木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

コメコメ @豆狸


ただいま当地時間は五月四日(金) 相変わらずブログの更新が遅れています。 

旅行にでているわけではないし、忙しい用があるわけではないし、なんで遅れるのですかね。

つらつら思うに、以前は目が覚めると、頭の中に書きたいテーマが二、三個うかんできて、頭の中で文章ができあがるという具合だったのですが、いまは目が覚めると、山はどういう状況だろうか、どういう練習をしようかということを考えていて、ブログ更新の力が枯れているのかもしれません。


さて本日も頂いたコメントへのコメントです。

狸をググッていたらこちらにたどり着きました
かなり前のブログにコメントもうしわけございません。
このお写真の子はタヌキではなくアライグマですよー。

| えり | 2012/05/01 3:29 PM | http://onomar.jugem.jp/?eid=1959#comments


四年も前に書いたブログにコメントをいただくとはロングセラーブロガー冥利(笑)につきます。

さてコメントの通りタヌキではなくアライグマであることは承知しています。あえて狸と呼んでいる次第を書いたブログがあるので、以下に再掲します。 

過去ログを貼ってごまかすなんて、タヌキではないか・・・・いやテヌキではないかとおっしゃられるあなた、東電本社のエリートシューサイでしょう(笑)。いちど現場でもまれてくるといいです。なにがどこにあるか分からない瓦礫の山のような過去ログの中から見つけ出すのが一苦労、それを貼るのが二苦労です。


トロント時代の社宅の庭でときどき見かけ、この北バンクーバーの我が家で見かけないのがラクーン(raccoon racoon)という小動物。研究社の英和辞典によると「raccoon=アライグマ」「raccoondog=狸」となっています。詳しくはあとで調べるとして、言い易い「狸」を使います。

以上は2005年5月6日のブログからの抜粋 http://onomar.jugem.jp/?day=20050506


正式にはアライグマなのだが、長くて言いにくいし顔形が熊より狸に近いのでおのまは狸と呼んでいる・

アライグマ common raccoon


界 : 動物界 Animalia
門 : 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱 : 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
目 : 食肉目 Carnivora
亜目 : イヌ亜目 Caniformia
下目 : クマ下目 Arctoidea
小目 : イタチ小目 Mustelida
科 : アライグマ科 Procyonidae
亜科 : アライグマ亜科 Procyoninae
属 : アライグマ属 Procyon
種 : アライグマ P. lotor

狸  raccoon dog
界 : 動物界 Animalia
門 : 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱 : 哺乳綱 Mammalia
目 : 食肉目 Carnivora
亜目 : ネコ亜目(裂脚亜目) Fissipedia
上科 : イヌ上科 Canoidea
科 : イヌ科 Canidae
属 : タヌキ属 Nyctereutes
種 : タヌキ N. procyonoides

食肉目 → イヌ → クマ → イタチ → アライグマ
食肉目 → ネコ → イヌ → タヌキ

「アライグマ」は「洗い」+「熊」の二つのことばから成り立っていて、なにか亜流のイメージがある。「○○銀座」とか「○○富士」とかいう類だ

他の動物のように二文字か三文字のひとつのことばであらわせないだろうか・・

ブタ、タヌキ、キツネ、ネコ、コアラ・・

「アライグマ」に敬意を表して「アラマ」・・

以上は2007年12月28日のブログからの抜粋 http://onomar.jugem.jp/?day=20071228

247

| おのまのプロフィール | 動物 | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
九月十二日(月)の夜
ゴルフ&ランチの幹事が簡の単といってもそこはそれ、多少は余分のエネルギーを使うものです。昨日はいつもより早めに書斎で寝ました。 

夢うつつの中で時計の音が聞えてきたので夜中の三時ころかなと数えていたらいつまでたっても終わりません。結局のところ夜中の十二時でした。

テレビをつけて今場所はじめて大相撲を見て二時頃にテレビを消し、うつらうつらしていたら台所のほうからガチャンという音。こんな時間にクミちゃんが台所にいるのかなと訝りながらうつらうつら・・・・

しばらくするとガサガサと袋を破るような音が聞えてきて・・・ハッ!!

急いで部屋の外にでて、明かりをつけて、ゴルア〜と叫ぶと台所から丸いのが出てきて地下への階段を下りていきました。狸ことアライグマです。

ゲンキーが出入りしている機械室の窓が大きく開いていました。台所にはコップが粉々になっていて、食器棚の下についている三つの扉が開いていて、乾物やキャットフードの袋が出ていました。

狸の前足は足というより人間の手に近く、扉くらいは簡単に開けられるようです。

つらつら考えたのですが、人間のように手や指がよく動くようになるとどんな動物でも知能が増すのではないでしょうか。そして人間という生命体は知能が増したのはいいけれど、方向が間違って進んでしまったのではないでしょうか。
| おのまのプロフィール | 動物 | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
まめだくつろぐ
ただいまは八月四日(水) 

トロントから帰ってみると隣近所の芝庭は茶色になっているところが増えていました。わがやは玄関脇の丸庭と裏庭の芝がはげていました。夏日がつづくとこうなります

昨日の夕方、散水日でもないのに、隣のボブは茶色くなった部分に水をまいていました。立つ鳥なんとやら。家は売れたのに最後まで手入れする心意気やよし。九月末に引っ越すそうです

朝の九時

ん? 

なにやら落ちている



豆狸でした



狸がくつろいでるのを初めてみました



この目は・・・

はらへったー めしくわせー

キャットフードを与え、ついで菓子を与えました





菓子がもうひとつ残っているというのに食べずに物憂げな顔をして座りました



どことなくしょんぼりした風情は最近おちめのどこぞの首相みたいです

またくつろぎはじめました



くつろぐ?

なやんでるのが分らないの?



俺って、どうして人気ないのかなあ・・・・






クリックすればまめだ

クリックしないとかんだ



↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 動物 | 01:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
グラウスの新顔

山から下りてきて車にスキー板を積み込んでいると狼の遠吠えが聞えてきました。

遠吠えを聞くのはひさしぶりです。前はいつ聞いたのかを調べたら二年ちかくもまえのことでした。

http://onomar.jugem.jp/?day=20080224


いそいで坂をのぼりましたが狼がみえるところに来た時には鳴きやんでいました。

ここには白い狼が二匹と黒い狼が一匹いたのですが、黒い狼の姿が見当たりません。その替わりに灰色狼がいました。

前にいた黒い狼は決してこちらに寄ってこようとしなかったのですが、新顔さんはおのまと波長があうようです。こっちにおいでと念じると近寄ってきました。











おれ、どじっちゃった・・・・

グラウスの囲いの中にいれば安全で食べ物の心配もありませんが、本心は広々とした所にいたいと思っているのではないでしょうか。


それにしてもあの黒狼はどうしたのでしょうか。

まさか・・・・

新顔だと思ったのは間違いであの黒狼が年をとって色が変わったというのではないでしょうね・・・

2006年3月の黒狼





黒狼・・・囲いから逃げ出したのであれば良いのですが・・・

クリックすれば自由な世界
クリックしないと豚になる


http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 動物 | 03:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
熊をパパラッチ
十月十六日、熊をパパラッチしました。

熊が我が家にきたことは前にもありますが写真を撮るのは初めてです。熊の動きはノソノソしているようにみえますが、その実かなりのスピードがあり、カメラを探しに行っているあいだにいなくなっていました。

今回はコラム「林雨」の原稿を書いていたときに現れ、手元にカメラをあったので撮ることができました。

目の前に黒い影が現れそれが熊だと分かったときはおどろきました。二メートルの距離です。

地面に撒いた餌をたべています。



やがて餌台に、ついでこちらに気づきました。



この餌台、熊にピッタリの高さです。

餌を食べ終わると木の枝で体をこすり始めました。この木の葉は触ると痛いのですが熊にはちょうど良いブラシのようで一分ほどごしごし、ゆさゆさやっていました。



そばにある木のてっぺんには新芽がでていますが、高すぎて届きません。



抱きつきたくなるようなお尻(笑)

丸庭に移動して松の新芽を食べようとしましたが、これも高すぎました。



芝生を横切って道路へ向かいました。



後ろ脚の表情がニンゲンと同じだと思いませんか。

菊の花を食べている?わたしも時々つまんでます。柔らかくてちょっと苦くて胃腸に良い感じがします。



道路まででると小さくみえました。ゲンキーみたいです。



またおいで・・・・

クリックすると熊がくる
クリックしないと豚がくる


http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 動物 | 01:15 | comments(6) | trackbacks(0) |
豆狸(まめだ)
六月一日(月)になったばかりの夜中、ノドが乾いたので起きてポリバケツに入れてある湧き水を呑みに行ったら台所の外に何かの気配を感じた。みたら狸であった。

目で見たり耳で聞いたりしないでわかる気配とは脳波のようなものであろうか。からだのどの部分で感じているのだろうか。

郡山にいた時に気配を感じて振り返ったら五十メートルも離れたところに犬がいてこちらをみていたとか、小田急線の電車の中で本を読んでいて何かを感じ顔をあげたら向かい側に座っている女学生の視線とぶつかったとかを覚えている。逆に見知らぬ人の背中にむかって意識を集中すると振り返ったりもする。たいがいに人はそういう経験があると思う。

去年よくやってきた丹吾かどうか分からないが表にでたらちょっと逃げ腰になり、そのあとお尻かいかいをしてみせたから丹吾かもしれない。



この日からパンのかけらとかソーセージとかバナナとかを出している。翌朝にはなくなっている。


http://blog.with2.net/link.php?310164



クリックすれば狸が化ける
クリックしないと豚になる




177人 780点 16位

丹吾のおしりかいかい


続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 動物 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
コスカ
マメダ・タンゴ君(豆狸丹吾)の姿をみなくなって一年近くになる。タンゴが地下室の窓を開けようとしたのに開けなかったのが原因かもしれない。

http://onomar.jugem.jp/?day=20080409

春から夏になったのでタンゴ君用のためにえさを置かなくてもいいだろうと考えた。やがてタンゴ君のことを忘れ、冬になってもえさを置かないでいた。

雪の降った翌朝タンゴらしき足跡をみた。台所のドア近くまでやってきたもののえさがないのでそのまま戻った姿を思った。えさを出してみたがえさが減ることはなかった。

魚の頭や骨をだしておいたが三日たってもなくならない。

三月六日(金)夜になってもゲンキーが帰ってこないので台所の窓を開けておいた。たいがいは夜中に帰ってくるのだが、七日(土)朝五時になっても戻ってこない。

外をみたら何かがうずくまっている。形はゲンキーに似ているがだいぶ小さいし毛の色が違う。動かないので何かの見間違いかと思ったがどうやらスカンクの子供らしい。

子供とはいえ敵はおそろしい武器を持っているから驚かせてはいけない。ISOを1600にあげて撮った:



今宵コスカのためにえさを置くべきかどうか悩む。


http://blog.with2.net/link.php?310164

本日20位
| おのまのプロフィール | 動物 | 02:11 | comments(3) | trackbacks(0) |
大晦日

当地はまだ大晦日です。

朝十時、今シーズン初めてのスキーにでかけました。

半年まえに春スキーを終えたときは十一月にウイスラーがオープンしたらすぐにすべるつもりだったのが滑らないまま大晦日になり、これはなるまいと年間パスを持っているグラウスに出かけました。

駐車場は空いています。



これくらいだとゲレンデもがらすきです。

ところがゴンドラに乗ろうとしたら長蛇の列。



強風が吹いたかなにかでゴンドラの運転開始が遅れたようです。

乗るまで三十分はかかりそうです。

家から五分ですから夕方にでも出直すことにし狼を訪ねました。



暫くだったねえ元気かいなどと声をかけます。日本語です。



通じたような気がしました。



フェンスの中に入りたい気分です。


本日18位。

かなり長期にわたってダントツの一位だった「ハリウッドセレブの最新画像」が17位になっています。果たして抜けるか。


http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 動物 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
白熊あらわる
十一月十五日(土)

居間の壁際で白いものが動いている。みたら白熊のこどもでゲンキーの妹ナジ位のサイズだ

黒熊は何度かやってきているが白熊は初めてだ。先日はゴルフ場でコヨーテを見たが、バンクーバーにコヨーテが棲むようになってまだ十年ほどしかたっていないという。白熊まで現れるなんてよほど環境が変わってきているのだろう

腹ばいになっておいでおいでと手をだしたら寄ってきた。末は北極の王者、ニンゲンをこわがるDNAがないようである

すぐお母さんのところに返してあげるから、その前に写真を撮らせておくれと言い聞かせ、小熊をだきあげ左肩に乗せ、左手で首,右手で腰を軽くおさえる。急に高いところに持ち上げられて小熊は私の肩にしがみついた。ゲンキーのようにグニャグニャな体ではなくずっしりしていて毛は硬い

二階にある書斎に入る。机の上にタオルが乗っていたのでその上に小熊を乗せようと、小さな前足をつかんで肩に食い込んでいる爪をゆっくりはずした。ちくりと痛い

バルコニーの外は明るい。紅葉の葉がすっかり散ってほんの少しだが加納川の遊歩道が見える。このどこかに母熊がいるにちがいない

ちょっと待ってなよと云って地下室に行ったらいつも置いているところにカメラがない。朝方バルコニーから写真を撮ったのを思い出し、急いでもどるとやっぱり机の上にあった

タオルの上で小熊がピーピー鳴いている。砂糖でも上げようかとおもったがはて我が家に角砂糖は置いていない。そうだ、あとでミントキャンディーを上げよう

カメラを構えながらブログに書く文章を考えはじめたとたんに、ああそうだ、ここで撮った写真はあのPCに取り込めないのだと気がついた。白熊は雪が溶けるように崩れ、私はベッドの中にワープした。小熊の爪の感触が左肩に残っている

いつものことだが動物と戯れたあとは体がぽかぽかしている。足の裏や手のひらがジンジンしていて気持ちがよい。全身から緊張感がなくなっていて背中の嫌な重ったるさが無い。顔の筋肉も緩んでいるのがわかる

そのまま二十分ほど寝ていたが、やがて小熊の爪の感触が消えてしまったので起きてベッドを机に直しPCを立ち上げた



木霊のカウンターが129800になっていた。あと200で130000というきりのいい数字になる。目撃できるだろうか



起きたのは十時ちかい。寝たのが二時すぎとはいえ寝坊をした

昨日は昼から来客があり、コンロでソーセージやキノコを焼きながら飲んだ。四時間かけて二人が飲んだビールは七本。こびんである。よく食べたせいか二日酔いはない

ランキング
本日22位

http://blog.with2.net/link.php?310164

リンクしてある トン子・Shabby Houseの Safeway 万歳! が面白い。トン子さんの交渉力はIMFに十兆円だすソータローより断然上


| おのまのプロフィール | 動物 | 03:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
コヨーテ@ショーネシー・ゴルフ
十月十日(金)

二十年前から来ているショーネシー・ゴルフ場でコヨーテをみるのは本日が初めて。今年はアライグマも見た

野生動物を身近に見ると心のなかにできていたコリのようなものがほぐれていく。アメリカの選挙も金融恐慌もカンケーネーという感じ



↑ こちらとの距離は約五十メートル。ゆうゆうとしている



↑ ゆっくりと歩いているがニンゲンより断然速くて追いつけなかった



今までみてきたコヨーテたちはググってみつけて↑の写真よりはもっとおだやかな感じである

↓ランキング
本日23位

http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 動物 | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
豆狸丹吾
四月十二日(土)に↓の写真を撮ったのを最後にマメダタンゴ(豆狸丹吾)が現れない。餌に困らなくなったのだろう



この十日ほど庭のあちこちが掘られている。正確に数えたわけではないがざっと三十箇くらいの穴がある。狸がミミズを食べているのである

七月二十五日(金)のよなか零時すぎに狸が台所の窓から中に入ろうとしていた。タンゴであろうかとゲンキーの餌をだしたらもう一匹いた。こちらは警戒して寄ってこない



おい、タンゴ君かいと訊くと近寄ってきて私の足に触った。どうやらそうらしい。離れたところからこちらを伺っている相棒に、このG3は安全だよと言っているかのようでもある

落ち着いて食べられそうな所に餌を置いてやると相棒もやってきて一緒に餌を食べ始めた。争う様子はない



しばらくするとタンゴが餌から離れた。自分だけで食べてご覧とでも言わんばかりだが相棒はタンゴを追った



タンゴのいたわりようからみると恋人のようだが体のサイズが同じだから兄弟かもしれない。最後にパンを一枚与えたが、タンゴはパンではなく私に近寄ってきて触ろうとする。おい、パンはあっちだよと言いきかせ、またなと言って別れた

しばらくたってから、ゲンキーが入ってこれるように地下室の窓を二十センチほど開けたらタンゴが手で窓を広げて入ってこようとした。また明日おいでと言いきかせて閉めた

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 動物 | 08:57 | comments(6) | trackbacks(0) |
ノースランドゴルフの鹿・つづき
ノースランド・ゴルフ・コースの十七番ホールのティーグラウンドの前方百五十ヤード先(白ティーから)に深い叢(くさむら)がある




ここにボールを打ち込んでも入ってはいけないことになっている



ふと妄想した。このサインも北バンクーバーのお役人の洒落か?

敏感な(sensitive)な場所につき触ってはいけない・・・

あの手の話しが好きなひとがバンクーバーに一人いる。あらゆる話がそういう方向にいくので閉口する

脱線した

しかし

鹿は猿のきめごとをシカトする



シカトとはどういう意味かをしかと(確かと)知らないので広辞苑をみたがでてなかった

ググルとたくさんでてきた。便利な時代である

そのうちのひとつ:

「鹿」と「十(とお)」を合わせた言葉からきていて、花札の十月の絵柄の鹿が横を向いていることから「無視する」という意味になったようです

「シカトする」という言葉の語感にやくざっぽいものを感じていた理由がわかったような気がする。

おのまは花札なるもので遊んだことがない



http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 動物 | 13:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
ノースランドゴルフの鹿
七月二十一日(月)

日本から来ている知人がゴルフをしたいというので、シーモア山のふもとにあるノースランド・ゴルフ・コースへ行った。ここでプレイするのは二年ぶりである。自ら進んでゴルフをやることがなくなった

北バンクーバー市営のコースでプライベートクラブの半分の値段でプレイできるが、メンテナンスはいくつかのプライベートクラブより良い

http://www.golfnorthlands.com/

ここではよく鹿をみる



鹿の先にみえるのはおのまのボール

健康そうである



http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります

追加



知人は大学のゴルフ部員だったというからゴルフはうまいが、このあとミスショットをした

こういうときに英語でなんというかを教えてあげた

Oh dear! (おやまあ)

deer(鹿)とかけた駄洒落がシーモア・パークウェイ・ドライブの標識になっていることは2006年4月18日に載せたことがある



ζ始に鹿が出るので注意しなさいというサインです。




dearとdeerをかけた駄洒落で、意味はΔ箸なじです。

「あらまあ おどろいた(Oh Dear)鹿が横断する(Deer Crossing)」と訳しては洒落になりません。「鹿がでるぞ、しかと見よ」「びっくりしたなあ、鹿でしか」・・

| おのまのプロフィール | 動物 | 16:06 | comments(6) | trackbacks(0) |
スコーミッシュのバニー
七月二十日(日)夕方、お向かいの家のまえにキャンピングカーが停まっていてサベトさんの息子さんが掃除をしていた

卵を思わせる小型のキャンピングカーを初めてみたのは二ヶ月ほどまえだった。大学の先生から八十万円で買ったばかりだというキャンピングカーでスコーミッシュに行くつもりだと言っていたのだが、それを実行したのである

こんな話を嬉しそうにした

車の窓からシャノン・フォールズ(滝)が見えるキャンプ場に三泊したが、あの辺は人を怖がらないバニー(ウサギ)が百匹もいてこどもたちと一緒に遊んだ。娘が追いかけるとバニーはピョンピョンはねて逃げ、娘が追いつくのを待っていた

三日目の明け方四時に娘が泣き出したので目がさめて眠れなくなった。表にでて焚き火をしたら、バニーが十匹ほどやってきた。バニーは焚き火の周りに座って一緒にあたった。信じがたい光景だった


焚き火にあたっている釈迦のために動物達が貢物をもってくるという話をおもいだしていた。みつぐものがなかったウサギは自らの身を火に投じるという話をこどものころから好きでなかった。貢がれるのを善しとする釈迦は卑しい

静かに火を囲んでいるバニーたちの光景のほうが断然よい。良い話を聞いたものだ

シャノン・フォールズ
http://www.shannonfalls.com/

釈迦とウサギの話をググったら、動物たちに貢物をもって来させたのは梵天だというのがでてきた。お釈迦さんではなかったのか・・・

ところで梵天ってなんだ・・・

釈迦牟尼が悟りを開いた後、その悟りを広めることをためらったが、その悟りを広めるよう勧めたのが梵天とされ、このことを梵天勧請(ぼんてんかんじょう)と称される・・・・

さよか

会社でいえばマーケティング担当重役でんな

社長、これぜったい売れまっせ、じゃんじゃん宣伝しまひょ・・・・

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります





| おのまのプロフィール | 動物 | 01:44 | comments(4) | trackbacks(0) |
近所の動物


七月十二日(土)



二階から表をみると鹿の親子が歩いていた。鹿はゴルフ場でみることがあるがこの界隈では初めてである

よくみたら狸(あらいぐま)が親鹿によりそうようにして歩いている。鹿と狸のカップルなんて信じがたい。近所の女の子が珍しがって三匹の後を追いかけている。写真に撮ろうと思って玄関から表に出たが間に合わなかった

別の入り口から家にもどったら中に狸と小鹿と女の子がいた。親鹿はいない。小鹿たちを追いかけてきて家に上がりこんでしまった女の子がバツのわるそうな顔をした。いいんだよ、こんな珍しいことはないからねと言いながらカメラを構えたら小鹿が跳ね回りだした

激しく跳ね回るのをカメラで追いかけたのだが、そのうち体を横にして壁の上を走りだした。とてつもなく珍しいことだと思ったら目が覚めた

おきて一時間後、花を見回っていてギョっ。パティオドアが全開である。開けっ放しのまま寝たらしい。鹿はともかくとして狸は入ってきていたのかもしれない



藤沢に住んでいたときのことだ。見知らぬ人が薄暗いなかに見えたので「どなたですか」と訊ねようとしたのだが驚きで声がでない。必死の思いでようやく「どなたですか」と言ったとたんに目がさめた

明け方まもない時間だった。窓を開けて見ると路上に駐車して置いた50ccのバイクがなくなっていた。寝てはいたが人の気配というか意識を感じていたのだ

そういう事件も藤沢に住むのが嫌になった理由のひとつであるのだが、狸や鹿が家に入って来る分には構わないと思う。彼らは食べるものを除けば何かを盗んだりしない

ふと考えた

ニンゲンが欲しがるものの殆どを他の動物は欲しがらない。ニンゲンだけがいろいろなものを欲しがる

テレビ、ステレオ、パソコン、カメラ、家具、食器、衣類、装飾品、化粧品、ゴルフ道具、スキー道具、傘、歯ブラシ、石鹸・・・・ニンゲンの物欲は異常ではないか

神・造物主なるものがいるとする。異常な物欲をもつニンゲンを生んだのは神のサディスティックな精神なのではないのか

こうかもしれない。神自身ががんじがらめになっているのでニンゲンという分身をつくり苦しみをニンゲンに転化して自らを慰めている

などということはいくら考えてもきりがない



午後

台所にある食料入れの壁に泥のあとを発見。狸の手のあとのように見えるがしかとは分からない

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります


| おのまのプロフィール | 動物 | 02:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
飲みともだち@♀
飲み友達といえば♂

♀の飲み友達を想像してみますがどうもピンときません。あの世に逝ってしまったひとで想像してみます

杉浦日向子や向田邦子は酒と肴の旨さを知ってる点では天下一品でしょうが、ふたりとも♂と決して相容れない♀性があるような気がします。♂ vs ♀の差がハッキリしているとそちらが気になって落ち着きません

米原万里や池田晶子の書いたものを読むと♂っぽいところやリクツっぽい性格がみえます。リクツっぽい♀は話がとぎれないから楽です。でも♂っぽくみえていても突如としてキーッときたりする人がいるから気をぬけません

♂だって突如変身するのがいてびっくりすることがあります。わがままというかコドモ。きっとウルトラマンを見過ぎたのです

ひとの言うことを聞いてからそれにあわせて話すのはオトナ。でもあとだしじゃんけんみたいな話が続くと段々くたびれてきます。いつもレシーブではなくサーブもしてちょんまげ

四人が書くものは面白かったですね。もっともっと生きていて欲しかった





向田邦子(むこうだ くにこ・51歳・1929年11月28日 - 1981年8月22日)テレビドラマ脚本家、エッセイスト、小説家



杉浦 日向子(すぎうら ひなこ・本名 鈴木 順子(すずき じゅんこ)・46歳・1958年11月30日 - 2005年7月22日 )漫画家、江戸風俗研究家



米原 万里(よねはら まり・56歳・1950年4月29日 - 2006年5月25日)ロシア語同時通訳・エッセイスト・ノンフィクション作家・小説家



池田 晶子(いけだ あきこ・46歳・1960年 - 2007年2月23日)哲学者、文筆家


46歳あるいは56歳を越した方へ:

なにか悩むことがあったら彼女らの本を読むといいです。こういう才人が若くして逝ったのに凡人の自分が生きているのはそもそも罰あたりなんだと思えば大概の悩みは消えます。えっ、あたしは凡人でない? 大いに悩むことですな

何の話しだっけ・・・そう飲み友達

ジェイモートンや井上謙吾は良い酒飲みでした。意見、異見を交し、ついに折り合うことができなくてもつきあいは切れず、考えも深まる。莫大な赤字を抱えていた会社を二百万ドル配当の会社に変えたオノマ社長の蔭に酒飲みブレインあり。感謝&ブイ

ニコニコ飲みながらも、実は了見が狭く、自分の考えと同じでないとビミョーに機嫌が悪くなる人がいます。そういう御仁が上司になると部下はニコニコ顔してひたすらキンチョール。サラリーマン人生は「限りなく透明にちかいグレー

おのまもサラリーマン最後の頃がそうだったなあ。バブルでいい気になり銀行に損害を与え、でも胡麻すりで重役になったニコニコG3の自慢話なんてツマンネーヨ。四年間必死になって赤字を解消したおのまから見て実にくだらない飲み手であった。三回目くらいから誘われても行かなかった

当然ではあるが風当たり、それも陰湿なやつ、が強くなり、おかげで他人より早く銀行株を売って転職する気になったんだから、いまとなっては感謝してますよ、イイ○○大先輩閣下殿

そういう人が社長だと会社は♪ 咲かせて 咲かせて 桃色吐息、あなたに抱かれて会社は赤になる

えーと、こんなことを書くつもりではなかったんです・・・


五月十八日(日)


ある若い♀(外人)がいる家に行きました

会うなり体をどーんとぶつけてきました

体をぐいぐい押し付けてきます

押し倒されそうです

君、まだ明るいんだけど・・・

でも引き締まった体の感触がなつかしい

君、一段ときれいになったねえ

なめまわされて口の中がくすぐったくなります

彼女の名前は グレタ・ガルボ・フォックス



中谷さんがグレタは酒を飲むといいます

持参したドブロクをあげたら、おお・・







あたし酔ったわ。ねえ介抱してちょうだい・・などと言われたことがないおのま

グレタ・・また飲もうな

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 動物 | 02:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
マメダタンゴとの距離
★★★★★★★★

狸(タンゴ)・猿(オノマ)・猫(ゲンキー)をそれぞれ頂点にするとどういう三角形ができるか

こういうことを考える時は、まずはできるだけたくさんの要素を書き出し、つぎにそれぞれの要素について点数をつけていくという作業をすればいいでしょう。日本が世界の中で90番目に幸福な国だと判定されたのもそういう手法をとったのだと思います。おのまの修士論文もそういうようなものでした

修士論文なら要素の数がニ、三十欲しいところですがここはお遊び、三つの要素で考えます:

手でものをつかめるか
尻尾があるか
自分の身長の二倍の高さまでジャンプできるか



狸と猫は猿の二倍得点、狸と猫は同点
狸と猫との距離を一とすると、猿は狸、猫との距離はニ

三角形はこうなります



この要素にウェイトをつけると別な三角形になります

手でものをつかめるか に三
尻尾があるか にニ
自分の身長の二倍の高さまでジャンプできるか に一
のウェイトをつけるとこうなります





↑狸がいちばん優れてる

最初の三角形、猿の得点が一番低かったからこうしたらいいでしょう



↑猿がいちばん劣ってる

★★★★★★★★

四月十二日のタンゴです

台所に入ってきてゲンキーのえさを食べていました。タンゴ君はよだれをたらすことがあります。においが残るらしくタンゴが食べたあとの皿は洗わないとあとでゲンキーが敬遠します



おのまの手から菓子を食べることもあります。何も持っていないと犬のお手みたいにして手に触って催促します

タンゴの手の平はゲンキーの肉球より柔らかくて湿っています。いちどだけ右に人差し指をあまがみしてきたことがあります。大分なれてきました

バケツにたまった雨水を飲んでいきました。いつもなら地面から背をのばして飲むのにこの日はバケツの上に乗って飲みました



バケツの中にロウソクとジップロック。タンゴがいなくなったあと取り除いておきました

バケツの上でお尻カイカイ。こちらの気をひくためのパフォーマンスかもしれません



書斎に戻ってみたらまだいました。タンゴ、またおいで



 タンゴとの距離に↓  
http://blog.with2.net/link.php?310164

本日はもうひとつあります



| おのまのプロフィール | 動物 | 04:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
豆狸丹吾
四月三日(木)

サイプレスでのスキーは二時間できりあげた

地下室のパソコンの前でランチを食べていたらマメダタンゴ君がやってきた





二日まえに窓をはさんでパンを分け合ったばかり。ここにくればランチに預かれる。学習能力が高い。前世は日銀エコノミストだもんな

パンを全部あげ、また明日おいでといって窓を閉める

なにか思案している



立ち上がった



窓をあけようとする



外からは開かないことを知ってのデモだろう

台所へ行ってもうひときれパンを持ってきたら立ち去っていた



おたがい、生きているということはどういうことなんだろうね

そう書いている今はゆうきんも日本へ帰って二日目の四月六日(日)の昼過ぎ

ゲンキーが窓の外に現れた 

写真を撮ろうとしたら素早く入ってきた



 タンゴの学習能力に一票↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 動物 | 05:25 | comments(3) | trackbacks(0) |
夜のタンゴ
三月になってからマメダ・タンゴのためのえさを置いていない

食べ物が欲しいときは昼間にやってくる

三月十二日(水)地下室でブログを書いていたら窓からタンゴが覗いていた

キャットフードと煮干をもってくると身をのりだしてきた

22:07:08


食べにくそうなので外にだした
22:07:32


煮干はたべずに去った

タンゴに一票


http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 動物 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
遠吠え
二月二十一日(木)

スキー十七日目 

八時四十五分に出る始発のゴンドラに乗るつもりで八時二十五分に家を出た

八時三十分到着

狼の遠吠えが聞こえた

オオーーン ウーーオオーーン

とてもいい声だ

8:35:07

8:37:00

8:37:05


黒狼は位置が悪くて撮れなかった

始発のゴンドラに乗れなかった

 狼に一票 ↓
 
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 動物 | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
タンゴのしつけ
米兵のやった行為は断じて許されるものではない

だが、少女の側にもスキがあった。知らない米兵のバイクに無防備に乗ってしまったことが悔やまれる

ここは「知らない人にはついていかない」というしつけを家庭も地域も学校も徹底させてほしい

(花岡信昭・産経新聞客員編集委員)


花岡氏は米国のやることなら何でも擁護するという姿勢を崩したことがない

ブッシュが自分は嘘をついていたと白状したとしても花岡氏はイラク侵略は正しかったと言いつづけることだろう

自らの職務怠慢を正当化しようとして沖縄担当大使であったNも言った。レイプされるほうに隙がある

加害者がアメリカ人であったからそういうことを言う

花岡氏やN氏が暴漢、たとえばかれらが嫌いなある貝田さんという人に殺されたとする

ある貝田さんに殺された二人に隙があったと言うのはたわごとでしかないということが花岡氏やN氏に理解できるだろうか

犯罪者はいつだって被害者の隙を狙ってる。言われなくても分かっている。隙があったから被害にあったのだ。英語で言ってごらん、牛のウンコといわれておしまいだ



マメダタンゴ君はおのまの近くまでやってくる。手からえさをとることもある。しかしいつでも逃げる態勢をとっている

きっと母親から教えられてるのだ。やさしくされてもだまされないでね



ニンゲンという名の猿が残酷で悪辣な動物であるということが地上の多くの生命体に知れ渡っている



スキをみせたジャップが悪い 
アメリカ兵こそ犠牲者だ

ってなことを平気でいうんだよな、ブッシュもクリントンも

おのまは危害をくわえないから大丈夫だ、こわい顔をしてる猿ほど安全だとタンゴ君に伝えてくれないか、ゲンキー君



猫・ゲンキーは冷たい



自分で言いなよ

マメダと仲良くなりたいかた、投票を ↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164


うおっ、いまみたら17位 これまでの記録にあと3ポイント ゴー ゴー オバマ ゴー
| おのまのプロフィール | 動物 | 12:16 | comments(2) | - |
マメダ(豆狸) 改名
外に置いてるえさが朝にはなくなっているからマメダのタンちゃんは毎夜わが家を訪れているとわかる

昼もときどき顔をみせる



やっぱりどことなく謙吾氏に似ている



「タンちゃん」あらため「タンゴ」とする

マメダタンゴ君、そのうち一杯やりませんか

投票を ↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 動物 | 02:16 | comments(1) | - |
オノマとまめだ(豆狸)と一人の日銀エコノミスト
今日は数日前にいちど載せ、プライベートすぎるかなとすぐに引っ込めた日記です。引っ込めるまえに読んだかたが十人ほどおられます

子供たちが、結婚したり下宿したりし始めた頃に親はそんな状況だったのかと知るのもよかろうかと考え、すこし書き加えたうえで載せることにします


留学を終えたあと何度も夢にみたバンクーバー暮らしは十一年後にめぐってきた。長かったと思ったが、三度目、すなわち今のバンクーバー暮らしが始まるまではさらに長い十五、六年かかった。バンクーバーを思うこと通算で二十六、七年

小学生のとき「岩窟王」を読んで気が遠くなるような気がした。永遠に続くかというような長い長い牢獄くらし

ねんのために調べてみると、囚人エドモン・ダンテスが脱走してモンテクリスト伯爵になるまで十四年。なんだたった十四年か。オノマは二十七年、「ああ無情」ってなもんだ

「岩窟王」も「ああ無情」も知らないという方、いちどお読みになることをお勧めする。特にヤワな世襲議員には必読の書だ、マジメな話

日本の勤め先を退職したあとトロントで七年ちかく働いたのだが、目的地のバンクーバーに移れそうなきざしがまったくない

先に何の見込みもなかったがトロントを去ることにした。新年会のあと呼吸困難になってああ、死ぬとはこういうことかと思ったことも弾みとなった。明日死ぬとわかれば今日のうちにバンクーバーに行くだろう

藤沢の家に手を入れながら一年間を日本ですごした。家の手入れに集中した。売るためだ

体重が六キロ増えて七十キロになった。食うだけの怠惰なくらし。自分が重いと感じた。駅の階段を上るのがつらいという連中の気持ちがはじめてわかった。身長が百七十六センチあるから七十キロでも太っているということはないのだが重かったのは確かである。いまは六十四キロにもどっている

日本の勤め先の先輩や大学時代の友人達が第二の就職先へ移ろうとしている頃だった。第二の就職先を卒業したオノマより数年遅れているというのは負け惜しみ、みんな無事勤め上げて優雅な天下りである

ちなみにオノマは再就職先を自力で探したものであって天下りではないMBAのおかげで天下りに比べると倍ほどの高給だった。でもやめればゼロ。人にもよるだろうが、定収入がなくなってオノマは不安であった。日本の雇用保険金はおりなかった。うん十年払いつづけた保険料を少しくらい返してほしい

年金もそうだが厚生労働にかかわる日本の官僚は重大な間違いをおかしている。日本の官僚の質はとても悪い。シンガポール、カナダの官僚と比べての実感である。新幹線の切符売り場でてきぱきと客をさばいている人たちと比べての実感である

ある日のこと日銀から神戸大学の教授になったばかりの○○謙吾氏が藤沢に立ち寄った。十月だったろうか



大学で同級だった謙吾氏と会う機会は少なかった

大学時代に彼は千駄ヶ谷にある自宅にいちど招いてくれた。まだまだマンションが珍しい時代で、こういう住宅があるのかと感心したことを覚えている

それからまもなく謙吾氏は東京都の奨学金を得てニューヨークに留学。一年後に戻ってきたときは互いに就職活動で忙しく話す機会もなかった

日銀岡山支店に勤めている謙吾氏を訪ねたことがあるが、はてあの時は何を話したのだろうか

そのあとは謙吾氏がオックスフォード大学留学や秋田支店勤務などを経て本店の調査部に戻り、オノマがカナダから戻るまで再会することはなかった

二十年ぶりに再会したあとの一年は互いの勤務先が近かった

会社がおわると八重洲口にあった国際観光ホテルのロビーで落ち合い、銀座の天元という囲碁クラブで碁を打った。彼が天元は高いと言うので一番町にある彼のマンションで打つようになった

外国製の二十センチ四方のCDプレイヤーから流れてくるクラシック音楽の音はとても良かった。オノマのステレオ装置より良いかもしれない。バカラのグラスにシングルモルツ。パイプでエリンモアをくゆらせながら碁をうった

絵に描いたように優雅な世界だが、居心地の悪いことといったらなかった

彼は日銀にはいるとすぐ同僚と結婚をしたのだが、やがて折り合いが悪くなり別居した

いつ始まったのか知らないが、週末になると香港で働いているヘニーというアメリカ人のジャーナリストのもとに通っていた。ふたりはヘニーの東京駐在時代に知り合ったのだが、知り合ったのと別居とどちらが早かったのかは知らない

一人暮らしで週末は香港。一番町の高級マンションは散らかっていた。足の踏み場もないということばそのままである。ゴミ箱のなかで碁をうったって居心地の良いはずがない

我が子らよ、人生の豊かさは整理整頓された空間に住むことによって99%かなうと心得よ。君たちとは縁のない高級マンションとか高収入がたといあったとしても、もし乱雑な居住空間にくらすのなら豊かさは1%もないのである

碁を打つまえに飲み屋で一杯やりながら議論した

バブル経済前後の日銀と大蔵省の施策をたたいた

日銀正統派エコノミストは自分達の間違いを釈明したが民間テロリスト・オノマは許さなかった。彼がにくかったのではない、彼を通じて少しでも日本の軌道が変わればよいと思っただけである。民間人だからといってオノマの言うことを聞き流すバ官僚がいるが、彼は真剣に反論した

今の日銀総裁・福井俊彦が副総裁時代に遊んだというノーパンシャブシャブなるものに謙吾氏は行っていなかった。行かなかったというだけでエラいと思えたりするほど日本の中枢はヘンである。行かないのがトーゼンなのだ

やがてオノマは日本の勤め先をやめてトロントで働いた。謙吾氏とはクリスマスカードのやりとりもなかったが、あるときカナダのノバスコシア銀行から頼まれて同行の東京支店長を謙吾氏に紹介したことがある

一緒に夕食に招かれたヘニーと支店長夫人との間でちょっとした口論があった。ヘニーにはアメリカ人の傲慢さがあった。傲慢なアメリカ人を大概のカナダ人は嫌っている。カナダはブッシュのイラク戦争にも反対して一切かかわらなかった

藤沢で碁をうちながら、離婚した、ヘニーと結婚した、香港通いを続けている、日銀時代より時間がある、日本の百名山を全部踏破する、あしたは通産省でレクチャーをすると聞かされた

先行き不透明の自分にくらべて順調な人生設計があるねえ、それにしても酒量が多くなったと思った。ビール、日本酒、ウイスキーとたてつづけに飲んだ。それでも乱れなかった

しょっちゅう上京するからまたうとうといって別れたのだが、連絡がとれなくなった。電話しても出てこない、イーメールには返事がない

春先になって彼が癌に冒されてニューヨークの病院に入院していることを知った

我が家で碁を打ってひとつきたつかたたないで癌が見つかった、日本の病院から手遅れと見放された、ヘニーが知っている病院が受け入れたという

ニューヨークまで見舞いに行こうと思った

病院に電話をすると、手術は終わった、あした退院してへニーの両親のアパートへ移ると言った。苦しそうだったので、また電話すると言って切った

今日のあしたでは早すぎると思い、ふつかあけて電話した。電話に出たヘニーが泣いた。謙吾は昨日なくなった。手術は成功したが、抗がん剤と手術で体力が消耗していたという

我が家に現れるマメダが彼に似ていると思っていた。マメダにケンゴと名づけよう。ブログに謙吾氏の写真を載せよう

明るいところで写真をコピーしようと障子をあけたらマメダがいた。急に障子があいたものだから驚いていた



いろいろ考えた末、ケンゴと呼ぶのはやめにした。タンちゃんでいこう。タンタン狸のマメダタン♪

藤沢で謙吾氏と碁をうっている写真はもっといいのがあったはずだがと記憶をたぐったらお別れ会のあとヘニーに渡したことを思い出した。お別れ会には速水優総裁もいた。謙吾氏は中枢にいたのだ

速水氏が日商岩井社長から日銀総裁になったときはホーっと思ったのだが、いま考えるとノーパンしゃぶしゃぶで副総裁をやめた福井氏へのつなぎだったのかもしれない。福井氏が総裁になったときはエーっと思った。日本の中枢はおかしい。武藤某が福井氏の後を継げば日本はますますおかしくなる。中枢がでたらめをやっている国がよくなるはずはない

 

投票を ↓
 
http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 動物 | 00:59 | comments(1) | trackbacks(0) |
まめだ 後編
9:38:32
食べ終わったあと未練がましく皿をまさぐっている



9:40:59
ベーグルのかけらをふたつ出したらひとつを庭の奥まで持っていった



9:42:40
ふたつめは戻ってきたその場で食べた



9:43:58
ベーグルを手でつかみ少しだけかみきり、残ったのは手からはなして下に置く



9:44:03



9:47:09
もう食べ物は出てこないようだ、さてどこにいこうかという様子に野生味を感じた。マメダ、またおいで




本日30位 昨日30位 これまでのベスト14位

http://blog.with2.net/link.php?310164



| おのまのプロフィール | 動物 | 03:21 | comments(1) | trackbacks(0) |
まめだ 前編
クリスマスを過ぎたあとも寝る前になにがしかの食べ物を台所の外に置いている。たいがいはキャットフードだがリンゴやベーコンの切れ端のこともある

朝にはきれいになっている

狸が食べてるのだと思うがあるいは熊かもしれない。キャットフードの場合は野良猫ということもある

一月十七日(木)朝

マメダ(豆狸・子狸)が台所のドアのそばからこちらを見上げていた


9:31:45


初めて見る顔。 まだ毛の模様も色もいまひとつ美的でない。大きくなった狸はきれいだ

カメラに望遠レンズがついていて全体がとれない

立ち去る様子がないので普通のレンズととり換えた

9:33:10
えさを待っているようだ

リスも鳥も狸もえさを欲しい時に行うデモが似ている。おい、そこのおっさん、空気読めよってな感じである



ゲンキーのえさをあげようとドアを開けると体を丸めてノタノタ走って逃げた

9:33:58
えさを置いてドアを閉じると戻ってきた



9:34:03
威嚇してるつもりか?



9:34:04
でもない?



9:34:29
たべはじめた




本日30位 昨日29位 これまでのベスト14位

http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 動物 | 03:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
公理・固定観念
十二月二十二日

バンクーバーの住人四人(含むおのま)と 日本の住人三人 計七人で食事したときの話

今年は狸 たぬき ・・Common raccoon 正式にはアライグマなのだが、長くて言いにくいし顔形が熊より狸に近いのでおのまは狸と呼んでいる・・ 狸が昼から歩いているとバンクーバー住人のみんなが言った

そしてそれはえさが足りないからであろうと意見が一致した

だからおすそ分けをすると言ったおのまに六人全員が反対した

反対理由は野生動物にえさをやると自立できなくなるという古典的な「公理」

しかし森の中で自立しようにもえさがないから危険(犬、猫、人に襲われる危険)をかえりみず人里をうろついている

そういうときに「自立の公理」を持ち出すのは 川でおぼれてる子供をみて自力で岸まで泳げ さもないといつまでたっても泳げないと言って溺れるのを見ているのに似ている

飢え死にしたら自立も他立もない

人と狸との境界線がデコボコした時は「自立の公理」の例外を認めたら良い

「公理」をもって「固定観念」にとらわれると「例外」とか「臨機応変」とか「待てよ」とかいうやわらかい思考ができなくなる

学生時代に秀才と言われたひとほどそういう癖(へき)がある。 公私混同や国の備品をちょろまかしたり自分の得になる臨機応変は得意だが

あの六人が秀才であったかどうかは知らない・・・

十二月二十四日

狸のためにソーセージ、バナナ、ミルクを台所の外に置いた 

あとでビールのつまみに焼いたダックもひときれ加えた

その夜 狸が言ったそうだ

おのまは他の六匹にくらべて神に近い猿だ

ほんとか?

ほんとかもしれない 有馬記念のマジックナンバーも当たったし・・・

  ♪

クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164

アライグマ common raccoon

界 : 動物界 Animalia
門 : 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱 : 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
目 : 食肉目 Carnivora
亜目 : イヌ亜目 Caniformia
下目 : クマ下目 Arctoidea
小目 : イタチ小目 Mustelida
科 : アライグマ科 Procyonidae
亜科 : アライグマ亜科 Procyoninae
属 : アライグマ属 Procyon
種 : アライグマ P. lotor

狸  raccoon dog
界 : 動物界 Animalia
門 : 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱 : 哺乳綱 Mammalia
目 : 食肉目 Carnivora
亜目 : ネコ亜目(裂脚亜目) Fissipedia
上科 : イヌ上科 Canoidea
科 : イヌ科 Canidae
属 : タヌキ属 Nyctereutes
種 : タヌキ N. procyonoides

食肉目 → イヌ → クマ → イタチ → アライグマ
食肉目 → ネコ → イヌ → タヌキ

「アライグマ」は「洗い」+「熊」の二つのことばから成り立っていて、なにか亜流のイメージがある。「○○銀座」とか「○○富士」とかいう類だ

他の動物のように二文字か三文字のひとつのことばであらわせないだろうか・・

ブタ、タヌキ、キツネ、ネコ、コアラ・・

「アライグマ」に敬意を表して「アラマ」・・
| おのまのプロフィール | 動物 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
アライグマ
十二月十六日(日)またアライグマが目の前を横切っていきました


13:03:19

望遠で撮ろうとすると手前の窓ガラスに焦点があうようです

望遠をあきらめてパパラッチ

こんな風に写ります


13:03:34

以下アライグマのまわりを切り取って四葉:

道路でとまり後足でカイカイをはじました

13:03:37

袋が風にのってやってきました


13:03:44

空っぽの袋だとわかったらしくアブドラ宅の庭へきえました


13:01:51

車寄せにある寒暖計は八度になっていましたが体感ではもっと寒く、障子をあけてる窓ガラスから冷気がおしよせてきます

クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164

本来アライグマは夜行するものです。昼間からうろうろしてるのは腹をへらしているからでしょう。クリスマスまでのあいだゲンキーのえさをわけてやることにします。裏庭に皿をだしました。もしかするとアライぬきもくるかな・・・
| おのまのプロフィール | 動物 | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ