木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

四月一日 みいたん屋根に上る

四月一日 

みいたん屋根に上る・・・・エープリルフールの嘘ではない

まずは物置小屋の屋根に挑戦



屋根に移ろうとして移れなかった



こんどはハシゴの向きを変えて居間の上の屋根に挑戦



なんとか移れた



てっぺんに到達



バルコニーからゲンキーが眺めている



なんやあのへっぴり腰は



たてたで〜



楽しいよ〜





おや、UFOが飛んでいる



235

| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 02:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
コマッタちゃんの華麗なる変身 
コマッタちゃんの華麗なる変身・・・

といっても、あした日本に帰るあのコマッタちゃんではない 



四年前のコマッタちゃんことみいたん@三歳



「女は愛嬌だよ、愛嬌がよければ美人になるよ、悪いとブスになるよ」とささやき「みいたん、美人になれよ。十八歳になったら一緒にノモーゼ。でもブスだったらスマン、ノマン、オゴラン・・」と念じて四年

斧魔のささやきと念が効を奏し華麗なる変身をとげつつあるみいたん

二月には日本でスキーをするそうな



みいたん、カナダにおいで、一緒に滑ろうぜ


http://onomar.jugem.jp/?day=20080423
| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 02:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
こどもは風の子
 

今日はこの冬一番の寒さだ!


でも子供は風の子
公園へ


クラスメイトがいて一緒に遊んでいました。

(みいたんのお母さんのブログ @ 12月23日)

| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハロウイン みいたん
ただいま当地は11月4日の昼すぎ

たまたまソーシャルネットを覗いたところ日本にいるみいたんがハロウインの仮装をしていたことが分かりました




おのまの家にも来て欲しかったねえ



仮面はおかあさんのお手製だそうですがおのまと違って丁寧ですね

ゆうきんの家ではジャコランタンをメロンでつくったとありました



中身はたべたのでしょうかね

ひさびさに斧魔の登場!!



時間よ戻れ

みいたんこっちにおいで

シュワッチ

ほれ着いた



どうじゃ、みいたん、斧魔の力はすごいじゃろ

ううん、みいたん、ホウキに乗ってきたんだよ ★★★

続きを読む >>
| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 06:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
三年半ぶりにみいたん
「みいたん・ゆうきん」という孫のためのカテゴリーがありますが最後に更新したのは2008年4月です。三年半のごぶさた



続きを読む >>
| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 02:23 | comments(2) | trackbacks(1) |
みいたんのスキー三日目
みいたんのスキー三日目は小型カメラ(キャノン・イクシ)を持っていきました

撮った写真をPCに取り込んで木霊に載せようとしたところどういうわかけかPCに出てきません。そのままにしておいたら、昨日ひょいと現れました

ということで本日は遅ればせながら三月二十五日のグラウスでの写真二枚を載せます

みいたん&みいたんのお母さん



みいたんのお母さんは学生の頃スピードスケートをやっていたそうです。美人スケーター人気だったろうねえ

みいたん



前の日のシーモアでは積極的に滑っていたのにこの日は全く滑ろうとしませんでした

風の中の羽のように日毎に替わる女の心・・・おのま困っちゃう

みいたんの機嫌がわるくなりそうなときは「女は愛嬌だよ、愛嬌がよければ美人になるよ、悪いとブスになるよ」とあやします。イミが分るようで大概は好転します。しかしこのときはそんなことを云うと事態が悪くなりそうに感じたので雪の上に座らせておきました

みいたん、美人になれよ。十八歳になったら一緒にノモーゼ。でもブスだったらスマン、ノマン、オゴラン・・

 男だって愛嬌 おしましょう↓  
http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゆうきん帰国・おまけ
緊急着陸

本来は着陸しない予定のところだが、緊急の事態がおきたので予定を変えて着陸したという風に使う言葉だと思っていた

だからエアカナダの飛行機が関空に緊急着陸したというニュースを聞いたときは、ほう、上海行きの飛行機に故障がおきたのかなと思った

ところが、さきほどゆうきんママのブログをみたら、なんとゆうきんが乗っていた飛行機に故障が起きていたとある

Unaccompanied Minors 無事帰国しました 2008年04月08日22:39

土曜日に帰ってきました。

しっかし、着陸してからやけに時間がかかると思ったら。。。
なんと、

【タイヤパンクで緊急着陸=バンクーバー発エアカナダ機−関空】 西日本新聞

タイヤパンクで緊急着陸 関空にエアカナダ機
2008年4月5日 21:40

緊急着陸したエアカナダ機のパンクした主脚のタイヤ(左手前)=5日午後5時11分、関西空港 5日午後3時35分ごろ、カナダ・バンクーバー発関西行きエアカナダ35便ボーイング767−300(乗客乗員計201人)から、主脚に異常があり緊急着陸したいとの連絡が、国土交通省関西空港事務所にあった。

 同機は約25分後に関西空港に着陸。誘導路で機体を停止させ、到着スポットまでけん引された。けが人はなかった。着陸後に調べると、左側主脚のタイヤ4本のうち内側の1本がパンクしていた。エアカナダなどが原因を調べている。

 着陸後の約30分間、2本の滑走路のうち1本が閉鎖された。

 関西空港事務所によると、5日午前、エアカナダから、同機のものとみられるタイヤの破片がバンクーバーの空港で見つかったと連絡があった。離陸時にパンクしたとみられる。

ぅぉい。

電光掲示板が「着陸」から先のステップ「手荷物受取中」とかになかなか変わらないし、わらわらと出口に報道がくるし、いやーービックらこきました。

空港内でのアナウンスは全くありませんでしたが、ゆうきんはお子様ひとり旅に申し込んでいたためか、携帯の方へ直接添乗員さんから連絡が入りました。「ついておりますがゲートから離れた所にいるため出てくるのにあと1時間以上かかります。お母様たちが心配なさってると思い突然ですがお電話させていただきました。」とのこと。予め無事の連絡いただいていたので安心して待つことができましたが、それ以外のお迎えの人達はイライラしてただろうなぁ〜。

ゆうきんを連れて来た下さった添乗員さんにクレームを言う人も何人かいて、かなり騒然としました。

一緒にUMで帰ってきた中2の子がインタビュー受けてました。

ゆうきんによると、なかなか着陸せず、着陸の際にドンドンドンと何回か跳ねたように感じたとのことでした。
ま、怪我が無くてなによりです。


予定通りに着陸したんだけれど緊急事態が起きている状態での着陸だから緊急着陸・・・業界用語か・・・

なにか変なんだよなあ・・・

 おまけに一票↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
みいたんのスキー
みいたんが生まれてはじめてスキーをはいたのは三月二十三日(日)。デスティネーションで一番ちいさいスキーセットを借り、そのままグラウスに直行

朝サンでわかるようにみいたんの歩く力はゲンキーの千分の一。重たいスキー靴だとその半分以下。おまけに生まれて初めて歩く雪のうえ。ゴンドラを降りて百メートルさきの滑れるところまで歩いたら三十分はかかりそう

みいたんとおのまのスキーを担いで三十メートル先まで運んでおき、今度はみいたんをだっこして運ぶ。背中に負ぶったら「落ちるうー」と言って嫌がる。だっこするとずしりと重く、三十メートル運ぶと汗が吹き出してくる。スキーを運ぶと今度は汗が冷える。気持ちが悪い

スキーの練習を終えてゴンドラに戻る時も同じ。スキーを運んで、みいたんを運んで、スキーを運んで・・・みいたんとスキーをするにはふたりの大人がいないどしんどい

三月二十四日(月)

おのまはゆうきんを空港に迎えに行き、みいたん、みいたんのお母さん、くみちゃんの三人はシーモアに行った。シーモアなら車を降りてみいたんが練習できるような所まで二十メートルもない

ゆうきんを空港で受けとり家にもどろうとしたらシーモアから電話がかかってきた。みいたんにてこずっているから交替して欲しいという。家に行くつもりだったがゆうきんとシーモアに直行。駐車場でゆうきんにスキーウェアを着させてスキーセットを借りた

三人が滑ってる間、おのまはみいたんのアテンドに徹した。写真をとる陽気ではない。カメラとみいたんと両方を抱える絵は想像しただけでぞっとする。というわけでみいたんのスキー姿の写真はない

三月二十五日(火)五人でグラウスに行った。スキー板をみいたんのお母さん、くみちゃん、ゆうきんに運んでもらいおのまはみいたんを抱っこ。だいぶ楽である

シーモアではかなり積極的だったみいたんのスキー三日目には期待をしていたのだがまったくだめ。恐いと言って泣く。三人を残して家に戻った

昼寝をさせてたらまもなく「漏った」と言いながら二階から降りてきた。何十年ぶりかでオムツの始末をしてシャワーでお尻を洗ってあげた。蒙古斑点があった。オムツの換えがどこにあるか分からないのでそのままズボンをはかせた

ふたりで「チキチキバンバン」のビデオを見た

四月七日(月)みいたんのお母さんから写真が送られてきた。 シーモアで撮った写真もあった





みいたんはスキー帽を忘れて帰った。みいたんの髪の毛はすべすべしていて帽子はすぐぬげてしまう

 一票↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 08:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
ゆうきん帰る ゲンキー帰る
四月四日(金)

ゆうきんは晴れ男だそうで滞在しているあいだは天気つづきでした

滞在十一日の うち七日スキーをして無事日本へ帰国

くろねこやまとの宅急便の送付状のようなものにあて先などを書きこんで待つこと一時間

荷物に乗ってくるくる回って喜んでます



回りながらずっこけること三度。二年前にくらべてワルガキの雰囲気がでてきました

英語ができない中国人と一緒にカートに乗ってバイバイ



こういう風に航空会社にアテンドを頼めば、四歳から一人旅ができるのだそうです

小猿たちがいる間は外泊が多かったゲンキーもこの日は久しぶりに夕方に帰ってきました

あいつら一体なんなんだ・・フー・・・



フギャー・・・



おや、ソファのクッションが逆になっている・・・

 無事帰国に一票↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 05:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
ゲンキン ゆうきん
三月二十八日のパブロの演奏会にゆうきんを連れて行ったのだが退屈して機嫌がわるかった。世にも稀なる超絶技巧を解せんゆうきんはユルセン

演奏会のあと近くのレストランで朝三時まで騒ぐから来たい人はきてくれというパブロのアナウンスがあったので行きたかったのだがあきらめた

ロビーにでてきたパブロと親しく話ができたのはこれのせいだ



前回の演奏会でCDと一緒に売られていたパブロたちの似顔絵、十ドル(千円)也

ベリーダンスを踊ったライラという女の子が描いた鉛筆画を買ったのはおのまだけだった。とても上手な絵なのにねえ。無名だからという理由だけでその人の価値を見出せないのは気の毒なことだ

そのときはパブロたちがロビーに現れず、ライラのサインをもらっただけで終わった。いつの日にか貰えるだろうと待っていた。オノマは基本的には楽観主義者である

パブロはこの絵の中で今いるのはこの三人だと言ってサインしてくれた

ジョージが舞台に残っているはずだと言うので行ってみた

ジョージは、あの頃は髪が長かったんだといって感に堪えない顔をした。絵の右から三番目がジョージ

写真を撮らせてもらった。ジョージ・バシラコスもギリシャ出身



ジョージはこれをあげるとゆうきんにギターのピックを二枚握らせた

ピックをもらってご機嫌のゆうきんはこれからは絶対パパのあとについて行くと言った。ゆうきんはゲンキンだ。役人になったらいいかもな。大物役人になって最後は・・・ムヒヒ・・・

ゆうきんママからまたクレイムがくるか・・・


 もういちどパブロに一票↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 06:23 | comments(2) | trackbacks(1) |
ゆうきん・一人旅
ゆうきんママから「みいたんのことは書いてあるが、ゆうきんが出てこない」というクレイムがきた

ワリーワリー

みいたんたちが帰ったあとも毎日スキーをしていますよ

おわり

では済まないだろうね

三月二十四日(月)バンクーバー空港

ゆうきん八歳エアカナダの人に付き添われて出てきた



おのまが初めて一人旅をしたのは中学ニ年か三生のとき。静岡県吉原市に住む知人宅で夏休みを過ごすよう福島県郡山市から送り出された。上野、東京で乗り換えることができるだろうかと不安だった

サラリーマン三年目で東京から大阪に転勤になった。新幹線のホームでたくさんの同僚や友人に見送られたあと、列車の中でひとりになると不安になった。新大阪駅に降り立った時も心細かった

転勤者を駅で見送るなんて今でもやってるんだろうか

ゆうきんに心配じゃなかったかと訊いたがまったくその気なし。飛行機の中では隣に座ったカナダ人のお姉さんが日本語ができて楽しくお話ししたという。十八歳だったそうだが、どういういきさつで歳を知ったのか・・・

航空会社がちゃんと見てくれるとはいえ、八歳の子がひとりで外国旅行できる時代なんだよなあ。ゆうきんやみいたんの孫は月まで一人旅なんてことになるのかもしれない。そういう風に平和で豊かな時代になって欲しいねえ

ひさしぶりに知らない土地を旅したくなった。グアテマラに行きたいと思いながらそろそろ三年。行ったら行ったで孤独感を感じるに決まっているのだが・・・団体旅行はしたくない

 一人旅に一票↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164


吉原市(よしわらし)は静岡県東部にあった市である。1966年(昭和41年)11月1日に富士市、富士郡鷹岡町と合併し、富士市となった。

そうだったんだ・・・


| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 04:24 | comments(4) | trackbacks(0) |
みいたん・出発
三月二十八日(金)みいたん&みいたんのお母さん、日本へ

おしん風みいたん



空港へ向かう途中でぼたん雪が降り出す




日本は暖かいからとコートをトランクに入れてしまったみいたんのお母さんは寒そう



似てるといわれればなるほど・・・



野球帽も似合うみいたん←オノマ・GGバカモード



おしん風に一票
http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 15:07 | comments(1) | trackbacks(0) |
ゆうきんママとみいたん
ゆうきんママがシンガポールの小学ニ年か三年のころに作った人形です



作ってから二十五年たっているので日焼けしています

本棚に置かれていたこの人形をみいたんがみつけました



ゆうきんママが作った人形は三月二十八日の朝みいたんに抱かれて日本へ旅立ちます

ゆうきんママの人形に一票
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 14:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
みいたん・IMAX
カナダからは色々な発明が生まれているが、大型スクリーンのIMAXもそのひとつ

1967年のモントリオール万博で世界に知られるようになり、1970年の大阪万博ではIMAX社の技術を使うパビリオンがたくさんあった

IMAXの常設館では八階建てのビルと同じ高さのスクリーンが使われている

トロント時代におのまはIMAX社と取引をしようと思い何度も同社の人たちと会い、取引が始まる準備が進んだところで本部に申請したところ誰もIMAXを知らなかったのにはおどろいた。でもって却下。他の日本の銀行も取引がなかったのも理由のひとつ

横並びで割の合わない貸し金をしてつじつまをあわせをしている日本の銀行、みんなで渡れば恐くないと大きな貸し金をして失敗している日本の銀行についてはいずれ書く

帰国命令がでたあとの支店長会議で日本へ行くときにIMAXの幹部とぐうぜん飛行機で隣り合わせになった。カナダを去ることになったと言うと、残念だといわれ、手紙でも本当に残念だと書いてきた。おのまはカナダ人から、いままでこういう日本人に会ったことがないと賞賛されることが時々ある

という話は本題ではない

みいたんとみいたんのお母さんがIMAXを知らなかったので案内した

めがねをかけてみる立体映画。色々な種類の鯨やイルカが目の前に出てくるのでみいたんは手をのばして触ろうとした。よく撮ったものだと感心する映画であった。IMAXの作品はスゴイのが多い

思い出した。おのまの銀行はIMAXとの取引をしなかったが、時のソニーカナダの日本人幹部にIMAXのことを教えたことがある。ソニー会長(盛田昭夫)がトロントに来た時にオンタリオ州知事(ボブレイ)とともにIMAX劇場を夜おそく訪れることになりおのまもお供した。ほどなくIMAXとソニーとの間で取引が始まった。十数人でもって見た映画が何だったかは覚えていない。そういえばソニーの重役からうちで働きませんかと言われたこともあったなあ

なにが本題なのか分からなくなった



IMAXに一票
http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 14:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
みいたん・ゆうきん 朝サン
三月二十二日(土)

朝サン(朝の散歩)です 

8:21:36 みいたんを連れて出るとナジーが実家から走り出てきてゴロニャンをしました。ゲンキーと違って子供との折り合いがよいのでしょうか



8:22:43 見送るナジー



一緒に遊んでもいいのにというような気分がみえます



8:33:06 加納川。向こうから乳母車に赤ん坊をのせて走り降りてくる女性とそのつれ



8:37:01 みいたん、犬を恐がらないところはおのまG3に似ています



8:38:48 みいたん風邪気味なので戻ります



8:39:44 三歳半・・・まだよちよち歩きです・・・



8:40:13


8:41:03




上り終わるまでやく一分

そろそろ二歳になるゲンキーなら三秒くらいで上ります

猿族ニンゲンは長生きするけれど、別の視点からみると猫や鳥よりのろのろ生きているということなのですね

それにしても、みいたんの脚力でスキーをはじめられるのだろうか・・・

みいたんとG3の朝サンに一票
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 13:28 | comments(6) | trackbacks(0) |
みいたん・ゆうきん vs ゲンキー
きょねんの今ごろ、長女一家(三人)と次女一家(二人)がやって来ましたが、長男一家(三人)は来ませんでした

長男は結婚式を海外で挙げるとか、新婚旅行はスペインだとかいうようなことを言っていたのに約束不履行。嫁さんが気の毒ではないかとなんどかプレッシャーをかけたところ、ようやく母子でカナダへ行ってこいということになりました

「仕事が忙しいからオレは留守番」だそうですが、実のところ家のローンで旅行どころじゃないのでしょう。母子ふたりの飛行機代しめて二十万円をどうやってひねりだしたのか・・・

そういうわけでみいたんとみいたんのおかあさんがわがやに泊まっています。ふたりとも海外旅行は初めて

人見知りで泣き虫のみいたんは飛行機の中で泣いて、おかあさんが困るのではなかろうかと思っていましたが、なんと一度も泣かずぐっすり眠っていた由。案外大物なのかも

ところで、猫・ゲンキーは子供がにがて

去年はゆうきんとついに折り合うことができませんでした



↑ 
べーだ ・・・





みいたんの姿をみるや逃げ出しました



机と壁とのあいだに身をひそめて動きません



ニ十分ほどそのまま固まっていました

今は二十三日(日)の昼十一時。二十二日(土)外にでたっきりでゲンキーは帰ってきません

春に一票
http://blog.with2.net/link.php?310164

ゲンキーは二十四日(月)の朝一時に帰ってきました





| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 03:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
みいたん・ゆうきん
新しいカテゴリー「みいたん・ゆうきん」が始まります

みいたん・三歳半:

| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 13:13 | comments(1) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ