木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

オバマ暗殺
八月二十五日(月)から四日にわたってコロラド州デンバーで民主党大会が開かれていますが、オバマはほかのところで運動をしており大会に姿を現すのは最終日です

初日にミシェル・オバマが演説をしました。メディアは合格点をだしたようですが、おのまの目には彼女はやはりオバマのアキレス腱だと映りました。身振り手振り、声の調子、顔の表情など危ういものがあります。ミシェルはあまり表にでないほうが良いでしょう

二日目に登壇したヒラリー・クリントンは大きな声援を十二分に楽しみ、そして選挙運動中にオバマを攻撃したときと同じように自信たっぷりにオバマを応援しました

二十五分にわたる演説の中で、ヒラリーはオバマの名前を十回以上も言いましたが、それでもって彼女の本音は測れません

ヒラリーのボディーランゲッジからはいまだ胸のうちにめらめらと燃えている、あたいこそが大統領にふさわしいんだという自負、そして自分ではなくバイデンを副大統領に選んだオバマに対する憎しみが伝わってきました。ヒラリーの狂信的な支持者たちには、三日目の投票ではオバマに入れるなというメッセージになったと思います

三日目はビル・クリントンが演説をしますが、ビルのオバマ憎しという気持ちはヒラリー以上だと言われています

ビルの演説はブッシュより断然うまくいつも感心させられるのですが、今回は耳で聞くよりは目でみてボディーランゲッジに集中し、テレパシーをもってビルの本音を読んでみたいと思っています

二十六日(火)にFBIがオバマ暗殺の容疑者を抑えたというニュースが流れました。俺達はオバマ暗殺を阻止しようと頑張っているよというジェスチャーに見えないこともありません。二十八日(木)、登壇したオバマが殺されるという絵も浮かんできます

むろん、北京オリンピックの最中にテロが起きるかもしれないというのと同じ次元の与太話です。しかし、そうなった時にはだれが大統領候補になるのでしょうか。オバマが指名されたあとの暗殺ならバイデン?それとも予備選で最後まで闘ったクリントン? たぶんクリントン

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります


Published Date: 26 August 2008
By DAVID GUNN
THE FBI was today investigating a possible assassination threat to presidential hopeful Barack Obama.
A man arrested after being found with rifles, ammunition and drugs in his truck may have made threats against Mr Obama, officials said.

Two other men were also arrested.

"It's premature to say that it was a valid threat or that these folks have the ability to carry it out," said one government official.

Mr Obama will be in Denver later this week to accept the Democratic nomination for president.

An FBI spokeswoman confirmed it was investigating the reports but would not give further details.

Tharin Gartrell, 28, was arrested during a routine traffic check yesterday by police in the eastern Denver suburb of Aurora. In his truck, officers found two rifles, including one with a scope; a bullet-proof vest; boxes of ammunition; walkie-talkies; and suspected narcotics, said Aurora police Detective Marcus Dudley.

Police alerted federal authorities, who then arrested Nathan Johnson, 32, at a hotel in Denver, Dudley said. A third man, Shawn Robert Adolf, 33, was arrested at a suburban Glendale hotel.

Adolf tried to escape by jumping from a sixth-floor window. He was hospitalised and was being held on a million-dollar bond for several outstanding warrants involving drug charges. Johnson also was being held on drug charges.

Police did not say how the men were connected, but added that more arrests were possible. One of the rifles was stolen, and authorities had traced it to Kansas.

Aurora police alerted federal officials because of heightened security surrounding the Democratic convention.

"Clearly we found there are federal implications – otherwise we would not have notified them," said Detective Dudley. "The weapons clearly would cause great concern."

US Attorney Troy Eid said the case was under investigation. "We're absolutely confident there is no credible threat to the candidate, the Democratic National Convention, or the people of Colorado," he said in a statement.

Officials with the FBI, Secret Service, Bureau of Alcohol, Tobacco, Firearms and Explosives, and Aurora police are expected to release more details later today Police in Denver are trying to find out whether the reported threats to Obama were valid. "It could also turn out that these were nothing but a bunch of knuckleheads, meth-heads," the US government official said.

The full article contains 386 words and appears in The Scotsman newspaper.

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
倍伝副大統領
オバマがようやく副大統領候補を明らかにしました。

ネットでひろった情報 & オノマの独断をざっと書きます。粗いデッサンなのでくれぐれも鵜呑みにしないでください。

いまなら↓にいくつかの論評がでています

http://www.realclearpolitics.com/


Josepf R. Biden

ビデン?
いいえ
バイデンでんな。 丈倍伝

デラウェア州上院議員

初出馬は29。この秋66になる。チェイニーはスゲーG3にみえたけど副大統領になった時は60か61だった

倍伝は外交問題のドン、外国の外交筋とのチャンネル豊富とのことだが、はたして日本の外交官たちはどこまで食い込んでるかねえ。どうせ会って握手くらいだろうな

ブッシュのイラク侵攻に賛成したので民主党の中からも批判がある。ただし賛成するときに大量破壊兵器のためだと強調して保険をつけていた。大量破壊兵器が嘘だとわかってからはブッシュを批判しつづけている

最初から大量破壊兵器なんていいがかりだと言っていたオノマに比べて洞察力がない。クリントンもそうだが、世界の大勢がブッシュ批判の流れになってから批判しても遅いっちゅうの。いまだにブッシュ批判をしない日本のコイズミ様、大使閣下様、ジャーナリスト様にくらべればましだが

ローマンカトリックだが妊娠中絶は反対していない。現実主義者というか中途半端というか。それでもカトリック票を集めるだろうと期待されている

ペンシルバニアの労働者階級の出。いまでも一時間以上かけて電車通勤している。そういうことは評価する。おのまがリーマンだったころと似ているから。黒塗りのハイヤーで送り迎えされてる日本のメタボ閣下たちとのケミストリーは良くなかろうと思う

トロントではカナダの大銀行の頭取たちはみんな自分で車を運転して通っていた。たぶん今でもそうだろう。日本の国交省の大臣、次官を初めとする幹部諸君はすべて電車バス通勤をすべし。それをしないから何時までたっても満員電車がなくならない

倍伝は1988年と2008年の二回にわたって大統領候補になろうとしたが早々に消えた。口が悪いのでときどき批判されて謝っている。今回もオバマはヒヨッコだと批判していた。人種差別的な発言もある

ごく稀にだがオノマに議員になれという人がいる。顔は良いけど口が悪いオノマに投票する日本人はいない、家族だってしないと応えている。オノマは倍伝より自分のことを知っている・・・おっと脱線

妻と三人の子供とで車に乗っていた時に酔っ払い運転の車にぶつかられ妻と娘を失っている。息子ふたりとの暮らしを五年つづけたのちに再婚した。このへんはポイントになるのかもしれないが予断は禁物。倍伝の顔はキリストやモーゼに似ていない、どっちかというと・・・やめとこ

ネットでは副大統領候補の名がいろいろ取りざたされた。バイ、ケイン、シベリウスなどは最後まで有力だったらしい。アル・ゴアとかジョン・ケリーの名前が出たときはアメリカって面白いなと思った

クリントンのよいしょ記事がでるたびにオノマは反対のコメントを送ったが、オバマははじめっからクリントンを候補にいれておらず、身元調査も一切しなかったそうだ

そりゃそうだよな。クリントン夫妻が胡散臭いところからかねを貰っていることはみんな知っているし、ビルはセックススキャンダルまみれ。ヒラリーはバレバレの嘘が好きな婆さんだし、真紀子ばりの破壊的な思考をする。ふたりがいたらオチオチ仕事ができねーよとオバマははなから思っていた、とオノマは思う

オバマがクリントンを選ぶ筈がないと思っていたが、しかし政治の世界は道理だけでは割り切れない。1%の可能性はあると思っていた。そういうことになった時はオバマの変革は嘘っぱちだと切り棄てるつもりだった

デンバー大会でクリントン夫妻が演説をすることになってる。あとになってみれば裸の王様、女王様の道化芝居だったということになる

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります

倍伝の顔はキリストやモーゼに似ていない、どっちかというと・・


倍伝が住む町

大きな地図で見る
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 23:06 | comments(5) | trackbacks(2) |
クリントン夫妻の最後っ屁
民主党大会でクリントン夫妻がふたりとも演説をすることになっていますが、オバマでは勝てない、ヒラリーを選ぶべきだったという趣旨の演説になるだろうという記事がでました

クリントン夫妻の思考、行動を批判すると同時に彼らに対してヤワなオバマをも批判しています。オバマは自分の足を引っ張るクリントン夫妻を断固として退治すべきだいうオノマと同意見です

民主党大会ではオバマの演説よりもクリントン夫妻の破滅的な演説のほうに注目が集まるかもしれません

党大会でクリントンの名前を書いてもよいということになったとして、ではクリントンがオバマに勝つことがあるかというとその可能性はゼロだと思います

エドワーズのスキャンダルを一流紙が昨年の内に発表していればアイオワ予備選でクリントンは三位ではなく一位になったという強弁は笑われています。エドワーズ支持者はクリントンよりオバマ支持が多いからです

クリントンを支持した党員のなかにも予備選がおわったのだからオバマを大統領選で勝たせることに協力すべきだという党員がいます

クリントンの横車が通る、オバマ以外の名を書いても良いということになる、しかし、妄想を語り民主党を分断させる挙にでたクリントン夫妻の元をはなれる支持者がオバマにまわる、惨敗にクリントン夫妻マッツァオという事態をクリントンたちは想定していないのでしょうか

以下、記事の主要部分をハイライトします

New York Times
Yes, She Can
By MAUREEN DOWD
Published: August 12, 2008

While Obama was spending three hours watching “The Dark Knight” five time zones away, and going to a fund-raiser featuring “Aloha attire” and Hawaiian pupus, Hillary was busy planning her convention.

You can almost hear her mind whirring: She’s amazed at how easy it was to snatch Denver away from the Obama saps. Like taking candy from a baby, except Beanpole Guy doesn’t eat candy. In just a couple of weeks, Bill and Hill were able to drag No Drama Obama into a swamp of Clinton drama.

Now they’ve made Barry’s convention all about them — their dissatisfaction and revisionism and barely disguised desire to see him fail. Whatever insincere words of support the Clintons muster, their primal scream gets louder: He can’t win! He can’t close the deal! We told you so!

Hillary’s orchestrating a play within the play in Denver. Just as Hamlet used the device to show that his stepfather murdered his father, Hillary will try to show the Democrats they chose the wrong savior.

Her former aide Howard Wolfson fanned the divisive flames Monday on ABC News, arguing that Hillary would have beaten Obama in Iowa and become the nominee if John Edwards’s affair had come out last year — an assertion contradicted by a University of Iowa survey showing that far more Edwards supporters had Obama as their second choice.

Hillary feels no guilt about encouraging her supporters to mess up Obama’s big moment, thus undermining his odds of beating John McCain and improving her odds of being the nominee in 2012.

She’s obviously relishing Hillaryworld’s plans to have multiple rallies in Denver, to take out TV and print ads and to hold up signs in the hall that read “Denounce Nobama’s Coronation.”

In a video of a closed California fund-raiser on July 31 that surfaced on YouTube, Hillary was clearly receptive to having her name put in nomination and a roll-call vote.

She said she thought it would be good for party unity if her gals felt “that their voices are heard.” But that’s disingenuous. Hillary was the one who raised the roll-call idea at the end of May with Democrats, who were urging her to face the math. She said she wanted it for Chelsea, oblivious to how such a vote would dim Obama’s star turn. Ever since she stepped aside in June, she’s been telling people privately that there might have to be “a catharsis” at the convention, signaling she wants a Clinton crescendo.

Bill continues to howl at the moon — and any reporters in the vicinity — about Obama; he’s starting to make King Lear look like Ryan Seacrest.

The way the Clintons see it, there’s nothing wrong with a couple making plans for their future, is there? That’s the American way and, as their pal Mark Penn pointed out, they have American roots while Obama “is not at his center fundamentally American in his thinking and in his values.”

The Clintons know that a lot of Democrats are muttering that their solipsistic behavior is “disgusting.” But they’re too filled with delicious schadenfreude at the wave of buyer’s remorse that has swept the Democratic Party; many Democrats are questioning whether Obama is fighting back hard enough against McCain, and many are wondering, given his inability to open up a lead in a country fed up with Republicans, if race will be an insurmountable factor.

Some Democrats wish that Obama had told the Clintons to “get in the box” or get lost if they can’t show more loyalty, rather than giving them back-to-back, prime-time speaking gigs at the convention on Tuesday and Wednesday. Al Gore clipped their wings in 2000, triggering their wrath by squeezing both the president and New York Senate candidate into speaking slots the first night and then ushering them out of L.A.

Wednesday will be all Bill. The networks will rerun his churlish comments from Africa about Obama’s readiness to lead and his South Carolina meltdowns. TV will have more interest in a volcanic ex-president than a genteel veep choice.

Obama also allowed Hillary supporters to insert an absurd statement into the platform suggesting that media sexism spurred her loss and that “demeaning portrayals of women ... dampen the dreams of our daughters.” This, even though postmortems, including the new raft of campaign memos leaked by Clintonistas to The Atlantic — another move that undercuts Obama — finger Hillary’s horrendous management skills.

Besides the crashing egos and screeching factions working at cross purposes, Joshua Green writes in the magazine, Hillary’s “hesitancy and habit of avoiding hard choices exacted a price that eventually sank her chances at the presidency.”

It would have been better to put this language in the platform: “A woman who wildly mismanages and bankrupts a quarter-of-a-billion-dollar campaign operation, and then blames sexism in society, will dampen the dreams of our daughters.”

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリントンの最後っ屁?
北京オリンピックhttp://en.beijing2008.cn/が始まるまえにオバマが副大統領候補者を発表するかもしれないという憶測ははずれました

八月七日にヒラリークリントンが妙な発言をしたことがちょっとした話題になっています

発言の趣旨:
自分はオバマ大統領の誕生のために働くと言ったが(自分を支持している)党員に(自分に投票するなと)命令することはできない


半年にわたって行われた予備選の結果をふまえて今月25−28日にわたって開かれる民主党大会ではオバマを大統領候補に選ぶことになっていますが、クリントンに投票する者がいても自分は関知しないというのです。いまだにクリントンはオバマではマケインに勝てないと陰口をたたいているという話も流れました。オバマが自分を副大統領に選んでくれそうにもないのでイヤガラセをしているのでしょう

オバマは早く副大統領候補者を発表するのが良いのではないでしょうか。それでもってクリントン夫妻が選挙妨害をするのであれば、果敢にクリントン退治をして強い大統領のイメージをつくる。一国を導こうという意思を持つのであるから足を引っ張る有象無象は切る。あの福田康夫でさえコイズミ色を断ち切ったのです。もたもたするなオバマ! 喝!!




胡散臭い奴だと書いたことがある(と思う)ジョン・エドワーズのニュースが八月八日に流れました

以前からささやかれていたジョン・エドワーズのスキャンダルが事実であると本人がABCテレビの番組(Night Line)で認めました。これまでタブロイドジャーナルのたわごとだと強弁してきたから、アメリカ国民に対する裏切りだとつっこまれたエドワーズは顔色なしです

スキャンダルの相手が産んだ子供は自分の子供であるはずがないと言いきったエドワーズに対して、それではDNA検査をするかとつっこまれて、イエスと力なく応えたエドワーズ。検査の結果がクロとでたらエドワーズの政治生命はオワでしょう(今ならリンクしてあるABCニュースでインタビューの模様を見ることが出来ます)

エドワーズのスキャンダルを流していたのはナショナルエンクワイアラーというジャーナルでおのまは買ったことがありません

http://www.nationalenquirer.com/

なんとかタイムズなどといういわゆる一流ジャーナルはまったく採りあげなかった話です。「いわゆる一流ジャーナル」が事実を曲げて報道したり、知ってても報道しないことがあるのは日米ともに変わりません

「天の声」だとか「正しい論」だとか気恥かしくなるタイトルのコラムに書いてあることを鵜呑みにしてはいけません。書いてあることが間違ってないとしても、それはもっと大事なことから読者の目をそらす毒があるかもしれません

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリントン副大統領の芽はなくなった?
只今は八月一日(金)正午ちかくです

北京オリンピックが開催されるまえにオバマが誰を副大統領にするかを発表するのではなかろうという報道があり、ネット論壇でも副大統領の話題が盛り上がっています

クリントンを押す論評もまたぞろ復活しましたが、おのまを始めとして反対のコメントのほうが多かったようです

クリントンの政治手法の基本は特定利益団体と結びついて進めるという代物で日本の自民党とおなじですから、そういう旧態依然たる政治手法を変えようと主張しているオバマとは相容れないのです

さきほど今月末にひらかれる民主党の全国大会でヒラリー・クリントンが主要演説をすることになったというニュースが流れました

これまでの党大会では副大統領候補者は演説をしないことになっているので、ここで演説をするというのはクリントン副大統領の芽はなくなったのであろうという解説つきです

Some of Hillary Clinton's most loyal supporters yesterday disbanded their effort to push Barack Obama to pick her as his running mate, responding to reports that she has been chosen to give the keynote speech at the Democratic National Convention.

Clinton's speaking role would be the latest sign that Obama is looking elsewhere in his vice presidential search, because the running mate historically does not also give the keynote address.

"We hope you are as pleased as we are that he has tapped Senator Clinton to deliver one of the most important messages of that crucial week - the very role that Barack Obama had four years ago," the founders of Vote Both, a group pushing the "dream ticket," said in a message posted on their website. "Regretfully, this means that Senator Hillary Clinton is no longer under consideration as Senator Obama's running mate."

Obama's campaign refused yesterday to confirm Clinton's role at the convention in Denver late this month and remained tight-lipped about the running mate search. Clinton's office referred inquiries to the Obama campaign.

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります

このニュースをもういちど読み直そうと思ったら削除されていました。ハヤ!!

クリントンが党大会で演説するつもりはないと反撃したのかもしれません。もしそうだとするとオバマとクリントンとの関係はふたたびギクシャクするでしょう

そういう状況でクリントン副大統領が実現したらオバマはクリントンの圧力に負けたということになります

いちど屈してしまえば、オバマはクリントン夫妻の影響を大きくうけ続けることになり、大統領としての業績はあがらないのではないでしょうか

オバマ&クリントンが悪夢のカードだというのはそういうことでもあります

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 03:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
オバマにクリントンは要らない


先週、ニューハンプシャー州でバラク・オバマとヒラリー・クリントンが共同会見をして二人の和解劇を演出した

七月三日、オバマがビル・クリントンとも和解したというニュースをみた

2008.7.1 10:39

30日、演説するオバマ米上院議員 米大統領選の民主党候補となるオバマ上院議員の陣営は30日、オバマ氏がビル・クリントン前大統領と同日電話会談し、今後の選挙戦での協力を確認し合ったと発表した。前大統領との不仲説を打ち消し、党内結束をアピールする狙いとみられる。民主党候補指名争いの決着後、両者の会談は初めてとされる。

 指名争いに敗れたヒラリー・クリントン上院議員がオバマ氏への支援姿勢を打ち出しているのに対し、夫の前大統領はこれまで公の場で支持を明言せず、米メディアは「予備選での敗北を根に持っている」などとの見方を伝えていた。

 一方、クリントン選対幹部のマコーリフ氏は、前大統領がこれまでオバマ氏と顔を合わせなかった理由を、ヒラリー氏とオバマ氏の「和解」がかすむのを避けるためだったと説明、オバマ氏との確執を否定した。(共同)





おのまの解釈:

オバマからビル・クリントン大統領の施策を批判された
onomarやf2cをはじめ多くのネットゲリラからスキャンダルを蒸し返された
自陣からも選挙にとって有害だと評価されてはずされた

ビルはこの半年で面目を失いオモシロクネーとふてくされている

オバマとヒラリーの共同会見@ニューハンプシャーにビルは欠席し、イギリスで行われたネルソン・マンデラの誕生日を祝うイベントに参加した。ヒラリーがビルに来て欲しくなかったのだ

じぶんの居場所を探すのに苦労しているビルは「オレのケツをなめないかぎりオバマとは会わない」と強がって仲間たちをのけぞらせた。 Kiss my ass という下劣な表現を使ったビルに対する批判はかなりのものだったが大方は相手にしなかった

電話会談でもってビルとオバマとが仲良くなったと信じるひとはよほどの善人であろう

ヒラリーとの共同会見とビルとの電話会談はオバマが演じたオトナの儀式。それでもってオバマ&クリントンの悪夢のチケットを選ぶほどオバマがヤワであるとは思えない

オバマはクリントンの支持がなくてもマケインに勝つ。クリントン夫妻はもはやゾンビでしかない

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 02:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
シロートの傑作 あらため 白米
ワヒンントンポスト
June 10, 2008
Biden Belongs on the VP List
By E. J. Dionne
に寄せられた白米(シロコメ=シロートのコメント):

Posted by: Dandy
Comment: #20
Jun 10, 09:36 AM
--------------------------------------------------------------------------------

Snow White & The Seven Dwarfs

(A TRUE Political Fable)

The seven dwarfs always left to go work in the mine early each morning. As always, Snow White stayed home doing her domestic chores.As lunchtime approached, she would prepare their lunch and carry it to the mine. One day as she arrived at the mine with the lunch, she saw that there had been a terrible cave-in. Tearfully, and fearing the worst, Snow White began calling out, hoping against hope that the dwarfs had somehow survived.'Hello!...Hello!' she shouted. 'Can anyone hear me? Hello!'For a long while, there was no answer. Losing hope, Snow White again shouted, 'Hello! Is anyone down there?'Just as she was about to give up all hope, she heard a faint voice from deep within the mine, singing .

'Vote for Barack Obama! - Vote for Barack Obama!'

Snow White fell to her knees, crossed herself and prayed,
'Oh, thank you, God! At least Dopey is still alive...

白雪姫が七人の小人のランチを届けに鉱山にいったところ、鉱山は崩れていて小人達の姿がみえません

白雪姫は暗い穴に向かってオーイ、オーイと呼びかけましたが返事がかえってきません

白雪姫があきらめかけたとき穴の中からかすかな歌声が聞こえてきました

「オバマに投票、オバマに投票」

白雪姫は十字を切っていいました
「神に感謝します。すくなくともドーピーは生きてる・・」



↑の傑作を引用してカキコ:

Posted by: f2c ← おのまの別名です
Comment: #42
Jun 10, 12:25 PM

Then came another voice, singing.
"Vote for McCain! Vote for McCain"

Snow White prayed,
"Oh, thank you, God! Sleepy,too.."

また歌声が聞こえてきました
「マケインに投票、マケインに投票」

白雪姫はいいました
「神に感謝します。スリーピーもだわ・・」

七人のこびと:
Doc(ドック)、Grumpy(グランピー)、Happy(ハッピー)、Sleepy(スリーピー)、Bashful(バッシフル)、Sneezy(スニージー)、Dopey(ドーピー)


dope=麻薬、間抜け
dopey=うすのろ、ドジ

sleepyの意味はわかりますよね・・・眠たい、活気がない、退屈な・・

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 02:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
あたいをveep(副大統領)にしてちょ
あんたの運動は辞めるんじゃなかったの?
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 11:44 | - | - |
シロートの傑作
ネット論壇のコラムは黒ートが書いていますが、コメントの殆どは白ートが書いています。書く事により報酬を得るのが黒ート。白ートはいくら書いても報酬なし、ロハ

ロハだから、そして無名性があるから白は何でも書けます。中には黒より面白い傑作があります。英語は中学生なみでも、選挙結果を数字で大胆予測する白がいてそれを黒がコピーしたりします(オノマのこと?イエス)

今回クリントンが負けた原因のひとつに、前ネット時代にはなかった白の力をあなどったという分析がありますが、まさにその通りだと思います。白が黒に対抗する力がほとんどなかった時代がネット世界の到来とともに終わっていることにクリントンは気がつかなかったのです。クリントン陣営の大立者、Harold Ickesをテレビで見ましたが化石。ネットで世間相場の動きをチェックしたことなどないのだろうと思いました

クリントンは以前から中国、コロンビア、薬品業界から多額の献金を得ており、そのために政治の優先順位がゆがんでジャパンバッシングをしたことからも分かるように、黒と癒着するゆすりたかりの政治屋グル−プに属しています

他方、オバマは特定グループへの利益導入を考えないことを言明し、米国政治を変えることを看板にしている政治家。今回の選挙運動でも黒の大口献金に頼るのではなくネットを通じて白の小口献金を募ってきました

そういうこともあり、白重視・政治家・オバマ&黒重視・政治屋・クリントンの組み合わせは「ドリーム(夢)・チケット」ではなく「ナイトメア(悪夢)・チケット」だとみています。もし悪夢のチケットになったらオバマの「変化」はまやかしであるとオノマは判定します

ちなみにオバマ陣営からオノマにも献金依頼(&ランチ招待)が届きましたが、veep(vp・副大統領)が誰になるかをみるまでは献金しない、クリントンを選ぶのであれば「変化」について大いに疑うという返事をだしてあります

ちなみついでにいうと dream ticketをパロってnightmare ticket という造語を考えて最初にコメントしたのはonomarです。この表現はさいきんクロートたちも使うようになっています

前置きが長くなりました。シロートのコメントで傑作だと思うものを見つけたら貼ることにします

Sen. John McCain had another "senior moment" while speaking at a campaign rally in Nashville last week. "If we do everything right -- and we can and we will -- I will win in January," he said, "and I will be the next President of the United States."

That's great! All the dumb Repubs should vote in January!! Hehe.


Posted by: Bob, DC | June 7, 2008 8:53 PM

ナッシュビルの遊説中にマケインがまたも「ボケぶり」を見せた

「我々が全てをうまくやれば・・・えー、勝つことができる・・いや勝つだろう・・私は勝つ、来年の一月に」

すんばらしい! 共和党のバカモノたちは一月に投票するんだぞ! ひひひ


http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 10:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
獲得代議員数


六月九日追記
ひそかに予想していたことですが、やっぱり代議員の支持明細の掲載がなくなりました。特別代議員が最終的にどうなったか不明。よってオノマの大胆予想は当たらなかったと決めつけることもできません(笑)




六月七日の日記:

オバマ勝利が決まりましたが、記録のため民主党の大統領候補者の獲得代議員数を書いておきます

勝利に必要な代議員 2118
オバマ支持     2189.5  
クリントン支持   1919.5

特別代議員は153差がついています

オバマ支持  423
クリントン  280

まだ旗幟をあきらかにしていない特別代議員が120人いるので最終的にどうなるか分かりませんが、余程のことが無ければ、たとえば巷間に噂されているオバマ夫人の破廉恥なビデオ映像が本当にあったりしたら別ですが、差は縮まらず、おのまの大胆予想は外れでしょう。いやさか
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
オバマ大統領 + クリントン副大統領
六月四日(水)

クリントンは六日(金)に撤退を表明する予定だというニュースが流れています。ようやく・・

選挙中から、クリントンは自分を副大統領として招くようオバマにサインを送っていましたが、その攻勢が一段と強まり、クリントン自身が副大統領になりたいと表明したというニュースも流れました

一方で、オバマの副大統領を探すためのチーム・三名が発足し、そのなかにJFKの長女キャロライン・ケネディーが入ったそうです

彼女は一月にオバマ支持を表明してニュースになっています:

作家のキャロライン・ケネディ(50)は一月二十七日付のニューヨーク・タイムズに「自分の父のような大統領」と題して意見欄に投書し、米大統領選で民主党のオバマ上院議員(46)を支持すると表明しこのように語った

オバマが現れたことにより父が大統領だった時と同じような国民の奮起や希望を感じる
父の時代、国民は政治や社会奉仕へ参加した
オバマには若い人々を鼓舞する特別の才能がある
米国の次世代のために大統領になれる人物を初めて見つけた


キャロラインのクリントン評が見つからないのでおのまの大胆推測ですが、ナンシー・ペローシ−と同様、クリントンに対して否定的なのではないでしょうか

チームがクリントンを選ばないことをオノマは願っています

オノマがチームメンバーなら次のようなことをしてきたクリントンを100%否定します:

1 ブッシュ戦争を支持した
2 イランを殲滅させると発言した
3 敵とも話し合うというオバマを甘いと批判した
4 ナフタゲート、ビターゲート、ライトゲートなど汚い手法を好んだ
5 長年の友人であった選挙参謀を首にして、その後はその友人と口もきいてない
6 ボスニアでは銃弾が飛び交っていたので歓迎式典はなかった、サー・ヒラリーにちなんだ名前であるなどという幼稚な嘘をついた
7 オバマの暗殺もありうるとほのめかした
8 ビル・クリントンにオバマたたきをさせた



http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 08:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
100人突破
六月三日(火)バンクーバー時間午後九時

民主党の大統領候補者指名に必要な代議員数をオバマが獲得しました

特別代議員獲得数のオバマ(392)とクリントン(288)との差が100人を越えました

同じ頃「木霊の宿る町」の訪問者が100,000を越えました。ちなみに一日あたりの訪問者は100人、アクセス頁は700頁というところです
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
火星に知的生命体がいる
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 04:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
火星に知的生命体はいない
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 04:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブッシュ曰く:マクレランは嘘つきだ


少なくとも(クスン)自分の報道官のときはそうだった
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 04:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
間のぬけた出版・フォロー


間抜けのマクレランがもたらすインパクトは小さいのではないかと書きました

マケインのマクレラン悪夢というタイトルの論評がありました

えっ、インパクト大なの?

ノー

マクレランはマクラに使われていただけで、イラク戦争を支持したマケインとクリントンを批評するものでした

全文を貼り枕のマクレランをハイライトします

おのまは、イラク戦争支持&占領続行のマケインがオバマに勝つチャンスは無いと思いますが、選挙は流れでどうか変わるか分かりません。本選挙にかけて潮の流れはなんども変わると思います

流れの要所要所でonomarも出動するつもりです。これまでイラク戦争に反対してきた方々のひとりでも多くの方がネット世界のゲリラ戦に参加されることを期待しています

http://blog.with2.net/link.php?310164


McCain's McClellan Nightmare

By FRANK RICH New York TImes
Published: June 1, 2008

THEY thought they were being so slick. When the McCain campaign abruptly moved last Tuesday’s fund-raiser with President Bush from the Phoenix Convention Center to a private home, it was the next best thing to sending the loathed lame duck into the witness protection program. John McCain and Mr. Bush were caught on camera together for a mere 26 seconds, and at 9 p.m. Eastern time, safely after the networks’ evening newscasts. The two men’s furtive encounter on the Phoenix airport tarmac, as captured by a shaky, inaudible long shot on FoxNews.com, could have been culled from a surveillance video.

But for the McCain campaign, any “Mission Accomplished” high-fives had to be put on hold. That same evening Politico.com broke the news of Scott McClellan’s memoir, and it was soon All Bush All the Time in the mediasphere. Or more to the point: All Iraq All the Time, for the deceitful origins of the war in Iraq are the major focus of the former press secretary’s tell-all.

There is no news in his book この本に新しいことは書かれていない, hardly the first to charge that the White House used propaganda to sell its war and that the so-called liberal media were “complicit enablers” of the con job. The blowback by the last Bush defenders is also déjà vu. The claims that Mr. McClellan was “disgruntled,” “out of the loop,” two-faced, and a “sad” head case are identical to those leveled by Bush operatives (including Mr. McClellan) at past administration deserters like Paul O’Neill, Richard Clarke, John DiIulio and Matthew Dowd.

So why the fuss? Mr. McClellan isn’t a sizzling TV personality, or, before now, a household name beyond the Beltway. His book secured no major prepublication media send-off on “60 Minutes” or a newsmagazine cover.この本はメディアで大きく紹介されなかった But if the tale of how the White House ginned up the war is an old story, the big new news is how ferocious a hold this familiar tale still exerts on the publicホワイトハウスがつむぎ出した戦争が昔物語だとしても、大衆にとってはいまだに忘れられないこと all these years later. We have not moved on.

Americans don’t like being lied to by their leaders, especially if there are casualties involved and especially if there’s no accountability. We view it as a crime story, and we won’t be satisfied until there’s a resolution.

That’s why the original sin of the war’s conception remains a political flash point, however much we tune out Iraq as it grinds on today. Even a figure as puny as Mr. McClellan can ignite it. The Democrats portray Mr. McCain as offering a third Bush term, but it’s a third term of the war that’s his bigger problem. Even if he locks the president away in a private home, the war will keep seeping under the door, like the blood in “Sweeney Todd.”

Mr. McCain and his party are in denial about this. “Elections are about the future” is their mantra. On “Hardball” in April, Mr. McCain pooh-poohed debate about “whether we should have invaded or not” as merely “a good academic argument.” We should focus on the “victory” he magically foresees instead.

But the large American majority that judges the war a mistake remains constant (more than 60 percent). For all the talk of the surge’s “success,” the number of Americans who think the country is making progress in Iraq is down nine percentage points since February (to 37 percent) in the latest Pew survey. The number favoring a “quick withdrawal” is up by seven percentage points (to 56 percent).

It’s extremely telling that when Gen. David Petraeus gave his latest progress report before the Senate 10 days ago, his testimony aroused so little coverage and public interest that few even noticed his admission that those much-hyped October provincial elections in Iraq would probably not happen before November (after our Election Day, wanna bet?). Contrast the minimal attention General Petraeus received for his current news from Iraq with the rapt attention Mr. McClellan is receiving for his rehash of the war’s genesis circa 2002-3, and you can see what has traction this election year.

There are other signs of Iraq’s durable political lethality as well. Looking for a bright spot in their loss of three once-safe House seats in special elections this spring, Republicans have duly noted that the Democrats who won in Louisiana and Mississippi were social “conservatives,” anti-abortion and pro-gun. They failed to notice that all three Democratic winners, including the two in the South, oppose the war. Even more remarkably, new polling in Texas finds that an incumbent Republican senator and Bush rubber stamp, John Cornyn, is only four percentage points ahead of his Democratic challenger, Rick Noriega, a fierce war critic who served in Afghanistan.

In the woe-is-us analyses by leading Republicans about their party’s travails — whether by the House G.O.P. leader John Boehner (in The Wall Street Journal) or the media strategist Alex Castellanos (in National Review) — Iraq is conspicuous by its utter absence. The Republican brand’s crisis is instead blamed exclusively on excessive spending, scandal and earmarks — it’s all the fault of Tom DeLay’s K Street Project, Jack Abramoff and that Alaskan “bridge to nowhere.”

This transcends denial; it’s group psychosis. Nowhere is this syndrome more apparent than in the profuse punditry of Karl Rove, who never cites Iraq as a problem for Mr. McCain (if he refers to it at all) and flatly assured George Stephanopoulos last Sunday that Mr. McCain has no need to make a “clean break” from Mr. Bush.

Mr. Rove is to the McCain campaign what Bill Clinton was to the Hillary Clinton campaign: a ubiquitous albatross dispensing dubious, out-of-date political advice and constantly upstaging the candidate he ostensibly supports. Like Mr. Clinton, Mr. Rove is a camera hog who puts his need to vehemently defend his own administration’s record ahead of all else. So what if he’s under subpoena by the House Judiciary Committee? He doesn’t care if he reminds voters of administration scandals or of Mr. McCain’s association with Iraq any more than Mr. Clinton cared if he reminded voters of his continued ties to suspect financial donors and the prospect of an out-of-control co-presidency.

Damaging as Mr. Clinton’s behavior was to his wife’s campaign, Iraq was worse. Mrs. Clinton could never credibly explain away her vote authorizing the war. Her repeated disingenuous attempts to fudge it ended up contaminating her credibility on other issues.

Mr. McCain’s record on Iraq is far worse than Mrs. Clinton’s. He didn’t just cast a vote but was a drumbeater for the propaganda Mr. McClellan cites, including the neocon fantasies of a newly democratic Middle East. On “Hardball” and “Meet the Press” in March 2003, Mr. McCain invoked that argument, along with the promise that Americans would be “welcomed as liberators,” to assert the war would be “one of the best things that’s happened to America.”

To cover up these poor judgments now — and questionable actions, including his public boosting of Ahmad Chalabi, then a lobbying client of the current McCain campaign guru, Charles Black — Mr. McCain is hoping that the “liberal media” will once again be complicit enablers. We’ll see. He’s also counting on the press to let him blur his record by accentuating his subsequent criticism of the war’s execution — as if the war’s execution (also criticized by countless Democrats), not its conception, was the fatal error.

His other tactic is to try to create a smoke screen by smearing Barack Obama as unpatriotic. Mr. McCain has suggested that the Democratic front-runner is the Hamas candidate and has piled on to Mr. Bush’s effort to slur Mr. Obama as an apostle of “appeasement.” A campaign ad presented Mr. McCain as “the American president Americans have been waiting for” (not to be confused, presumably, with the un-American president Al Qaeda has been waiting for).

Now Mr. McCain is chastising Mr. Obama for not having visited Iraq since 2006 — a questionable strategy, you’d think, given that Mr. McCain’s own propagandistic visit to a “safe” Baghdad market is one of his biggest embarrassments. Then again, in his frantic efforts to explain why he sided with Mr. Bush to oppose an expanded G.I. bill that the Senate passed by 75 to 22, Mr. McCain has attacked Mr. Obama for not enlisting in the military.

Besides making Mr. McCain look ever angrier next to his serene opponent, this eruption raises the question of why he chose double-standard partisanship over principle by not applying this criterion to the blunderers who took us into Iraq. Unlike Mr. Obama, who was 7 years old in 1968, Mr. Bush and company could have served in Vietnam as Mr. McCain did.

The McCain campaign may have no choice but to double down on Iraq — what other issue does the candidate have? — but it can’t count on smear tactics or journalistic and public amnesia to indefinitely enforce the McCain narrative. As the McClellan circus shows, unexpected bombshells will keep intervening — detonating not only on the ground in Iraq but also in Washington, where more Bush alumni with reputations to salvage may yet run for cover about what went down in 2002-3.

As F. Scott Fitzgerald would have it, we will be borne back ceaselessly into the past. Or so we will be as long as Americans continue to die in Iraq and as long as politicians like Mr. Bush, Mr. McCain and Mrs. Clinton refuse to accept responsibility for their roles, major and minor, in abetting this national tragedy.

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリントン夫妻はオバマを暗殺する
民主党の大統領候補はオバマで決まりというムードになって半月

ミッション・コンプリーティドでおのまも退屈していましたが、今日はひさびさにヒラリー・クリントンに注目です

彼女の本音が出たからです。オバマ暗殺を示唆する発言をしました

あたいは運動をやめないわよ。まだ五月よ。考えてもみなさいよ、ボブ・ケネディーが暗殺されたのは六月だったわ

May 23, 2008 --
Hillary Clinton today brought up the assassination of Sen. Robert Kennedy while defending her decision to stay in the race against Barack Obama.

" We all remember Bobby Kennedy was assassinated in June in California. "
she said, dismissing calls to drop out.



ビル・クリントンがヒラリーを副大統領にしようと積極的に動いています。大統領を殺せば副大統領が大統領になるという意図がますますはっきりしてきました

銃社会のアメリカとはいえ、暗殺を善しとするアメリカ人は一握りです。ヒラリーのトンデモ発言に対する非難の声が凄いです

一部掲載:
she really blew it this time... serves the vindictive narcissist right. i hope she pays for it.

signed,
another feminist under 40 who is NOT for Clinton
Posted by: m jones | May 23, 2008 9:19 PM


"Oh, crap! It never stops with HRC!

Next, she'll be likening her campaign to:

1. Mahatma Ghandi.
2. Martin Luther King, Jr.
3. The WW II French resistance.
4. The Jewish survivors of the Holocaust.
5. Apollo 13.
6. The 1969 New York Jets.
7. The inventors of Dr. Schools foot products.
8. Jesus.
9. Lisa Simpson.
10. Thomas Crapper

You get the idea."

*******************************************

You forgot #11 -- Lassie.
Posted by: | May 23, 2008 9:19 PM

This woman is sick.
Posted by: armchairxpert | May 23, 2008 9:19 PM

Does Hillary want to make all americans lives feel more safe? For once I feel like saying the "B" word. I am angry and damn disappointed. Thank you so much for ruining everyones holiday with your mental problems. I always felt she and Bill were criminals and would do anything to get what they wanted. STOP STOP SPEAKING SHUT UP! BILL and HILLARY!!!!!!!!!!!!!!!!
Posted by: bnugent | May 23, 2008 9:18 PM

Life is already a B!TCH! Don't vote for one too...
Life is already a B!TCH! Don't vote for one too...
Just say no to the Hildebeast.
Posted by: JERRY! | May 23, 2008 9:17 PM

Samantha Power was correct -- Hillary is a monster.
Posted by: armchairxpert | May 23, 2008 9:17 PM

It kinda puts bitter-gate in perspective, ya think?

Everybody learns the sayings what goes around comes around. And you reap what you sow. Not everybody lives by the meaning.

Over the last few days it looks like McCain and Clinton are relearning that lesson. Maybe this time they'll get the meaning. Oh the beauty of karma.
Posted by: Terry | May 23, 2008 9:16 PM

It seems if Hillary says that summer starts in June, then it would mean she is belittling Obama, as Obama had won his votes before June. Such is the concoction of logic prepared by media. Anything and evrything she says is portayed in white...and Obama's mindless fans immediately start dancing around the fire!!
Posted by: subrato | May 23, 2008 9:15 PM

Hillary was honest. There is only one way she wins. Someone takes care of that pesky opponent.
Posted by: | May 23, 2008 9:15 PM

If she wanted Obama out of the way she would launch a nuclear strike on him. So I think her comment is probably innocuous.
Posted by: | May 23, 2008 9:15 PM

Hillary is finished. No chance she will ever be POTUS or VPOTUS. She will be lucky to retain her Senate seat. I suspect tomorrow many will be speaking out against her including many of her former supporters.
Posted by: armchairxpert | May 23, 2008 9:14 PM

Irresponsible, unforgivable and now on film. HRC infers that her opponent gets shot, she'll be available to answer the phone at 3:00am?
Posted by: ntpss | May 23, 2008 9:13 PM

I voted for Edwards, and was waiting this one out to vote for whomever won the nomination. I admired Obama for his appeal to the aspirations of the American people, and I admired Hillary for her fierce tenacity, that this would be someone who would fight for my interests.

But it's over. Even if the unspeakable were to happen, I would not be able to bring myself to vote for Hillary Clinton. How sad for her.
Posted by: DG | May 23, 2008 9:13 PM

This was a well thought out statement, she did not misspoke. For a presidential candidate to make such a statement is totally disgusting and harmful to the democratic party. How can a country be lead by someone who doesn't show respect for others? It is time for the superdelegates to step up.
Posted by: | May 23, 2008 9:13 PM



おのまもカキコもうとしましたが、アクセスが凄いらしくてはいれません

Congrat Hillary.

Everyone in the world has learnt your dark intention.

Nightmare ticke of Obama-Clinton is now buried forever.

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
誰も気にとめないクリントンの大勝
ノースカロライナ州とインディアナ州のプライマリーが終わったあとアメリカのメディアは潮がひいたような感じがあります。誰もが、おそらくクリントン自身も、終わったと思っているのでしょう。クリントン支持だった特別代議員もオバマ支持へ変わりつつあります

五月十三日(火)のWV(ウェストバージニア)プライマリーはクリントンが40ポイントの大差で勝ちましたが、代議員数が28人と少ない州なので大きな話題になっていません。「クリントンが勝った? 誰も気にとめないだろ」という論評が大方の意見を反映しています。以下に論評の一部を転載します:

Hillary wins - does anybody care?
By ROGER SIMON | 5/13/08 9:58 PM EST

あれはもうすぐ倒れると皆が分かってる木が森の中で倒れたって音が聞こえるか?耳をつんざく音がするとクリントンは言う。チョー大差でWVを勝ったのは大きな意味があるとクリントンは言う。メディアはそう思わない。メディアは無視。候補者が戦っているのにメディアが引くのは選挙史上はじめめてかも知らない。明日の見出しはこうだ「ヒラリークリントン大勝・民主党は大あくび」

If a tree falls in the forest when everybody expects it to fall, does it make a sound?

Yes, says Hillary Clinton. It makes a deafening roar, says Hillary Clinton.

SHE WON THE WEST VIRGINIA PRIMARY BY A KAZILLION PERCENTAGE POINTS TUESDAY NIGHT, AND THAT, SHE SAYS, HAS TO MEAN SOMETHING!

Except the press doesn’t think so. The press is unimpressed. This may be the first time in election history in which the press has withdrawn from a race before the candidate.

As John Harwood of the New York Times and CNBC said on MSNBC Tuesday several hours before the polls closed, “The headline tomorrow will be: ‘Hillary Clinton Wins Big in West Virginia; Democratic Party Yawns.’”

ROGER SIMONという人もクリントンが嫌いなようです。最後の一行でクリントンと鮫(さめ)を結び付けています

クリントンに残された選択肢はひとつ。候補者が生きのびるためには運動を続けるしかない。鮫は呼吸するために泳ぎつづけると同じだ

She has no alternative. Just as sharks swim in order to breathe, candidates run in order to exist.

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 01:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
副大統領候補
★★★

五月九日、オバマが特別代議員でもリードしました。クリントン支持からオバマ支持に変わる代議員が増えているそうです

オバマ   267
クリントン 266

はじめのうちはクリントンが百名ほどリードしていたこともあり、特別代議員の差でクリントンが勝つと予想するひとが結構いましたが、オノマは特別代議員に重きをおきませんでした

プライマリー(投票)とコーカス(集会)で選ばれる一般代議員が一番重要で、特別代議員もそこに収斂していくだろうと考えていました。特別代議員だって政治家、選挙民の意向には逆らえないと考えたからです

オバマがコーカスで強かったこともあります。集会、話し合いで強いというのは彼が指導者層にも強いということではないでしょうか

特別代議員もプライマリー&コーカスと同じ差になっていき、最後は420対370くらいで落ち着くのではないでしょうか

★★★

ネット論壇ではオバマが誰を副大統領候補にするかという話題が増えてきました

いままでオバマを口汚く攻撃してきたクリントンは急にオバマ攻撃をやめ、ブッシュを攻撃しています。ブッシュの人気が高かったときはブッシュ戦争を支持したくせに

クリントンは政策面でもオバマに擦り寄ってきました。オバマと組みたいという姿勢みえみえです

クリントン負債・・・おおお・・・夫妻をチームに入れたらオバマは足を引っ張られるのが目にみえていますが、政治の世界はオノマの合理的な思考を踏み潰すことなど平気ですから、オバマ・クリントン悪夢のチケットの可能性は十分あります

★★★

副大統領候補に色々な人の名が出ていますが、マイクG3(グラベル)やクリス姐さん(グレゴア)の名はみかけません。ペローシーもありません。女性ではシベリウスという名があがっています。作曲家ジャン・シベリウスの親戚でしょうか。分ったら書きます

Kathleen Sebelius

Sebelius's name has been cropping up more and more frequently. The two-term Governor of Kansas fills in many of the gaps in Obama's support base. She may not have much foreign policy experience but she'll bring a red state with her. And a female Vice-President might help soothe Clinton's supporters.




寂しげな風情が気になります。やっぱり作曲家シベリウスの縁戚?トウネラの白鳥といった感じ

オバマが地味だから明るいクリス姐さんやグラベルG3がいいような・・・

★★★
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 02:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
再度掲載・三月八日の日記


あたいの副大統領にしてあげてもいいんだけど
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒラリーのおかしな計算
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 06:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
副大統領になりたいクリントン
Geroge Stephanopoulos ジョージステファノポウロス・・・いいにくいなあ・・GSとしましょう。G3ではありません

GS(1961年生まれ)はABCニュースのワシントンDC担当記者でよくテレビにでていますが、かつてクリントン大統領のスタッフだったことからくる偏りがあります

ペンシルバニア・プライマリー直前のオバマ・クリントンの討論会では進行役をつとめましたが、ビターゲートやライトゲートに時間をおしみなく費やし、すなわちクリントンが有利になるように進行させたものだから翌日のネットではジャーナリスの恥だとブーイングをくらっていました

要するに御用記者という職業についているGS。日本でいうとタワラG3とかハナオカG3とか。顔はミノG3に似てるような似てないような・・



五月七日のABCテレビ番組でGSは「オバマが上手に頼めばクリントンは副大統領としてイエスというだろう」といいました

Is there a way to negotiate a settlement with Barack Obama to have Sen. Clinton on the ticket?  Would Sen. Clinton take it? I think if it was offered in the right way, yes.

勝ち目がないのにクリントンが運動をやめないのはオバマから副大統領になってくれと頼まれるのを待っているからだという見方があります

あんたをあたいの副大統領にしてあげてもいいわよと云ってクリントンが失笑を買った時に、同じことをオバマに云って欲しいのだろうと投書したらクリントン支持者からバッシング食らった。そんなのアリエネー、ユーイディオットとかいわれて・・・アメリカのネットにも厨房がいます

いつまでたってもオバマから若いの死者・・・和解の使者がこないのであせるクリントンがついにGSをつかって上げた観測気球だと思います

五月八日のネットでみるかぎりオバマ&クリントンのカードに賛成している人は稀です。99%が反対。これまでの経緯からみたら当然です

しかし、この世界は当然でないことが当然のように起きることがあります。かつてケネディーとジョンソンが激しく争ったあとで二人が組んだときもみんなびっくりしたものです。だからオバマ&クリントンの「ドリームチケット」をありえないと否定しきるわけにもいきません

それでもオバマはクリントンと組むべきではありません

政治手法や目指すところが全く違うからオバマはクリントンに邪魔されます

アメリカ人の半分がクリントンを嫌っていますからクリントンと組むのが得にならないかもしれません

ということで投書しました:

クリントンを同じ船に乗せる? 

それはオバマにとっても正直で誠実な人々にとっても悪夢のチケットである

(↑ドリームチケットじゃないということです)

Clinton on the same boat ?

It is a nightmare ticket for not only for Obama but for all the sincere and honest people in the world.

Posted by:
onomar 12:24 PM


わっ for がひとつ多かった!!

一票↓  
http://blog.with2.net/link.php?310164

ところでネットのコメント欄でALAMAというHNをみつけました。日本人でしょうか。アラマ・・オノマよりいいねえ・・・

★★★★★★

↑を書いたあとにオバマ・クリントンカードに賛成、そのほうが民主党はまとまる、ふたりの政策に違いはないというコメントが二件出たので、もう一度カキコミました:

アメリカ人の半数以上が不正直だと見ている人物と一緒に働くのはとてもとてもよくない。あの牧師と一緒にやるよりよくない

A very very bad idea for Obama to work with someone who more than half of Americans regard is dishonest. Much worse than going with that pastor who is after all not dishonest.
Posted by:
onomar 2:42 PM

★★★★★★

三百強のコメントのほとんどがオバマ・クリントン・カードに反対しています。よって次のように投書:

クリントンが打ち上げた観測気球GS号は撃ち落された

An observation baloon of GS lauched by HC is shot down.
Posted by:
onomar 5:16 PM
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 02:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
リンク追加・ノースカロライナ&インディアナ
★★★★★★

五月六日(火)の選挙が終わり、テレビもネットもクリントンは終わったという声が圧倒的になっていますが、クリントンは運動を続けるそうです

ただし、七日(水)の朝に予定していたテレビ出演はドタキャンしたので、どういう心境なのかよく見えません。塹壕にたてこもって最後の作戦を練っているのでしょうか。これまで見てきたクリントンの戦術は汚いのが多いからもう沢山ですが

選挙が始まった頃から言われていたように決着をつけるには特別代議員の票が必要になっています

始めのうちはクリントン支持の特別代議員がオバマ支持より百人ほど上回っていましたが、時間とともに差は縮まり今回の選挙直前には二十名差になっていました

ナフタゲートがあっても、ビターゲートがあっても、さらにはライトゲートがあっても差が縮まる傾向はやみませんでした。どうしてなのか

今回の選挙まえに再燃したライトゲートについてはインディアナもNCも有権者の半数が重要な要素だとしていましたが、それ以上の人がクリントンは信用できないという意見でした

今回は直前になってクリントンがガソリン税を消費者に還元する、庶民にとっては二十ドルの還付でも大きいと言ったことが、ペンシルバニア直前にでたオバマのビター発言と似た効果を生んだと思います

そういうささやかなニンジンでもって貧民たちの票を釣れると考えたクリントンは浅はかだといえますが、要するにポピュリスト政治家は真に抜本的なことを考えられないのです

瞬間、瞬間で流れにはいろいろな変化がおきますが、そういう諸々のことを考えて大きな流れを掴んでいるのが特別代議員なのでしょう。さきほど見たら十一人差になっていました。いつ十人を割るのかがこれからの楽しみです


★★★★★★
この頁は時間を置いて書き足しています。新しいカキコミが上になっているので初めて読む方は一番下から読んでください

読んだらクリックねがいます↓

クリックするひと、最近は三人に一人に減っています。山と猫と狸でまわしてるからムリモない。読まれてるだけでありがたいと感謝しないといけないのでしょうが、おのまはニンゲンができてないから・・・



http://blog.with2.net/link.php?310164


★★

「稀に見る大接戦」と言いつづけてきたNHKが急に「(クリントンにとって)依然けわしい状況」といい始めた

これっておかしいんじゃねーの。これまでにもけわしい状況だと言ってたのなら良いんだけど突然「依然」といわれたらリンダ困っちゃう

日本の折降参たちは見通しが甘いし、見通しが間違っていたとわかったとたんに、何食わぬ顔で前から分かっていたようなふりをしたり、あるいは誰も予想していなかったことが起きましたなどと言うからいけない。そういう折降参たちがときどき現れる。戦争に負けた時、バブルがはじけたとき、石原銀行が失敗したとき・・・

若い人たちに言っておく。「イラクがこんな泥沼になるとは誰も思わなかった」と言った岡崎某や「オバマがこれほど善戦するとは誰も予想しなかった」と言った天木某のような折降G3たちの真似をしてはいけない。唐突に「依然」と言ってはいけない

姑息でノーテンキなG3にならないよう、つねに現状をよく見る、将来をよく見通す力を養うことが大事だ

折降参G3たちに言っておく。よく見通して欲しいとは言わないし、期待もしていない

だが、分かってなかったことが分かったときはそれを率直に認識してホスイ。自分だけが分かってなかったのではなかったかと反省してみてホスイ。二月六日にオバマ勝利決定と断言したオノマの率直さ、間違いがあったら自らを非とするオノマの誠実さをみならってホスイ。おたがい残された人生は短いんだオトコらしく生きようぜ・・・といってもムダカの学校川の中だろうな

★★★★★★

ノースカロライナとインディアナとの代議員の一部がどう分配されるのかの最終結果がでていませんが、最新の情報によると両候補者の獲得代議員数は以下のようになっています:
        オバマ     クリントン
 特別代議員  257(48.6%)   271(51.3%) 
 一般代議員  1588(52.7%)  1422(47.2%)  
  計     1845(52.1%)  1693(47.9%)
  
指名に必要な代議員数・2025までオバマは180 クリントンは332

残る一般代議員217 特別代議員267 計484

オバマは残りの四割弱を勝てばゴールインですが、クリントンがゴールインするには七割近くの勝利を収めないといけません。七割勝利は奇跡のようなものです
180÷484=37.2% 332÷484=68.6%

一般代議員争いでクリントンがオバマに二桁で勝つことは困難ですが、仮に55%-45%の二桁勝利をするとします

あらたに獲得する一般代議員: オバマ98(45%) クリントン119(55%)

そうするとゴールインに必要な特別代議員は:オバマ82(30.7%) クリントン213(79.8%)

すなわち、オバマは残る一般代議員選びで二桁の負けるとしても、特別代議員十人のうち三人を獲得すればゴールインですが、クリントンは八人を獲得しないとゴールインできません

特別代議員十人のうち八人がクリントン支持、二人がオバマ支持になるというシナリオは99.99%ありません。万にひとつそういうことが起きたら民主党にとって文字通り致命傷となり、半永久的に民主党から大統領が生まれないのは自明のことです


★★★★★★
訂正

残る代議員は131ではなく217でした

クリントンが残りを60%−40%で勝つとすれば130(217x60%=130)
必要とする特別代議員は333−130=203、76%(203÷267=76%)です

間違ってるぞーというコメントを誰か投稿しませんか?

★★★★★★
おのまの最新投稿(ABC News)

クリントンが残る州を60%−40%で勝つとしても特別代議員の95%をとらないと指名数に届かない

Needed to win =2025
Clinton's new delegate count = 1692
Clinotn needs to add=333 (2025-1692)
remaining delegates
super=267
pledged=131

Give Clinotn 60% - 40% win in pledged, she add 79 (133x 60%=79)

Clintion needs 254 super delegates (333-79=254)

Clinton has to win 95% of the remaining super delaegates (254/267=95%)
Posted by:
onomar 1:47 AM


★★★★★★

100%開票されました

ノースカロライナはオバマが大勝
インディアナはクリントンが辛勝

ノースカロライナ オバマ   890,700票
         クリントン 657,943票
         差     約 233千票
インディアナ   オバマ   615,753票
         クリントン 638,192票
         差     約 23千票

そこのおっさん、かんにんしてや

★★★★★★

おのまの最新投稿(ABC News)

I hope all Democrats will unite so that we WILL NOT see a repeat of the Bush years!Posted by:PHOENIX FLIES 12:35 AM


I agree 100%.
But no thanks for Obama-Clinton card.
Posted by:
onomar 12:42 AM

★★★★★★

インディアナの開票が92%まできました。オバマがさらに追い上げて差は2ポイント、二万人になりました

残る地区の開票次第ではオバマ勝利になるかもしれません。一時間ほどまえにクリントンがインディアナで勝利宣言したばかりです

そこのおっさん、オモロイことになってきたでえ


★★★★★★

ライト牧師やビターゲートのせいで一時はクリントン有利という予想がでたノースカロライナはオバマが14ポイントの差で勝ちました。大差だといえます

インディアナは開票率87%の段階でクリントンが4ポイントリードしていますが、ノースカロライナの代議員は115 インディアナが72ですから、インディアナの結果は注目されません

ガソリンが高くなったから、この夏はガソリン税を国民に還元すると言ったクリントン。その額は車一台あたり20ドル。20ドルでも庶民には大きな額だと言ってのけたクリントンの所得は年間○十億円

庶民の感覚がわからないクリントンは日本の世襲議員や高級官僚と変わりません

オノマの最新投稿:

I was sad seeing people being offered $20 gas token by multi millionaire Clinton.I am glad seeing them rejecting her today.
Posted by:
onomar 11:29 PM April 6


★★★★★★


アメリカの「ABCニュース」をリンクしました。「米国政治」には色々な論評が出ていてすべてを読むには時間がかかりますが「ABCニュース」ではてっとりばやく要点が分かります

ただいま五月六日(火)。「ABCニュース」でノースカロライナ、インディアナの開票状況が更新されています


| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
共和党・ハッカビーのオバマ擁護
共和党の大統領候補選挙で最後までマケインと争ったハッカビーがライト牧師とオバマについて語り、オバマを擁護した
ライトは自らの怒りを正当化するためにオバマを負けさせようとしているという論が面白い

みずからが牧師であるからこそ分かる牧師の潜在意識なのかもしれない

ハッカビーはマケインに勝てないと分かっていながら、最後まで神の奇跡で勝つと言っていたが、そこに狂信的な感じはなく、奇跡など信じていないのにそんなことを言って楽しんでるユーモアがあった

運動中にマケインの悪口を言わなかったハッカビーは善きアメリカ人だと思ったものだが、今こうやって民主党のオバマを擁護するのを見ると一段と株があがる

May 4, 2008
WASHINGTON — After cutting ties with his controversial former pastor, Sen. Barack Obama received a word of sympathy from an unusual source: a Republican.

Former presidential hopeful Mike Huckabee says that Rev. Jeremiah Wright Jr. wants to derail Obama's bid for the White House for a simple tactical reason:

Wright does not want Obama to prove that America has made that much racial progress.

"His campaign is not being derailed by his race," Huckabee told reporters following a fundraiser in Montana. "It's being derailed by a person who doesn't want him to prove that we have made great advances in this country."

Huckabee, himself a Baptist minister, added that "Jeremiah Wright needs for Obama to lose so he can justify his anger, his hostile bitterness against the United States of America."




Posted by: onomar
Comment: #211
May 04, 01:19 PM

クリントンもハッカビーのようにフェアプレイ精神に徹すれば人気が上がるのに。ライトとオバマを同一視しようとこじつけるから嫌われる。クリントンのようなアメリカ人が反米感情を生むのだ

I find much of America's good spirit of fairplay in Hucabee.

Clinton could be less disliked had she said the same as Hucakbee. Instead, she bent the truth, claimed Obama is Wright.

Americans equipped with cheap clinton cheating spirit produce anti America feelings in the rest of the world.




His campaign is not being derailed by his race," Huckabee told reporters following a fundraiser in Montana. "It's being derailed by a person who doesn't want him to prove that we have made great advances in this country."

Huckabee, himself a Baptist minister, added that "Jeremiah Wright needs for Obama to lose so he can justify his anger, his hostile bitterness against the United States of America."
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ライト牧師に再び脚光
ひとつきほどまえにオバマが通う教会のライト牧師がはげしい白人攻撃をしたというのでオバマがとばっちりを受けていましたが、これはクリントン陣営の人種差別問題がでた直後のカウンターでしたから致命傷にはなりませんでした

「アメリカ政府が黒人の間にエイズをはやらせた」などと絶叫してるライト牧師がおかしいのは当然なのですが、アメリカ、カナダの教会やテレビにでてくる牧師を見てごらんなさい、白人牧師も黒人牧師もかわりません

牧師は「神」とか「愛」とかをたたえるまえに、味付けとしてことさらに「悪」を強調し「憎しみ」の感情をあおり、聴衆を恍惚状態、ヒステリー状態に導いていきます。牧師はおかしなことを叫びつづけます。絶叫と身振り手振りに気をとられて聴衆は思考することをやめていきます。日ごろそういう「訓練」を受けているヒトたちがブッシュ一味の嘘にころりと騙されたのです

集団催眠は聴衆が多ければ多いほど効果的です。ヒットラーの演説に何百万ものドイツ人が酔いしれたのも、スケールは小さいけれど小泉純一郎や田中真紀子に目がハートになったのも同じです

嘘つきは絶叫する

騙されないのはひと握り、変わり者だと無視しちゃえ
  

オバマはライトの言ったことを支持しないとクリントンとの討論会で明言し、ことはおさまっていきました

ところが、人々の記憶からライトが薄れていた先週、クリントン陣営がライトをナショナルプレスにまねいて喋らせました。恍惚のライトG3が白人攻撃を再現したものだからテレビもネットも連日ライト批判。オバマも攻撃されています

オバマはふたたびライト発言を非難しましたが、淡々と語るオバマの顔にこんな馬鹿げたことはいいかげんにしてくれという疲労感がありました。オバマは低次元な戦いやネガティブキャンペーンが嫌いだから彼自身のエネルギーも落ちているのでしょう

冷静に考えればライト発言を否定しているオバマをライトと同一視するのはおかしいのですが、思考しない人たちにそれを言っても通じません

ボクシングでいえば、ライトゲート(とは呼ばれていませんが)もナフタゲートもビターゲートもクリントンがオバマのtamaを蹴りあげたようなものでフェアではありません。オバマも同じ事をすればいいんだけれど、相手は♀だからムリモ・・・

クリントンのクリンチや蹴り上げに対して有効なカウンターを返せないオバマは弱いというイメージをつくりあげようというのがクリントンの戦術です

代議員獲得では勝てないからヘリクツイメージを理由に特別代議員たちにクリントンを支持させる

ハワード・ディーンはその線を支持しているように見えます

アメリカの民主党って水準が低いんだなあというのが、最近のオノマの感想

先週はそういうことだったので、五月六日(火)のノースカロライナ州・NCとインディアナ州・INのプライマリーはオバマにとって逆風が吹いているでしょう。どのくらい強い風か

「クリントン優勢と言われてきたINでクリントンが二桁ポイントで勝つ。オバマ優勢といわれてきたNCもクリントンが勝つ」というのがオバマにとって最悪のシナリオです

そういう結果になるのかどうか、もしそうなったときには流れが大きく変わるのかが来週のハイライトでしょう




もう少しでゴール 
ライト牧師を背負ったオバマが不思議る
クリントンはどうしてついてこれるんだ

ところでPAで残っていた二人はクリントンのものになりました。その結果クリントン85人・53.8%、オバマ73人・46.2%、 差は7.6ポイント

PAは10ポイント差ではなく7.6ポイント差です

逆風に一票↓  
http://blog.with2.net/link.php?310164

五月三日のグアムはひきわけ

残る州でクリントンが74% v 26%で勝てば追いつける ← ムリモ

Posted by: onomar
Comment: #275
May 03, 11:31 PM

Guam was draw.

Now the delegates count:

Obama 1491
Clinton 1337

Remaining delegates: 318

To draw Clinton has to win 236 (Obama 82)

This is Clinton 74% Obama 26%

Impossible.


P.S.
Clinton claimed she won PA by 10 points.

PA is Clinton 85 Obama 73
This is Clinton 53.7% Obama 46.3%

53.7-46.3=7.4

7.4 is not 10.

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 03:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒラリー・クリントンはこういう風に嫌われてる
ヒラリー・クリントンを嫌うひとたちの本音を女性の評論家が紹介しています

キーワードだけをざっと訳しておきます。筋ははずしていないと思いますが鵜呑みは禁物。できたら辞書にもあたったください

Betsy Reed
The Nation.
May 1, 2008
In the course of Hillary Clinton's historic run for the White House--in which she became the first woman ever to prevail in a state-level presidential primary contest--she has been likened to Lorena Bobbitt (by Tucker Carlson);

a "hellish housewife
主腐
" (Leon Wieseltier) and described as

"witchy
魔法使いのばあさん
,"

a "she-devil
 めすあくま
,"

"anti-male
反男性
"

and "a stripteaser 
ストリッパー
" (Chris Matthews).

Her loud and hearty laugh has been labeled
"the cackle 
(笑い方が)バリバリしてる
,"

her voice compared to  
"fingernails on a blackboard 
黒板を爪でひっかくような(声)
"

and her posture said to look "like everyone's
first wife standing outside a probate court 
遺産決定裁判所の外で待っている最初の妻のような態度
."

As one Fox News commentator put it,

"When Hillary Clinton speaks, men hear,
Take out the garbage 
ヒラリーが何か言うたびに男たちは「ゴミをだしときなさいよ」といわれたような気になる
."



↑マキコみたいだ

Rush Limbaugh, who has no qualms about subjecting audiences to the spectacle of his own bloated physique, asked his listeners, "Will this country

want to actually watch a woman get older before their eyes on a daily basis? 
女が年をとっていく様を毎日みていたいのかね
"



↑シンタローみたいだ

Perhaps most damaging of all to her electoral prospects, very early on Clinton was deemed

"unlikable 
好きになれない
."

Although other factors also account for that dislike, much of the venom she elicits
("Iron my shirt," 
オレのシャツにアイロンかけてくれ

"How do we beat the bitch? 
あのあばずれをどうすりゃいいんだ
")
is clearly gender-specific.

おのまもクリントンは話す言葉だけでなく、ボディーランゲージがとても品にかけていると感じます。ボディーランゲージでいえばマケインはオバマより良いかもしれません

クリントンってみてていやになるんだよね。ばればれの嘘をついても平気な顔してるし

ワシントン州知事が立ったらよかったのに・・・





| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 03:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
一次情報を鵜呑みにしてはいけない
四月二十六日に「クリントンが10ポイントで勝ったと叫んでいるPA(ペンシルバニア)は6ポイントの差になっている、こういうフォローを日本のメディアはやっていないのではないか」と書きました

奇しくもおなじ四月二十六日付けの冷泉レポートにこうありました

今週は、ペンシルベニア州での民主党予備選があり、予想通りヒラリーがオバマに10%の差をつけてとりあえず選挙戦はまだまだ続くことになりました

冷泉氏のレポートはオノマのブログより百倍も多くの人に読まれているだろうし、中には冷泉レポを鵜呑みにする人もいることでしょうから、もうすこし丁寧に情報をフォローしたらいいのにと思います

前に「林雨」でとりあげた五木寛之もそうでしたが、一次情報を鵜呑みにせず検証するという、ビジネスマンには当たり前の習慣が文学者にはないのでしょうかねえ


こんなことを書いたのはいつだったろうか:

目の前に出されたえさを全部たべ腹をこわすはバカな犬なり

バブル華やかなりし頃はたくさんいましたね、○○犬が

自分をパロって:
目の前に出てくる情報そのまま信じ増幅するは困った猿なり

本人はだまそうという気がまったくない(多分)から余計困っちゃう

 リンダに一票↓  
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
ビターゲート


PAで敗戦したオバマのきもち
(ビターだから)宗教や銃にすがりたい
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 03:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ