木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ホノルルの役人は威張っていた | main | 画家・安野光雅さんからのはがき >>
英語が分からない!
ロスアンゼルスに到着しましたが出迎えのヒトはいません。
ロスアンゼルス支店に勤務している先輩から迎えに行ってあげようと連絡があったのですが、到着が日曜日なので迷惑をかけてはいけないと思い、遠慮したのです。
着いたことを連絡しようと思い電話をかけました。
市内通話は5セント、当時の為替レートで15円です。
今は25セント、円高になっていますから30円くらい。
5セントコインを電話機にいれて先輩の家に電話をかけましたが、でてきたのは交換手。
驚いたことに交換手が早口でいう英語が理解できません。
高校のころからカナダ人やアメリカ人とつきあっていて英語での会話には不自由しなかったのですが、なにを言われているのかまったく分からない。
アメリカで話される英語は違う、日本にいたアメリカ人たちは分かりやすいように話してくれていたんだと気が付いたPは慌てて受話器を置きました。
今考えると、先輩の家は空港からだと市内ではなく長距離通話圏だったのです。
だから交換手は5セントでは足りない、コレクトコールを申し込むかというようなことを云ったのでしょう。
それに加えて、アメリカ人やカナダ人は様々な国からの移民が多いので、英語のなまりもいろいろで、日本人より英語が出来ないヒトは沢山います。
今のPなら相手の英語の程度や癖を判断して、分かるまで聞きなおします。
理解できるまで聞きなおそうとすれば大概のアメリカ人、カナダ人はそれに付き合ってくれます。
あの時のPはそんなことをする能力、度胸ともになかった。
ロスアンゼルス空港の公衆電話の前で暗黒の世界に落とされたような気分をかみしめていました。
可哀相。
| おのまのプロフィール | ‘70年 | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:06 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1003
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters