木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

資料 原発事故 156 東京電力テレビ会議の一部



フクイチ事故が起きたあと東京電力は社内の会議を録画し、3月11 日から4月6日までの約650 時間の映像が存在する由。

3 月12 日から15 日まで49 時間の映像のうち、約10時間が一般公開されており、それを編集して前編1時間47 分、後編1時間39 分、計3時間26分にまとめた「報道ドキュメント・東電テレビ会議 49 時間の記録」なる映画がある由。http://www.touden49.net/

その映画をさらに25分にした映像が5月21日に公開されたので以下に掲載する。

OurPlanetTVは、東京電力福島第一原発事故直後の生々しい現場を記録した「­東電テレビ会議」映像を約3時間半に編集し、映像ドキュメント『東電テレビ会議〜49­時間の記録』を制作。全国にDVDの貸し出しを行っている。この度、その中で、特に3­・2号機のベントや被曝シュミレーションなどに関する場面と情報統制に関する場面を2­5分に再編集し、ネットにて公開することとした。

今回、編集したのは、2011年3月12日深夜から15日未明にかけての音声付き「テ­レビ会議映像」。一般公開されており、編集が可能な10時間のフッテージを25分にま­とめた。13日の段階で、3号機の圧力が上昇し放射能放出の恐れがある中、本店の緊急­対策室にいた高橋フェローが深刻な事態をプレスに公表してはどうかとテレビ会議で提案­。これに対し、オフサイトセンターにいた武藤副社長や福島第一原発にいた吉田所長も同­意するものの、官邸や保安院から公表を止められる。勝俣会長も事態を楽観視し、「国民­を騒がせるのはどうか」と公表に反対していた。

 
翌日3月14日。福島県は午前9時からの関係部長会議で、事態を公表する予定だったが­、政府(保安院)の強い要請で東電が情報提供を中止。その2時間後に3号機が爆発に至­る。爆発後、福島県の佐藤知事は、東電に対して「健康に影響はない」とプレス発表する­よう働きかけていた事実も記録されている。同映像は、朝日新聞が5月20日(火)から­連載を始めた、いわゆる「吉田調書」(政府事故調が吉田昌郎元所長の聞き取りをまとめ­た調書)の証言と重なる部分も含まれている。

詳細はこちら 
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1781

吉田調書に関するブログ:http://onomar.jugem.jp/?day=20140523

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 15:51 | comments(0) | trackbacks(1) |
資料 原発事故155・日本で起きる原発事故の最大級の問題点@吉田調書

デジタル朝日新聞で始まった「吉田調書」シリーズ。

「吉田調書」とはフクイチの所長であった故吉田昌郎氏から聴取した日本政府による調書で、これまで未公開だったものである。

いまだに政府が隠そうとしているものを朝日新聞社がスクープした形になっているが、あるいは大衆も原発事故に対して鈍感になったとみた政府が潮時とばかりリークしたのかもしれない。

政府事故調査会による吉田氏からの聴取は13回、28時間に及んだ由。朝日新聞はこれをプロローグ、第一章、第二章、第三章、エピローグに構成し、ほんじつ五月二十三日現在、第一章が終わったところである。

http://www.asahi.com/special/yoshida_report/

第一章まで読んで感じたのだが、日本で起きる原発事故に関する問題点は他にもたくさんあるが、次の指摘は最大級の問題であると思う。

危機に立ち向かって原発事故を抑え込む、原子力災害抑止隊と呼べるような組織は存在しない。自衛隊は、国の平和と安全に重要な影響を与える事態や大規模な災害に対し、迅速かつ的確に対処し得るような即応態勢を維持、向上させているというが、関連機関との連携が前提で、自分たちは原発を制御する技術や知識を持っていない。


 原子炉を制御して事故を収束にもっていける者は、電力会社員以外にはいない。だが、福島第一原発が起きる前も今も、彼らの行動をしばる規定はない。しばることの是非が声高に議論されたこともない。

事故が起きても外からの支援はなく現場の人間だけで対処するという誠に脆弱なシステム。

シリーズの中にでてくる音声を聞いてみて、現場のひとたちは原発が正常に動いているときは機能するが、原発事故に対処する能力はそもそも無かったのではないかと感じた。

暴走を始めた原発を抑えこむ力を持っている人たちはどこにいるのか。

電力会社。いない。役所。いない。大学。いない。そこにいるのは官僚的人間の群れ。

原発事故が発生したときに対処する能力が日本にはない。

安全基準が世界一になっても事故が起きたらオワ。

たとえていうなら、あなたがテロリストに捕まって爆発物を体に巻きつけられたとして、それを外すのはあなた自身であって、救助してくれるヒトはいないといった具合である。

危機への対処が一層しかない。その一層が無力に等しいときている。単純に過ぎる。リアリズムがない。大和民族の欠陥である。

いや、むかしは一の矢、二の矢といった多層的な考えがあったのだから、大和民族の欠陥と云ってはいけないか。今の日本人が単純というべきかもしれない。

いやこれも違うな。

原発の危険性について具体的に警鐘を鳴らした人は沢山居た。今もいる。そういう人たちの声をさえぎり、抹殺して恥じない、思考のない、無責任かつ卑劣なやからが日本の中枢にはびこっちゃったんだね。日本は重病にかかっている。

安倍晋三さん、今の日本は火事で燃えている家のようなもの。消火が終わるどころか飛び火しかねない状況。TPP、集団的自衛権などは忘れて、震災、フクイチ事故に集中することです。

ほんじつのブログ、半年ぶりの「資料・原発事故シリーズ」であるが、前回はこんなことを書いている。

東電、日本政府、日本メディアの欺瞞体質は海外の識者に知られてしまい、日本の茶番にはつきあいきれないというのが国際相場でしょう。東電や日本政府は裸の王様なのです。

http://onomar.jugem.jp/?day=20131104

欺瞞体質を少しでも変えようという意思が現政権にあって欲しい。

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 22:52 | comments(3) | trackbacks(2) |
資料 原発事故154 コメコメ@原発事故 天皇

ほんじつのブログは10月31日のブログにいただいたコメントへのコメントです。

ほかにもいただいたコメントがあり、またいろいろなサイトでいろいろなコメントをみているのですがすべてにわたってコメントしたいという気持ちになれません。

原発事故自体に関することなら緊急かつ一大事のことが多いのですべてにわたって理解、考察、検証したいと思っていますが、園遊会で一議員が天皇に手紙を渡したという行為についてあれこれいうなどはあまり建設的ではないと感じるのです。つまらない所で勝負するな・・です。

そういうわけなので頂いたコメントについても大雑把なコメントになると思います。



コメント (下線は斧魔)


1901年(明治34年)の田中正造以来、112年ぶりのこの山本太郎直訴では自民党から共産党までが一致して大バッシング。自民党が怒るのは分かるが共産党までが『憲法を知らないのか』と批判する。
 
今の日本のマスコミは全員一致、総ぐるみで袋叩き状態なのですが、海外ではどのように報道されているのでしょうか。

ロイターはタブーを破って放射能被害の恐怖を直訴と、日本国内とは大分違っているが、今の日本ですがマスコミは可也恐ろしい状態です。
 
今のマスメディアですが現時点では右は産経から左は赤旗まで、摩訶不思議な挙国一致の大本営発表で小児甲状腺がん発症を報じない。
 
政府とマスコミが二人三脚で発症を確定と疑いに二分して数字を誤魔化すインチキを行う。
誰も読まないような小さな記事しか書かないのです。
 
11月12日に安倍政権としては2月、6月、8月に続く4回目の小児甲状腺がんの検討委発表を行うが、山本太郎の直訴は、これに風穴を開ける快挙ですね
 
これで日本人全員、嫌でも皆が注目する。
これは、ただでは済みそうに無い。
今まで挙国一致体制で、山本太郎を除く全員で放射能被害の実態を隠していたのです。
| 宗純 | 2013/11/02 10:31 AM |
 

お久しぶりです。

ここ数年の報道やネット内で見る意見等は、右にならえというか、お上に逆らうこと、疑うようなこと許すまじというような感じで、批判や疑問を持つことを公けにすることすら許されないようで窮屈です。
 
今までだって、後から大変なことだったと認めたことは多々あるのに、今回は違うと何故言えるのか…と不思議でなりません
| 美樹 | 2013/11/04 3:23 AM |

http://onomar.jugem.jp/?day=20131031


海外ではどのように報道されているのでしょうか

右は産経から左は赤旗まで、摩訶不思議な挙国一致の大本営発表


海外のメディアで今回の園遊会について報道した例をしりません。報道があったとして、先進国の庶民は園遊会にふさわしくない行為だろうが大騒ぎすることではないなと受け止めると思います。報道に値しない出来事だと思います。

この二年半でもって東電、日本政府、日本メディアの欺瞞体質は海外の識者に知られてしまい、日本の茶番にはつきあいきれないというのが国際相場でしょう。東電や日本政府は裸の王様なのです。



ここ数年・・・批判や疑問を持つことを公けにすることすら許されないようで窮屈です

後から大変なことだったと認めたことは多々あるのに



同感です。ちなみに窮屈な雰囲気は朝青龍、琴三喜をバッシングした頃から強まったのではありませんか(笑)。

日本は国土面積も人口も多くの日本人が思っている以上に大きな国ですし、地方色はとても変化に富んでいるし、色々な人士がいる豊かな国です。詳細は省きますが、ちょっと見ると「人士」とはいえない人や馬鹿とかはねっかえりとか言われたりする人もまた豊かさを形成する上で欠かせない存在なのです。

そういう豊かな日本ですが、ときどき偏狭なリクツでもってちんまりとまとまりたがる輩が湧きだすという持病があるのが日本の弱点。一見すると愛国的、正義的にみえるのですが、戦前を思い出すまでもなく破滅を招く厄介な病です。ヒステリーの一種です。

発砲事件が頻発する米国と違って暴力沙汰が少ない穏やかな日本ですが、いまやKKKもまっつぁお、白昼堂々と「韓国人を殺せ」と叫んで練り歩くのを放置するなどはいけません。末期的症状です。

人はそれぞれ。韓国人が嫌いであるというのは仕方ありませんが「殺せ」はいけません。テロリストです。斧魔が警察庁長官だったら殺せと叫んだ輩はすぐしょっぴかます。しょっぴいた輩を韓国人@犯罪者と同じ房に入れます。一年も一緒に暮らせば殺すほどのことでもないと分かってくれるのではないでしょうか。油断は禁物、房中殺人がおきないように監視カメラで見張ります。

一年同居してもわかりあえない場合は・・・・

長官室に呼んでジャンケンを一万回やらせ、負けたらいさぎよく水に流せ、以後は大人しくせいと言います。

勝ったら・・・そのときはまた考える(笑)



斧魔、またもや脱線したようですが、もうひとことだけ・・・

原発事故以外のことで言えば、いまの日本にとって一番危険なのは朝鮮とか韓国とか中国とかではなく、日本を全体主義という灰色一色に染めあげようとする愚者的勇者的日本人の勢いが増していることであろうと思います。行き着く先は破滅です。

戦時中の治安維持法より悪質な法律になりかねない特定秘密保護法を安易に通したら、麻生太郎がいったように知らないうちに憲法が無効になります。行き着く先は破滅です。


http://onomar.jugem.jp/?day=20130801


 
| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 03:52 | comments(4) | trackbacks(4) |
資料 原発事故 152 天皇

秋の園遊会で天皇に手紙を渡した議員がいるという報道があった。手紙の中味は原発に関する由。

斧魔は招かれたことがないから園遊会が如何なるものかを知らないのだが、天皇皇后が主催する宴であるからして差しさわりのない話を連ね、なごやかな雰囲気で終始するのが暗黙のきまりになっているのではなかろうか。

差しさわりのある話がでたことはある。

2004年秋の園遊会では米長邦雄(将棋士・東京都教育委員)が「日本中の学校にですね、国旗を挙げて、国歌を斉唱させるというのが私の仕事でございます」と言った。これに対して天皇は「やはり、あの、あれですね、その強制になるようなことでないほうがね、望ましいと・・」と答えた。天皇発言も米長発言も政治的であるとか異例であるとかいう騒ぎになった。

斧魔が思うに、あのとき天皇は米長の言、表情から軍国主義復活の匂いをかぎとったのであろう。われこそは愛国者なりと近寄ってくるが実は国を誤らせる愚者、奸臣が戦前にゴマンといた。そういうやからを瞬時に下がらせた見事な一瞬だったと思う。

米長はしどろもどろになった。「ああ、無論そうで・・・本当に素晴らしいおことばを頂きまして、ありがとうございました」




園遊会と並べると顰蹙(ひんしゅく)を買うだろうが、斧魔など下々の催す宴会だって七面倒な話はまずしない。飲んで、食って、笑っておしまい。大勢の宴会で本音を言っても始まらない。本音をいうのなら小人数の席、できれば一対一のときが良い。一対一でも本音を言わないのはつまらない。

まあそういうことであるからして議員のやったことは斧魔の趣味に合わないし、もし斧魔が園遊会でそれを目撃したら、オマエ空気読めと心の中でつぶやいたと思う。

しかし・・・まあ、こういう議員が居ていいだろうとも考える。

原発事故によって日本は存亡の危機に陥っている、国のもつ全ての力を復興、原発処理に注げ、オリンピック工事に人をまわす場合じゃないだろうと斧魔は思っているから政府、東電、識者の認識、行動がとても鈍くみえる。

いまや日本には原発事故など怖くないという風潮があるようにも見える。かの小泉純一郎も原発撤廃を主張したとたんに変な奴と言われたらしい。まあ、もともと変な人なのだろうが・・・

日本の現状を斧魔以上に心配している人なら今の日本に絶望しているだろう。このままではいけないと居ても立ってもいられないであろう。居ても立ってもいられない議員が天皇に思いを寄せたのは偉いというべきかもしれない。

天皇は国家存亡の危機に際してのラストリゾートとなりうるのかもしれない。

議員に対して辞職せよと声高にいう人たちは今まで自分が何をしてきたか反省するのが良い。


菅義偉さん、わざわい転じてなんとやら、上手に扱うことですな。辞職させるなどは愚の骨頂であると言われなくても分かっておられるでしょうが・・・



山本太郎参院議員、天皇陛下に手紙渡す 秋の園遊会で

朝日新聞デジタル 10月31日(木)16時47分配信

山本太郎参院議員、天皇陛下に手紙渡す 秋の園遊会で

秋の園遊会で、山本太郎参院議員から文書を受け取る天皇陛下=31日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑、河合博司撮影

 山本太郎参院議員(無所属)は31日、東京の赤坂御苑で同日に開かれた秋の園遊会で、天皇陛下に手紙を手渡したことを明らかにした。「原発事故での子どもたちの被曝(ひばく)や事故収束作業員の劣悪な労働環境の現状を知ってほしかった」と記者団に説明した。

 山本氏は30日に手紙を書き、陛下に園遊会で原発事故の現状を訴えて「手紙を読んで頂けますか」と直接手渡した。陛下からの言葉はなかったという。

 山本氏は今年7月の参院選東京選挙区に「脱原発」を掲げて立候補し、初当選した。記者団が、陛下を政治的に利用することになるのではないかと問うと、山本氏は「政治以前の問題だ。身分を横に置かせて頂いて、一人の人間として現状を伝えたかった。園遊会で手紙を渡すことが禁じられているとは聞いていない」と述べた。

     ◇

 菅義偉官房長官は31日午後の記者会見で、山本氏の行為について「陛下に園遊会のような場で手紙を渡すことがその場にふさわしいかどうか、参加した方が常識的に判断することだ」「常識的な線引きはあるだろう」と述べた。参院議院運営委員会は1日午前11時に理事会を開き、対応を協議する。

朝日新聞社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131031-00000034-asahi-soci

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 10:47 | comments(2) | trackbacks(6) |
資料 原発事故 151 フクイチで土手(?)が崩壊
| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
資料 原発事故 150 地下水の汚染度が急上昇

フクイチの地下水の汚染度が急上昇したらしい。

じぇ じぇ じぇ!




東京電力は11日、福島第一原子力発電所の汚染水300トンが漏れたタンク1基の周辺の地下水から、放射性物質のトリチウムが法定許容限度(1リットルあたり6万ベクレル)を上回る同6万4000ベクレル検出されたと発表した。

東電は、「汚染水が地下水まで達した可能性がある」と説明。今後、地下水汚染が拡大すれば、汚染水対策の見直しを迫られる可能性がある。

東電によると、地下水から高濃度のトリチウムが検出されたのは、問題のタンクから北に約20メートルの位置にある井戸。今月4、5日の検査では検出されなかったが、9日には同2万9000ベクレル、10日には同6万4000ベクレルに急上昇した。東電は、汚染水がたまったタンク周辺の表土を約1メートル掘って回収したが、濃度が急上昇した原因は不明という。

2013年9月11日21時13分  読売新聞)


欠陥タンクから漏れた汚染水が地下水に達したのだろうか。そうであれば不幸中の幸いというべきである。

んだ、んだ。タンクさ直せば汚染は止まっぺ。

でも、そうではなく、すなわち原因が欠陥タンクではなく、メルトスルーした核燃料が地下水脈に達してしまい、そこで始まった地下水の汚染が山側の方へ流れているとしたらどうだろう。地下水の流れは複雑で必ずしも山側から海側へと流れるのではないらしいのだ。

http://www.geo.ris.ac.jp/~orc/happyou/pdf/P3-13.pdf

おっかねな。なじょする?

核燃料が地下水に触れるとそこで核爆発が起きるという説もある。

仮にフクイチ付近の地下水脈のすべてが山側から海側へと流れているとしても、地下水脈付近で核爆発が起きればそこを中心として水脈の逆流が起きる。逆流した地下水は茨城、千葉、東京へと拡散する。

だがら なじょすんだ?

まずは汚染水がどこに向かって流れているのかを把握しないといけない。

あちこちに井戸を掘って片っ端から検査する。

モグラたたきさやるってか。それじゃ間に合わねべ。おのま、はがいがねな。

どうすればいいか、あんだはすってんだべ。オラさ教えでけれ、安倍スンゾーさん。

208
| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(1) |
資料 原発事故 149 あの小泉純一郎が・・・

原発に対してどのような姿勢をとるかが個人の自由であることは当然なことである。他にもバリエーションはあるだろうが、仮に三様の姿勢があるとする。

1原発推進
2原発廃絶
3分からない

1、2、3の勢力地図は知らない。先の選挙結果からみて1&3で六、七割になるのではなかろうか。であれば断固原発廃絶は半数以下。違っているかもしれない。

みっつのうちのいずれかが日本全体の姿勢となったときに現れるであろう国の姿、形がどうなるかについても個人によって見解が異なるであろう。

原発を推進すれば経済が発展するという人がおり、いやそうではない、原発は未来に巨大な災害をもたらすという人がいる。

日本がどの姿勢をとり、それによってどういう未来が現れるかは天のみが知る、おのまの知ったことではないのであるが、仮におのまが天だとすれば原発推進はおよしなさいという。原発はヒトの手に負える代物ではない。過去、現在、未来にわたる厄病神でしかない。さよう、おのまの姿勢は2である。

そんなことは言われるまでもない、原発事故シリーズを読んでおのまの姿勢は分かっているよ。そう云ってもらえたら本望であるが、はたしてシリーズをぜんぶ読んだ読者がおられるのだろうか・・

まあ、どうでもいいか。


「資料 原発事故 148 汚染水タンクはどこまで増える」をFBで紹介したところそれに対してコメントがあった。

姿勢1、2、3のそれぞれでどういうコメントが出てくるかは想像がつく。事故から二年半、いまさら目がさめるようなものは滅多にない。だからこのブログを訪問する人もかつての千人、二千人から百人、二百人に減っているのだと自画自嘲。

ところがギッチョン、FBでコメントをやりとりした二日後になって、かの小泉純一郎(元首相)が同じようなコメントをしていたというから面白い。

とりわけ面白いのはFB仲間とのやりとりも小泉純一郎の発言も満洲をからめていることである。じつに面白い事象ではないか。

いや、そんなの面白くもなんともないという方がおられるか。訪問者がいよいよ減る?

まあいいや、満洲をひきあいにしたFB仲間とのやりとり、小泉純一郎の言を以下にコピペ。


FB仲間とのやりとり:

やりとりの中にある石原莞爾(いしはらかんじ)という人物は満洲、蒙古領有を立案し満州事変を実行した陸軍軍人。満洲生まれのおのまにとって石原莞爾はイコール満洲である。


今日たまたま見つけた吊り広告です。

西田 憲司さんの写真

・・・で、これもたまたま今読んでいる本によると、石原莞爾が「石油は米国と妥協すればいくらでも手に入るではないか。石油のために、一国の運命を賭して戦さをするバカがどこにあるか」と言っていたそうです。角川文庫「東条英機と阿片の闇」太田尚樹著


原発が暴走すると人間の手に負えないということを理解できない人がいるのが不思議でなりません。石原莞爾にならっておのまもひとこと。「電気は工夫すればいくらでも手に入るではないか。一国の運命を賭して放射能を撒き散らすバカがどこにあるか」


小泉純一郎の言:

昭和の戦争だって、満州(中国東北部)から撤退すればいいのに、できなかった。『原発を失ったら経済成長できない』と経済界は言うけど、そんなことないね。昔も『満州は日本の生命線』と言ったけど、満州を失ったって日本は発展したじゃないか
 

小泉純一郎は至極あたりまえのことを言ったに過ぎないのだが、多くのカチグミ仲間の姿勢を批判した点でカチグミ・小泉純一郎はエライと評価するおのまはフェアだねと自画自賛。

ついでに書く。

おのまは二十年前から日本には豊かな食、芸能、自然、史跡があるから観光立国で生きるのが良いと云ってきた。

もっかのところ日本の観光収入は一兆円未満、米国の十分の一でしかない。シンガポールにも負けている。

日本の観光資源からすれば米国の半分にするのは簡単である。正確なシミュレーションをしたわけではないが、観光収入が五兆円になれば波及効果、相乗効果で十兆、二十兆円の経済活動が生まれると思う。消費税収・十七兆円を上回る額である。

そういう方向でいけるから日本の未来は悲観することもないと思っていたのだが、それが311事故で吹っ飛んでしまった。フクイチ事故を収束できないまま、残る五十数基の原発にびくびくしながらでは観光立国など夢のまた夢である。

安倍晋三さんへ:

あなたにとって喫緊(きっきん)の課題は憲法ではなくフクイチ処理、原発ゼロです。それを成し遂げたら安倍晋三は名宰相として歴史に刻まれることになるでしょう。


記事【アクセス上位記事】 風知草:小泉純一郎の「原発ゼロ」=山田孝男
次頁に魚拓。
165
194


これで日本も安心だ!
http://www.youtube.com/watch?v=O6ZQraex97A
続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 00:10 | comments(1) | trackbacks(1) |
資料 原発事故 148 汚染水タンクはどこまで増える
8月22日 イギリス BBCNews が フクイチの汚染水漏れの
実態は公表されているよりずっと悪いという記事をだした

記事の中に汚染水タンクの増え方を示す写真があったのでコピペ

事態の深刻性を物語っている:



汚染水発生が収束するのがいつになるのか分からない

一年前に野田佳彦さんは収束したと宣言したけれど・・

原子炉はメルトダウンしちゃっている

燃料棒はとけて何が何だかわからない状態

いまだに炉を冷却するため毎日400トンの水が注入されている

あと一年で終わるとは思えない

十年だろうか?

もしかして百年たっても終わらない?

そうすると・・・

タンクはどこまで増えるのか
どこに作るのか
漏れをどうチェックするのか
漏れをどう防ぐのか
誰がやるのか
費用をどう捻出するのか

考えるだけで卒倒しそうになる

BBCの記事はでた翌日に人気度トップの記事になった由

http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-23779561

184

何が何だかわからないのよ



これをみれば少しはわかるか・・・




2013年 スタンレーパークの海岸



2021年 スタンレーパークは死の世界?




追記

疑問が湧いた

汚染水を再利用すればいいのでは?

調べる

汚染水を処理して再利用しているらしい

処理能力が十分ではないらしい

常に流れている地下水が汚染され続ける

汚染水をくみ上げて処理し続ける

処理能力が勝てばタンクは増えない

でも処理が百年つづくかと考えると

やっぱり卒倒か・・・

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
資料・原発事故 147 汚染水漏れ 推計30兆ベクレル

おのまは卒倒寸前なり。30兆ベクレルという数字がどういう意味をもつのかを考える気もしない。

日本は全力をフクイチ事故処理、震災復興に集中すべきと書いたことがあるが、そうしてこなかった日本。もう間に合わないのではなかろうか。

以下に毎日新聞の記事・説明図を転載:
 


福島第1:汚染水、直接流出か 海へ推計30兆ベクレル

毎日新聞 20130822日 1046分(最終更新 0822日 1316分)

 

 東京電力福島第1原発で地下水を通じて放射性汚染水が海へ流出している問題で、東電は21日、2、3号機のトレンチ(配管などが通る地下トンネル)に事故直後にたまった高濃度汚染水が、海に直接漏れている可能性が高いと発表した。これまで海に漏れた放射性物質の総量は、ストロンチウム90で最大10兆ベクレル、セシウム137で同20兆ベクレルと推計した。

 
 

 合計すると最大30兆ベクレルとなり、通常運転時の年間海洋放出基準(年間2200億ベクレル)の100倍を超える。東電が、事故直後の2011年5月から漏れ続けていると仮定し、原発の港湾内の放射性物質の濃度から試算した。


 東電はこれまで、汚染された地下水が流出していると説明してきた。しかし、汚染地下水だけではこれほど大量の放射性物質は説明が付かず、2、3号機のトレンチにたまった高濃度汚染水が、底部の砕石層などを通じて直接、海に漏れ出ていると推定している。


 東電は、流出源となっているトレンチ内の高濃度汚染水をポンプで吸い上げ、水処理施設を経由させてセシウムなどの放射性物質を除去することを計画している。処理した後は陸上でタンクで保管するという。


 東電は今月2日、トリチウム(
三重水素)が地下水に混じって最大40兆ベクレル海へ流出したとの試算を公表している。【岡田英】









188


あなたはどこにいる(ブログ左下の地図)

ときどきアフリカ、ガーナの南、ガボンの西の海域に米国の旗が立つ。米国籍の船だろうか。

もし米国政府関係の方であれば、日本政府は集団的自衛権などにうつつをぬかすのではなく、フクイチに全力を投入しなければいけないと忠告して欲しいのだが。できたら従米日本大使館経由ではなく、オバマ⇒安倍のホットライン(あればだが)が良い。


このブログを公表して一時間もたっていない今、下記のTBをいただいた。これを読めば事態が緊急を要すると分かる:

東京電力に福島原発を“片づけさせる”のは、殺人犯にVIPの脳外科手術をまかせるようなもの

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 13:57 | comments(0) | trackbacks(4) |
資料・原発事故 145 ハッピーさん@東京新聞

ひとつき程まえに「設計思想が弱い日本の官僚、政治家」という題でブログを書きだしたのだがそのままになっている。わが祖国は一体全体どこに向かっているのだろう、本当のところもうオワっちゃってるのかも、いまさら書いても手遅れかとついつい脱力感を覚えるのである。

おのまに比べてまだまだ元気なのがハッピーさん。今はフクイチの現場から離れているらしいが傾聴に値するつぶやきを毎日続けている。

ハッピーさんが言っていることは至極まともなのだが、どうしてそういうまともな思考が日本の表通りを闊歩している官僚、政治家、あるいは報道人にできないのだろうか。もうオワっちゃっているからなのかも知れない。

と思っていたのだが、ハッピーさんのことを東京新聞がとりあげた。まだ日本には一縷(いちる)の望みがあるのかもしれない。以下に記事全文を貼る。

表通りのひとたちよ、株価上昇などという現象に浮かれて思考を麻痺させてはいけない。日本が置かれている惨状から目をそむけてはいけない。フクイチ事故処理、震災復興に全力を投入せよ。


つぶやく福島作業員 政府・東電に振り回された2年間

 東京電力福島第一原発事故の発生当初から収束作業に従事し、現場の様子をツイッターでつぶやき続け、その内容を七万超の人が注目している「ハッピー」さん。福島第一の近くに家があり、作業員としてここで長年働いてきた。このほど本紙の取材に応じ、二年間を超える収束作業で感じた疑問などを語った。 (片山夏子)

◇まるで戦場

 二〇一一年三月十四日昼、3号機原子炉建屋で水素爆発が起きた時、ハッピーさんは近くで作業をしていた。突き上げる衝撃、すさまじい爆音に襲われ、がれきがバラバラ降ってきた。

 「ここで死ぬかもしれない」

 まるで戦場だった。建屋から煙が上がり、すすで全身が真っ黒になった人、防護服が血に染まった人もいた。怒号が飛び交う様子はとても現実とは思えなかった。

 ハッピーさんがツイッターを始めたのは水素爆発から六日後の二十日のこと。

 理由は二つあった。一つは情報が錯綜(さくそう)し、不安をあおる報道もあったこと。もう一つは、福島県南相馬市に小さな子どもと住む知人に、現場で起きていることを冷静に伝え「必要以上に心配することはないよ」と伝えるためだったという。

 つぶやきの中で自分のことを「オイラ」と書き、「です」ではなく「でし」で結ぶことが多い独特のメッセージ。初めのころ、読み手は子どもがいるお母さんが多かった。「助けられました」「救われました」というお礼や温かい言葉が寄せられた。

◇命は二の次

 ハッピーさんのつぶやきには現場で感じる政府や東電への率直な疑問が多い。

 政府や東電が、根拠のない楽観的な見通しを示したり、きちんと説明しない発表をするたびにいらついた。事実をありのまま伝えないことで、かえって不安をあおっていると感じたという。

 事故発生当初、作業工程の調整がなされないまま、現場に指示が飛んだことにも閉口させられた。電気系と配管系の作業が同じ場所で同じ時間にぶつかり、片方の作業ができなくなるなどの混乱が起きた。

 混乱の跡は、二年たった今も福島第一の各所に残る。ほぼ同じ場所に汚染水の移送ホース、電源ケーブルや機器を制御するケーブルが乱雑に設置されている点などがそうだ。緊急作業だったとはいえ、誤作動や漏電の恐れがあり、今後の不安要因になっている。

 「総理が二十四時間作業しろと言っているから何とかしろ」。こんな指示が現場に飛んだこともあった。無理やり二十四時間体制のシフトを組んだが、作業効率が落ちた。

 現場の状況も考えず毎月発表された工程表にも悩まされた。「政府がやるって発表しちゃったから作業を急いでくれ」と言われ、準備もできていないのに夜中に駆り出されたこともあったという。

 特に、防護服を着ての夏の作業では何度も倒れそうになった。「休め」とは言われるが、工程表はそのまま。作業員の命や安全は、二の次になっていると感じた。

◇コスト優先

 一一年九月、ハッピーさんの耳に、政府と東電が「冷温停止」に「状態」をくっつけて新語をつくり、年内にも福島第一が「冷温停止状態」になったと宣言する、との情報が入ってきた。

 だが、溶け落ちた核燃料の状態もわからない。原子炉の冷却にしても、ポンプ故障だけでなく、配管の詰まりや破損などで止まる可能性がある。原子炉の温度計が不安定な動きをし始める中で、炉内が一〇〇度以下と言えるのかどうか…。「冷温停止なんてあり得ない」と思った。

 さらに十一月ごろには、「事故収束」まで宣言するらしい、との情報が入ってきた。

 「まさか」と思ったが、十二月に実施する予定だった2号機の格納容器の穴開け作業が年明けに延びるなど、宣言の妨げになるかもしれない危険な作業は延期され始めた。

 これまでも「選挙があるから、それまで危険な作業はするな」「担当大臣が明後日、海外に行くから今日中にやれ」と現場で指示されるなど、政治の動きに振り回されてきたが、まただった。

 収束宣言後、事故現場では、コスト優先の契約が目立つようになり、危険手当や給与の削減など作業員の雇用条件が悪化した。事故後に福島第一に導入された設備類は、保守管理のことを十分考慮していない仮設のものが多い。耐久性のあるものに交換すべきだと東電に提案しても、「予算がない」と却下されることも増えた。

 ハッピーさんは、東電が会社再建を急ぎながら、事故収束も進めることに大きな疑問を感じている。コスト優先では、経験豊かな作業員も雇用が安定しないため集まらず、廃炉作業も進まない、と危機感を抱いている。

 「国がいくら税金を投入しても、東電の借金になるだけ。東電が民間企業である以上、コストを優先するのは当然。これでは廃炉は遅々として進まない。世界を揺るがした原発事故なのだから、国と東電は収束作業を専門に担う組織をつくって強力に進めるべきだ」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013050502000119.html
146
241

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
資料・原発事故 144・安易にすぎる野田佳彦首相@原発事故
ただいまは十月二日。ほんじつ二度目の更新。


9月7日のおのまは野田佳彦と細野豪志にもいいところがあるなと思っていた。


出馬断念の細野氏「原発対応ないがしろにできない」

2012.9.7 11:13 産経
 

 
民主党代表選(10日告示、21日投開票)で細野豪志環境相兼原発事故担当相は7日、立候補を断念する意向を固めた。7日午前、野田佳彦首相と官邸で会い、意向を伝えた。野田佳彦首相は7日に記者会見し、出馬を表明する。細野氏は一旦は出馬の意向を固めていたが、一転、出馬を断念したことで、首相の再選が有力となった。
 
首相との会談後、細野氏は記者団に「自分の今やっている役割をないがしろにすることはできない」と述べ、東京電力福島第1原発事故への対応を優先する考えを示した。


原発事故処理は長丁場である、担当大臣を換えてはいけないと思っていたから、9月7日のおのまは野田佳彦も細野豪志もいいところがあるな、真剣に取り組んでいるなと思ったのである。

ところがギッチョン、野田は代表に再選されると内閣改造で細野を政調会長に起用したいといい、細野は喜色満面で受けてしまった。

ふたりの原発事故処理に対する安易な姿勢が分かってしまった。現実を甘く見ている。


まあ、野田が原発推進派であることは早くから噂されていたし、原発規制委員長人事や大間原発建設再開をみても驚くべきことではないのだろうが、事故処理に対する認識、対処ぶりが余りにもお粗末である。

現場の声を聞く耳がないのか、聞いても理解ができないのかよく分からないが、野田佳彦の独断、無神経、でたらめが日本をメルトダウンに追い込んでいく。


フクイチ〜永田町の距離は三百キロだが、ハッピー11311@フクイチ〜野田佳彦@永田町の頭脳の距離は三百光年もある。


10月1日

今日、新内閣が発表されたけど何で細野大臣は続投しなかったんだろ?代表選に立候補しなかったのは続投するからだと思ってたけど…。まぁこれから先、1F廃炉まで何十年もの間ころころ代わるだろうから言っても仕方ないのかも…。新しい大臣も近いうちに政権交代すれば代わるだろうしなぁ…。

原発担当大臣だけは政治家じゃなく民間人からの起用をして、超党派で政権変わっても代わらないように出来ないのかなぁ…?まぁ、これだと今後の環境も原発もきっと役人主導の省庁になるんだろうな。

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
資料原発事故 143 野田佳彦さんへ・規制委員会人事

依然としてブログの更新遅延中。ただいまは9月19日。


野田佳彦さん屁・・・へ


Are you sure of yourself about what you have done? 

こんなことでいいんかい?




国のエネルギー政策の矛盾点について訊かれて・・・

田中委員長は・・・・

「私の立場で言うことは控える」と答えた


おのまから質問

「私の立場」ってなあに?


フクイチ原発事故は収束したという、現状から程遠い妄想を信じこみ、そして他の原発を稼動させようという意思がある野田佳彦さんは日本を破滅に導こうとしているとおのまは思う

これから起きるとされている巨大地震、大津波によって、たとえば大飯原発、浜岡原発がフクイチと同じように爆発したらどうなるかを想定して日本の未来設計にとりかかる人物を首相にすることによって破滅への道からそれるのが賢明だとおのまは思う


原子力の安全規制を一元的に担う、「原子力規制委員会」が、19日、発足

国会で衆参両院の同意を得られなかった、委員長と委員合わせて5人の人事について19日、野田総理大臣が任命



| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(1) |
資料 原発事故142 トーラス

前回のブログにでてきたトーラスに関する資料です。

トーラス=torus=円環体・ドーナッツ状の構造物

フクイチ原発では以下の部分で、地下に位置しています。






六月二十六日に撮られたトーラス室の動画が東電のサイトにでています。

みてもなにがなんだか分からないかもしれませんが(笑)関心のあるかたはどうぞ。

http://photo.tepco.co.jp/date/2012/201206-j/120627_01j.html


一号機のトーラス室では一時間いれば死ぬという高い放射能が検出されたそうで、その結果、前回のブログで紹介したように、現場のハッピーさんは トーラスに入る事が出来るのは10年以上先になりそうな感じでし。ロボット開発が進まないともっと先になるでし とつぶやいています。

京都大学の小出裕章さんになるともっと悲観的です。六月二十八日、毎日放送で放送された話を紹介します。

千葉「京都大学原子炉実験所助教の、小出裕章さんです。小出さん、きょうもどうぞよろしくお願いします」

小出「よろしくお願いします」

千葉「え、きょうは毎日新聞論説委員の近藤伸二さんと一緒にお話を伺います」

近藤「はい。今晩は。よろしくお願いします」

小出「はい、近藤さん。今晩はよろしくお願いします」

千葉「…では早速なんですが。まず、東京電力が昨日、福島第一原発1号機の原子炉建屋地下の、放射線量が、毎時最大10.3シーベルトだったと発表しました。」

1号機 毎時10シーベルト 2・3号機より大幅に高い値

千葉「え…それについて、え…リスナーの方から質問がきております。ラジオネームかるかんさんという方で、神奈川県にお住まいの方です。え、福島第1原発1号機の地下で毎時10.3シーベルトが観測されたそうです。メルトダウンしたのだからそうだろうなあと思うのですが。小出さんは、この数値どのようにお考えになりますか。という質問なんですが」

小出「はい、まぁ、今ご質問くださったかたの、おっしゃるとおりで。すでに炉心が溶け落ちてしまっているわけですから。え…その、その程度の値は充分、出ますし。多分もっともっと高いところもあると思います」

千葉「あの、改めてお伺いしますけど」

小出「はい」

千葉「毎時10.3シーベルトというのは、」

小出「はい」

千葉「ミリシーベルトに直すと、1万300ミリシーベルト」

小出「はい」

千葉「…ということは、これを人間が浴びたらどうなるんでしょうか」

小出「ええと、1時間あたりの被曝量になってるわけですが。人間というのは8シーベルト被曝をしますと全員死んでしまいます。ですからその場所にもしまあ、1時間…まあ1時間弱いれば、すべての人は死ぬという、それほどの被曝量になります」

千葉「はあ…。あの、この量というのは法律が一般の人が1年間に浴びる限度としてる」

小出「(苦笑)」

千葉「1ミリシーベルトの」

小出「はい。1万倍ですね」

千葉「……。それだけ高い数値が出たということ…なんですけれども」

小出「はい」

千葉「この数値はですね、トーラス室というところで計測されたということなんですが。ここどんな場所なんでしょうか」

小出「え…格納容器というものは、ドライウェルという…理科のフラスコのような形をしているものと、え…サプレッションチェンバーと私達が呼んでいるドーナツのようなもの、トーラスと呼ぶときもあるのですが。その2つがつながった状態で格納容器というものを構成している、のです。」

千葉「はい」

小出「それでトーラス室というのは、そのドーナツ状のトーラス、あるいはまあサプレッションチェンバーと呼んでいるものが、格納されている、まあ地下室です。」

千葉「ふーん。あの…その場所…に、まあ、これから入らなきゃいけないっていうようなことも、」

小出「はい」

千葉「出てくるかと思うんです、が」

小出「はい」

千葉「あの、このままではとても無理…ですよね」

小出「とても無理です」

千葉「で、この数値というのは将来、下がるんでしょうか」

小出「えー、基本的に下がりません。」

千葉「と言うことは」

小出「はい」

千葉「これから何年たっても何十年たっても何百年たっても、この場所に人が近づいて廃炉作業…というのは、出来ないということですか」

小出「人間が行くことは多分出来ないと思います」

千葉「はあ……。となると、将来ロボットかなにか開発して、」

小出「はい」

千葉「近づかないようにして、え…その、廃炉作業を進めていかないといけないということですか」

小出「はい。もう、たいーへん難しい作業になると思いますし。作業自身…の断念しなければいけない可能性も高いと思います」

千葉「はあ…。断念するということになると、そのまんま…」

小出「はい。まあそのままチェルノブイリ原子力発電所の事故の時にやったように、え…トーラス室を含めて原子炉建屋全体を、石棺という形で封じ込めるということに、なる可能性があると思います」

千葉「はあ…。

近藤「小出さんこの」

小出「はい」

千葉「今回こういう高い値が出たんですけど、これはあの、ある局部だけ出たというよりはもう、そのあたり一帯は、同じような値と考えたほうが、いいんですか?」

小出「え…むしろ、もっと別のところに行けば、もっと高いところがあると私は思います」

近藤「うーん」

千葉「うーん」

小出「たまたまその場所がその値だったというだけで。まぁ、若干低いところもあるでしょうけ…し、もっと高いところもある、と思います。」

千葉「うーん…。…でもまあこれぐらいの数値が出ているところというのは本当に、今の段階ではどうしようもないという状況なわけですね」

小出「そうですね、まあ、人間が行くということは少なくとも全く出来ません。」


放送では大飯原発の格納容器が圧倒的に危険な設計になっているという話も出てきます。関心のある方はどうぞ:

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65812692.html

223

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 03:51 | comments(0) | trackbacks(1) |
資料 原発事故141 耐震性・現場レポ
 


ただいまは七月一日(日)、当地はカナダデイ(1867年7月1日にイギリスからカナダが独立)です。

昨日のブログでフクイチ四号機の耐震性は十分あるという東電レポ(六月を紹介しましたが、現場のハッピーさんも建造物に関する耐震性についてはあまり心配していないそうです。

 しかし少しの地震で配管が破断し汚染水が散乱することを心配しています。
6月28 ハッピー@Happy11311


その後1F2FJV本部、本店のテレビ会議回線は常に繋がっていて、それぞれの箇所の現状報告が放送で流れるでし。今は1Fの至る所にウェブカメラが設置されてて配管や機器の状況や計器の数値もみれるようになってるでし。もちろん現場パトロールも行ってるでし。

今日のグラグラは3.11を思い出すようなちょっと気持ち悪い感じだったけど大丈夫だったでし。ところで昨日は1号機トーラスの映像が流れてたね。予想通り線量は高いと思ったけど、オイラは映像見てて配管の腐食具合の方が心配になってきたでし。


オイラの考えでは多分トーラスに入る事が出来るのは10年以上先になりそうな感じでし。ロボット開発が進まないともっと先になるでし。そうなると1年であの状況じゃ配管はいずれ少しの地震等の衝撃で破断するでし。その配管から至る所に汚染水が廻る可能性があると思うんだ


その心配は1号機だけじゃなくて24号機も同じなんだ。そのためには全て配管ルートを把握しておく必要があるのと、配管ルートが線量が低い場所であればフリージング等の工法で配管切断して閉止する必要があると思うんだ。転ばぬ先の杖でし。でも東電はいつも転んだ後の杖だからなぁ…。


4
号機も建屋の傾きとか地震に耐えられるのかって事ばかり話題になるけど、そっちの方はあまりオイラは心配してない。決して楽観視はしてないけど…。それよりも心配してる事があるでし。当時4号機は定検中でかなりの改造工事をやってたんだ。


4
号機ドライウェル内の炉内と繋がってる配管もかなり切断してて、まだ交換終わってないから今は仮閉止してる状況なんだ。仮閉止の溶接なんか1年以上取付けるなんて考えてないからたいした溶接じゃない。オイラはいつそこから炉水が漏れてきても不思議じゃないって思ってて心配なんだ。


東電の人で気づいてて心配してる人もきっといるはずだと思うんだけど予算ないから言えないのか優先順位が低いのかなぁ…。調べた気配もないし…。東電会長、社長変わったけど、どちらも賠償担当だったから収束予算は益々厳しくなりそうなんだけど大丈夫かなぁ…。



トーラスに入る事が出来るのは10年以上先になりそうな感じでし。ロボット開発が進まないともっと先になるでし」とあります。

トーラスとは?

フクイチのトーラスに関する資料は別途貼りますが、昨日の説明図にある地下室の部分を指すそうです。


工事で出る粉塵についてもつぶやいてたので念のために貼っておきます。

水かけてるけど粉塵はすごいでし。@itsuki1218 バンヮ(^O^)4号機のあれは柱ガシガシ壊すときの粉塵でし。水かけてるけどコンクリート中まで水いかないでし。

223

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 03:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
資料 原発事故 140 フクイチ四号機建屋の耐震性

いまは六月三十日です。だいぶおいついてきました(笑)


フクイチ原発四号機




六月二十四日のブログでこう書きました。

いま巨大地震に襲われたら使用済み燃料プールが崩壊し大量の放射性物質が拡散することでしょう。

フクイチ原発四号機建屋にあるプールのことを書いたのですが、六月二十九日、東電から四号機の耐震性は十分であるというレポがでました。

プールの下が補強されたことなどから大丈夫だということです。


説明図をみるとプールの左下が補強されていて、地上から支えられています。

しかしプールの右下の壁(あるいは柱)は地上までつながっておらず二階の床で終わっています。シロート考えですが、二階と一階のあいだにも壁か柱を入れて補強し、地上から支えられる構造にしておくのが良いのではないでしょうか。





平成24年6月29日


東京電力
http://www.tepco.co.jp/index-j.html


1.東京電力では、4号機原子炉建屋西側外壁の3階部分に局所的な膨らみを確認した(5月25日公表)ことから、局所的な膨らみの詳細測定、当該外壁のコンクリート強度の確認、外壁の目視点検の3つの追加調査を実施してきました。

2.追加調査の結果、局所的な膨らみは外壁全体から見ればわずかな量であり、外壁のコンクリート強度も設計基準の1.5倍以上確保され、幅1mm以上のひび割れも確認されませんでした。したがって、4号機原子炉建屋は、西側外壁の3階部分に局所的な膨らみがあるものの、全体として耐震性が十分であることを判断しました。なお、当該外壁の内側には機器ハッチとエレベータシャフトという1階から5階を貫通する吹き抜けがあり、床面による支えが小さいことから、昨年3月15日に建屋が爆発した際の爆発力によって、局所的に外壁が膨らんだものと推定しています。

3.念のため、局所的な膨らみが確認された外壁が構造上の耐力*1を有しないものとして、あらためて東北地方太平洋沖地震と同規模の基準地震動*2Ssで地震応答解析*3を行なったところ、原子炉建屋および使用済燃料プールともに設計基準に対して十分余裕があることを確認しました。

4.特に使用済燃料プールは、それ自身が厚さ約140〜185cmの鉄筋コンクリート製で、これをプール下の床や壁で建屋基礎まで支えています。したがって、3階以上の建屋外壁ではもともとほとんど支えられておらず、今回確認した局所的な膨らみの影響を受けておりません。

*1 物体に働く外力が増加して永久ひずみを生じるときの応力。

*2 原子力発電所周辺で起こる可能性のある最大の地震を想定し、発電所敷地の下でどれくらいの揺れになるのかを算出したもの。単位はガルで、1ガルは1秒ごとに1センチずつ加速すること

*3 地震の揺れに対して設備が変形するような影響をどの程度受けるのかを解析したもの


228
| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
資料 原発事故 139 逃げ場がない
きのうのブログで 「東京はいまでも放射能汚染にさらされているし、近い将来起きる巨大地震では逃げ場がないでしょうから今のうち逃げ出すのが良いと思う」と書きましたが「逃げ場がない」について補足説明をします。

「逃げ場がない」はふたつの状況を想定しています。

ひとつは地震によって発生する建造物の倒壊、火災、交通麻痺などによって東京の多くの地域で逃げ場がなくなるだろうということです。

たとえばおのまがサラリーマンだった頃を考えてみます。

通勤で朝と晩に東京駅と有楽町駅とのあいだを走る電車に乗っていたのですが、もし地震で電車が途中で止まり立ち往生したらどうなるか。

大勢の乗客とともに電車から線路上に降りて東京駅か有楽町駅に向かう。線路は揺れ続けている。周囲の建物からガラスの破片が落ちてくる。線路道が崩壊して数メートル下に電車とともに落下するかもしれない。 

無事に東京駅に着いたとして、駅構内は数千人もの人がいて身動きがとれない。階段では後ろから押されて転倒する人が続出し怪我人、死者もでている。自分がそうならない保証はない。

実際のところ、サラリーマン時代のおのまは満員電車から吐き出される群集の中にいて、その群集がつくりだすテンポにあわせて前へ前へと進むことしかできない状況に日々おかれていたのですが、いったん群集のテンポが崩れたら命があぶないと覚悟していました。

地震そのものはさほど怖くない、牧場で地震がおきても羊が目を回すくらいで死にはしない、死ぬのは人工物で囲まれて逃げ場がない人間くらいなものだ・・・・おのまが若かりしころはよくそんな話をしたものです。

巨大地震がおきたら人口密集地・東京では逃げ場がないと覚悟しておくのが良いと思います。

近くに公園があるから安全、自分は井の頭公園のそばに住んでるから安心しているという人もおられるでしょう。いってみれば牧場の羊(笑)、目を回すくらいで済むでしょう。ラッキーユー。

でも、もうひとつ 「逃げ場がない」 のです。

以前にも書いたことですが、政府は収束したといっていますが、フクイチ原発にはまだまだ危険が残っています。火山でいえば死火山や休火山ではなく活火山なのです。

いま巨大地震に襲われたら使用済み燃料プールが崩壊し大量の放射性物質が拡散することでしょう。

いまでも東京圏は放射能汚染にさらされていますが多くの都民が見てみぬ振りしているようです。でも使用済み燃料プールが崩壊したら、見てみぬ振りができない規模の放射性物質が東京圏を覆うことになると思います。むろん井の頭公園にも降り注ぐでしょう。

巨大地震がいつ発生するのか・・・・・あした、ひとつきご、一年後、五年後、十年後、五十年後・・・・

分かりません。でも発生した暁には、ふたつの「逃げ場がない」 ので関東大震災以上の悲劇になることを覚悟しておくのが良いと思います。

245

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 03:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ