とか企業行動を扱っていますが、国の経済政策は扱っていません。
館龍一郎&小宮隆太郎「経済政策の理論」というテキストがあり、ここには財政の章も金融の章もあります。
Pが試験で思い出したのはこれに違いないと思います。
ヘンダースン&クオントも共著のテキストでかつ小宮隆太郎の訳なので間違ったのでしょう。
いずれにせよPが経済学を苦手としていたのがまた分かりました。
ちなみに「経済政策の理論」をみるとインフレについての章はありますが、今関心が高まっているデフレに関する記述がありません。
時代の変遷を感じます。
なお日本にはインフレターゲットが必要だというひとがいますが、Pは違うと考えます。
なぜか、というのを書くと長くなるのでここでは書きません。
| おのまのプロフィール | ‘70年 | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:08 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1005
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters