木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

サンクスギビング

今日は日本と同じくカナダも休日。快晴。西バンクーバーのグレンイーグルゴルフに電話をするとスタートまで一時間半待ち。

裏の森に下りていき松茸探し。猿の腰掛のようなのがあり松茸のような香りがする。猿の腰掛というよりゴリラの腰掛というほうがいい巨大な代物。松茸見つからず。この夏涸れたモスキートクリークには水が溢れんばかり。ゴウゴウという音は恐ろしい。

前庭の雑草をとっていると散歩中の隣人(ボブとテルマ)が立ち止まり、しばし雑談。我が家の真っ赤な菊を褒めてくれる。日本よりここのほうが花木の生長が早く、花も長持ちすると答える。

芝の一部が枯れたままになっているので何とかしたいというと、十センチくらいの深さまで取り除き土を入れ替えたらよい、土や芝種が要るなら上げると。花はうまくいったが芝の改良はどうか。

●今日は語調を変えましたが、このほうが楽に書けます。


| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
3月16日までの日記コピー

バグダッドが「陥落」したのと同時に日記の一部が消えたのですが、そのうちの一部が「バックナンバーまとめ読み」に残っています。そこの日記には段落がないので読みにくい。

本日はあれこれやってみて、一番効率のよいと思われる方法でバックナンバーまとめ読みからそれぞれの日々にコピーしました。

まったく消えてしまった日記も書き込もうと思いながらなかなか出来ません。イラクもそうですが、こんな小さな日記でも破壊されたものを復活させるというのは難しいものです。歴史上偉大な文明国家がなんどもほろびていますが、原因が分かるような気がします。


| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
秋の日はつるべ落とし

秋の日はつるべ落とし、と書き出したところで、そういえば、つるべをみたことのない人がどんどん増えている筈だと気がつきました。つるべという言葉を初めてみたという人がいるかもしれない。

つるべは釣瓶と書きます。釣は上からつるすということ。瓶はつぼ、かめのような容器のこと。瓶と組み合わせになっている言葉はたくさんありますが、若い人が知っているのは鉄瓶くらいかもしれません。

釣瓶は二つの器(桶)を縄でくくり、井戸の上からつるし、ふたつの器を交互に井戸の中におとして水を汲むという仕組みになっています。釣瓶はまっすぐに早く井戸に落ちていきます。

つまり「秋の日は釣瓶落とし」とは秋の夕暮れは早いということです。こんなことを書いているうちにくたびれた。

要するに、今日はあっという間に暗くなったということを書こうと思ったのです。六時半で暗くなり、友人とビールを飲み終わったときはまっくらなので九時半だと思いましたが時計をみるとまだ八時半でした。


| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
松茸ごはん
十月一日の日記にオーロラ誌へ投稿していると書きました。一年程前に原稿料を送ってきたのですが、受け取ると税金申告しないといけない。物書きで食べているのであれば有難く受け取るのですが、そういう職業ではないし税申告が面倒なので返却しました。 二日に近くのきのこ屋から松茸が送られてきました。オーロラ誌の編集長さんが手配したものです。松茸の贈り物なら多分税金申告をしないでも良いのでしょう。有難く頂戴することにしました。 立派な松茸がアイスノンとともに入っています。送り状をみるとキロ七千円。前に書いたようにキロ千五百円からありますから七千円は高級松茸です。 たくさん貰ったお蔭で松茸ご飯を四日連続食べています。こんなぜいたくができるようになるなど三十年前は考えたこともなかったのですが、そろそろ普通のご飯が恋しくなってきました。 それにしても七千円だすとジャガイモやりんごなど数ヶ月分の量が買えます。松茸の値段は高過ぎると思います。
| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
霧笛

バンクーバーはまだ雨が降らず温かい秋が続いています。

霧笛がきこえたので窓からのぞくと晴れています。しかし車で降りていくとバンクーバーの町、スタンレーパーク、ライオンズゲートの海が霧の中。

そんな風に山の中腹は晴、下界は霧ということが時々あります。そう思っていたら今日は我が家のあたりまで霧が押し寄せていました。幻想的ですが少々寒く感じ、家の温度を18度にあげました。


| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
オーロラ誌

カナダの北で見ることができるオーロラを名前にしている日本語の雑誌があります。トロントで年に四回発行しています。私はオーロラ誌に本の紹介を投稿しています。三ヶ月に一度原稿を書けばよいのですが、いつのまにか締め切りになってしまい、今回も追われています。

今日はさきほどまで「木霊の宿る町」にアクセスできませんでした。今は十月二日の朝一時ですが、そんなことが重なったので今日はこれまで。アメリカ出張の続きも明日書きます。



| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
宝くじにあたる

カナダで売られる宝くじは賞金金額がいつも数億円単位と大きいので魅力があります。だれもあたらないと次のくじに加算されて数十億円になったりっすることがあり、そういう時はわたしも買うことがあります。

昨日は日本人だけのゴルフコンペがあり、いっしょに回った山本さんというひと初対面のひとが私の過去をいろいろ質問します。こういう手合いは営業関係のひとに多いなあ、彼の職業を不動産かなと考えていたところ、やはりそうでした。

19歳でバンクーバーにきて、それから三十年ここに住んでいるそうです。不動産の仕事は十五年ほどだそうですが、十五年のあいだにはバンクーバーの不動産市場も浮き沈みがあったのでさぞかしいろいろ苦労もあったことでしょう。

三十年もバンクーバーに住んでいるなどというのはラッキーなひとですと言うと、自分もそう思う、十九才で宝くじにあったようなものです、だからもう宝くじはあたらない、と答えました。

私も三十年前にバンクーバーに来たときは、いつかまたここに住みたいと思ったものですが、実現するまで長い時間がかかりました。しかし山本さんのように、ここに住みついて何十年という人もたくさんいます。宝くじにあたる人はいるものです。


| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
快晴続きの影響

あいかわらず雨がふらず我が家の裏から数十メートル離れたところにあるモスキートー・クリーク(蚊川)は涸れてしまいました。石ころが転がっているだけ。貯水池は満水時の40%だそうで十月には水がなくなるそうです。散水が禁止されたので我が家もふくめ、近所の家は茶色の芝が目だちます。

半ズボン姿で庭いじりやゴルフをしているため脛がパリパリに焼けて、剥げ落ちそう。中華料理の北京ダックのようです。蚤みたいだと笑った人もいます。

先週トロントでのこと。ガソリンスタンドでレンタカーに給油していたところ、白人のおばあさんがニコニコと私の顔を見ています。代金をはらって店からでてくると、おばあさんはなおも笑みをうかべて、私に一番良いガソリンをいれてくださいと言いました。日焼けしている私をガソリンスタンドのおじさんと思っていたのです。

知らないひとが私の職業を誤解することは今までもありました。医者ですか、学校の先生ですかというのが一番多く、日本からきたご婦人三人と一緒に行ったすし屋ではパイロットですかと聞かれ、画家の羽根節子さんと最初に会った時は、新聞記者ですかと言われました。そういう雰囲気があったからでしょう。しばらくガソリンスタンドの雰囲気が続きそうです。

| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
トロントから帰宅

本日トロントから帰宅。 昨年は飛行機の乗り継ぎ時間を利用して数時間トロントの町にでましたが、泊りがけのトロント滞在は二年ぶりです。

明日から、25日に遡って二年ぶりの印象を書き込むつもりです。



| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
ペイントブラッシ・美的空間

私はペイントブラッシ(絵筆)というゴルフコースのメンバーになっています。トロントから北西やく六十キロにあるカレドンという町にあるリンクススタイルのコースです。

リンクスといっても知らない人がいるかもしれないので辞典をひいてみたのですがはて。広辞苑と小学館のランダムハウス大英和辞典でみるとゴルフコースと出ています。リンクスというと、地形がうねうねしたコースのイメージが湧いてきて、森林のなかにあるコースや花が植えられたコースとは違う種類のコースだと思っていたのですが。平凡百科辞典にはでていません。ウェブスターの英語辞典をみると a golf course とaがついており、ゴルフコースの総称ではなく、コースの一種という可能性があります。

リンクスの意味はあとで調べるとして、ペイントブラッシはうねうねとした地形に野生の植物、たとえばアザミ、ナナカマド、高さ四、五十センチになるヘスキュー(長い草)やおおきな石ころなどがあちこちにある、ちょっとみると荒涼とした風景のなかにコースが作られています。

私は色々なゴルフコースをまわり楽しんできましたが、もし一つだけ選べといわれたらペイントブラッシを選びます。今日は二年ぶりにここのメンバー仲間三人とプレイしました。他のひとたちはここでよくプレイしているのですが、夕日にてらされてうねうねした地形が陰影をつくるのをみて、異口同音に綺麗だといいました。何度みても口にださずにはおられない美しさがあるコースです。

その夜は一緒に回った松井浄さんのお宅に泊まりました。オークビルというトロントのベッドタウン、昔は労働者がすむ中級住宅街だったが、一軒の敷地が三百坪前後と大きいので大きな家に建替えるひとが増えて、今は高級住宅街になりつつあるのだそうです。

トロントもカレドンもオークビルも高い山がなくバンクーバーの景色には敵いませんが、なだらかな地形を生かしてつくられた居住空間、遊び空間の美しさには見るべきものがあります。

松井さんはケローナでドン加藤の家に泊まったことがあるそうで、山火事がおきたあと電話をしたが返事がないと心配していました。私の出したメールにも返事がありません。



| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
本日はジャパン・ソサイエティ・ゴルフ大会

トロントに日本とカナダの交流を促進する目的でジャパン・ソサイエティという集まりができたのは十数年前。トロントに駐在する日本企業の数がピークに達した頃です。

我が家に日本の友人夫妻が泊まりに来る予定だったのがキャンセルになった直後、ジャパン・ソサイエティの親善ゴルフ大会に招待されたのが急遽トロントに行った理由です。この会に出るのは三年ぶり。参加者が百名を越し盛大でした。以前は気がつかなかったのですが、大勢の人が一緒に遊ぶと互いのエネルギーが高まるものだと感じました。

あたりまえのことですが当時いた日本の駐在員でまだ残っている人は僅か数名。そして日本人の参加者が減って、カナダ人が増えている感じがしました。来年も参加したら知っている人の数は更に減り、日本人の数も減るかもしれないと、少々心細い思いもしました。



| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
ロンドン・停電

ロンドンという名のついた町がオンタリオ州にあります。トロントの西南約200キロのところです。

本日はここに住む坂井さんという友人宅に泊まりました。坂井さんは大手商社のサラリーマンでトロントに駐在していたときに知り合ったゴルフ友達です。一年まえに、ある日本企業のカナダ支社の社長にスカウトされロンドンに住むことになったのです。

朝零時過ぎトロントに着き、空港近くのホテルに泊まり五時間ほど眠ったあと、ホテル近くでレンタカーを借り、ロンドンへ向かいました。坂井夫妻、音楽指揮者の小松長生さんとゴルフをするためです。

ゴルフのあと小松さんはロンドンから50キロ東北に位置するキッチナーという町にある自宅へ帰り、私は坂井夫妻宅に泊まったのですが、寝る前に夫妻とジャックダニエルを飲みながら色々な話をしました。

ついこのまえアメリカ・カナダの東北部で停電があったのですが、ロンドンも停電になったそうです。停電で困ることは無く、花火をやったり、バーベキューパーティをする家があった、坂井さんたちはローソクの火を楽しみ、冷房がなくても涼しい地下室で寝た、という話が面白かった。ニンゲンのつくったシステムがこんなふうに時々機能しなくなるのはニンゲンの精神衛生によいのかもしれないと考えたからです。

バーベキューをしたひとは冷蔵庫にたくさん肉を入れていたのか、それとも仲の良いひとたちが持ち寄りで集まったのか。坂井さんたちはおりから接近している火星をみたりしたそうです。普段でも星がよくみえるロンドンだが、停電のおかげでとりわけ綺麗な星空だたそうです。私も台所に続いているデッキにでて火星をみました。



| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
ケローナの住宅街に飛び火

ブリティッシュ・コロンビア州の山火事は人口十万の町、ケローナに飛び火し、あっというまに200軒が焼失。ドン加藤の家は高台にあったはず、テレビのニュースでみる風景に似ていないでもないので少々心配です。昨日メールを送ったのですがいまのところ返事なし。

今日から来週の金曜日までトロントへ行きますがPCは持っていきません。どこかでPCが使える機会があれば日記を書きますがさもなければお休み。



| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
バンクーバーからロッキーはみえない・ドン加藤

さきほどGoogleでカナディアンロッキーをみたところたくさんでてきました。観光案内、旅行記が多いのですが、中にバンクーバー島からロッキーを眺められる、と書いてある旅行記がありました。間違いです。

バンクーバーは海と山の間にあるごく狭い平野にできた町。海上からみると海に建物が浮かんでいるように見えます。町のバックに高い山が連なっている。対岸のバンクーバー島も高い山が多いところで、海を挟んで互いの山がみえます。しかしこれらの山はロッキーではありません。バンクーバー側の山はコースタル・マウンテンズ(沿岸山脈)と呼ばれています。

バンク―バー島からみえるのはコースタル・マウンテンズでバンクーバーから六百キロ東に位置するロッキー・マウンテンズ(岩石山脈)は見えません。

Googleでドン加藤をみつけました。加藤さんは山岳会では知られた人で、お互いトロントに駐在していた頃に知り合いました。加藤さんがブリティッシュコロンビア州のスキー事情を尋ねたとき、総合点ではウィスラーよりシルバースターが良いですよ、と勧めたところ、一年後にはシルバースターに近いケローナという町に移住してしまいました。十年ほどまえのことです。ドン加藤のHPにはロッキーに咲く花の写真が出ています。リンク先のHPにも良い写真がたくさんあり、目の保養になります。


| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
水不足・散水禁止

ブリティッシュ・コロンビア州の山火事はいよいよひどくなっています。そして、ここバンク―バーも雨が降らないため貯水池の水がどんどん減っており、このままの状態が続くと十月に危機的な状況になるそうです。これまで各家庭は毎週二日、それぞれ八時間の散水が認められていましたが、これも禁止となりました。洗車も禁止です。

散水ができなくなると芝生は弱って茶色になります。この付近の家々の芝生も茶色になったところが増えてきました。

今日は空に雲がみえるので今週末にでも雨がふるのではないかと期待しています。


| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
乾燥地帯・消える湖沼

ブリティッシュコロンビア州の山火事は目下800件も進行中だそうです。今住んでいる北バンクーバーもずっと雨なしの日々が続いています。朝みると庭の芝が夜露でぬれており、湿気がないわけではないので自然発火するとは思いませんが、タバコとか焚き火で火事になる可能性は十分あります。我が家近くにあるグラウス山をはじめとして北バンクーバー、西バンクーバーのハイキングコースは入山禁止になりました。

さてホープをぬけカムループスからジャスパーへ走るとカリフォルニヤ州でみた暑い日ざしの荒野とおなじような乾燥した景色が現われます。しかしそういう荒野を走っていてもあちこちに湖がみえるし、すこし横に入れば森があるのでカリフォルニヤの乾燥地帯とはだいぶ様相が違います。

自動車で走ると気づかなかったことで、十数年後に飛行機から見下ろして分かったことがあります。それは湖沼の変化です。何百もの湖沼には、花と同じように出来たてのから枯れそうなのまであり、時間の経過とともに変化しているのだと分かります。水を満々とたたえている湖を徐々に植物が侵食し、やがて湖沼一面を藻が覆い、そして端が湿った土になり、それが中心に向かい、やがては全部が湿地帯になり、最後は水が地上からみえなくなる、という具合です。




| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
訂正・タコマ富士

ロブソン山はカナディアンロッキーのなかで一番高い山です。その威容はカムループスからジャスパーに入るときに最大となると書きました。そう書いた途端に頭の中にもやもやとした不安な感じが生じました。いそぎ七月の日記を読み返したところ、案の定間違いがありました。

松本亨がシアトルから見たタコマ富士がベイカー山と書いたのは間違いで、タコマ富士はレイニア山です。日記を書いているときも、変な感じがしたのですが。ベイカーはカナダ・アメリカ国境のそばにありバンクーバーからもすぐ近くに見えます。レイニアはシアトルの南に位置しているのでここから眺めても分かりません。タコマ富士の標高は四千メートル超、日本の富士山より数百メートルノッポです。

それと、キャンプ旅行へ一緒に行った人を私の小学校の同級生と書いたのも間違いです。同級生もカナダにやってきますが、キャンプ旅行に行ったのはクミチャンの元同僚でした。

以上ふたつの間違いは日記を遡って訂正済みです。こういう日記はあとで訂正できるから、毎日好きなように書いていくのが長続きのコツでしょうか。


| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
ベイカー山

シアトル付近には15日に書いたタコマ富士(レーニヤ山)の他にベイカー山という火山があります。ベイカーに行くと氷河があり、雪が青くみえます。青い雪には得もいえない恐怖をおぼえます。

今日、夕方6時半から西バンク―バーにあるグレンイーグルというゴルフ場で9ホールまわっての帰途のハイウェイからベイカーが夕日を浴びて大きく見えました。一週間前にアメリカの火山は左右対称の形が崩れていると書きましたが、今日みるとそれほど崩れておらず、立派なコニーデ型だと分かりました。

カリフォルニヤからアラスカまでの長い火山帯の途中にある山ですからいつまた噴火するか分かりません。ゴルフの帰り道に火をふく山をみることがあるかもしれません。目がさめる思いをすることでしょう。



| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
来客・麒麟

午後の飛行機で発つ前にロブスターを食べたいというので、空港へ送る途中「麒麟」という中華レストランによりました。

ロブスターはカナダ大西洋沿岸から来ますが値段が高い。メニューには時価とあります。五月セントルイスのイタリヤレストランで台湾から来た人が頼んだロブスター半身は80米ドル、一万円でした。

ウェイターに今日の時価はいくらかと聞くと一匹約2キロのサイズで80カナダドル、七千円。二人で半分ずつ食べました。セントルイスより安いけれど、ゆうべの一人当たり30ドルにくらべると高い。


| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
来客・雪園

パリで働いている友人が本日我が家に一泊。明日発つという短いスケジュール。五月にも同じように一泊していった人で、その時に行った中華レストラン「雪園」に行きたいというのでバンクーバーの知人もいれて四人で行きました。

シェフの奥さん、カレン・洪さんに「雪園」の歴史をもういちど確かめたところ今の店は三度目ではなく、四度目の場所でした。私が学生のころ行ったのは二番目の店、ここで支店長をしていたときに行ったのは三番目の店だと知りました。当時はうまい店だという印象が食べているときだけに残り、シェフの洪さん、カレン夫人のことを覚えてはいません。三度目のバンクーバー生活は一時的な滞在ではないので、地元のひとたちとの絆が少しずつ深くなるようです。

メニューは四人で120ドル(一万円)でシェフにお任せ。今年になってこういう豪華夕食を四回しましたが、毎回違った料理が出てくるのに感心します。



| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
シアトル

バンクーバーから南下すること三時間ほどでワシントン州最大の町シアトル。

高校時代から大学一年生のころにかけて毎朝聴いていたNHKの英会話放送の講師、松本亨のテキストに、船でシアトルに着く光景があったのを思い出しながら町を走りました。若かりし松本亨がここにいた頃と町がどう変わったのか知る由もありませんが、古い建物をみると、彼もこの建物は見たのだろうと感じます。

町の繁華街でもきつい坂道が多く、赤信号でとまり青で発信しようとすると後ろに下がります。愛車ベガ、2300CCですが手動なのでエンストもします。夏で道が乾いているのにそうですから、雨や雪の時は苦労することでしょう。

三十年後、MLBマリナーズにイチローが加わってシアトルの雰囲気にも新たなものがあります。去年の夏にみたセーフコ・フィールドの周囲はまだ開発の最中。これから何かが出来上がる時のほうが出来上がった時よりニンゲンの精神を高揚させるような気がします。



| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
NHKのど自慢

この日記を読んでいる人はバンクーバーのど自慢放送を見ていて、出場者にバンクーバー落語研究会のひとがでて来た時になにかを思いだしたかもしれません。

キツラノ海岸の日本料理やオクトパスのシェフ、シゲさんこと楓屋七光(かえでやオーロラ)さん、三月一日の日記にでています。のど自慢にでたいけれど応募者が多いからダメだろうと弱気だったので、やってみなければ始まらない、応募しなさいと応援したことがあります。歌は鐘ふたつでしたが、自作らしい小話を披露することができて嬉しそうでした。

テレビから出演者、観客ともに楽しでいるのが伝わってきましたが、その全てが凍りつく思いをしました。カナディアンロッキーとバンク―バーの間の観光バスの運転手が鐘ふたつに終わったあと、ゲストできていた細川某という演歌歌手が「あなたの歌は下手、これ以上うまくならない。バスの運転だけにしておきなさい」と言ったのです。

ブラックユーモアのつもりで言ったのかもしれませんが、プロとアマがともに集うところでこういうことを言うプロは北米には皆無でしょう。ゴルフのプロ・アマ大会で、プロゴルファーが同伴のアマに向かってあなたはこれ以上ゴルフがうまくならない、バスの運転だけやっていなさい、と言うなど想像もできません。どんなに下手でも上手なところをほめ、これからも歌い続けてくださいと激励するのがプロの常識です。

似たようなことを加えると、日本ではやっている綾小路某の漫談も感心しません。終始、人格を貶める内容で進んでいきます。あれを英語に訳して北米で放送したら、日本人の精神はなんと病んでいることのだろうと言われるでしょう。

細川某のことばを聞いて、日本人は矮小な世界に生きている、日本人ではない友人にのど自慢を紹介しないでよかった、と気落ちしたものです。



| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
NHKのど自慢

今夜の八時、日本の日曜日正午、バンクーバーからNHKのど自慢が実況放送されます。

のど自慢大会を開催するということになった当初は出場希望者が少なく、私にも予選に出て欲しいという依頼がくるほどでした。五月になっても応募者が少なくて困っていると運営委員のひとりが言っていました。テレビジャパンが全米から応募者を募るなどしていましたが何とか形がついたようです。

応募要領には日本の歌しか歌ってはいけないとありました。演歌が中心になるのでしょうがつまらないですね。門戸を大きく開いてアメリカの歌でもブラジルでもインドネシアでも良いとすれば色々な人種がいるバンクーバーですから面白い番組になったことでしょうし、日本人ではない友人を案内しようということにもなるのですが。日本国内の聴視者のための番組だから日本の歌以外はダメで良いというのでしょうかね。





| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
6月5日の続き・バイク

6月5日に書いたバイクのりのご婦人とそのご主人らしき人に今日また浜えいで一緒になりました。三十年前になにに乗っていたのかを聞いておけばよかったと思った人たち、

日記の訂正などがあります。

まずは1300CCではなく1200CCでした。正確には1170CCだそうです。

五十過ぎの女性と見たのも誤りのようです。バイクの免許をとってまだ一年、三十年前に誰かのバイクに乗せてもらったことがあると云うので、どうやら子供だったらしい。すると四十代、あるいは三十代のようです。

最初から1200CCに乗っているそうで、免許をとるまで1週間、750ドル(約6万円)かかったそうです。これに比べると日本は時間がかかり、しかも高いということでしょうか。バイクの免許を持っていないので分かりませんが、なんとなくそんな気がします。


| おのまのプロフィール | 現在 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
今年は暖冬
昨日の午前中は雪が降っていましたが、午後にはやみあっというまに解けてしまいました。近くのスキー場には三センチの新雪が積もりましたが、ベースの雪が少ないため使っていないゲレンデがいくつもあります。
明日から一週間、東京に行きますが、帰ってきたらスキー場にどっさり新雪が積もっていた、などということはなさそうです。今年は暖冬、スキーも一度滑ったきりで終わりそうです。
| おのまのプロフィール | 現在 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
この冬二度目の雪が降りだした
 

いまは三月七日、金曜日、朝七時半。一時間前からメールのチェックなどをしていたのですが、顔をあげたところ雪が降っている。地面や木がうっすらと白くなっていますから降りだして間もないのでしょう。山の上はべつとして、中腹のここではこの冬二回目の雪。桜も二月から咲き始めているので、春に入ったと思っていたのですが。
三十年前のバンクーバーより冬は大分温かくなっているし、秋から冬にふる雨足は激しくなっています。昔はしとしと雨でかさなど要らなかった。木が倒れるほどの強風が吹くのも最近の現象です。ここから数十キロ南下すると、引退した人が好んで住む、気候の良いホワイトロックというところがあります。ここが昨年は大嵐に見舞われ道路や家が冠水したりしました。
地球のいたるところで気象が変化しつつあるようですが、こういう変化はある日突如として、とんでもなく大きな変化に転じるのだろうと思います。
穏やかな四季だった三十年前とやや荒っぽい今。これから三十年後、また穏やかなバンクーバーに戻っていれば良いのですが、Pは悲観的です。
八時。テレビの気象チャンネルをつけてみました。昨日、今日は気温がさがり、記録更新しているそうです。バンクーバーは例年のプラス二度がただいま零下二度。まあ、たいしたことありません。なに、昨日のエドモントンは零下38度だった!これまでの記録は零下32度。今朝は零下39度。おお、ここも雪が激しくなってきました。
| おのまのプロフィール | 現在 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
2003年2月1日
…、宇宙シャトル・コロンビア号が着陸の15分ほど前に事故を起こして機体は分解、乗組員七人が死亡。

昼、カナダのテレビでは、ブリティッシュ・コロンビア州のレベルストークの山奥でスキーヤー七人がなだれにまきこまれて死亡したというニュースを流しました。

L襦▲好據璽后Ε船礇鵐優襪箸いΡ宙モノ専門のチャンネルで、1969年のアポロ11号の月面着陸は本当のことではなく、地上で作られた映像であるという番組を映していました。
| おのまのプロフィール | 現在 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ