木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

近所のブルバード
なんどか写真をのせたことがあるエッジモンド・ビレッジという商店街に隣接している家は皆こぎれいにしています。

ただし例外が一軒だけあり、雨漏りがするらしく屋根は青いプラスチックシート、日本のホームレスがよく使っているあのシートで覆われています。その朽ち落ちそうな小さな家をみるたびに自分の手にいれて自分が手を入れたくなります。写真は撮ったら悪いような気がして撮っていません。

おなじく小さな家でもこちらは綺麗にしています。つくりが簡単で、横の線だけで出来ているオモシロミのない家だと思うのですが、何か心にとまるものがあります。こういう縦の線を感じさせない小さな家がニ、三十軒に一軒くらいはあるでしょうか。




http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 06:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
近所のブルバード
ブルバードは芝生あるいは砂利にして、ブルバード間際の前庭を飾るのもきれいです。

駐車場のスロープでお分かりでしょうがこの家は右から左に傾斜した土地に建っています。右方向をどんどんいけば山の頂上に達します。 



前庭に土を盛ってあって右から左への傾斜がないように見えます。






http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 08:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
近所のブルバード・
十日ほどまえのこと、久しぶりに我が家から二キロほど離れたビデオレンタルショップ店にいったところビデオテープは一掃されていて、DVDだけになっていました。ビデオテープにはDVDにない良さがあると思うのですが時代の変化は容赦ない・・

レンタルショップは我が家からかなり南に下がり海抜は十メートルくらいでしょうか。人通りはあまりなく静かではあるのですが、我が家近辺とは明らかに違います。静かではあるけれど、空気の振動が強い・・

そのレンタルショップから二百メートルほど北にある住宅街の一角です。植栽してからすくなくとも五年以上たっているではないかと思います。






http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 05:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
近所のブルバード
このブルバードには気合が入っています。

住人(女性)が芝生の一部をはがしたのは三年前の夏で、それから毎日のように何かをやっていました。初めは植物の数が少なく散水ホースが目立っていましたが、いまや植物の数が増え、かつ大きくなってほぼ完成した感じです。





http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
近所のブルバード
ブルバードから塀、窓にいたるまで野趣味があってパステルで写生してみたい気がします:






http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
アシベそのご


一月三十一日の日記でアシベACB
All Chcked to Be doneのことを書きました。

A=全ての書類 C=チェク済み、処理済の書類 B=これから処理すベき書類

に分けておくということでしたが、いまはBがありません。

写真の右がAで左がCです。



Aを全部床の上において片付けなければならないものを机の上において片付いたらCに放り込む、片付かなかったものは机からAに戻すのです。

右下にあるのは雑誌新聞などです。



抽き出しがよっつありますが、本でも資料でもない雑多なものが入っています。いったんここに入るとなかなか片付きません。



http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 14:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
近所のブルバード
近所のブルバードを見て歩きました。

ブルバードは道路と庭とのあいだにある市有地ですが、我が家の周辺一キロくらいでみるとブルバードがある家は二十軒に一軒という印象です。

‖膤気離屮襯弌璽匹麓農犬砂利です


⊆分の庭をブルバード仕立てにしています



ブルバードでもなくブルバード仕立てでもありませんが、道路際をうまく飾っています。この家は照明も工夫しているのでいつかご紹介するつもりです




http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブルバード・続
スタンレーパークの倒木一万本ほど凄まじくはありませんが、我が家も雪の重さに耐え切れず幹に裂け目がはいったり、形が歪んでしまった木があります。大きくなりかけていた銀木犀(ぎんもくせい)は枯れました。

そういえば日本ではどんどん大きくなっていった木がうまく育ちません。つつじと沈丁花はなんとか生延びているという感じ。レンギョウの挿し木は全部失敗しています。

しかし、去年よりずっと綺麗になった♪花もあります。そのひとつがブルバードの黄色い花でひと夏で二倍ほどに育ち、冬も無事越しました。

四月十七日


四月二十三日



http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブルバード
スキーの季節が終わり園芸の季節です。 

今年の課題は前庭と道路の間にあるブルバードの美化ですが、なるべく新たな植物を買わず、冬を生き延びた花を大きく育てることと手持ちの花を移植することでやるつもりです。

冬を生き延びた花のひとつです。果たしてどこまで育つのか。

四月十七日


四月二十二日


http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウツにうちかつアシベー
数年まえに感心した雑誌記事があります。切り抜きがみつかったらあとで貼りますが、こんな内容です:

ウツ病にかかり、まいにち死にたいと思っていたヒトが、部屋の中を片付けたところ、治ってしまったという実話がある。ニンゲン、ときどき引き出しをひっくり返して整理してみると良い。

↑がヒントとなって生まれたのが:
「ウツにうちかつアシベー」
「アシベー・ACBの原理」


.汽薀蝓璽泪鷸代の先輩から「ウツ状態になり、賀状を出せないでいました」というようなことが印刷してある賀状をもらったのが二年前。去年は普通の賀状をいただき、安心したが、今年はこなかった。

△い蹐い蹐淵屮蹈阿鯑匹鵑任い襪、暮れから新年にかけ、何人かがウツ状態にあると書いている。年配のヒトが多い。

H焦前までハツラツとしていたピーシーが爺さんになってうずくまっている。

ぅΕ諜なが世界に広がっている。風邪と同じで誰でもかかる。症状がでたら対策を講じる。

症状:
紙類(書類、封書、プログラム、雑誌、新聞、チラシ、などなど)を区分けして、紙袋やダンボール箱にいれてきたが、ごちゃごちゃになってほこりがたまっている。 

対策:「ウツにうちかつアシベ−」をつくる

一月二十七日、IKEA から二列四段の棚・99ドル(一万円)を買ってくる



棚ふたつを使って「アシベー」をつくる



Aはそのまんま東、ではない、そのまんま棚
CとBとの間を仕切る 写真ではプラスチック製の本立てを使っている

A=All: すべての紙類を入れる 

Aの紙類をCとBとに分けていく

C= Checked: 処理済み・不要・あとでファイルするか捨てる

B=to be done: 処理が終わっていない・重要・はやく処理してここのセクションを空にする

「アシベーの原理」All Checked 2 B done Bがカラならココロはラクだ、Aがカラなら人生オワリ

「アシベーの原理」とはどこのオフィスにもある「未決箱」「既決箱」と同じです。

一万円ださなくてもダンボール箱を二個くっつければアシベーはできる。写真の棚は一個が32センチ四方。

箱アシベ−の注意事項

,っつけることが大事で、ふたつの箱を離しておくと、どっちがAだったか分からなくなり、ごちゃごちゃになる。

▲▲轡戞櫃鯑阿してはいけない。お客さんがきたときに押入れにしまいこんで、そのまま忘れてしまう。

「アシベー」なんてアベシンゾーを連想するからイヤヨというひとは、箱にきれいな包装紙を貼って「美しい箱・ニコニッコン」と呼ぶ。

ぅ縫奪櫂鵑郎だって「美しい国・ニッポン」である。ニチギンソーサイが怪しげなマネーゲームをしたり、タイシカッカが妖しげなオムツプレイをしたり、ジョージの飼い犬になりたがったりするから美しくなくみえてしまう。

「アシベデの原理」All Checked 2 B done みにくいモノはDispose




http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。


| おのまのプロフィール | 居住空間 | 02:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
ペントハウス


空港方面からダウンタウンへ入り、ジョージア通りへ向かって走ると左手に見えてくる「ペントハウス」が暗い。この商売、クリスマスははやらないのでしょう。

ペントハウス=ビルの屋上に建てる高級住宅(研究社・新英和中辞典)





「ペントハウス」が三十年前にあったかどうか全く記憶にありません。

ググってみたら、なんと1947年からあるのだそうです。その頃の踊り子やお客さんは今や八十歳以上・・・

フラッシュをたいて一枚。



この界隈、二十年前は夏になるとスゴイ格好のお嬢さんたちが散策していましたが、いつのまにか姿を消しました。後継者が育たなかった?

いかがわしいスポットが全くない町はかえって不健全な町になるという説があり、「ペントハウス」はバンク−バーに欠かせない店なのかもしれません。

2010年の冬季オリンピックでは世界中からお嬢様たちがやってきて また賑やかになるのか、それとも逆に清潔な町づくりをめざして「ペントハウス」がなくなるのか・・ 多少きになります。


http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。


| おのまのプロフィール | 居住空間 | 07:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
スタンレイ・パーク・大被害
人口二百万のバンクーバーがなんども「世界で一番住みやすい町」と評価されてきた理由のひとつに、スタンレイパークを始めとするたくさんの公園が街中にあることだと思います。

都市のなかに大きな公園があるとなぜ暮らしやすくなるのかを話すと長くなるので省略。東京をくらしやすい町にしたいのなら、東京の緑を十倍に増やさないといけない。高層ビルを増やしているのは間違い。説明省略。説明しても聞くひといない(泣)。

東京にも公園があり、たとえば明治神宮外苑は一見スタンレイ・パークに似ています。しかし、人口千万人の町には小さすぎるのです。スタンレイ・パークと比べてみます。

明治神宮外苑は植樹公園で樹齢は八十年、スタンレー・パークは原生林で樹齢何百年。

外苑の面積は十万坪弱、スタンレイパークは百二十万坪。

質量ともにスタンレイパークは十倍です。人口が五分の一ですから一人当たりでみれば五十倍、いや五百倍の価値があるわけです。10(樹齢)x10(面積)x5(人口)=500

http://www.city.vancouver.bc.ca/parks/parks/stanley/

そのスタンレイ・パークが先日の強風で大被害を受けました。スタンレイ・パークに入る道が封鎖されているので、木が倒れたのだろうとは分っていたのですが、十九日になってテレビで凄まじい景色が放映されました。

千本以上の木が倒れている様はマッチ棒でつくった模型の森林を怪獣ゲンキーが歩きまわった感じ。根っこからひっくり返されてる巨木の中に、この一月、新しいCDのためにピアニスト・高木裕美さんが撮影していった木も入っているかも。海岸に面した車道の舗装は怪獣ゲンキーが爪とぎをしたよう。

前から書いていますが、気象は幾何級数的に変化しています。京都議定書にサインしない米大統領・ブッシュやそれに倣おうとしているカナダ首相・ハーパーたちは救いがたい、地球のテロリスト。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 12:48 | comments(3) | trackbacks(0) |
ゴミ収集
バンクーバーは裏通りがある住宅街と、裏通りがない住宅街のふたつがあります。

裏通りがあるところはゴミを裏にだすので、表通りがいつもスッキリしているし、背中合わせに家がなくて良いのですが、裏に回るとわびしくて清潔感が欠ける雰囲気があります。

この界隈は裏道がなくて、週に一度ゴミ箱がずらりと並んで美観が失せます。

ゴミの出し方やゴミ箱のしまい方で、住んでる人のライフスタイルが少しだけ見えてきます。ゴミ箱が小型な家は生ゴミが少ない、ということは家族の数が少ない、あるいは手間ひまかけた料理をしない。夜遅くまでゴミ箱が出ている家は共稼ぎで日中留守。ゴミ箱がでていない家は旅行かなにかで留守。

_罎家のゴミを集め 



南隣り、ボブの家へ移動し



ボブのゴミを集め 



ざの箱をもったままマヒン家のゴミを集める



,らい魄貶足らずでやってのけました。



この日は強風のせいか、資源ごみを集めにこなかった。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。




| おのまのプロフィール | 居住空間 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
カンテラ
十一日(月)ひさしぶりにレコード屋をのぞいたらホロビッツが弾いている「展覧会の絵」のレコードがありました。値段はわずか四ドル。

家にもどり、さあ聴こうと思ったら電灯がチラチラ揺れて消え、ニ、三秒たってついてまた消えそのまま七時間。強風が吹いていたので、電線があちこちで切れたのでしょう。最近バンクーバーは停電が多くて昔の日本を思い出します。



三本のろうそく(蝋燭)に火をつけて本を読みはじめましたが、暗くて読みづらい。早々に床に着きましたが、このまま停電が永遠に続いたらどうだろうか、不便だけれどニンゲンの生きるペースが変わって良いのではなかろうか、ブッシュのような馬鹿も身動きがとれなくなって多少はまともになってくれるのではなかろうか、などなど、いろいろな思いが頭の中で渦巻いて眠れません。



ふと思い出したのが、キャンプ用のカンテラ。裏庭の片隅においてあったのを持ってきて火をつけると、これは明るい。本が楽に読めるし、高温なので暖房にもなります。バンクーバーにお住まいの方、お持ちでなければ用意されることをお薦めします。カナディアンタイヤやウオルマートで売ってます。



ところでカンテラってどこの言葉だろう、辞書をひいたらオランダ語とありました。綴りはkandelaar、カンデラアアと発音するのでしょうか。ああ、英語のcandle(キャンドル・蝋燭)に当たるのだ。 語感はオランダ語のほうがいいですね。

♪ ハア〜ッ! 朝も早よからよぉ
  カンテラ下げてよ
  坑内まわりもよぉ
  ドント主のため ナイ
          「常磐炭坑節」

♪ ハア〜ッ! 朝も早よからよぉ
  キャンドル下げてよ
  
  教会の聖歌隊みたいであとが続きませんよ・・

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。



| おのまのプロフィール | 居住空間 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
三変化する部屋
昨日の続きです。 机は折りたたみ式になっていて、壁やベッドに変化します。これに伴って部屋の性格が変わります。

ヾの上にPCなど、キャスターに筆記用具が乗っている:書斎



PCなどを左にある棚に移し、キャスターを棚の両側にあるスペースに入れる。



4をたたんで壁に納める:居間



な匹らベッドを引き出す:寝室・枕などは鏡の裏側にあります。



イまけの写真




床下収納を作りたい、壁に本棚を埋め込みたいと思っていますが、建設ブームで手間賃が高いので多分やらないでしょう。


http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 18:07 | comments(4) | trackbacks(0) |
五年の懸案・辞書を運び込む
この家に住んで五年たちました。日本とカナダとのふたつの住まいにあったモノの多くは売ったり棄てたりしたのですが、それでも1+1=2、家のサイズとモノの量がバランスせず、家の内も外も片付いていません。

二百冊ほどある辞書の類を書斎の外にある本棚に置いていたのがずっと気になっていました。しょっちゅう使うものばかりではないので構わないのですが。

あしたは試験があるが準備ができていない、今学期は一度も授業に出ていない、学期が終わりに近づいているのにまだ教科書を買っていない、どの授業に出ればよいのか分らない、などと焦っている夢をときどき見ます。自分は大学生であったり、博士課程であったり。

大学時代に授業をさぼることは余り無かったし、博士になりたいと思ったことは一度もないのになんでそういう恐ろしい夢をみるのか分りません。そういう境遇にある人の思考が伝わってくるのだろうか。

或いは、潜在意識の中に折角持っている辞書を利用しないことに対して罪悪感があって、そんな夢になるのか・・

イケア家具店から棚を買ってきて書斎に置くことにしました。最初は大きい棚(5x5=25個)を買うつもりでしたが、イザ運ぼうと思ったら三つの箱に分けて梱包されているのに重い。ひとつの箱に90キロとありました。これをカートに載せ、車に載せ、下ろして、書斎まで運び上げて、組み立てて・・。暫らく考えて小さい方(4x4=16個)にしました。



組み立ててみると、全部の辞書は入りきらず「やはり大きな方だったな」「これだって心臓がばくばくだ、あれは絶対に運べない、組み立てられない」とふたりの自分がブチブチ言っています。

「このスペースにも辞書を置こう」「このうえに二段の棚(2x4=8)を置こう」「やめろ、バランスが崩れる」 自分が三人。



鏡の扉のうしろには書類の入った箱がいくつか隠れています。どうしてこうも紙類がおおいのだろうか。紙が増えて髪が減る・・



http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。



| おのまのプロフィール | 居住空間 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
冬の光
仝淹。風呂場が明るい、電灯が点けっぱなしになっているのだろうか。



△修思って入ってみたら西日の反射でした。



E譴北未靴討い詆呂場に西日が直接あたることはありません。どこをどう伝わってきたのか、こんなの初めて見ました。



い困辰髪が続いていたのが、十三日の夕方になって日が射しました。とてもまぶしい冬の夕日です。







http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 10:13 | comments(3) | - |
バンクーバーの不動産
●2003年10月25日の日記です:

金持ちはいくらの家に住んでいる

三十年前の北米では三千万円といえば超がつく豪邸が買えると書きましたが、今ならどうでしょうか。さすがにバンクーバーでは超豪華な家は買えません。しかし車で一時間弱のところなら可也豪華な家が買えます。

ところで1996年に発行されてベストセラーになったThe Millionaire Next Door という本があります。日本語訳が出ているかもしれません。私が訳すとすれば「億万長者は隣に住んでいる」。

アメリカの人口の3.5%が億万長者なのだそうですが、彼らが住んでいるのは超豪華な家ではなく、普通の人が住む家。従って億万長者は普通のひとのお隣さんにいるというわけです。かれらが住む家の平均価値は32万ドル(35百万円)とあります。

アメリカの億万長者が住む家としては安いなあという感じはありますが、それより痛感することは東京近辺でみる三千万円の物件は中身とくらべて高すぎるということです。

●あれから三年、2006年、バンクーバーの不動産はいちだんと高くなりました。我が家から半径二キロくらいの地域で四十万ドルくらいだった家が、いまや八十万ドルから百万ドルの値段をつけています。億万長者の家なら二百万ドルというところでしょうか。

●このニ、三年のあいだ、もう頭打ちだろうと何度か云われたものですが、なかなかそうなりません。古い家が手入れされて見違えるほど綺麗になったり、大きな家に建て替えられたりして、建物自体の価値も良くなっています。売却の看板がでると大概は一週間以内に売れています。

●我が家から百メートルほど離れている家はちょっとくたびれていたのですが、三月から改良工事がはじまり、半年後きれいな家に生まれかわりました。

●道路をへだてて北西にある家がひとつき前から工事を始めました。

高い生垣の中にうっそうとした植栽が覆っている車庫が見えるおとぎの国の家という風情でしたが、ある日バッサバッサと伐採がはじまり、車庫も家も丸見えとなりました。陰翳があって良い家だと思っていたのですが、時代にあわないのでしょうか。かなりの大工事らしく、路上に置かれた車サイズのゴミ箱がすぐ一杯になっていきます。雨の日が増えてきたので工事は遅れて、完成するのは来年夏じゃないかなと見ています。




●我が家の課題は前庭につづくブルバードの手入れ。土をかなり入れ替えましたが、植物にとってはまだまだ過酷な環境のようです。マンネングサと厄介者・たんぽぽは元気ですが、一年草は青息吐息です。花が散り終えたら、気合をいれて改良しないといけません。


http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。




| おのまのプロフィール | 居住空間 | 03:23 | comments(3) | - |
懸案解決・ウッドデッキ
五年前の夏、この家の改装の手配をしていた時に二人の建築家と会っています。台所・食堂が面している裏庭に小さな音楽会が開ける部屋を増やしたかったのです。

建築家のひとりは自宅にそういう部屋を作ったと言うし、もう一人は四万ドルくらいですぐできると言うしで話はとんとん拍子に進むかに思いました。

ところがふたりとも増築するにはこの家の設計図が必要である、それに基づいて市に建築許可申請しないといけない、設計図がないのなら新たに作らないといけないといいます。

家の設計図はあとになって地下室から出てきたのですが、そのときはなく、役所の手続きが嫌いな私はなんとなく水をかけられたような気分になりそれっきりになってしまいました。

裏庭に立って眺めるとこの家の外観にふさわしい部屋を増設するのは簡単ではないと感じたので気持ちが固まるまでウッドデッキでも造ろうかとバルコニーを造った大工に訊くと四千ドルかかるといいます。

増築するときはデッキはパーになるから四千ドルを投資するのはどうかなあ、自分でやってみようかと考えました。考えたものの、昨年の夏は見送り、今年はいよいよやらなきゃと思っていたのですが夏も去ってはや秋・・自分でやるとしたら二通りあり、どちらにしようかと迷っていたのです。

ひとつは本格的なデッキで、これは材料が重いからなかなか完成しないだろう。材料の運搬にトラックを借りなければいけない、本格的な大工道具がほしい、ぎっくり腰にならないように気をつけないといけない・・と暗いイメージが次々と沸いてきます。

もうひとつは簡易方法で、一メートル四方のデッキをたくさん作って敷き詰める。デッキの下は小さな物置きにする。しかし全体としてきれいなデッキになるだろうか。

などと迷っていたら、三十センチ四方のデッキを見つけました。私が作ろうと思ったものより、高さがないのが傷ですが、杉板で軽いし接合も簡単。百枚近くのデッキをつなぎ合わせて出来上がり。

材料の買いだしから完成までの時間は三時間。費用は約七百ドル。大工に頼むより、三千三百ドル、増築するより、三万九千三百ドル安い。

音楽会を開くスペースとはいえないけれど、他の履物にはきかえることなく家から戸外にでられるのはなんと気分の良い事かと満足。良い香りにひかれてかキャッキーがやってきて休憩していきました。

ちなみにこの簡易デッキは中国製でこの夏から売り出したばかりで、売れ行きは好調だそうです。


http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。



| おのまのプロフィール | 居住空間 | 09:09 | comments(1) | trackbacks(0) |
美的空間・中谷邸
,燭泙砲録べ物の写真でも載せましょう。はしりのマツタケはアラスカ産ではないでしょうか。シャキシャキした感触と微妙な甘さのある絶品。


⇒儖佞靴堂爾気辰燭里話翆夫人、この日記に登場するのはこれが初めてです。美しい空間、美味しい食べ物、そしてここが肝心ですがお酒が好きというご婦人です。


C翆さんたちとは1985年からの付き合い。不動産販売、管理会社を経営しています。http://oakwest.net/

きハ伺半前から手入れされている中庭は多年草が多く、年々よくなっています。ガーデンコンテストにでたら上位入賞するでしょう。



Σ鯵依僂離好函璽屬睥匹な薫狼い鬚弔っています。


Д弌爾浪罎家の地下室を参考にして改造したそうです。中谷邸の半分サイズの我が家にバーはありません。なくても良いのです、酒は嫌いだから(嘘)



(ブログランキング)に入っています
http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。





| おのまのプロフィール | 居住空間 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
洗う
バンクーバーの冬は雨季、その雨量は日本の梅雨時を上回ります。この地の植物が日本やトロントあたりより大きく育つのは雨量のせいだと思います。

花や樹木が育つのは良いとして、困るのがカビ。パティオのコンクリートや玄関先の石畳が黒ずんでいきます。夏になってから水で洗い、デッキブラシでこすりますが精々こんなところ、気分がすっきりしません。


カナディアン・タイヤの店で一番小さいpressure washer(圧力洗浄器)の定価が150ドルから99ドルになっていたので買いました。

普通のホースの50倍の水圧があるといううたい文句のとおり、みるみるうちにカビが落ちていき、色のついた石が浮き出てきました。丁寧な仕事というのは善いものだと、五十年まえ、ここで色石を埋め込んでいた人たちの姿を想像しました。私の役目は、五十年前を次の五十年後に伝えること、もっと洗うこと。


(ブログランキング)に入っていますhttp://blog.with2.net/link.php?310164をクリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
引力・粘力
裏庭から加納川へ続く坂を降りていく途中にちょっと平らになったところがありました。坂を下りて行くときは乾いた小枝や葉が足元で崩れて、小さな地滑りが起きますが、ここは微動だにしません。

どうなっているのか見たら、倒木の上に土が積もっていました。


横たわった倒木は引力で地球の中心に引っ張られていますが、坂の途中ですからそれだけではもっと下に落ちる筈です。落ちないのは倒木に石、土、木の葉、枝が絡まって互いが互いを支えあっている、一種の粘りっけがあるからです。「粘力」。

ブログランキング)に入っていますhttp://blog.with2.net/link.php?310164をクリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤すだれ
天気予報では金曜日から数日のあいだ、バンクーバーは三十度を越す日々が続くそうです。

西に面している二階の部屋は夜中になってもムンムンしていますが、そのほかの部屋はそれほどでもなく、地下室はいつもと変わらずヒンヤリしています。

思ったより暑くならないのが、これまた西に面している居間。五月二十七日に念じたとおり、藤が立派なすだれになりつつあるのです。右の方はまだ伸びきっていませんが、レースのカーテンをひいてしまえば、強い西日は気になりません。目には見えないけれど、きっと葉や蔓からは湿り気がたちのぼっていて、それも熱線を和らげているに違いありません。

冬になったら葉がおちるから
巻き上げなくてもいい藤すだれ
カビがはえたら買い換える
それもいらない藤すだれ
ほんにお前は良いすだれ

天然のものとうまく共存するてだてを見つけると手間もカネも省けて楽です。

日本の都会に住む皆様、家の周りの緑を十倍に増やし、エアコンのスイッチを切りませんか。藤沢にあったかつての我が家も、ご近所の家にエアコンが付くようになるまでは外から入ってくる風で夏を過ごせたのです。

五月二十七日


七月二十二日




(ブログランキング)に入っていますhttp://blog.with2.net/link.php?310164をクリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 05:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
難花キャンプ・7
以前は夏でもひんやりと涼しい山の上の家だったのが、いまや周りの家々がみんなエアコンをつけるものだから、モワーっと不愉快な熱気が漂っている。

我が家に集まってくる野良猫たちを東の隣人が憎んでいる。

デッキは別として、1978年に建てたときから居心地は悪くなリ続けている。

ちかくに住んでいる若い医者夫妻が譲って欲しいというので、2001年11月に引き渡すことにし、境界線の話をし、持っている書類、図面をすべて渡しました。

すべてしかるべき時機であったのでしょう。北バンクーバーの家を買ったのは1987年でしたが、その時からずっと借りてくれていた人たちが他の場所に引っ越すと言って来ました。

かくして小泉内閣が発足したばかりの夏に北バンクーバーの家に泊まりこんで、家の修理を始め、911事件が起きたふたつき後、11月に山の中のくらしが始まりました。

このシリーズを書き始めたきっかけは、蔓性の植物に追いやられたラベンダーの姿に暴力的なニンゲン達に追いやられた自分が重なったからですが、振り返ってみるとあの家との縁の薄かったのだと思います。

家を建てたとたんに転勤、目の前の山がこまぎれの住宅地に変わる、不在中に侵食される、猫嫌いのご夫人の殺意・・・すべてはバンクーバーに住みなさいという天の後押しだったとも考えられます。

難花キャンプに移された花々よ、うまく蘇生しておくれ。

span style="color:#0000FF">(ブログランキング)に入っていますhttp://blog.with2.net/link.php?310164をクリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

「地域情報→海外→北米」というカテゴリーで30位あたり。今日もみたくない(笑)


| おのまのプロフィール | 居住空間 | 13:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
難花キャンプ・6
塀の問題が片付かないまま東隣の土地の所有者は変わり、二百坪の土地に小型の集合住宅一棟と一戸建ての家が三軒たちました。我が家の東側の塀のぎりぎりに建った二軒の家の敷地は三十坪くらい。

青地があった頃の夏は東に面している窓から心地よい風がはいってきたものですが、いまや窓を開けると数メートル先に隣家の壁が迫っていて鬱陶しい。

そういう生活を三年続けたあと1994年に日本の会社をやめてトロントのコンサルタント会社に勤めること五年。独立してからもトロントで仕事をすること二年弱。いつまでたってもバンクーバー生活は実現しないと考えて2000年に日本に戻りました。

戻ってから一年間は家の中の片付けと改装に時間を費やし、ついでにデッキを北側につくりました。二十畳ほどのデッキから公園を見下ろしながら飲むビールはうまく、野良猫が何匹かやってきてくつろぐようになり、心地よい空間ができたからしばらく日本にいようかと考えるようになりました。

ある日の午後、隣人、三家族をデッキに招いてバーベキューをしたとき、東隣のご夫人が塀が自分の敷地に食い込んでいると言うのには驚きました。

日をあらためて土地を買ったときの書類と図面を見せ、塀は私がいない間に建てられたものであって、しかもこちらの敷地に食い込んでいるのですよと説明してその話はそれで治まりましたが、なんとなくもやもやした空気が残りました。

また別な日のこと、東隣一家とビールを飲んでいると、ご夫人が猫がうろついて困るとニクニクシゲに言います。そう毛嫌いするものではありません、人間だけの地球ではないのですとからかい気味にたしなめると、ご夫人の形相が変わり、皿やらコップやらを投げつけてきました。突如のミサイル攻撃。息子さんは「土下座して誤れ 早く(さもないと殺されるという感じ」)」と叫び、ご主人は暗い表情で凍りついたまま。ひとつも命中しませんでしたが、ビックリしましたねえ。

親戚のひとや近所の焼肉やで大喧嘩をしたという話を聞いていたので、おおこういうことなのねと受け止めましたが、そういえばこの人の笑顔をみたことがないなあと憂鬱な気分になりました。ヒステリーの方は苦手なのです。

span style="color:#0000FF">(ブログランキング)に入っていますhttp://blog.with2.net/link.php?310164をクリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

「地域情報→海外→北米」というカテゴリーで30位あたり。今日もみたくない(笑)

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
難花キャンプ・5
おどろきその二:

東隣の雑木林はすっかりなくなっていて、占拠されていた道路も通りぬけられるようになっていました。そして我が家との間にはブロック塀が立っていました。

塀の位置は青地の中央ではなく、青地の端でもなく、なんと我が敷地の中。

こちらが海外にいたのを良いことに、三文判を使って文書偽造でもしたのでしょう、青地の所有権は地主のものとなっていました。関本何某という地主に電話をして、青地についての慣習を話し、こちらの敷地に食い込んでいる塀をどかして欲しいと頼みました。相手の声は震えていましたが、半年後の支店長会議で帰ってきたときも塀はそのままでした。

不在地主の敷地を侵食して既製事実をつくって自分の土地を増やす人種がいることは知っていましたが、やられてみると愉快ではありません。

このおどろきにはまだ続きがあります。

span style="color:#0000FF">(ブログランキング)に入っていますhttp://blog.with2.net/link.php?310164をクリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

「地域情報→海外→北米」というカテゴリーで30位あたり。今日はみたくない(笑)



| おのまのプロフィール | 居住空間 | 04:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
難花キャンプ・4
驚いたことはふたつあります。その一:

家の東端にコンクリートの電柱ができていて、それを支える太い金属の綱が門の前を斜めに横切って地中に埋め込まれていました。64坪の小さな空間に力強くもみにくい切り傷をつけられたかのようです。

東京電力に電話をすると借地料として何がしかを振り込んでいるといいます。不動産の所有者である自分は借地契約をした覚えがないことを伝え、撤去してもらいました。

そもそも門というものは・・などと言う話は長くなるからやめておきます。しかし道路は車がやっとすれ違える幅、敷地は百坪も無いつましい住宅地。そこに巨大なコンクリの電柱を立て、しかもそれを支える綱を人の家の前に張った東京電力の神経が分かりません。

個人として生きているときは縮こんでいるけれど、仕事の場では威容を誇る柱を立てる誇大妄想の徒になるのが東京電力のサラリーマンということでしょうか。いえ、そういうのは私が働いていた某大企業にもたくさんいました。

いま住んでいるのは敷地が200坪以上ある住宅地ですが、電柱は木製で支えの綱はありません。強風で電柱が倒れることはあるようですが、倒れたときは木のほうがコンクリートより安全に決まっています。

span style="color:#0000FF">(ブログランキング)に入っていますhttp://blog.with2.net/link.php?310164をクリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

「地域情報→海外→北米」というカテゴリーでまた30位以内にもどっていました。こんなことでも一喜一憂(笑)


| おのまのプロフィール | 居住空間 | 03:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
難花キャンプ・3
五日の続きです。

1982年、四年にわたるシンガポール勤務から帰ってみると東隣の金網はまだ残っていました。改めて家を訪ねるのも気鬱だったので電話をかけると幸い娘さんがでたので事情を話すとすまながってくれ、金網は取り除かれました。

青地は隣接する両者が折半で政府から払い下げてもらうのが一般的な慣習ですが、老人と娘さんは地主でなかったので、青地を国から払い下げてもらうことはせず、塀も建てないことで同意しました。

1985年夢がかなってバンクーバー勤務となり、1987年には全く希望していなかったトロント勤務が始まり、1991年まで続きます。カナダ勤務中は支店長会議で年に二回帰国していましたが、さて何度目の時だったか、南の山は崩され、東の住人はどこかに引越していました。

それだけなら良いのですが、驚くべき事態がおきていました。

span style="color:#0000FF">(ブログランキング)に入っていますhttp://blog.with2.net/link.php?310164をクリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

「地域情報→海外→北米」というカテゴリーで40位あたりにいるのでしょう。見るのが恐い(笑)
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 10:22 | comments(3) | trackbacks(0) |
十一月二十六日・晴れ・摂氏七度
十一月は霜月、子月、雪待月、降月などとも呼ばれ、季語には冬支度、落葉、残菊、麦蒔、山茶花、茶の花、大根干すがあります。英語だとNovemberで終り。

ことばに託す色、陰、香り、音、勢いの深さ、広さで日本語は英語をはるかに凌駕する。などと日本語を抱きしめたいような気持ちになったのは北陸を旅したせいかもしれません。

北バンクーバーの十一月二十六日、土曜日にはどれがあたるのか。朝、前庭の芝生が白くなっていたから霜月で決まり。庭にみえるのは残菊と落ち葉。

落ち葉を集めてみるとその量はふた抱えほどあり、日本だったら落ち葉焚き、サツマイモでも焼こうかということになりますが、近所でそんなことをする子供はいません。かといってすぐ小野小道に移すのはもったいないし、しばらくそのままにしておきましょうかね。

吾が屋外に 積んだ紅葉の 柔らかき
わがやどに つんだもみじの やわらかき



| おのまのプロフィール | 居住空間 | 19:17 | comments(5) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ