木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

ミート・ザ・プレス
日曜日のテレビで Meet the Press という政治番組が流れます。ミノとかタワラとかいうやらせ司会者と違って、ティム・ラッセルは事実を重ねて突っ込んでいくから痛快です

六月一日(日)にはマクレランがでていたので興味のある方はご覧ください

http://www.msnbc.msn.com/id/3032608

マクレランのインタビューより面白いのがクリントンの選挙参謀・Harold Ickes とのインタビューでした

この参謀のヘリクツといったらありゃしない。恥知らずが背広を着ているようなG3

かつてアメリカインディアンや江戸幕府がてこずったのはこういう手合いの白人だったと思いました。おのまもトロント時代にこういう連中と交渉したことがありますが、勝つためには忍耐、忍耐また忍耐。敵の嘘とヘリクツに根負けしないことです。イラクで死ぬかも知れない米兵が沖縄でレイプするのを大目にみようなどという外交官やジャーナリストを追い詰めることです

動画では省かれていますが、クリントンが半年前に云っていたことと今云ってることの矛盾を突きつけるティム・ラッセルの楽しそうな顔が愉快でした

党則に反したミシガンとフロリダの票は無効にするという決定にクリントンは同意していたのですが、敗勢が明らかになった三月あたりからこれを入れろと横車を押しつづけ、ついに土曜日に両州を入れることになりました(これに関する論評をこの頁の最後に貼っておきます)

クリントンは汚いことを平気でやると批判されてきましたが、それが通ってしまうところに偽善という病気から抜けられないアメリカの本質が見て取れます

これにより民主党の大統領候補獲得に必要な代議員数は2025人から2118人に変わりましたがクリントンが勝つチャンスはありません

六月一日現在の獲得代議員数
     一般  特別  合計
オバマ  1739  331  2070
クリ   1624  290  1914

残る代議員数  一般31 特別 211 合計 242

残る一般代議員はオバマ有利という予測がでていますが、オバマ15 クリントン16にすると合計獲得数は 

オバマ 2085
クリ  1980

勝利に必要な特別代議員数

オバマ 33
クリ  138

残る特別代議員数の16%がオバマ支持に回ればオバマ勝利です(33÷211=15.6)

六月三日(火)か四日(水)には残る特別代議員のほとんどが旗幟(きし・立場)を明らかにする、オバマ支持が多いといわれています

ということで、あとは特別代議員獲得でオバマがクリントンを100人の差をつけるというおのまの大胆予想が当たるかどうかだけ

目下の差は41。 100差になるには・・・えーと・・・

100−41=59

211−59=152

152÷2=76

残る特別代議員211人がクリントン・76 オバマ・135(59+76)となればおのまの大胆予想当たり

http://blog.with2.net/link.php?310164

ヘリクリ(ヘリクツ・クリントン)

いいわ この勝負、引き分けということにしましょう



Count Every Half Vote!
June 2, 2008

Barack Obama took another step to clinching the Democratic Presidential nod on the weekend, with the party's rules committee deciding to seat delegates from Florida and Michigan but to give them only half a vote. Now we'll see how Hillary Clinton decides to use her remaining leverage, and whether Mr. Obama feels obliged to put her on the ticket.

In any realm outside of politics, this flap would be preposterous. The Democratic Party set the rules for its primaries, barring delegates from Florida and Michigan for advancing their primary dates. The candidates agreed to abide by those rules. Yet when the contest began to look closer than Mrs. Clinton ever thought possible, her campaign decided that those rules were no longer valid. It kept her name on the Michigan ballot, while Mr. Obama and other candidates took theirs off. Then after both candidates barely campaigned in Florida, she demanded that its results be counted.

Like Al Gore in 2000, this is changing the rules in the middle of the game. Mrs. Clinton's chief political enforcer, Harold Ickes, helped write the original primary rules. Yet this weekend he was crying foul because Mrs. Clinton won't be allowed to count all of the delegates she supposedly won in Michigan while running against "uncommitted." Americans are once again getting an education in Clintonian political mores. And it was hilarious to watch party chief Howard Dean on Saturday invoke the "stolen" election of 2000 without a hint of irony about what the Clintons are up to this time.

To prevent this nomination theft, Democrats decided to count only every half vote. This means Mr. Obama needs to win a few more superdelegates to gain a majority, and it isn't sitting well with the Clinton camp. Senator Clinton is now saber-rattling about challenging the Michigan ruling at the Denver convention. Her feminist supporters are also suggesting that their heroine is the victim of "sexism." Meanwhile, if the superdelegates do give the nomination to Mrs. Clinton, many of Mr. Obama's supporters will cry "racism." The identity politics that Democrats love to use against Republicans has now come back to haunt them.

There is little chance, based on what we know now, that superdelegates will overturn Mr. Obama's solid lead in the pledged delegates. These Democratic pros aren't about to give black voters an excuse to stay home in November. So that leaves Mrs. Clinton with some decisions to make. Does she stay in the race after her big win yesterday in Puerto Rico and the last primaries on Tuesday, hoping that some new scandal makes Mr. Obama look unelectable? And does she use her leverage to try to become Mr. Obama's vice presidential nominee?

The latter looks to be her strategy, judging from comments by her husband and others. The Clintons desperately want to regain executive power, and Mrs. Clinton will argue that she can help Mr. Obama unite the party in November. We'd guess she'd also drive a hard bargain, arguing for a role like Dick Cheney's in the current Administration. Since she was already "co-President" in her husband's Administration, she won't want to settle for a Spiro Agnew-style second fiddle role.

As for Mr. Obama, he'll have to decide if the potential campaign benefits of putting Mrs. Clinton on the ticket are worth the headaches of having to govern with both Clintons at his side. Anyone who thinks Bill won't be a kibitzer as second spouse doesn't know the man. Her presence on the ticket might well mollify many Hillary supporters, but it would also take some of the aura off Mr. Obama's "change" message.

Democrats put themselves in this predicament with their penchant for making rules they don't intend to keep. How they decide to escape this mess in the coming weeks will tell voters a lot about how they'd govern.



| おのまのプロフィール | 沖縄 | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
間の抜けた出版
この記事はあとで削除します。くだらないので・・

ブッシュの元報道官がブッシュ批判の本を出すという前宣伝を聞いた時は、なんで今ごろになってと思いました。なにか新しいことがあるのかいな

本日のネットにヨイショ記事が出ていましたが、ざっとみたところでは目新しい内容はなさそうです。一部を貼っておきます

この報道官はあまり存在感がありませんでした。テキサス時代からブッシュの金魚のウンコだったから当然です。端的にいえばレイプ米兵をかばう沖縄担当大使や御用記者と同じで無能

こんな人物評があります


As the current press secretary Dana Perino daily reminds us, you don’t have to be a genius to succeed as press secretary. But you do need (1) composure under fire, (2) verbal fluency, (3) an understanding of the imperatives of the news business and (4) access to the interior workings of the administration. McClellan never possessed qualities (1) and (2), and his colleagues refused to grant him (4).

報道官に求められる要件
(1) 砲火をあびてもパニクらない
(2) 流暢に話せる
(3) ニュースビジネス事情を理解している
(4) 政府の内幕に通じている

マクレランは(1)と(2)がなかった。同僚が(4)を許さなかった



彼の書いたオリジナル原稿はブッシュに対する批判というよりは取り巻き連中の批判に主眼が置かれていたそうです。あまりにもつまらない内容でこれでは売れないと判断した出版社が手をいれてセンセーショナルな本に仕上げたと云われています

お小遣い稼ぎの泡沫本というところでしょうか



ヨイショ記事

Exclusive: McClellan whacks Bush, White House
By MIKE ALLEN | 5/27/08 6:18 PM EST Text Size:

McClellan says the administration relied on "propaganda" to sell the war.

Former White House Press Secretary Scott McClellan writes in a surprisingly scathing memoir to be published next week that President Bush “veered terribly off course,” was not “open and forthright on Iraq,” and took a “permanent campaign approach” to governing at the expense of candor and competence.

Among the most explosive revelations in the 341-page book, titled “What Happened: Inside the Bush White House and Washington’s Culture of Deception” (Public Affairs, $27.95):

• McClellan charges that Bush relied on “propaganda” to sell the war.

• He says the White House press corps was too easy on the administration during the run-up to the war.

• He admits that some of his own assertions from the briefing room podium turned out to be “badly misguided.”

• The longtime Bush loyalist also suggests that two top aides held a secret West Wing meeting to get their story straight about the CIA leak case at a time when federal prosecutors were after them — and McClellan was continuing to defend them despite mounting evidence they had not given him all the facts.




ネット読者からは冷ややかなコメントが寄せられています

looks like Bush's Chief Propagandist
still can't keep his propaganda straight

---such a tangled web we weave-when the Bushie neo-cons pay us to deceive--
9/11 happened on the Republican watch We must never let dullards sleep in the watchtowers of Freedom again


It was all rewritten by George Soros and company.


The book is a collection of left-wing blogger nonsense inserted into McClellan's boring first draft.

I realized the left had no morals, ethics or conscience... but this charade is a new low. I shouldn't be surprised.

Questions to liberals:

Who financed the book? Why did the book change significantly from the intitial draft to final draft? Who was the ghost writer?
Answer those questions, we have.


Of course the tricky part is the next job interview. How do you assure your next employer that this debacle would not happen again, that you are no longer the "cowardly lion" type sissy-boy you appeared to be on the news shows.

The question is, how did he get the job in the first place? The man was the worst press secretary in 30 years and everyone felt that way.

His only future is as a left wing analyst. Since left-wingers are without ethics, morals or conscience as well... he will blend right in.

This cartoon is from 2006 liberal source (still applies)


LOL! Do you know where that was originally published? It would be great to be abe to cite that.

Too late now, Scotty. The snake is out of the zipper.

In other words you set out to tell the truth for once, and since you're so out of your element with regards to the truth, you messed it all up.

Badly.

Just like all Republicans do.

Now there's a hole in the condom and there's nothing you can do about it.

And it's all over but the Congressional Hearings.



Chicken's is comin' home . . .


Oh, please, McClellan. You can be bought, too? How can you possibly apologize for what this country has endured these past 7-1/2 years under the idiotic/satanic rule of Bush. I'm sure you didn't reveal the full story on that vile person, but there are others who have--and will. The worst president in the history of our country. I want my America back!


I have written publications where editors pushed me to go beyond my original position, but you have to stick your guns unless you have proof. I think he was probably pressured to go more deeply. On the other hand, book proposals may not state the author's claim as dramatically as the author intends. Some authors want to get accepted, then they turn more partisan after that. It's unclear what happened here. I do believe, however, that he is backtracking, which shows that he lacks credibility and is an opportunist. He took a hard line in press releases so that his book can get attention. Now he is trying to nuance things. Nice. Playing both sides of the coin. Typical.


McClellan is owned by George Soros.

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 08:02 | comments(2) | trackbacks(1) |
林雨  第三十一回
http://www.japancanadajournal.com/

林雨 第三十一回  「続・林雨三年目」  小野冬生

前回に続き、2006年10月以降の「林雨」についての「雑感」です。

第十二回:日本の自殺者について事態は悪化すると予想しています。2006年も自殺者は三万人を越えました。

昨今は風呂場で硫化水素ガスを発生させて死ぬ、何日かにわたってブログや2ちゃんねるで自殺の予告を書き込んでから死ぬ、後期高齢者医療保険の悪法に追い詰められ親を殺した上で死ぬという風に新手の死が出ています。日本がもつ本源的な欠陥を直さない限り事態は好転しないでしょう。

第十三回:2002年の日朝平攘宣言の例を引いて日本のジャンク外交を批判しています。朝鮮の拉致問題や沖縄の米兵問題は一向に好転しません。

第十四回:四十五年前にアイクがのこしたアメリカ軍産複合体についての警告について書きました。ことし初めにアイクの孫娘であるスーザン・アイゼンハワーがバラク・オバマに共和党も応援するとエールを送りました。戦争中毒のアメリカを救うのはオバマだという彼女の認識は正しいと思います。

第十五回:70%のアメリカ人が反ブッシュ戦争になったと書きました。一年半後のいまは82%です。ブッシュ戦争を応援した日本の外務省(アメリカンスクール)は自ら総括をしないといけません。さもないと失敗を繰り返すだけ。

第十六回:State of Denial は面白い本でしたが、今となってはブッシュのことなどどうでもいいという思いです。あほな奴やった。

第十七回:2007年の日本は弱者が強者に対して逆襲する、自殺が減り他殺が増えると予想しています。2007年のデータがないのではっきりしませんが、凶悪犯罪が増えている感じはありました。

第十八回:UFOの目でみたらブッシュやチェイニーやクリントンの馬鹿さ加減がわかるだろうという意図で書いたものでした。ヒラリー・クリントン大統領は99%ありません。いやさか。イギリスでUFOに関する資料が公開されました。

第十九回:「長い名前は罪」を読み直してみて、学校秀才の欠陥をついた名エッセイです、というのは冗談。人生は短い、整理整頓、簡単明瞭を旨とすべし。自戒です。

第二十回:アメリカのつまらないイチャモンは一気に解決して欲しい。ある方から寄せられた話を枕に書いたものですが、その後もその方から頼まれて意見を発信することがあります。

第二十一回: 五月がくると戦闘機で空母に降りて勝利宣言をしたブッシュの子どもじみたパフォーマンスを思い出します。今年の五月のブッシュは中東和平のパフォーマンスを演じています。イスラエルのパレスチナに対する犯罪行為に対する抵抗をテロと片付けていてはこれまた児戯の茶番です。

第二十二回:お医者さんのブログを紹介しましたが、一年後のいま、日本の医療事情はさらに悪化しているようです。ジャパンTVは歌謡番組が多すぎる、もっと社会番組を多くしなさい。などと八つ当たり。

第二十三回:「戦争体験世代がいなくなる」のは止めることのできない自然現象。嘆いてもはじまりません。できるだけあの戦争に関する理解を深めようとしています。戦争に関して自分なりの総括が終わったところでこの世にバイバイか。

二十四回〜二十九回は書いてから一年たっていません。いずれ機会があればということで省略します。

Friday, May 16, 2008 @ 北バンクーバー

http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
アルバム 父
数日まえ、このブログにリンクしてある「音羽の二眼レフ」に大正時代の写真のコピーが載った

昔の写真はサイズが小さくて見づらいのが多いが、その写真ももともとはサイズが小さいのをコピーして拡大したという。ハガキ大の写真だと大正時代がすぐ昨日のように近づいたかのようでおもしろかった

わたしは大正時代の写真を持っていない。両親が持っていた昔の写真はごく少なく、その少ない写真も転勤の多かった私のところにはない

手元にあるアルバムの中で一番古いのをひっぱりだしたら表紙がちぎれていた。紙テープで補強した。半世紀前のしろものだ



表紙だけでなく中の写真もくたびれている



「アルバム」というカテゴリーをつくることにした

くたびれている写真をできるだけみやすく編集したうえで、その当時に思いをはせる。なにが出てくるだろうか

アルバムの最初に貼ってあるのは満州時代の父とわたしである。父、若い



父と私が一緒に写ってる写真はとても少なく、あとは大学の入学式のときに時計台をバックに撮ったものくらい



 “銚佑慮こうは別の部屋だろうか、それとも押し入れか。木の節が写ってる。松とか杉の類だろうか。満州だから床も板なのだろうか

父も私も屈託のない顔をしてるが、こういう父の顔が私の記憶にない。あるのは眉にしわを寄せた気難しい顔だ

戦争が終わるまでは優雅なくらしをしていたらしいが、敗戦で満州から逃げ帰った時のことを親たちはあまり話さなかった

他人の体験談を読んだり聞いたりして想像するしかないのだが、はやりのことばでいえばPTSD( Post-traumatic stress disorder・心的外傷後ストレス障害)であろう。屈託のない顔を失ったのである。この写真をみるとほっとする

父は若い頃から頭髪が薄かったそうである。この写真の父ほどに私が薄くなったのは四十を過ぎてからである

ふたりいる弟たちの髪はいまもって豊かである。私だけが父と同じようなことにあいなった。いっそ坊主にしようかと思ったりする

私が着ていた着物のことをうっすらと覚えているような気がする

手触りがよくて色は青かったような

その着物を着て端午の節句の武者人形の前に座らされたような

寝るとき、枕もとに飾られた人形が怖かったのを覚えている。怖かったのは人形ではなくよろいかぶとだったろうか

二年おきに生まれた四人のこどもの三人が男。親が武者人形を買ったのはそれが最初で最後であったと思う

一番下の娘のために親が雛人形を買えるようになったのは戦争が終わって十年たっていたと思う

わたしが中学二年のときだったろうか、父は百坪の土地を買い、五部屋の家を建て、二部屋の間借り生活にピリオッドをうった

大家さん一家と共用だったため朝はラッシュの便所から解放されるまで苦節ウン年・・・

日本政府は敗戦でもって海外に残された個人資産に対する権利を放棄した。戦争に負けて個人財産まで差し出したのは日本くらいではなかろうか。開国以来日本の外交はあっさりしている

資産を没収された個人に対する実質的な補償を日本はしなかった。当時の施政者は国民に犠牲を強いるだけの頼りにならないヘナチョコだった

いまはもっとひどい。他人の年金をちょろまかしたり、公金で飲み食いすることを官僚が恥じない。ノーパンしゃぶしゃぶに興じ&村上ファンドでお小遣い稼ぎしたフクイというGGは日銀から退職金を二回せしめた。沖縄担当大使は婦女子が暴行されると犯人の米兵をかばったりする。それを又、御用ジャーナリストがわけ知り顔で擁護する

ぢがふっくらとしていて栄養の良さが分かるが、小さい頃の食についていえば小学校に入る前後のひもじかったことがいちばん古い記憶だ。足元に転がっているのはみかんだろうか

ド磴魯ラシック音楽が好きであった。電蓄・デンチク・・・といってももう通じないかな・・電気蓄音機・・今のステレオ。ステレオもそのうち通じなくなるか・・

そういえば子供なもんだから蓄音機をチコンキと言っていたなあ

そうか、「床も板か」と書いたが違う

畳と畳のあいだにレコードを押し込んでへし折るという悪さをしていたという話を聞いたことがある。ひどいことをしたものだ

Εーテンだろうか・・・・

頭のどこかに記憶が埋もれてるはずだ。夢の中でならカーテンの向こうにある景色を見ることができるかもしれない


http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 07:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
予備選のおさらい・あいまいな思考
この日記は一週間ほどまえに書いたのだが、個人攻撃と誤解されるといけないと思い公開をためらっていた

個人攻撃の意図はまったくない。時間もたったので公開する:


アメリカ在住の冷泉彰彦氏という作家の言を引用していたあるブログにこういうくだりがありました

(オバマが通っている教会のライト牧師の発言によって)オバマは致命傷を負った

「致命傷」というのは「命に関わる傷」「再起できない痛手」ということですから、ライト発言によってオバマはクリントンに負けるということです

いくつかの理由を挙げて致命傷にはならないと考えるというコメントを書いたところ、クリントンとオバマのどちらが勝つかわからないという回答がありました

一歩譲って致命傷ではないとしても、どちらが勝つかわからない切迫した状況にあると判断されているわけです

どういう理由でそう判断されたのかは書いてありません。なにかオノマの知らない事実に基いてそう判断されたのか、直感でそう判断されたのかさっぱり分かりません。そういう回答は本質的にあいまいな言であって何の足しにもなりません

話はそれますが、日本がアメリカ、中国との戦争に負けた原因は「あいまいな思考」から生まれる「あいまいな言」にあったと思います。この話は長くなるので又の機会で・・

ついでに書いておきますがその方は冷泉彰彦氏の無料メルマガを購読することを勧めていました

購=あがなう=買い求める

購読=買って読む


「無料のものを買って読む」というのだから変な日本語です。日本語を粗雑に使う方だから「致命傷」ということばも本来の意味を知らずに使われたのかもしれません

冷泉氏は予備選についてクリントン優勢という線で一貫してきましたが、その見通しは現在進行中の現実とおおきくかけ離れています

元外交官の甘木直人氏と同様、アメリカの世論調査をうのみにしていたのか、あるいはクリントンの人気がたかいニューヨークに近い所に住んでいるために偏った情報に接していたかのどちらかではなかろうかと推測します

冷泉氏のレポートをオノマは数年にわたって読んでいますが、ある事象について饒舌にすぎることがあり、読んでいるうちに放り出したくなることがあります

いつかとりあげた東大の政治学教授の論文もそうですが、素材とする情報量が少ないのではないか、情報の整理、分析が表面的ではないのか、したがって明確な自説をつくれないのではないか

こういう論文はビジネススクールだと良い成績はとれません。以前にも書きましたが、文藝春秋で初めて読んだ佐藤優氏の論文ならA+をもらえます。冷泉氏や東大教授はよくてB−、せいぜいC+でしょう

鵜呑みが嫌いなオノマは同氏や同教授は整理整頓された論文に仕上げることができない、子供のころはおもちゃを片付けられなかった人ではなかろうかなどと疑いながら読んでいます

冷泉レポや東大教授の論文やNHKの報道のせいか、いまだにオバマとクリントンが接戦を戦っているとか、どちらが勝つか分からないと思っている日本人がいるようですので、いまいちどおさらいします

1.何度も書きましたが、クリントンがオバマに追いつくには、ペンシルバニアを除く残りの州を60%−40%で勝ち、そしてペンシルバニアは85%−15%で勝たないとい追いつけません

不可能であるとは言いませんが、現実味はありません。ゲームオーバーなのです

この簡単な算数をなんどかアメリカのネットコラムに投書してきたところ、有名コラムニストも同じようなことを書くようになり、先週はついにオノマが最初に書いたことを書いたコラムがありました。我々は結果がわかっていても分からないふりをして書くことがある。商売のためにだ。正直に言えばクリントンは終わっている

2. オバマの通っている教会の牧師の人種間の争いに関する説教は致命傷になりません

クリントン陣営から出た人種差別発言問題のあとに喧伝(けんでん・いいふらす)されたカウンターです

ライト牧師はオバマの選挙陣営のメンバーではありません

牧師が言ったことがオバマの考えと相容れないこと、クリントン陣営に内在する消しがたい人種偏見をオバマも持っているというまやかし宣伝でしかないということを大半のアメリカ人は分かっています

ライトの説教にはまゆをひそめさせられますが、白人アメリカ人の真相を語った面があることも事実です。白人も腹の中ではそうなんだよとうなづかざるをえません。この話で白黒をはっきりさせたくはない

私的メールを掲示板に送ったり、公館の備品をネコババしたり、引越し費用をキックバックさせたり、現地で雇ったスタッフや語学教師を愛人にしたりする日本の外交官がインテリであるかどうかは疑いがあるところです

彼らがインテりだとして、外交官や大手マスコミ人をはじめとする日本のインテリ達よりもアメリカ、カナダのブルーワーカーのほうが政治・外交・経済の相場をよく知っているというのは以前に書いたとおりです。インテリ日本人のように甘い判断はしません

いわんやライト牧師の説教がオバマにとって致命傷になると考えてしまう水準の人がオバマ陣営やクリントン陣営にいるなどとは考えないほうが無難です。日本の真珠湾攻撃にしゅんとするどころか、かえってファイティングスピリットをかきたてられてカウンターするタフな連中なのです

そうすればよかったとは言いませんが、沖縄の人を犠牲にしておきながらみずからは本土決戦をしなかったやわな民族とは違うのです。ベトナムもイラクも日本よりタフ・・脱線・・・

3.フロリダ、ミシガンの票を有効にしろというクリントンの主張は実現の可能性が限りなくゼロに近い話です

自分で賛成した決議をひっくり返したいというからにはクリントンが費用を出してでもやると言うのが筋ですがクリントンはそんなことを言ったことがありません

もし選挙をやり直してもクリントンが勝つという保証がない。それどころか負ける可能性もあると心配する参謀もいます。クリントン自身、やり直し選挙ができると本気に考えてはいないのではないでしょうか

4.特別代議員はビル・クリントンを除いてヒラリー・クリントンに降りて欲しいを願っています

ビル・クリントンでさえオハイオ、テキサスの両州で圧勝しなければ終わりだと言ったのです

オハイオは圧勝ではなかったし、テキサスでは負けたことからビル・クリントンも内心ではヒラリーに降りて欲しいと思っているような気がします

エリオット・スピッツァがノーパンしゃぶしゃぶ・楼蘭、じゃない、売春クラブ・エンペラーの会員だったというのがばれたもんだから、またぞろモニカとビルの桃色遊戯の話が蒸し返されてビルは嫌気がさしていることでしょうし

ちなみに冷泉氏はオハイオ、テキサスで勝ったというクリントンの宣伝を前提に村上龍氏と対談しています。テキサスコーカスを追いかけていなかったのでしょう。あるいはテキサスはオバマが98対94で勝ったということを未だに知らないのかもしれません

5.ブッシュ戦争に一貫して反対してきたナンシー・ペローシーはブッシュ戦争に賛成したクリントンを嫌っています。当然です

ビル・クリントンやハワード・ディーンより影響力が大きいペローシーは特別代議員が一般代議員の選択をくつがえしてはいけないと主張しています

大半の特別代議員はペローシ−の判断に従うでしょう。何故か

クリントン支持に回ったら選挙民から見放されて政治生命が終わる危険がある、一般党員の意向に反してクリントンを民主党の大統領候補にしたら十一月四日の選挙で民主党の投票率は低調になりマケインに勝てない

そのくらいのことは分かっているからみんなペローシの意見に従ってクリントンから離れたという形をつくりたいのです

もっと書けといわれたら書きますがこの辺でいいでしょう。疲れてきた・・・

クリントンが勝つ可能性は限りなくゼロに近いのです


おまけ
クリントンが自分はコソボで弾丸の下をかいくぐったなどと胸をはっていますが、そんなばればれの嘘がプラスに働くことはありません。ナフタに関する嘘、所得に関する嘘・・・これからもクリントンが選挙運動を続けるとしたら、自分がついた嘘の数々が叩かれて本当に政治生命を失うかもしれません

まあ、そうやって政治的自殺を遂げるのもヒラリー個人にとっては悪くないかもしれません。これまで重ねてきた嘘ゆえの精神障害の症状がでていますからそろそろ楽になった方が良いかもしれないのです

こんな大胆なことを書いたのはオノマが世界初かもしれませんね。オノマが安倍晋三が(政治的な)自殺予告をしたと書いたことを知っている読者はまたまた目からうろこでしょう。ブイ

こういう風に過剰書き・・・いや箇条書きにすれば、読者もひとつひとつについて自分の見方ができるというわけです

オノマの言ったことも鵜呑みにしないことが肝要、学生のレポートを採点する教授になったつもりで読んでください



牧師:過激な説教
オバマ:モスリムに改宗できないかなあ

↑傑作です

ミドルネームがフセインであることからオバマはモスリムだと叩くバカモノがときたまいますが、彼はクリスチャン

自分の教会の牧師が激しいことを言ったので、オバマは迷惑顔

なんだかんだ言っても、モスリム=テロと短絡する人が多いアメリカですから、モスリムに改宗できないかなあ・・などとオバマは思ったりしません

それが分かっていてオバマにそう喋らせる漫画家はホントに頭が良い

 鵜呑みに一票
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
クルリンパのクリントン
二月二十一日(木)テキサス州オースティンで行われたオバマvsクリントンの討論会(二十三日の日記)

クリントンは迷っていた

北風を演じようかそれとも太陽か

「オバマの変革はゼロックスだ」と言ったとたん会場からブーイングを食らってクリントンは動揺した

いけない、太陽を演じなきゃいけない

討論が終わる寸前に云ってのけた

「オバマと私は共通したものがある、オバマと共にいることを誇りに思う」

会場から拍手がおきた

うまくいった

そこで止めておけばいいのに、欲の深い老女は更なるウケを狙った

「たとい何が起きようともオバマと共にいることに誇りを思う」

一段と大きな拍手

クリントンの敗北宣言だと云ったのはオノマだけではない

翌日、二十ニ日(金)のアメリカのネット世界に「クリントンは終わった」という声がひろがり、クリントン側は敗北宣言ではないと打ち消すのにおおわらわだった

二月二十三日(土) オハイオ州 シンシナティー

歌舞伎の弁慶よろしく目の下に黒いクマ

二十四時間前に太陽を演じたクリントンは北極からやってくる零下五十度の北風と化してオバマをこき下ろした

http://cbs4denver.com/video/?id=39344@kcnc.dayport.com

オバマよ恥じを知れ
オハイオで討論をしようよ

オバマが討論を避ける臆病者だというイメージをつくろうとする姑息な戦術はウィスコンシン州で失敗したのに。オバマと討論すれば負けるのに。クリントンは学習能力が低い

「経験が豊富だ」ということがいかにムイミなことか。低次元の仕事を長年積み重ねることに何の価値も無い

オノマが沖縄担当大使だったら一年でもって米兵のレイプをなくしてみせる。レイプされる方にスキがあるなどと考えている外交官が何十年やっても成果はあがらないのだ

・・・・脱線

オハイオで討論をすればビル・クリントン時代に進んだ北米自由貿易協定が論争になる

この協定のおかげでアメリカからメキシコへ仕事が流れいくつもの工場が閉鎖された。オハイオでも多くの失業者がうまれた

クリントンは自由貿易協定はブッシュ時代に始まった話だと言い訳をしている

北米自由貿易協定:1992年12月署名 1994年1月1日発効
クリントン大統領任期:1993年-2001年

ビル・クリントンの施策を評価しないオバマが有利だ

オハイオで討論をすれが健康保険が論争になる

クリントンは全国民に保険に入らせると言う

保険料を払えない人を罰するクリントンの政策を批判するオバマが貧民の支持を得るにきまっている

話はかわる

オノマがトロントで働いていたコンサルタント会社を辞めることを全世界の事務所にネットで連絡したところ、うちにこないかと言ってきた事務所がいくつかあった。ひとつがオハイオの事務所だった。一度しか訪れたことのない事務所がオノマを評価していたのがわかって嬉しかったことを思い出した

おっと、書くのを忘れるところだった

怒ったり、泣いたり、怒ったり、笑ったり、怒ったり。クルリンパのクリントン、ウゼー

 オバマに一票 ↓
 
http://blog.with2.net/link.php?310164



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

二十四日(日)ラルフ・ネーダーが出馬宣言した

十一月四日は共和党・マケイン、民主党・オバマ、独立党・ネーダーの三者で大統領が争われるとオノマが仮定したのは二月十二日の日記。 ブイ豚

ネーダーはオバマの票を食うかもしれない

軍産関係者が「テロとの戦い」という虚名でもって永遠に続けようとしている戦争をやめなければいけないと主張するオバマ

百年でもイラク占領を続けると言うマケイン

オバマが勝つことをオノマは切に祈る

共和党の票がオバマに流れることをスーザン・アイゼンハワーも約束しているから多分オバマが勝つだろう



Ralph Nader is launching a third-party campaign for president.

The consumer advocate made the announcement Sunday on NBC's "Meet the Press." He says most Americans are disenchanted with the Democratic and Republican parties, and that none of the presidential contenders are addressing ways to stem corporate crime and Pentagon waste and promote labor rights.

ブイ=Victory・勝利のかしら文字のV  ブタの鳴き声ではない グッド


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ある記事の中でこういう一節をみつけた
(Hillary Clinton : positively unpresidential Michael Goodwin Daily News)

Internal campaign feuds are becoming public, she is running low on cash and the message changes as often as Hillary's pantsuits.

(クリントン陣営の)内輪もめが表沙汰になり、選挙費用が底をつき、言うことが彼女がはいているパンタロンのようにしょっちゅう変わる

「パンタロンのように・・・」が女性蔑視だと噛み付いた読者がいた。「クルリンパと変わる」と書けばよかったのだ・・・

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 03:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
どこまで本気ですか
先週、沖縄で米兵が中学生を暴行したという話で政治家、メディア、ブロガーがいろいろなコメントを発信しているが

こんなことは二度とあってはならない

と言う人にオノマはだまされない

そのときは正義面をしてみせても明日になると忘れてケロっとしている人が使いたがるその場かぎりのマジックワードだと知っている

そういうオノマはどうか? 

ある話をこの三年以上にわたって繰り返し引用してきた。ブログで、知人友人との会話で、コラムで

話の発端を2005年7月8日の日記に書いてあるので再掲載する:

1972年、スウェーデンのストックホルムで銀行強盗事件がおき、監禁された人質が犯人逮捕後に犯人を庇ったり、犯人の一人と結婚したりしたため、それ以後、被害者が加害者に同情や好意を抱く病理現象をストックホルム症候群というようになりました。

昨日、知己の外交官と歓談したときに、アメリカ兵にもう少し規律を持たせられないものかねえと言ったところ、僕は論争するつもりはないと怒りだしました。

論争などしていないがなんで怒ると訊くと、彼氏、沖縄関係の仕事をしていたことがあり、アメリカ兵のレイプ事件が起きるたびに非難されたそうで、神経過敏になっていると分かりました。

落ち着きを取り戻した彼は、米兵はイラクへ派遣され死ぬのもいる、沖縄の人たちはそういうことを理解しようとしないと言いました。

死と向き合っているのだから、婦女子をレイプする心理は同情できる、レイプと死を比べたら死のほうが重いという論理です。

レイプした米兵が全部戦死するわけでもなかろう、などという軽口は言わず、ブッシュのイラク戦争には正当性がないが、一歩譲って、イラクを民主化するというのがイラク派兵の目標であるとしよう、しかし民主化のために戦うから沖縄の民間人を犠牲にして良い、市井(しせい=ちまた)のルールを破って良いという論には賛成できないと反論しましたが、外交官殿、分かっていないねえという顔をして、君はもともと反米の傾向があったかなとつぶやきました。

反米でも、反中国でも、反朝鮮でもない、事象ごとに善悪の判断をしている、もしブッシュに反対するのが反米というのなら、アメリカ人の半分は反米だよと答えましたが、これも賛同を得られなかったようです。

日本の外交官がチャイナスクール、アメリカスクールごとに日本の利益より中国、アメリカの利益を優先させるという批判はよく聞くところですが、沖縄婦女子の犠牲より米兵の性欲に同情する、拉致家族より朝鮮経済に同情するのはストックホルム症候群に陥っているようなもので、日本の職業外交官というシステムが生み出す大きな欠陥といえるのではないでしょうか。


なんともオブラートに包んだ書き方である。オノマには外交官の知人が大勢いるからである

最近のオノマはこんなにやさしくない

ほえなきゃいけない相手に尻尾を振って何とする、バカ犬!

この外交官を仮にNとしよう。オノマはN個人を憎んでいるのではない。そんな情けない考えに逃げ込んでアメリカと交渉できなかったNに同情している

日本の外交官、政治家、報道人たちが外からやってくる泥棒、強盗、暴漢にむかって尻尾をふるのをやめて、吠え、かみつくようになるまで オノマはNから聞いた話を引用しつづける

自国の民を守ることもできない奴が「国際貢献」などと浮かれるんじゃない

本気じゃないのに「二度とあってはならない」などと良い子ぶるんじゃない

喝!

投票! ↓

http://blog.with2.net/link.php?310164

む? 20位に下がっている
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 04:49 | comments(2) | - |
オバマvsクリントン@二月九日(土)
オバマ vs クリントン

22州で選挙があった五日(火)に比べると九日(土)の選挙は3州+1属領と少ない。少ないけれどオバマもクリントンも勝ちたくないはずがない。今後の流れを見る上でメディアも見逃さない

スーパーチューズデイが終わったあとメディアの多くは両者が引き分けだと云ったがそれは本音ではない。オバマが勝ったのである。オバマは勝利宣言をした

特別代議員(super delegates)を除くとこれまでの結果はこうである

オバマ   16州で勝ち 910人を獲得
クリントン 9州で勝ち 882人を獲得


日本のメディアはクリントンがリードしていると言っているがそれは特別代議員をいれてる数字なのだ

特別代議員の大半はどちらを支持するか明らかにしていない。今のところクリントン支持を表明する者が多いのだが、だんだんオバマ支持が増えていく

NHKが特別代議員を除いた数字を報道しないものだから現実からずれた日本人が生まれる

なお連邦議会上下両院議員、州知事、党委員会のメンバーらからなる特別代議員数は目下796人だがこの数は変わることもありうるという

ちなみに大統領候補指名を受けるには2000人強の代議員+特別代議員が必要であり、ふたりともあと1000人ほど獲得しないといけない

ヒラリーは全米すべての層から支持があったと勝利宣言した。オバマのパクリである

すべての層から支持ってなんだ、60歳以下はオバマを支持した。白人男性はオバマを支持した。黒人は男女ともにオバマを支持した。高学歴層はオバマを支持した。ヒラリーを支持したのは高年齢層の白人女性とラティノだ。勝利宣言をしたけれどヒラリーは負けたことを知っている

ビルはでしゃばりすぎたと記者会見で謝った。ヒラリーにののしられたのだろう、負けたのはあんたのせいだよ、モニカのとこで遊んでいな



オバマにあんたみたいなヤワに大統領が勤まるものかと叫んだヒラリーの売りは「タフ」。不思議の国のアリスにでてくる女王様より怖いんだから

オバマの勝利宣言にオノマは若干の危惧をいだいている

全国的にクリントンがリードしていた頃から、オノマは公開のコーカス(党集会)ではオバマが勝つが非公開のプライマリー(投票)ではヒラリーが勝つ確率が高いと考えていた

アイオワは公開だからオバマが勝った。しかし次のニューハンプシャーは非公開プライマリーだからヒラリーが勝つだろうと予想していた

ニューハンプシャー選の前日、オバマが二桁のリードしているという調査が出た。オバマは次期大統領は明日決まると言った。クリントンも負けを覚悟して涙目を演出してみせた。結果はクリントンが勝った。やっぱり・・・

非公開投票はブッシュvsゴア、ブッシュvsケリーのときに見たとおりインチキができるのだ

だからカリフォルニヤでクリントンを支持しているラティノが選挙民の三割を占めたということにも疑いを抱いている。四年前は一・六割だったのに。そんな簡単に倍増するものかね

オノマはビラリー夫婦を信用していない

ビラリー夫婦はイラクに対して経済封鎖をつづけながら四日にわたって空爆を繰り返した。あのときは珍しいことに日本政府がアメリカに反対した。アメリカの国債を売っても良いんだぜと脅しをかけた橋龍をオノマは多少は尊敬している

ビラリー夫婦はイラクから撤兵することができる can と言っているが 即刻やるつもりだ will と言わなくなった。オノマのみたてでは撤退に三年はかける。ビラリー夫婦はイランとの緊張も高めるだろう

ビラリー夫婦は日本に対する居丈高な姿勢を改めない。ビルは宮沢喜一を無視したが、ヒラリーは怒鳴るだろう。あんたたちはアメリカの属国なんだから黙ってなさい



ヒラリーの前で福田も小沢もtamaが20ポイントは縮小する、tamaがあるとしての話だが・・

沖縄担当大使がうそぶく。だから米兵のレイプくらいでとやかく言わないでくださいと言ったでしょ。橋下大阪府知事が胸をはる。アメリカ様のやることに対して岩国市民ごときがガタガタ言うんじゃねえよ。オノマは沖縄や岩国の二の舞にならないように闘っているファルージャの市民をエライと思う・・

ヒラリーが大統領になったら日本の首相は田中真紀子にしたらいい。互いに罵り合った末に日米はふたたび戦争に突入していく。あの世にいるカクさんが泣いて喜ぶ、よくぞかたきをとってくれた・・・

カクエイ・タナカは中国、石油で独自の外交をしようとしたためキッシンジャーが仕掛けたわなに落とされた。真相の真相を知らない一人の評論家にたたかれた。日本人の多くがその評論家に寄りそった。「朝日ジャーナル」で「ロッキード裁判批判を斬る」という連載記事を載せた立花隆をオノマは買っていない

ビラリー時代に閣僚であった一人のラティノがオバマ側に加わっているが、彼はもっと声をあげてビラリーのラティノ政策の真相とオバマのそれとを語るべきである

土曜日はどうなるかを考察する

ルイジアナ (67人・非公開プライマリー)
ハリケーン・カタリナで大被害を受けた州である。被災者救済をブッシュは殆どなにもやっていない。彼らがオバマとクリントンのどちらを救世主として仰ぐのか。テレビをみていればオバマの顔に投票することだろう

オバマが勝つと思う。非公開投票だからオバマ勝ちと断言しない小心オノマ

ネブラスカ(31人・非公開コーカス):
オバマの故郷カンサス州のお隣さんでオバマの人気が高い。クリントンの長女が運動しているがクリントン自身は姿を表さない

非公開だが党員集会だからオバマ勝ちと断言する大胆オノマ

ワシントン (97人・半公開コーカス):

半公開コーカスというのが分からない。実のところアメリカの予備選の仕組みそのものについてオノマには明確なイメージがない。候補者自身が複雑なシステムだとつぶやいているのだからトーゼンだが

97人の代議員とかなりの票田である

百人以上の大票田でオバマが勝ったのはイリノイとジョージアの二州。クリントンはカリフォルニヤ、ニューヨーク、ニュージャージー、マサチューセッツの四州を勝った

この六州でのポイント差はオバマ68−クリントン40=オバマの勝ち28であるがそういうことを書くのはオノマだけだ。メディアは クリントン4州−オバマ2州=クリントンの勝ち2州としか書かない。オバマは大票田で勝ちたいだろう

公開コーカスではオバマに敵わないと自覚しているクリントンは三回もワシントン州を訪ねている。オバマは一回

ベナロヤホールの案内人(白人女性)はオバマは好きだがクリントンも好き、ふたりが一緒にやればよいと言った。60以上&白人&女性=100%クリントン。投票用紙にはクリントンの名を書くだろう

底辺にいる黒人たちもクリントンに希望をいだいている。彼らがオバマを知ればオバマを選ぶだろうが、はたしてオバマは間に合うのだろうか。時間の経過とともにアメリカがどう変わっているのかを占う意味で注目すべき州である

かなり心配な要素があるけれど、エイヤッ、オバマ勝ちでドヤ、勝負!

バージンアイランド(3人)

カリブ海にある属領までオバマやクリントンが行ったという話は聞かないが、アフリカ系黒人が多いというからオバマできまりか。属領だから彼らには選挙権がないということもあるか。ご存知のかた教えてください

 オノマにも投票を ↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164


二月八日(金) ワシントン州知事 Chris Gregoire がオバマ支持を表明した。議会はクリントン支持らしい



↑ ヒラリーの写真を二度もみせられてげんなりしたひとも少しは癒されたのでは

でもどう読むんだろう。クリス・グレゴイヤ? グレゴワ? グレゴイレ・・じゃないよね

お年は60 (1947-03-24)。 ヒラリー(1947-10-26)より半年お姉さん。こういうときは老女といわないオノマってずるい

教育学を学んだそうだ。彼女が大統領なら福田も小沢も安心できるだろうに

バランスをとる意味でクリス姉御をもう一度



肩のこりがほぐれるような表情ですな

女は愛嬌 肩こりなおる

 

さっき押さなかった人、押してあげてね、ニコッ ↓

サンクス・ア・ロット、クリス
By the way were you at the recital of Akira n Gil, too ?
 
http://blog.with2.net/link.php?310164


どうもバージンアイランドの住民には大統領の選挙権がないようです。「属領」と書きましたが「自治領」のほうが一般的かもしれません
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 09:18 | comments(10) | trackbacks(1) |
オバマ@セントルイス&ロスアンゼルス
二月四日(月)夕方にこれを書いている。スーパーチューズデイまであと数時間

当地の模様をすこしだけパパラッチ。たぶんNHKより面白い:

二月三日 バラク・オバマはセントルイスにいた

ミズーリ州は全米の意識を占うのに良い州だといわれる

時代に遅れがちで、信心深く、妄想に陥りやすい、保守的な人が多い田舎

逆が都市。世界最大のビール会社バッドワイザーの本社があり、十回もワールドチャンピオンになったカージナルスがあり、名古屋と同じ人口をもつセントルイスは世界の動きに、まあ敏感であり、妄想に陥りにくい人が多い

ミズーリ州を拡大するとアメリカという国になる。全体としては田舎の力が強いというのがオノマのみたて

多くのアメリカ人がブッシュの嘘にころりと騙されたとき、アメリカ人ってのは騙されるのが好きなのかと思ったが、ミズーリ州の田舎の教会で集団催眠術にかかっている思考能力のない人たちをみれば無理も無い

オノマが会うアメリカ人は99%ブッシュを支持してない

四年前の大統領選挙でジョン・ケリーはセントルイスで勝ったが、ミズーリ州にある115の選挙区で勝てたのは三区であった。勝率2.4%。24%ではない、2.4%

一月二十四日までミズーリ州はヒラリー・クリントンを民主党の大統領候補に選びそうだった。世論調査でクリントンはオバマを二桁もリードしていた

Tuesday, February 5 | Delegates at Stake: 88

Poll Date Sample            Clinton    Obama    
Rasmussen 01/24 - 01/24        43       24     
Research 2000 01/21 - 01/24      44       31     
Research 2000 11/12 - 11/15      36       21     

二桁のリードは一週間あとにはほとんどなくなった。オバマがリードしているという調査さえでた

RCP Average 01/30 - 02/03 -       47.7      43.7    
SurveyUSA 02/02 - 02/03          54       43    
Reuters/CSpan/Zogby 02/01 - 02/03     42       47    
Reuters/CSpan/Zogby 01/31 - 02/02     44       43    
Mason-Dixon 01/30 - 02/01         47       41    
SurveyUSA 01/30 - 01/31          48       44    

アメリカの調査をみての印象だが、変化の速度が速い。ニューハンプシャーではオバマが二桁リードとでていたが、翌日の結果はクリントンが僅かながら勝っていた。オノマは世論調査を鵜呑みにしない

いずれにしても、全米の傾向を占ううえで二月五日のミズーリ州は注目である

バラク・オバマがセントルイスにいるころ、夫人のミシェル・オバマはロサンゼルスにいた。カリフォルニヤはメガ票田でミズーリの五倍だ。そこにはバラクがいなかったという戦術がおもしろい

テレビはオバマ@セントルイスよりオバマ@ロスアンゼルスのほうを大きく取り上げた

ロスアンゼルスのオバマ支持集会はこの種の集会では盛会である二千人を集めていた。同じころ共和党・ハッカビーの集会を映したがざっと数えて十人くらいしかいなかった。でもさすがはエバンジェリストたち、神の奇跡があると 意気軒昂であった

ロスアンゼルスは二千人の盛会に加えてハプニングもあったから大きくとりあげられた

オプラ・ ウィンフリーと故ケネディ大統領の長女キャロライン・ケネディーが応援演説するというのは分っていた



オプラは年間300億円も稼ぐトークショーの司会者。おばちゃん層に人気がある

オバマがB・ブラックだから支持するのではない、オバマがB・ブリリアントだから支持するのだと云って喝采をあびた



キャロライン・ケネディーはニューヨークタイムズにも執筆するからインテリおばちゃん層に受ける(だろうと思う)

ハプニングとはスティービー・ワンダーとマリア・シュライバーが登場したことだ



ニュースキャスターのシュライバーはケネディー大統領の姪。かつてターミネーター、今カリフォルニヤ州知事のアーノルド・シュワルツネッガーの奥さんでもある

シュワちゃんは共和党のマケインを支持している

イラクを百年でも占領すると云うマケインとイラクから即刻撤兵すると云うオバマとでは、沖縄の少女をレイプする米兵の肩を持ってやまない沖縄担当大使と米軍は従軍慰安婦を連れて歩けと言うオノマより大きな距離がある

シュラちゃんとシュワちゃんが両極にわかれちゃったんだからテレビが採り上げないはずがない

ちなみにクリントンはオバマよりマケインに近い。彼女が大統領になったらイラク撤兵の公約を守らないだけではなく、イランに攻め込んでいくだろう



盲目の歌手スティービー・ワンダーは1973年から慈善運動、平和運動をしている

シュライバーと一緒に小さな壇にあがろうとして二度すべり落ち、ワンダーはめがねを落とした。滅多にみられない目がねなしのワンダーが映ったんだからテレビが採り上げないはずがない

めがねをかけなおしながらワンダーは言った。隣の美女に気をとられたんだよ

目が不自由なワンダーがよろけるのを見て聴衆は気の毒に思ったに違いないのだが、沈みそうになった空気をさっと払ってしまった

それよりなにより最初に足を踏み外したのはシュライバーのほうだった。二度目にワンダーが滑ったのはシュライバーの失態をかばうための演技ではないかとオノマは深読みした

カリフォルニヤもクリントンが30ポイントの大差でリードしていた。ラテン系の票はすべてクリントンにいくと言われていた

ひとつき前にカリフォルニアでオバマが勝てるかもしれないと報道する日本のメディアはなかった

日本のメディアや外務省の見解を鵜呑みにしてはいけない。彼等には時代と世界の相場観がなく流れの変化を読む能力がない。じゃんけんの後出しでメシを食ってるだけである

本日の世論調査の変わりようを見てご覧。オバマ優位というのさえある

Tuesday, February 5 | Delegates at Stake: 441

Poll Date Sample             Clinton  Obama    
RCP Average 01/30 to 02/03         44.2    41.6    
SurveyUSA 02/02 - 02/03          53     41    
Suffolk 02/01 - 02/03           39     40     
Reuters/CSpan/Zogby 02/01 - 02/03     40     46     
Rasmussen 02/02 - 02/02          44     45     
Mason-Dixon 01/30 - 02/01         45     36    

明日はこの二州をみてるだけで頭が活性化する。アメリカという国がどういう国なのかが少しは分るというものだ

オノマの大胆予想:オバマが勝つ

リクツで考えればオバマが勝つか勝たないかは分からない。四人に一人が誰に投票するかきめていない、火曜日の朝に決めると言っているんだから。それでもオバマが勝つと予想する。オノマの予想が外れたら面白い、楽しみじゃと思う人がいる。外れたら、そういう人のためへのサービス精神であったということにする

 オノマにも投票を ↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164


この頁の右にあるLINKS米国政治をクリックすると投票状況がでてきます

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 13:33 | comments(1) | trackbacks(1) |
NHK日曜討論
NHK日曜討論

バンクーバーで放映されるのは朝の四時なので毎回はみていない

今回はゲンキーが明け方に帰ってきたので見た

年金問題とテロ特とが討論された

年金問題に関する役人、政治家の無責任な言動を見てると、日本という国家は「砂の器」になりつつある、いや既になってしまったと感じる

年金官僚だけでなく日本の役人はひどいのが多い

公私混同などへっちゃらというやからが政府高官になったり都知事になったりする。守屋某だけではない。いまの駐●ナダ大使N1閣下もジャーナリストたちにたかって銀座であそんでいたと鈴木宗男が書いている

なんどか書いたが沖縄婦女子をレイプする米兵の肩を持つのが沖縄担当大使だったりする。いまは退官されたN2閣下、十二月某日に東●大学で行われる学生英語弁論大会の審査員としてでられるそうだ。審査される学生も気の毒

脱線した

NHK日曜討論を見ていて日本国民の30%が自衛隊のインド洋での給油活動に賛成だと知った

十一月に行われたギャラップ調査では自衛隊のインド洋での給油活動に賛成する米国民は18%弱

ブッシュ戦争にノーという米国民が増えているのに対して、六年前のマインドコントロールから抜けられない日本国民が多いという現実をあらわしている

自民党の伊吹幹事長も六年前の意識のままでしゃべっていた

おのまはああいうG3にはなりたくない。いまにボケてなるかもしらないが

社民党の又市幹事長、伊吹より年は若いというのにボケぶりは負けていなかった

自民党は政権党だからはずせないが、社民党の代わりに時代をよくみている無所属の議員を出演させてほしい

ブッシュがいう「テロ」とは何なのか、「テロリスト」とは誰なのか、どういう背景があるのか、これからどうなるのかということを考察しないまま「テロ対策」「国際貢献」「国益」と叫んで国富を浪費する愚から抜け出さないと、日本という砂の器は崩れるだけでなく波にさらわれて消えてしまう。年金のように、拉致家族のように、米兵にレイプされる沖縄の女子のように

英語弁論大会に出られる学生諸君よ、英語だけではない、レトリックだけではないド迫力の弁論でもってノーテンキな審査員たちの肝胆を寒からしめてごらん

バンクーバー時間 日曜の朝七時 まだ暗い

ゲンキーは寝ている 

あたまがモーローとして気持ちが良い 

クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164

本日もうひとつあります ↓
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 23:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
国際貢献という名の対米盲従
埼玉県 上尾(あげお)駅前。

夜中の一時、雨が降っている。

マンキツからでてコンビニに向かう。自転車にのったままガックリと頭を下げて動かない若者がいる。

コンビニでおにぎりとヨーグルトを買う。

日本に出張するとかならず飛行機のなかで腹の調子がおかしくなる。日本にいるあいだヨーグルトを毎日飲む。飲んでも直らないのだが。

コンビニをでたら、さきほどの若者が同じ格好をしていた。失恋したのだろうか、それとも仕事も金もなく絶望しているのだろうか。単なる飲みすぎか。

1991年、六年ぶりに日本勤務になったとき、電車にのってるサラリーマンたちがみんな幽霊のように見えた。あれから十五年。幽霊がなんと増えたことか。

まともに働く日本人のくらしはついにアメリカ人のそれに追いつかないまま終わるのか。それよりなにより困窮する日本人がこのまま増えつづけるのか。ホームレス、自殺者、餓死者が増えつづけるのか。

上尾東武ホテルの狭い部屋で思った。

「こんなホテルはアメリカにはない。同じ料金で五倍も広く、十倍も清潔な部屋に泊まれる」

日本の悲劇の根源は対米盲従にある

盲従=自分で判断することなく、何も分からないまま従うこと(岩波・国語辞典・第四版)

「国際貢献」「思いやり予算」と聞いて ああそれはいいことだ、大いにやるべきだと思っちゃうのが盲従です。

(1)「思いやり予算」を知らない方のためにかいつまんで書きます。

78年にベトナム戦争で疲弊した米国が日本に駐留米軍経費の一部肩代わりを求めたときに始まったのが「思いやり予算」です。

防衛庁長官であった金丸信が、「困った相手に思いやるってことだ」と言ったそうです。当時おのまは政治に無関心、知らなかったです。

62億円をアメリカにみついだ「思いやり予算」は日米地位協定を逸脱した違法行為ですが、どういうわけか三十年も続いてしまい、今や年間2000億円の高額になっています。日本外交の成果です。

1978年 62億円
1979年 280億円
1980年 374億円
1985年 807億円
1990年 1680億円
1995年 2714億円
2000年 2567億円
2001年 2573億円
2002年 2500億円
2003年 2460億円
2004年 2441億円
2005年 2378億円
2006年 2326億円
2007年 2173億円

95年に2714億円に急増しています。なんで急増したかというと、在日米軍の娯楽・保養施設費までも負担するようになったからです。

「甘やかし予算」に改名したらどうでしょうか。

1995年というと米国の経済が最良、最長の好景気を享受していたクリントン(92年―2000年)です。日本はバブル崩壊、阪神大震災などで経済が麻痺し、会社倒産、ホームレス、自殺者が増えていった頃です。

日本人の犠牲によってアメリカにみつぐの絵。日本外交の成果です。コイズミ・タケナカカイカクの成果です。

(2)「思いやり予算」なんてのをやっているのは日本だけです。

かつてソ連軍の駐留をゆるした東ドイツだってそんなことをしていません。

1984年、ベルリンの壁をこえて東ベルリンに出張したときに交渉した銀行員の豊かな生活にはショックを受けたものです。なんで彼らの経済のためにおいら達が協力しなければいけないのだ。

ソ連にみつがない東ドイツの銀行員のくらしは豊か。
アメリカにみつぐ日本の銀行員のくらしは・・・

アメリカにみつぐ日本は世界中から馬鹿にされています。当のアメリカがいつまでもいいなりになってるへたれ日本をバカにしています。「バカにされている」のを「感謝されてる」と言い換えているのが日本政府です。

(3)なんとかしなければいけないという日本人も多いので 10月21日の読売新聞はこう書きました:

政府は思いやり予算の100億円削減を目指す方針を固めた

さすが中興の祖・正力松太郎がCIAの手先であった読売新聞。まやかし記事です。

100億円削減を日本が米国に強く出て負担減を迫ったという印象を与えます。

2007年度の思いやり予算は2173億円。100億円は5%以下です。

しかも最終的な削減幅は数十億円程度にとどまります。なぜなら削減の対象が基地の日本人従業員の給与・手当てだから日本人が削減に反対します。

在日米軍の基地維持費や光熱費などの米軍予算には手をつけません

「減額する方針」ではなく、「減額を目指す方針」です。

米国が削減を了承しなければ減額できません。外務省は米国の了承を勝ちとる気力がない。

なにせ沖縄担当大使がレイプされた沖縄の婦女子ではなく、イラクで「テロとの聖戦」をたたかう米兵に同情しちゃうんだから。
  
11月6日の日経新聞は「財務省は大幅削減をしたいが、米国が猛反発をしている」と書きました。外務省への応援記事です。

シーファー駐日大使が高村外相に「日米同盟に看過できない悪影響が出る」と脅かし、国防総省幹部も十月下旬に訪米した谷内正太郎外務次官に「特別の配慮」を求めました。
「特別の配慮」といわれるとなにかいいことをするように聞こえてしまう・・

削減交渉をやる気ゼロの外務省は決断を福田首相にぶんなげます。

(4)日本の外交官や町村官房長官が米国にみつぐことをもって「国際貢献」だと胸をはり、それに拍手喝采しちゃう日本人。

ブッシュの石油会社から高い燃料を買って ブッシュの軍艦にただで給油するのが「国際貢献」だと言われると、そうかと信じちゃう日本人。

年金不払い、保険料カット、消費税アップ、生活保護うちきりまでやられて「国際貢献」に応じている日本人

いまやブッシュ戦争に反対するアメリカ人は七割に達しています。賛成してるのはテレビと教会しか知らない、自分の頭で思考することのできないおばちゃんクリスチャンくらい。彼らはブッシュは純心&神の子だと思っています。真相=邪悪&悪魔の申し子 を知ったら卒倒しちゃうからそっとしておきましょう。

アメリカ人が反対している戦争に協力しないことが反米であるはずがありません。

日本人のくらしを犠牲にして戦争中毒国家にみつぐことが日本の国益であるはずがありません。

テロ特の実相を隠し、ゆがめている施政者の言を鵜呑みにして浪費を許し、それでもって、まっとうなくらしを送れるはずがありません




クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいりますhttp://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 08:29 | comments(1) | trackbacks(1) |
シェパード・中村君
シェパード(♀)@ 日本。寝ていた耳がたったばかりだという



足元に置いたカメラのケースをひきずっていった







シェパードは他の犬にくらべると媚びるところが少ないのがいい



中学一年だったろうか

中村君という友達がいた

小柄だが機械体操が得意で鉄棒の大車輪もできた中村君は筋肉隆々だった。成犬のシェパードを飼っていた

中村君は夕刊配達をしていた

新聞の束を抱えシェパードと一緒に走ってる姿がうらやましく、頼み込んで配達を手伝わせてもらった

夕刊配達は父親に知られて三日でやめさせられた。子供が金銭にかかわることを善しとしなかったのであろう

三日のあいだに 中村君からシェパードとのつきあいかたを教えてもらった

口数のすくなかった中村君を思い出すと「いぶし銀」ということばが浮かんでくる。そういう形容のふさわしい子供がいるものである

ジュンイチロー、マキコ、ヨーイチという輩は腹と違うことでもペラペラしゃべるのが良くない。沖縄の婦女子をレイプする米兵の肩をもってペラペラしゃべる沖縄大使も良くない

中村君がいぶし銀ならやつらは金メッキだ。金メッキたちが跋扈(ばっこ)する日本が美しい国になるはずがない

クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164

夕刊配達をやめたあとの中村君の記憶がない。転校したんだったろうかと思って卒業アルバムをさがしたらちゃんと載っていた



左から二番目が中村君 。中村君は水泳部の写真にも写っていた

ついでに自らの写真を探したら美術部に写っていた

はじめは陸上部にいたのだが二年のとき急に身長が伸び 膝の筋肉が割れたようになり歩行がままならなくなりやめた



後列左端がおのま。あの頃は顔が丸かった

おのまの前でしゃがんでいるのが美術部長・石島君。ボナンザというあだなだったが私はボナンザとよんだことはなかった

そうか顧問は小助川(こすけがわ)先生であったか(後列右から二番目)

岡山出身の元気のよい先生に色気を感じたマセガキがいたのだろう。あだなはコスケベ。これまたわが口から発したことはなかった

おのまのあだなは小学生の頃についた「土星」から「火星人」→「火星人バロン」と変わり、中学のときは「バロン」だった

クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいりますhttp://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 02:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
福田康夫のムイミ
●10月10日 福田首相のメルマガが届いた:

「情報を隠す」、「従来の立場に固執する」、そして、「上からの目線」。政治や行政に対する皆さんのもっているイメージが、大変厳しいことを改めて感じさせられました。やはり、こうした当然のことを一つ一つ当然としてやっていくことが、信頼を回復するための道であると思います。

●10月10日 おのまは福田首相にメールした:

本気ですか、それとも口先だけですか。

インド洋給油で隠している情報をちゃんと開示しますか。

●インド洋給油に関する隠蔽のいくつかが明らかになっていった。

日曜討論では民主党の山岡賢次議員が健闘していた。共産党、国民新党もよかった。

だめだったのは自民、公明、社民。 

社民が発言するたびに自民を応援したくなったよ。


●報道によると:

(1)福田は官房長官時代に 海自から米補給艦への給油量を20万ガロンと発表した。

そのご民間の指摘で80万トンが正しいことが明らかになった。

10月10日の衆院予算委員会で福田は「私が創作したわけではない」と言った。

自身の領収証のかいざんでも似たようなことを云ってた。

(2)10月22日 福田首相は記者団に海自の隠蔽問題につい「とんでもないことをしてくれていると思いますね。十分注意してほしい。私まで疑われてしまうから」と云った。

こういうのを責任転嫁という。


社長が部下に責任を転嫁しても赤福は営業停止になる。
 
国家は営業停止するわけにいかない。
 
●公人としての発言に一貫性がなくなった時点で公人の生命は終わっている。 

部下に責任転嫁したあとは、虚偽の発言をした 当時の官房長官&いまの首相である福田康夫は責任を取ってやめるのが当然である。

公人中の公人である官房長官、首相の権威を保ち、国家を存続させるためである。

当然のことを一つ一つ当然としてやっていくことが、信頼を回復するための道である ということの意味が分からないでしゃべっているロージン・福田康夫はムイミ。

●首相のムイミが許されるのなら 日銀葬祭、大使閣下、検察、厚労省、ムラカミ、ホリエモン、アカフク・・・・のムイミも許される。

日本という国が崩壊する。

●ヒルマン監督の例にならって首相も外国から持ってきたらよい。 

台湾の李登輝、シンガポールの李光耀、マレーシアのマハティールの誰でもいい。

かれらなら 小遣い稼ぎに精を出す 日銀葬祭や 沖縄の女子をレイプする米兵の肩を持つ 沖縄担当堆肥を 即刻監獄に放り込む。

日本はみるみる元気をとりもどす。

●野球にはうといおのまだが、ヒルマン・日本ハムがどうなるのかにはずっと興味があった。

日本ハムが日本シリーズ四連勝すると大胆予想。たぶん当たらない。

ワールドシリーズも見たことがなかったが、ボストン・レッドソックスの松坂大輔  岡島秀樹 vs コロラド・ロッキーズの松井稼頭央があるから今回はみるつもり。

外国にいると多少は国粋主義者になる。

ゴルフでも野球でも日本人を応援する。

丸山茂樹がだめなときは KJチョイ 宮里藍がだめならセリパクを応援している。

国粋主義というより人種差別と云うほうが正しいか・・・まあいいや・・・アジアガンガレ

脱線した。

●ブッシュから買ってブッシュに只で貢いできた油にまつわる金銭汚職がどこまであばかれるのかがこれからの見もの。はたして誰が暴くのか。誰がしょっぴかれるのか・・

社民はトーゼン ムリポだが、民社もガセに飛びついてタケベをたすけちゃったことがある・・


↓クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164

“トレイ”トーマス・ブラッド・ヒルマン(Thomas Brad "Trey" Hillman、1963年1月4日 - )

アメリカ・テキサス州出身のプロ野球監督

メジャーリーグでの選手経験無し
マイナーリーグで11年間監督
2003年北海道日本ハムファイターズの監督

2003年、5位
2004年 北海道へ球団移転
    様々なファンサービスを考案
    新庄剛志、小笠原道大らが活躍
    札幌ドームの最終戦の対ホークス戦は球場満員
    3位
2005年 5位
2006年  1位
    プレーオフを制し、25年ぶりにパシフィック・リーグ制覇
    中日ドラゴンズとの日本シリーズを制し44年ぶりの日本一
2007年 1位
2008  カンザスシティ・ロイヤルズの監督就任予定

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 03:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
妃殿下=ディズニー?
八月十七日 地下室の入り口に妃殿下がいました。いつもなら台所へあがっていくのですが、この日は座ったまま

えさを食べに行きなさいと声をかけたのですが、気が付いたら消えていました

このときいらい妃殿下を見ません




電柱に張り紙がありました

八月二十一日から行方不明 ディズニー 13歳



はっきりしませんが、鼻づらからみて妃殿下のようでもあります



どこかにまともなサルがいないものだろうかと出張中なのでしょう

クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164


鈴木宗男いわく:

遠藤大臣が辞め、一息つくかと思いきや、玉沢徳一郎代議士が自民党を離党する。領収書を改ざんして5回使うということは犯罪である。

坂本由起子外務政務官の二重計上も犯罪。政務官を辞めて済むものではない。

自民党の小林温参議院議員が選挙違反事件で引責辞職。小林議員は安倍首相の出身派閥に属しており、6年前に当選したいわば身内の議員である。

5年前、私はメディアスクラムと言ってもよい形で、「何でも鈴木」「すべて鈴木」という形でバッシングを受けたが、マスコミが取りあげたもので事件になり、裁判をしているものはない。

検察のリークで、また、誘導で、一方的で間違った情報が一人歩きをし、全く別の「鈴木宗男像」が作られ、国策捜査により逮捕されたのだが、今回の玉沢代議士、坂本政務官の件は確信犯である。

社会保険庁の職員と市町村職員による年金保険料の着服や不正受給が何と3億4274万円。「消えた年金」と言われるが、「泥棒された年金」。

この体質はどうしてできたのか。昔の厚生大臣、社会保険庁長官は何をしていたのか。こうした不祥事が更に明らかになった以上、歴代大臣、社会保険庁長官の手当は国に返してもらうのが当然ではないか。


正直者が馬鹿を見る社会では、国民がやる気を失う。その事は国力の低下につながる重大なことだ。

国会議員がいい加減だから役人もダメになるといった短絡的な話にもつながってくる。

http://www.muneo.gr.jp/html/


おのまいわく:

安倍内閣が総辞職するとしても

フクイ・ノーパンしゃぶしゃぶ・日銀葬祭のこづいかいかせぎやイシハラ・威張りやチョースケ・東京吐恥痔の公私混同をチーセーチーセーとしたり顔の評論家、沖縄の婦女子をレープするアメリカ兵士の肩をもつ沖縄担当大使閣下、でたらめ・横着・冤罪を恥じぬ検察官、などなどが死に絶えるまで日本の不幸は続く
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
ABCDの風景・下/清水一
ウェストビュー・モールの酒屋に行くとBCデイで休みと張り紙がしてあったので二キロほどはなれた小さな酒屋に行った。ここは年中無休でやっている。



店の看板。



「反省 私たちはなぜ失敗したのか?」(佐藤優・鈴木宗男)を読み外務省の実情はかくもひどいのかと暗澹たる気分になった。沖縄女性をレイプする米兵に同情を寄せた沖縄担当大使の異様な精神の背景が分ったような気がする。司法・検察のでたらめぶり、小泉純一郎の破廉恥ぶりもでてくる。日本の中枢に染み込んでいる悪を知り、対抗する力をつけたい人に読んでほしい。

recommend・お勧め商品にリストアップ ⇒ 


かくべつ強烈な印象が残るデザインではないが、絵がついている看板があると親しみを感じる。



ムースヘッドを買うとおまけのグラスがついてくる。



宮脇壇(みやわきまゆみ・1936―1998)は景品についてくるサントリーかなんかのマークいりグラスなどで飲むものではないと書いているが、そういうマークを見比べながら飲むのも楽しいのではないかと思う。グラスを手に入れた頃のこともよみがえってくる。

わたしは宮脇壇が設計した箱型の住宅をみると、こういう家には住みたくないと思うのだが、それは彼のもつこうした狭隘性のようなものからくるのかもしれない。

「すまひ読本 人の子にねぐらあり」(1954年・文芸春秋新社)を読むと著者(清水一・明治35年うまれ・執筆当時大成建設の取締役)が設計した住宅をみたいと思うのだが、ググっても出てこない。

こんなことを書くひとである:

ある人は近代的に四面ガラス張りの家をつくった。見かけは仲々良いのだが、夏の日は遠慮なく射し込むし、冬、ストーブをがんがん焚いても一向に暖かくならない。その男が慨嘆して、「住宅ってヤツは、女房と同じだな、器量だけよくっても、全く仕様がねえ」

本の裏表紙の見返しに一枚の設計図がある。ひとつひとつの部屋は広くない。二畳の部屋で寝るのだけはゴメンだが、大型テレビ、大型冷蔵庫、ステレオといったものがない昭和29年のくらしをするならこういう家も悪くないと思う。



四畳の前室(半分は押し入れかもhしれない)がついている八畳の「読書室」は周りには他の部屋がないので落ち着いた気分になれそうだ。



クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 05:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
ABCD の風景・上
八月のさいしょの月曜日は British Columbia Day というBC州の休日。

A BC Day の風景:

夕方六時、ウェストビュー・ショッピングモールに行く。この前の猛暑の日より空いている。通りもがらがら。



字のような雲である。これでいたずら描きをしてみよう。



「反省 私たちはなぜ失敗したのか?」(佐藤優・鈴木宗男)を読み外務省の実情はかくもひどいのかと暗澹たる気分になった。沖縄女性をレイプする米兵に同情を寄せた沖縄担当大使の異様な精神の背景が分ったような気がする。司法・検察のでたらめぶり、小泉純一郎の破廉恥ぶりもでてくる。日本の中枢に染み込んでいる悪を知り、対抗する力をつけたい人に読んでほしい。

クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
生ゴミ・安倍晋三は変節したのか、それとも
北バンクーバー市役所



職員がストライキ中



生ゴミ収集が二週間ない。紙やプラスチックなどは集めていくのにどうしてと思うが分っても事態が変わるわけはないので調べない。

八月七日から収集再開するそうだが、生ゴミも二週間コンテナの中に入れておくと立派な化学兵器である。生ゴミを集める人たち、わがやの前で卒倒するなよ。

「反省 私たちはなぜ失敗したのか?」(佐藤優・鈴木宗男)を読み外務省の実情はかくもひどいのかと暗澹たる気分になった。沖縄女性をレイプする米兵に同情を寄せた沖縄担当大使の異様な精神の背景が分ったような気がする。司法・検察のでたらめぶり、小泉純一郎の破廉恥ぶりもでてくる。日本の中枢に染み込んでいる悪を知り、対抗する力をつけたい人に読んでほしい。

recommend・お勧め商品にリストアップ ⇒ 




安倍晋三は変節したのか

それとも○○なのか:

2002年、当時の安倍内閣官房副長官は学生を相手にして「日本は核兵器を使用してもよい」と話した。

2007年8月6日、安倍首相は「非核三原則の堅持は政府の不動の方針だ。核廃絶に向けて日本はリーダーシップをとり、その前進に向けて努力をしていきたい」と述べた。

非核三原則=「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」を守りながら核兵器を使用するというキテレツなマジックができるのがオラが国さの首相かと思うと感涙が噴火する。

こんなことは無理しないで,鉢△里匹舛蕕ひとつにしておいたほうがお互い楽だと思うのだが。



クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 04:08 | comments(0) | trackbacks(1) |
八月三日の夕方
七月と八月の二ヶ月間は金曜日の夕方七時からエッジモント・ビレッジで野外演奏会がある。

今年は九回目になるそうで、ということは当地に住み始めたのが六年前だから、そのときはまだ始まって間もなかったのだ。

最後に行ったのは多分2004年であったろうか。ガーデンツアーを回ったのもたぶん2004年。

2005年は何度かメマイに襲われたりしてたので行かなかったような気がする。昨年は夏祭りのこともガーデンコンテストのことも頭に浮かばなかった。

今年も先月末にあったガーデンツアーを逃したが、八月三日のキューバン・ダンス・ミュージックを聴きに行った。三年前のマリンバ演奏会では観客が三百人もいて駐車する場所を見つけるのに時間がかかったが、今回はすぐ駐車できた。





「反省 私たちはなぜ失敗したのか?」(佐藤優・鈴木宗男)を読み外務省の実情はかくもひどいのかと暗澹たる気分になった。沖縄女性をレイプする米兵に同情を寄せた沖縄担当大使の異様な精神の背景が分ったような気がする。司法・検察のでたらめぶり、小泉純一郎の破廉恥ぶりもでてくる。日本の中枢に染み込んでいる悪を知り、対抗する力をつけたい人に読んでほしい。

recommend・お勧め商品にリストアップ ⇒ 


演奏にあわせて踊ってるひとたちの写真:

















クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 05:23 | comments(4) | trackbacks(0) |
電柱交換
工事の音が聞こえる。去年から続いている斜向かい(はすむかい)のお宅の改良工事にしては音が大きい。出てみたら電柱を交換しようとしていた。



数人が働いている。女性もいる





「反省 私たちはなぜ失敗したのか?」(佐藤優・鈴木宗男)を読み外務省の実情はかくもひどいのかと暗澹たる気分になった。沖縄女性をレイプする米兵に同情を寄せた沖縄担当大使の異様な精神の背景が分ったような気がする。司法・検察のでたらめぶり、小泉純一郎の破廉恥ぶりもでてくる。日本の中枢に染み込んでいる悪を知り、対抗する力をつけたい人に読んでほしい。

recommend・お勧め商品にリストアップ ⇒ 











この電柱は少なくとも35年前に立てられたものだ、この家もそのくらいだろうというので、1955年の設計だと答えると、じゃあ五十年かもしれない、年に千本くらい取り替えていると云った

帰ったあとでみたら電柱のまわりに植えていた花はすっかりなくなっており、ブルバードで生延びているパンジーなども踏み潰されていた。古い電柱の下に見えた花を引っ張りだそうとしたがダメだった。電柱が取り除かれたら掘り出そう。工事がはじまるまえに声をかけてくれたら難花キャンプに移したのに・・・ワタシ ココロ イタイアル




クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 沖縄 | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
潜在意識 習作&参院選
―作・日本の庶民の潜在意識:






参院戦で民主党が大勝したことについて・・庶民の潜在意識についての考察

衆院選で自民が大勝したときに、次はオセロゲームのようにばたばたと変わるかもしれないと書いたが現実となった(2005年9月11日・オセロゲーム・衆院選挙)

自民大敗の原因についていろいろ言われているが、いずれも平均的な庶民が意識野でとらえた表層的な現象について述べている

無意識野をさぐってみるとこういうことであろうか:

^打椶亙りにくいから不愉快だという庶民の潜在意識があった

小泉の五年間の言動を一枚の絵にしてみれば庶民の味方などではないと分るのだが、小泉の詐欺師的な「その場かぎりのワンフレーズ絶叫」によって納得してしまう庶民が多かった

安倍は考えていることの浅薄さにおいて小泉と変わらない。違うのはなにか。頭の中で整理できていないものを小泉はワンフレーズ絶叫でごまかすが、小泉より正直な安倍はそれが出来ずしゃべりまくることだ

話している本人の頭がぐちゃぐちゃになっているのをそのまま聞かされたら、分らん、敵わん、不愉快だとなる。そのうえ「戦後レジーム」などという評論家の商売用語を使うものだからそっぽを向かれる

日本の庶民を低くみて、いい加減な論理でブッシュに尻尾をふる岡崎なにがしのような閣下族とつきあうとそういう無様なことになる

安倍の不人気はコムズカシイ「木霊の宿る町」の読者が増えないのと似てるではないかと云うひとが居るかもしれないがそれは違う。「木霊」の管理人の頭は安い評論家のはるか上のレベルを行ってるから、ついてこれる読者が限られているのである・・自分と読者によいしょ

⊂泉に騙されていたということに庶民は気づきはじめた

平均的な庶民はいわゆる善人が多い。「いわゆる」つきの善人は現実にある悪をみたがらない。とりわけ自分が愛情をそそいだ人間が犯している悪は認めたがらない。いまだにジョージ・ブッシュを支持しているおばちゃんクリスチャンみたいなものだ

意識野において小泉を憎むことができない「いわゆる善人」が無意識野では小泉はおかしかったと感じ始めている。崩壊寸前の医療制度、でたらめな年金、アメリカ軍の後方支援、政治家の経費不正処理、外務官僚の公費ネコババ、日銀総裁の卑しい小遣い稼ぎ、アジアで有数の自殺国・・などなど現在かかえる諸問題は安倍内閣ではじまったものではない

竹中&小泉の無慈悲に対する怒りはいまだ平均的庶民の潜在意識の中にとどまっているが時間と共に意識の表に登りつつある。庶民の半数以上が意識したとき日本の政治は爆発的に変わるだろう

竹中、小泉の無慈悲に対する無意識下にある憎しみが安倍に投影されたのが今回の参院戦であった


習作:動きはじめた潜在意識


クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164

「反省 私たちはなぜ失敗したのか?」(佐藤優・鈴木宗男)を読み外務省の実情はかくもひどいのかと暗澹たる気分になった。沖縄女性をレイプする米兵に同情を寄せた沖縄担当大使の異様な精神の背景が分ったような気がする。

recommend・お勧め商品にリストアップ


↑のメッセージを暫らくのあいだ載せつづけます。

上記の本には日本の外務省のみならず、検察、司法のでたらめぶりも実名入りで書かれています。小泉純一郎の破廉恥ぶりもでてきます。これほどまでに日本の中枢が腐っているのかと驚くばかりです。

今後しばらくのあいだ政治は混迷することでしょうが、そのどさくさにまぎれて官僚がいぎたない行動をとることがおおいに危惧されます。日本国の中枢が腐っているのを知ることは不愉快でしょうが、自らのくらしぶりに関心があるのであれば知らないでいるよりは知っているほうが良い、今後も起きるであろう中枢、とくに官僚のでたらめをチェックする力を養う上で役立つ本であると思います。

七月の「木霊の宿る町」へのアクセス数は17,982頁 一日平均600頁弱 
一日あたりの訪問者数は一度だけ200人に達したが普段は140人くらい
600÷140=4.2
 
平均的な読者は一回あたり4頁読む あるいは4日に一度訪問するのが平均的な読者だということになる。 あくまでも平均であって実際には毎日くる人もいれば年に一度か二度しか来ないひともいるはずである

平均にあわせて、4日分を表示すればよいのだがそれだと長すぎる気がする。今は3日分を表示しているが前のように2日に戻すかもしれない
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 07:36 | - | - |
原稿・ 林雨 第二十一回 他人の不幸は蜜の味 
五月になると思い出すことがあります。

ジョージ・ブッシュが戦闘機で空母におりたちイラク戦争に勝ったと宣言して一週間ほどたったある日、私はバンクーバーのイエールタウンという盛り場の日本レストランでひとりのアメリカ人と隣り合わせになりました。テキサス出身だ、ワシントンDCから毎週バンクーバーにきていると言う彼は私がブッシュについてどう考えているのかをたくみに訊き始めました。

ワシントンDCから毎週通っているというのでCIAの職員だろうかと思いながら私はふたつのことを強調しました。

私は会った事もないブッシュを嫌いだと言うのではない。ブッシュがついている嘘が嫌いなのだ。
ブッシュは勝利宣言をしたがイラク人はまだ本気で戦っていない。戦争はこれからが本番だ。

アメリカ人の多くはブッシュが嘘をついているとは思っていなかったし、イラクに勝ったと熱狂していた当時ですから異端の見方と思われるかもしれないと感じながら、まわりにいた何人かの白人にも聞こえるよう大きな声で話したのは日本政府はブッシュのイラク侵略を支持したが支持しない日本人もいることを知って欲しかったからです。

あれから四年、ブッシュ大統領が嘘をついていたことがアメリカ人の常識となり、ドナルド・ラムズフェルド国防長官は首になり、ディック・チェイニー副大統領はまったく不人気、世銀総裁に転出したポール・ウオルフォビッツは愛人に破格の昇給をしたことで馬鹿にされています。

追い討ちをかけるかのようにCIA長官を三年前にやめさせられたジョージ・テネットが「嵐のまんなかで」という回顧録を四月三十日に出版してチェイニーやコンドリーサ・ライス国務長官を厳しく攻撃しています。

「他人の不幸は蜜の味」というフレーズは嫌いですが、なにせ四年以上の長きに亘って殺戮を続けている戦争の首謀者たちですから、彼らがすこしでも不幸になってくれれば多くの犠牲者が浮かばれるというもの、総崩れのネオコンはそのまま地獄へ落ちたら良いのです。

それにしてもと思うことがあります。

ブッシュ戦争がはじまるまえから、外務省の人に「かけた方向が間違っている梯子を上るほどあとで苦しむことになる」と忠告しましたが、彼らはいまだにやせた理屈でもってイラク侵攻を支持したのは正しかったとうそぶいてます。

小泉純一郎を顧問に迎えて今年発足した「国際公共政策研究センター」の理事長・田中直毅は「中東問題で手を汚していない日本」と言います。ベトナム人やイラク人を殺戮したアメリカ人の手は汚れているが、そのアメリカ人を沖縄から飛び立たせた日本人の手はきれいだというわけです。

さすが鈍感力にすぐれている方々は苦しみませんが、国際常識からずれた人たちに何かできることがあるのでしょうか。

Wednesday, May 16, 2007 @北バンクーバー
http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 18:09 | comments(4) | - |
スリランカ・その前にシンガポール・5・ゴサクドン・2
いずれまた、と書きましたが、ゴサクドンのひととなりが伝わると考え直して、かれが私に謝った話を書くことにします。

赴任早々、私は支店長からゴルフをしなければ日本に帰すといわれ、SICC(シンガポール・アイランド・カンツリー・クラブ)というクラブに入会させられました。

入会金は会社から借りて払ったけれど、転勤で退会したときにクラブから一銭も戻ってこなかったのを思い出した。

四つのゴルフコースのほかに、水泳プール、テニスコート、ボーリング場、マッサージ室、映画室、ダンスホールなどなどがある豪華なクラブで、そのごカナダでいくつかのクラブに入ることになるのですがSICCに敵うクラブはありませんでした。

http://www.sicc.org.sg/




ある朝、六時半ころだったと思いますが、Sime コースを第一組でティーオフし、二番ホールにきたら、前のフェアウェイに十人のほどの集団がいました。なんだよ、あいつら、割り込んだな。しかも十人でまわってるぞ・・

四人のキャディーをいれて八人が普通、十人は異常というのはシンガポールの話で、国によっては、キャディーのほかに、途中で休む椅子や飲み物を運ぶひとをつれて回るところがあるそうです。

・・キャディーがあれは通産大臣だといいました。ゴサクドンの仲間だったのです。十人の何人かは護衛官。

ゴサクドン@37歳も上司の命令で始めたばかりだったのでしょうか、ヘタなのがよくわかります。しかもオソーい。

SICCにはイギリス人のうまいのがたくさんいて、モタモタしてると後ろから Hurry up (急げ)と怒鳴られるというクラブでしたので、私はヘタですが、迅速プレイに徹していました。

大臣でも遅いのはいかん。おい、あの連中に、ハリアップと怒鳴ってやれとキャディーにけしかけると、とんでもないと首を振り、手でピストルをうつ真似をしました。このキャディーの名はオクイ。いつかオクイさんのことを書くかもしれません。

第三ホールと第四ホールのフェアウェイでゴサクドン・チームとすれ違ったとき、ゴサクドンが木のあいだを抜けてこちらにやってきました。こっちのフェアウェイにボールを打ち込んだのかと思ったらそうではなく「ビギナーなもんで遅くてすみません」と謝りました。

「なあに、構いませんよ、ゆっくり楽しんでください」と心にもないことを言ったのですが、ゴサクドンが心の底からすまないと思っているのが伝わってきて、気持ちがゆるみました。

記憶はそこで切れています。ゴサクドンたちも私たちも十八ホール回ったのか、それともハーフでやめたのか思い出せません。




↑ゴサクドン@37歳・190センチのチョー・長身。
〇てません
間違い:ピチピチの半ズボンでプレイする人はいません

悪いことをしたと気づいたら、みずから進んで謝るのがいい。

ひとから言われてシブシブ謝った福井俊彦さんや言われても謝らない石原慎太郎さんは男らしくない、というか、悪いことしてるという自覚がないんだから、救われない。善悪の区別がつかないロージン・コーボク蚊を退治するといいんだけれど、蚊のほうが増えている感じがする美しい日本。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

第10回全国情報公開度ランキング 都道府県 総合ランキング http://www.ombudsman.jp/rank/

総合順位 (2005年・2004年)自治体名 交際費(15ポイント)指定管理者(35ポイント) 入札(10ポイント) 政務調査費(30ポイント) 県警捜査報償費(15ポイント) 公安委員会(15ポイント) コピー代(円) 失格 合計(120ポイント) 百点満点換算
1 3 鳥取県 12 26 8 16 2 15 10 79 65.8
2 1 宮城県 12 28 8 14 2 12 10 76 63.3
3 1 岩手県 15 30 8 15 2 5 10 75 62.5
4 14 山口県 12 32 10 3 2 15 10 74 61.7
5 3 長野県 11 19 8 26 2 5 10 71 59.2
5 8 京都府 12 31 10 4 2 12 10 71 59.2
5 13 和歌山県 12 34 10 1 2 12 10 71 59.2
5 37 高知県 15 22 10 10 2 12 10 71 59.2
9 5 神奈川県 15 30 8 3 2 12 10 70 58.3
9 22 福井県 12 32 8 1 2 15 10 70 58.3
9 5 徳島県 12 31 10 3 2 12 10 70 58.3
12 17 新潟県 10 30 8 3 2 15 10 68 56.7
13 28 山形県 13 24 8 8 2 12 10 67 55.8
14 17 秋田県 13 32 6 3 2 10 10 66 55
14 35 埼玉県 15 25 8 1 2 15 10 66 55
14 11 三重県 12 31 10 3 2 8 10 66 55
17 32 大分県 10 30 10 1 2 12 10 65 54.2
18 10 岡山県 13 24 6 3 1 15 10 62 51.7
18 22 鹿児島県 15 21 8 6 2 10 10 62 51.7
20 8 北海道 15 24 10 3 2 7 10 61 50.8
20 17 富山県 12 30 6 1 2 10 10 61 50.8
20 37 岐阜県 13 20 10 1 2 15 10 61 50.8
20 33 愛媛県 10 23 10 6 2 10 10 61 50.8
24 17 千葉県 15 27 8 1 2 7 10 60 50
24 5 佐賀県 15 24 8 1 2 10 10 60 50
26 26 兵庫県 10 22 8 5 2 12 10 59 49.2
26 40 宮崎県 15 21 8 1 2 12 10 59 49.2
28 14 石川県 10 29 6 1 2 10 10 58 48.3
28 46 福岡県 10 22 8 1 2 15 10 58 48.3
30 30 茨城県 13 24 10 3 2 5 10 57 47.5
30 11 栃木県 15 24 10 1 2 5 10 57 47.5
32 45 広島県 13 26 0 7 2 8 10 56 46.7
33 21 福島県 2 30 6 3 2 12 10 55 45.8
33 36 熊本県 12 16 10 3 2 12 10 55 45.8
33 16 沖縄県 7 25 8 3 2 10 10 55 45.8
36 37 長崎県 2 23 8 3 2 15 10 53 44.2
37 29 大阪府 10 17 8 1 2 12 10 50 41.7
38 44 島根県 10 12 6 3 2 15 10 48 40
39 22 滋賀県 10 15 0 8 2 12 10 47 39.2
40 25 青森県 10 13 10 3 0 8 10 44 36.7
41 41 山梨県 10 11 10 1 2 7 10 41 34.2
41 41 奈良県 0 25 8 1 2 5 10 41 342
43 30 愛知県 10 16 8 1 2 3 10 40 33.3
44 26 群馬県 2 17 6 1 2 7 10 35 29.2
45 43 静岡県 0 11 8 1 2 7 10 29 24.2
失格 33 香川県 10 20 8 5 2 12 10 × 57 47.5
失格 失格 東京都 7 15 0 0 2 12 20 × 36 30

参考:東京は九年連続失格中

ウィキぺディア:
石原慎太郎の公私混同

トーキョーワンダーサイト
東京都の若手芸術家支援事業トーキョーワンダーサイト」を設立。

既成の都文化施設では石原都政下で予算を4〜5割減らしたこととは対照的に、現在最も多額の予算を割り当てられている文化施設となっているが、家族や知人を運営に参画させたり事業計画・予算決算が不透明であるなど、公私混同の疑いを指摘されている。 [20]


海外出張旅費
2006年11月、資料が入手できた15回の石原都知事の海外出張旅費の総経費が2億4000万円を超えることが明らかになった。海外出張の回数は1999年の就任から2006年までに19回と多く、その目的のほとんどが、オリンピック、マラソン、観光などで、石原都知事の個人的関心にもとづき計画されたものだった。

 南米エクアドルのガラパゴス諸島への出張(2001年6月)では、206万円もかけて最高級の宿泊施設を備えた大型クルーザーで諸島を見物し、その際石原知事だけで、約450万円の経費がかかった。ロンドン・マン島出張(2006年5-6月)に関してはオリンピックに関する調査は実質約1時間半で、マン島でのオートバイレース見物を含め、3600万円の費用がかかった。

 石原知事の海外出張は東京近県の知事の海外出張と比べても桁違いに高額となっており、他県では一回あたり200万円余から800万円程であるのに対し、東京都は平均2000万円に上った。

これらの事実はしんぶん赤旗2006年11月16日号の調査によって暴露され、各種メディアでも"都政の私物化"として批判された。

この批判に対し、石原都知事は「僕は(視察先の)宿舎について注文を付けたことはない。特にワシントンはホテル代が高い。規定を上回る場合、事前に人事委員会で許可をもらっている」と説明し、各党からの代表質問で石原都知事は「国内外問わずこれからもどんどん出て行く」との姿勢を明らかにした。

年 訪問地 日数 費用(万円)
99 台湾(台北市以外) 3 不明
00 台湾(台北) 4 不明
00 マレーシア 5 不明
01 スイス 6 不明
01 エクアドル 11 1444
01 アメリカ 7 2161
02 シンガポール 4 564
02 アメリカ 7 1701
02 インド 9 2267
03 アメリカ(ハワイ) 5 978
04 スイス・フランス 9 2815
04 台湾(台北市) 4 226
04 アメリカ 10 2136
04 台湾(台北市など) 5 123
04 インドネシア・ベトナム 8 2202
05 台湾(台北市) 4 398
05 アメリカ 8 2263
05 台湾(台北市) 5 1504
06 イギリス 7 3574

1999年〜2001年の4件については情報が保存されておらず、不明。
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 03:21 | comments(0) | trackbacks(2) |
UFO考・3
先日のコメント欄に「子供のころに近所の幼馴染4〜5人と「UFO来ますように」と一心に念じてたら現れたことがあります。あとにもさきにもそれ1回だけです。純真でないと見れないのかもしれませんね(笑)」と書いた方がおられますが、観ることの真相をついていると思います。純真でないと観ることができない。

UFOをみたのは僅か三回、自らの純真度が高いとは思いません。妖精にいたっては死ぬまで見えないだろうと諦めています。

何が見えて、観えて、何が見えない、観えないは個人の能力、脳力、によって違うというのは云わずもがなです。

コスタリカのガイドは木の中の猿を一瞬でみてとるこができるけれど、都会でくらしている私にはできない。

目の焦点をずらして、平面の絵に隠れている光り輝く立体像を見ることがどうしても出来ないヒトがいて、それと同じでどうしてもUFOを見ることができないヒトがいるのは仕方のないことです。

なかにはUFOが写っている写真をみても、UFOのことなど考えたくないというヒトがいますが、何らかの理由で、狭い世界から外に出られないのでしょうね。理解しがたいことや説明しがたいことは無視、否定する。

ブッシュのイラク侵攻を支持したコイズミ某や、いまだにブッシュを支持する害交漢などはそういうヒトではないでしょうか。いったん思い込んだ世界から出ない。沖縄で女子をレイプするアメリカ兵を擁護し続ける。ニンゲンに追われて、いよいよ逃げられなくなったラクダが砂に頭を突っ込んで現実から逃避する様に似て哀しいねえ。

いまや、アメリカでは民主党のヒラリー・クリントンでさえイラク戦争に賛成したことでバカにされ始めているのに、アメリカ人の過半数から見捨てられた戦争セールスマン・ディック・チェイニーを天皇に会わせるとは、なんと間抜けな人たちなんだろう・・そんなコメントがUFOから寄せられたりして・・



http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。


| おのまのプロフィール | 沖縄 | 10:04 | comments(1) | trackbacks(1) |
学校優等生的人格欠陥症候群
2007年1月27日、島根県松江市で開かれた自民党県議の集会で少子化対策に触れ、「機械って言っちゃ申し訳ないけど…15〜50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、機械というのはなんだけど、後は一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」などと発言した

上のようなことを柳澤伯夫厚生労働大臣が言ったというニュースに接して、いかにも、東京大学法学部&大蔵省コースを歩んだひとの癖(へき)が出ている発言だと思いました。国民を命ある個々の存在として見るのではなく、マスとして、社会の一変数として見る癖(へき)。マスとしてとらえる見方も必要ではあるのですが、それに偏して、情を欠いてはいけない。

情に欠けるとか、個々のひとにココロが及ばないとかは大蔵省(財務省)のヒトたちだけではなく、たとえば、沖縄におけるアメリカ兵の犯罪率は沖縄人自身の犯罪率より低いとか、イラクで死ぬかもしれない米兵が沖縄でレイプするのは理解できるなどと言った外務省の沖縄担当大使たちも同じで、日本の高級官僚に珍しくないことです。

女性を産む機械に例えることや、死ぬ前ならレイプを許すという理屈が100%間違っているとは言いませんが、その対象になった人の気持ちに思いが至らない小理屈というもの、自分の子供がそんなことを言ったらはったおす。

おそらくは半数以上の日本人が良しとしない異様な思考、発言、行動がどうして高級官僚に生じるのか。おおざっぱに言うなら、かれらが「学校優等生的人格欠陥症候群」にかかっている、ということではないでしょうか。

明治時代に西欧の帝国主義に対抗すべく急いでつくった高級官僚を産む仕組みにもともと欠陥があり、仕組み欠陥に冒された官僚は、人生をまともに見ることができないまま生き、そして死ぬ。病は東京大学法学部→高級官僚をめざしたときに始まる。ヒトによっては小学生で罹患(りかん)する。

柳澤氏は国会本会議で自らの発言が適切でなかったと謝ったそうですが、内心はこれほどの反発を受けるのは不本意、言葉狩であると思っているのではないでしょうか。大臣や大使たちは老人、長年のあいだ慣れ親しんできたみずからの異常を自覚しろといっても手遅れ、不可能、可哀相。

それはそれとして、柳澤発言をめぐって与党も野党も騒ぎすぎているという印象をもっています。

「産む機械」とは愉快ではないけれど、それが誰かの生活をおびやかすということではない、政治家がなすべきこと、民のくらしにとって大事な、急いで議論すべきことがたくさんある、国会審議をストップさせるレベルの話ではない。

柳澤は民主党が騒がなくても辞める。辞めなければ、いまだに辞任しない福井俊彦日銀総裁と合わせて、民が選挙で反自民にまわる。民主党が騒いで柳澤の首をとった形になっても、それは民主党の人気上昇につながらないどころか、そんなことで時間と税金を費やす政治家を嫌うヒトが増え、「そのまんま東」現象が続く。新聞もテレビも落ちていく。

というのが、海の彼方からの見立てです。

学校優等生的人格欠陥症候群にかかっていない、2ちゃんねらー諸君、こんどの参院選挙では全員投票して欲しい。←我是多少風邪気味・詳細記述面倒也・請読者諸君自身思考・陳謝




↑(マス)のなかに↓(個)をみるヨロシ






http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。




| おのまのプロフィール | 沖縄 | 12:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
きっこさんの日記・転載
以下はきっこさんの日記です。あとで消すかもしれません:

イーホームズの藤田社長が、命懸けの告発をプレスリリースしたってのに、当日中にこのことを報道したのは、「東京新聞」だけだった。それ以外のマスコミは、耐震偽装事件とはまったく関係の無い、藤田社長の裁判の判決について簡単に報道しただけで、何よりも重要な、一刻も早く国民へ伝えるべきプレスリリースに関しては、まるで申し合わせたように、ミゴトにスルーした。今回の記者会見は、霞が関の司法記者クラブで行なわれたんだけど、ここは、週刊誌の記者は入れない。その代わり、新聞とテレビの記者は勢ぞろいしてる。ま、司法記者クラブにいる記者どもなんて、ドイツもコイツも検察のイイナリの操り人形ばっかだけど、それにしても、これほどの大事件を報道しないってのは、前代未聞の情報操作と言えるだろう。真実をねじ曲げて、たくさんの国民の命を危険に晒してまで、そこまでして、アベシンゾーなんかを守りたいの? あんたらには、報道に携わる者としてのプライドってもんが、耳クソほども無いの?

とにかく、明日の朝刊全紙に目を通せば、どこの新聞がどれだけ政府の宣伝媒体に成り下がってるのかが明白になるだろうし、特に、「アベ政権の支持率が70%」だなんて言う、開いた口からエクトプラズムが出て来て幽体離脱しちゃうような大嘘を垂れ流した某紙が、このニュースをどんなふうに扱うのか、全国民は注目すべきだろう。完全にスルーするか、それとも、藤田社長の判決のみを伝えるか‥‥。どっちにしても、藤田社長のプレスリリースをそのまま掲載するような根性のある‥‥否、報道媒体としての最低限の責任感とプライドを持ってる新聞なんて、残念ながら1紙もなさそうだけどね。なんせ、マスコミの連中なんて、多かれ少なかれ、みんな揃って「アベミコシ」を担いで来た、アベ宣伝部隊のコシギンチャクどもばかりだからだ。

あたしは、何度でも繰り返すけど、今、この瞬間にも崩壊するかもしれないマンションやホテルの中で、何も知らずに安心しきってる人たちが、数え切れないほどいるんだよ。そして、その事実を国に告発した人間が、口封じのためにまったく関係ない別件で逮捕されて、その命懸けの告発が、国によってインペイされたんだよ。その上、今度は、その事実を直接、国民へ届けようとしたプレスリリースまでもが、アベの息の掛かった腰抜けマスコミによって、握り潰されようとしてる今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?

■2006/10/18 (水) 藤田社長からのメッセージ 2

‥‥そんなワケで、先ほど、藤田社長から届いたメッセージを公開する。これは、基本的には「あたし宛」の私信だけど、ここに公開することを前提として書かれてるので、第三者が読むことも踏まえた表現がなされてる。

きっこ様

藤田です。今日は援護射撃ありがとう御座いました。心強かったです。

僕は、きっこさんとはお会いしたこともお話したこともありません。ただ、僕が知っている耐震偽装事件の真実を、唯一、ありのままの形で取り上げてくれた日本のメディア(=「きっこの日記」)を運営されている方であることを、知っているだけです。

耐震偽装事件を通じて、マスコミとはどういうものなのかが良く分りました。新聞では朝日新聞が最も良いだろうと思って、去年の12月上旬に築地本社を訪ねました。たとえ、イーホームズに批判的な記事を書いたとしても構わないから、僕らが知る全ての事実を伝えるので、この事件をしっかり記録して記事にしてくださいと頼みました。耐震偽装を担当していた斉賀さんというデスクの方が応対してくれ、僕の趣旨を理解してくれ、担当記者をつけてくれました。12月13日に大臣認定プログラムが改ざん可能であるとの記事を書いてくれたのはこの方達です。他の報道関係者に較べて、最も、技術的学識的観点から確認検査制度や構造設計を勉強して記事を書いていました。

僕らは、年が明けて2月に入りアパを糾弾し始めました。斎賀さんが亡くなったのはこの時期です。そして、担当だった記者の方は担当から外されました。因果関係は僕には分かりません。そうした事実が符合しているだけです。そして、3月3日に、合同捜査本部の緊急立入捜査が入ります。アパの関係も含めて多くの資料が没収されました。しかし、僕らは、手元に残していた資料をもってアパの糾弾を続けました。結果として、4月26日に僕が逮捕されることで、会社の存続を断念せざるを得ませんでした。8月31日に最後まで残務整理の為に残っていた社員の再就職が決まりました。この日から、僕は、僕が辿った道筋を書き始めました。

■2006/10/18 (水) 藤田社長からのメッセージ 3

僕は、我が子同然であったイーホームズという命を弔うために本を書きました。ある出版社に入稿もしました。そして、もしもの時を考えて、信頼できる複数の友人にも原稿ファイルを渡してあります。きっこさんにもお渡ししました。

いろいろと長くなってしまいましたが、本当にありがとう御座いました。
(以上の文責は当然に僕にありますが、もし、この文章を他に転載しようとされる方がいるなら、僕は構いません)

藤田東吾

‥‥そんなワケで、昨日の日記で公開した、藤田社長が書いたプレスリリースとともに、このメッセージも、自由に転載して構わない。今回の耐震偽装事件に関わっている多くの建設会社の社長たちが、こぞって、アベシンゾーの後援会である「安晋会」の会員だっただけでなく、ライブドア事件で、沖縄で変死したエイチエス証券の野口さんが、安晋会の理事だったと言う話も出て来ているし、エイチエス証券の澤田社長も、安晋会に所属しているそうだ。そして、今回、藤田社長が告発した問題でも、大きなカギを握っているのが安晋会なのだ。この背景を考えれば、ほとんどのマスコミがこの問題をスルーするのも、「さわらぬ神にタタリなし」ってことなんだろうけど、マスコミが死んでしまった今、あたしたちに残された、真実を知るための、真実を伝えるための最後のツールは、このインターネットだけしかない。だから、皆さん、藤田社長のプレスリリースを自由に転載してください‥‥なんて思う今日この頃なのだ。

■2006/10/17 (火) こんな国など信じられるか! 1

まず初めに、ひとつ訂正があるんだけど、昨日の日記を読んだ藤田社長から連絡があって、「きっこさん、イーホームズはまだ法人格は残っているので、社員は去りましたが、僕はまだ代表取締役なんですよ」ってツッコミを入れられちゃった(笑) だから、まだ「藤田社長」で良かった‥‥ってことを前置きしつつ、さて、いよいよ今日、イーホームズの藤田社長の判決が出るので、事前に藤田社長から預かってた原稿をここに公開する。

ここに書かれてることは、今年の2月すぎからずっと分かってたことだけど、そのあと、口封じのために藤田社長が別件逮捕されたので、今日の判決が出るまでは公表することのできなかったものだ。もちろん、今、公開しても身の危険はあるけど、判決の前に公開すると、ますます藤田社長に対する当局からの圧力が強くなるので、公開するのは判決の当日ってことにしていた。そのため、原稿の日付も「10月18日」になってる。そして、ここに書かれてる内容は、当然、100%真実だ。

「東京地裁での判決に際して、マスコミの皆様へ、そして国民の皆様へ」

今日、東京地裁で、僕に対する判決が出ます。
耐震偽装事件に関係した裁判では一番最初の判決です。
僕は、この裁判の容疑や内容については、話す意味がないと思いますのでコメントはしません。

僕を逮捕した本当の理由は、国が、アパのマンションやホテルの偽装を隠蔽するために、藤田東吾を逮捕して黙らそうとして、行なったものと考えています。

■2006/10/17 (火) こんな国など信じられるか! 2

イーホームズでは、平成18年2月に、アパグループのマンションの偽装を発見しました。アパのマンションやホテルの構造設計を一手に行なっていた、田村水落という設計事務所の水落代表がイーホームズに来社して、「こんな偽装の手法は、姉歯より俺が先に初めた」と豪語しました。「建築確認を早く取るために、構造設計にかける時間が少ないから構造計算書を偽装(改ざん)するなんて、他(の構造設計士)にも沢山いるよ」と平気で言いました。実際に、田村水落がイーホームズに申請をしていた3件の物件に偽装が発見できました。その他の物件は、役所や他機関に提出してきたと言いました。その後、アパの取締役や責任者の方が来社して、アパに関する偽装の隠蔽や計画変更を要請しました。全く、ヒューザーの時と同様です。

イーホームズで受け付けていた3件の物件の内2件は、イーホームズでは計画変更も、再計算も適わないと判断したので、現在、工事は止まったままです。取り壊しもしていません。事件が風化したら、工事を再開して、販売するのかもしれません。「アップルガーデン若葉駅前」と「アパガーデンパレス成田」です。他の1件は、川崎市の物件で、川崎市で計画変更の処理がなされました。しかし、本当に重要なことは、住民や利用者の命に被害を与える可能性であり、それは、工事中のマンションやホテルではなく、既に完成して入居済みの物件です。

僕は、国交省に対して、イーホームズで受け付けた以外のアパの物件を調査するように糾弾をしてきました。国は関知しないと言いました。アパは工事を止めませんでした。これも、ヒューザーの時と同様です。この状況が、4月まで続いた中で、4月26日に僕は逮捕されました。逮捕自体の「見せ金」の容疑は、たとえお金はすぐに返済して誰に迷惑をかけなかったとしても、違法を行なった者として罰を受けなければいけないことだと反省しております。

■2006/10/17 (火) こんな国など信じられるか! 3

多くの国民の皆様から激励のお手紙を頂きましたが、僕は以上の経過をずっと黙ってきました。もし、言ったとしても、国は隠蔽するために何をするのか分らなかったし、社員もいたので、安全を優先しました。また、アパの元谷会長が、安倍晋三官房長官(当時)の後援会である、安晋会の副会長を務めていたことも、当時は知りませんでした。
今、イーホームズの社員は、全員、再就職が決まり、新しい道を歩んでいます。そして、僕は一人になりましたが、僕が知る真実をここに語ることは、イーホームズを創業した者として、代表を務めた者として、そして21世紀に日本に生きる者としての責任だと思います。よって、ここに発表を致します。

耐震偽装事件の本質は、決して、ヒューザーやアパだけの問題ではありません。また、法的には、確認検査制度の問題ではなく、大臣認定制度の問題のはずです。構造計算書が、偽装(改ざん)可能なレベルで、構造計算プログラムの運用プロセスを評価/認定した、財団法人日本建築センター(国の天下り機関)と国土交通省住宅局建築指導課に責任はあります。アパやヒューザーは、この観点からは被害者です。但し、デベロッパーとして、自らが作ってきたマンションやホテルの、住民や利用者の命の安全を無視してはいけません。平成18年5月22日に、北側国土交通大臣も同様の発言を国会で行ないましたが、この発言はマスコミが取り上げませんでした。官僚がマスコミを情報操作の一手に使う表れだと思っています。

よって、僕は、日本の建築行政を担ってきた一員として、この真実を公表いたします。

また、僕は、「耐震偽装」と題して、僕が知る真実を本に書きました。ペンの力によって、耐震偽装が何であったのかをお伝えするべきだと思ったからです。既に原稿は、ある出版社に入れてありますので近く出版されると思います。たとえ、僕の身に何があったとしても、イーホームズの理念であった、『21世紀の住環境の質の向上に貢献する情報提供』を果したと、僕は思っています。

■2006/10/17 (火) こんな国など信じられるか! 4

最後に、結果として、国民の皆様には、構造計算書に関わる国家の不正を公表したことで、不安と混乱をいたずらに招いてしまったことを、ここに深くお詫び申し上げます。

申し訳ありませんでした。

平成十八年十月十八日  藤田東吾

‥‥そんなワケで、この原稿と同じものが、今日の藤田社長の判決後の記者会見で、プレスリリースとして、報道関係者に対して配布される。つまり、藤田社長は、アベシンゾーが官房長官時代からインペイし続けて来た「安晋会」と建設業界との癒着と言う、この、誰もが恐れて触れなかったタブーにも触れる問題に対して、身を挺して告発するってワケだ。アベシンゾーとアパグループとの癒着は、すでに何年も前からウワサされて来たことだけど、アパグループの耐震偽装を見つけ、それを国交省に告発した藤田社長に対する別件逮捕は、口封じ以外のナニモノでもない。そして、何よりも重要なことは、今も、耐震強度を偽装したマンションやホテルに、何も知らない人たちが、数え切れないほど暮らしたり泊まってたりしてるってことだ。

藤田社長が、ヒューザーの耐震偽装を告発した時、国交省は、住民のことなど完全に無視して、何よりもアベシンゾーと建設業界を守るために、告発の事実をインペイしようとした。でも、あまりにも大きな事件だったために、インペイしきれずに、国民の知るところとなった。だけど、今回のアパグループの耐震偽装に関する告発に対しては、「せっかく消えかかってる火事に油を注ぐな!」と言わんばかりの別件逮捕。強度不足のマンションで、何も知らずに生活してる人たちを救うために、正義の告発をした藤田社長を別件逮捕し、常識を超えた長期拘留をし、その間に、イーホームズを廃業に追いやるために必死に動いた国交省。これが口封じでなくて、いったい何だって言うんだろうか?

■2006/10/17 (火) こんな国など信じられるか! 5

そして、何のオトガメもないアパグループ。そりゃそうだろう。なんせ、アパグループの元谷会長は、安晋会の副会長なんだから‥‥。アベシンゾーは、建設業界との癒着をはじめ、ホニャララ団との癒着、カルト教団との癒着など、叩けばホコリだらけの伊藤公介‥‥じゃなくて、叩けばホコリだらけの真っ黒クロスケだから、アベシンゾーが総理大臣になることが内定した時から、自民党の森派による執拗な「アベのスキャンダル隠し」が行なわれ続けて来た。そんな中で噴出したアパグループの耐震偽装だから、自民党としては、もう、ナリフリかまっていられない。アパグループの偽装を告発した藤田社長を逮捕して、イーホームズを潰して、アカラサマな口封じをしたってワケだ。

藤田社長が書き上げた「耐震偽装」の原稿には、もっともっとスゴイコトが、すべて実名で、すべて具体的に書かれてる。この本が世に出たら、政界も財界もたいへんなことになるだろう。そして、この本の中には、この「きっこの日記」に関する詳しい記述もあり、当時の藤田社長とあたしとのやり取りなど、きちんと時系列で書かれてる。だから、あたしは、自分が出版する「きっこの日記」の中では、耐震偽装問題についてはいっさい触れなかった。近日中に発行される藤田社長の本を読めば、すべてが解明されるから、あたしが中途半端に書く必要などないと思ったからだ。

‥‥そんなワケで、あたしは、文字通りに「命懸け」で今回の告発をし、本を出版することを決めた藤田社長を全面的に応援してる。だから、「きっこの日記」の読者の皆さんも、藤田社長の本が発売されたら、ぜひ読んで欲しい。そして、住民の命など何とも思っていない建設業界の魑魅魍魎どもを利用して、政官癒着の構図そのままに国交省を利用して、この国のトップの座にまんまと居座ったクズ野郎の真実の姿をシッカリと見て欲しいと思う今日この頃なのだ。

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 00:55 | comments(5) | trackbacks(0) |
mixi・大後輩ゆなさんとその友達
本日はmixiをご存知でないかたの為の話です。mixiをご存知の方でも、「木霊の宿」にときどき登場する大後輩ゆなさんに関心のあるかたには為になる(笑)。

mixiとは日本の中で最大の利用者数(2006年5月現在で400万人)をもつSNS(social networking service)。

SNSとは参加者が互いに友人を紹介しあって友人関係を広げるコミュニティ型のWebサイト。
分かり易く解説するとこうです:

公開されている大後輩ちひろさんのようなブログを〃燭噺討咾泙靴腓Αmixiのメンバーでなければ見ることが出来ない大後輩ゆなさんのブログを型。

〃燭蓮嵬變遒僚匹訥」からお見せすることができます。http://blog.goo.ne.jp/cw1979

型はどうひっくりかえってもお見せすることができません。

家に例えれば、

〃拭△舛劼蹐気鵑硫函Ε屮蹈阿聾道に面している住宅街にあり、誰でも前を通ることができる家です。いいかえると誰に見られるか分からない。

型、ゆなさんの家は塀で囲まれている住宅街の中にあり、塀のなかの住人しか見ることができません。

「木霊の宿る町」は〃燭覆里如△箸どき見知らぬかたからオトナ向けの妖しくも楽しいコメントやトラックバックを放り込まれます。どこのどなたかが分かれば、お返しできるのですが。ああた、そこはこうお書きあそばせ。もっと刺激的ざますわよ。うっふーーん。

mixiだとコメントするひとの素性が明らかになっているので、そういう大胆なことをする人はまずいません。いたとしたらそのひとは即座に塀の外に放り出されるでしょう。チョーエキ三年、しばらく塀の外でくさい飯を食ってこい、とか言われて。

ホリエモンさん、ムラカミさん、昨今は塀の中にお入りになることがクールなんですよ(笑)。キムラさんはどうなるんでしょうね。公開されている情報を見ると有資格者。タケナカはん、だいじょーぶ?

以上がmixiのイメージ、という説明ですまないほどSNSは進化しているようですが、詳しいことをお知りになりたい方はググって調べてください。

以下、ゆなさんのブログの一例をご紹介します。ゆなさん、そしてコメントを書いているゆなさんのおともだちの皆様、許可を頂いていませんが、一度だけ許してください。

二十台のmixist(私の造語。つい最近までmarxistという方々が活躍されていたのを我が子たちは知らない、多分)がこういう会話をしているということを世のオトーサン、オカーサンたちに知ってもらい、笑ってもらい、安心してもらい、感心してもらおうという趣旨です。

六月一日、雪園(中華料理店)で食べきれなかった料理を箱詰めにしてもらい、その夜バスでカナディアンロッキーに向かうゆなさんに持っていって貰ったのですが、その顛末がゆなさんのブログに紹介されています。

日記が枕となって、あとに続くコメントがストーリーを作り上げていきます。今までの文学ではありえない言い回し、話の展開があり、かつて流行った連歌に似た面白さがあります。それでは、幕をあけまあす:

お弁当

開けたら 蟹 でした! 嬉しかったけど それよりもびっくりした というか、おもしろかったww バンフの雄大な山々を見ながら 蟹を食べる。 これって、かなり贅沢!! カナダ最後の旅、思い出深いバストリップとなりました☆

おのまさん、ちーちゃん、 お弁当おいしくいただきました! どうもありがとー☆

茲海ΔいΨ平Г鮓ながら・・・ 羈!! 蕕修靴董∋魁

(↑註:ゆなさんが撮った三枚の写真が載っています。ここに再現できないのが残念)


コメント

2006年06月04日00:32 おのま
蟹、んまそーー。 大後輩たちとお別れだと思って胸が一杯になり、大先輩はたべられなかった。嘘、お酒がはいると食べられなくなるのです。今は、食べたい!(笑)

2006年06月04日00:44 Hiro-C
すごいなー、、さすがバンフ、、、 そういえばおれも行ったことあった。 きれいだよねー。 バンフからの帰り、オーロラちっくなものも見えたし^^ Canada 4life!!

2006年06月04日09:36 くろちゃん
バンフのスキー場行ったことある!Lake ルイースと Mt.サンシャインの2箇所。lake ルイースはこれでもかっていうぐらいの晴天に恵まれて(でも気温は低い)ホント気持ちよかったのを覚えています。蟹っつーのもありなのか?ちょっと不思議なとりあわせだね。

2006年06月04日11:51 のじょじょ
ひょぇ〜〜〜〜!!! カニ!!! この豪快なところ・・。外国って感じだね。なつかしい・・・笑

2006年06月04日12:52 たけ。
なーんか絵に描いたようなスゴイ風景だね・・・。 それとカニ丼?(笑) おもしろーい♪

2006年06月04日14:39 鈴
え〜!!??普通ないよね!! そんな無造作にカニ!!!!って出てくるの・・。 びっくりする。私はカニ食べれないんだよねぇ〜。 凹むな・・・。その弁当。

2006年06月04日14:44 ゆたか★
うわ〜、バンフ行きたい☆ 今サンフランシスコまで来ています♪ ほんとはヨセミテに行きたかった(>_<) そこまでの時間はないけども…。

2006年06月04日22:35 ユナ
>おのまさん お酒>蟹 なんですね。 それもちょっとかっこいい!!?? 蟹はおいしくいただきました!! (大先輩の分もww) どうもありがとうございました☆

>ひろ バンフ、いいよねー 何回来ても感動する! オーロラはまだ見てないけど・・・ (バスの中にいる間、ずぅーっと熟睡だったのでww) 何月くらいに行ったらオーロラ見えたの?

>くろちゃん そうなの! 次は絶対冬に来たいなぁー☆ ちなみにレイクルイーズのスキー場はウィスラーのスキー場と同じ会社の経営らしいです。てことは、けっこう充実してるのかしら?

2006年06月04日22:43 ユナ
>のじょ 蟹、びっくりだよねー!! ユナ、バスの中でフツーにうけてしまったよww BBQでゴーヤー(@沖縄)もびっくりしたけどさww

>たけちゃん ユナの写真ではこの山のでかさが伝わらないですが・・・ でも、バンフはすごいです。 雄大です。 たけちゃんだったらもっといい写真が取れるはず!

>鈴姉 ほんとー この豪快さ! Canadianizeされた感覚ですよね! 鈴姉かに食べれないの〜? 食べれないで出たら、これ、困るね・・・ 丸々一匹、蟹味噌付だよ。

>ゆたかくん SFはどうじゃ? ちょうど暖かくていい感じじゃない? ヨセミテ、いいね〜 ユナもまだ行った事ないんだよね。 ま、追々の楽しみという事ね☆ 一人旅、安全第一で楽しんでね!

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 06:14 | comments(2) | trackbacks(1) |
白いお汁粉・BC大学の後輩・琉球
二十四日のシーモアは晴れ、視界良好とあったのでカメラの電池を替えて出かけました。一週間まえのキュッと締まった美人雪からぬめりのある、なにかお汁粉を思わせる雪になっていました。白いお汁粉。ロープ・トウを十本滑ると汗だく、ひだり脚が麻痺。

ミステリーピークに移動するとアメリカのベーカー山、海越えのバンクーバー島がはっきり見えます。カメラをとりだし、、、ららら、レンズが開かない。取り替えた電池がチャージされていなかったようです。前もってチェックしないといけません。

粘っこい雪に脚がとられそうで汗びっしょり。二本で止めました。キュットとお汁粉とではかくも差があります。

二十二日ひるすぎ、我が家にやってきたブリティッシュ・コロンビア大学の後輩三人を紹介します。商学部卒のメルと卒業まじかの千尋さん、物理を勉強している佑奈さん。

先輩・後輩といっても日本の硬直的な色合いや権威の化石などはなく、会ったその日からお互いが独立したイキモノとして率直に話しをするだけで、先輩・後輩というレッテルはイカキンのごときものです。

メルは公認会計士、大手会社に勤務したあと独立してコンサルタント会社を経営していると、私に似たキャリヤですが、私より活発に働いているようです。千尋さんは今年から大手コンサルタント会社勤務予定で張り切っています。高給リーマンの経験者である両先輩から寝る時間がないよと脅かされています。学歴がものをいう会社ですから、何年か働いたらビジネススクールに戻ってくるかもしれません。写真はメルと千尋さん:


佑奈さんは卒業したら保険数理士の道に進みたいと言います。物理学は数理を駆使するが結果がなかなかでない、保険数理士は結果がでるというのが理由だそうですが、数年はたらいた後、結果が出ない世界にもどるといいと先輩は考えます。

佑奈さんは沖縄出身だと言うので、沖縄語が話せるかどうか訊いたところノー。かつて日本が沖縄を併合した時代に沖縄語を禁止され、そむくと首から反省文のようなものを下げさせられたそうです。そういう時代のあったことを知らない先輩は、うーん、心がいたみました。欧米の暴力に対抗する為、まとまらないといけないなどは、古来の文化文明を破壊することがどういうことなのかを理解できない愚者の短絡。

また、琉球(沖縄)文明には武器というものがなかったそうで、これは素晴らしい。ニンゲンというけったいなイキモノに希望がもてる話しです。近隣の支那、朝鮮、日本に住んでいるニンゲンと比べてはるかに優れた知性体です。そういう歴史が佑奈さんの表情や話しかたに現れているかもしれません。メルも千尋さんも大先輩に似て、ディックやジョージと喧嘩しても勝てる顔つきをしていますが、佑奈さんはそもそも喧嘩をしなさそう。先輩の美しき誤解でしょうか(笑)。


イラクで死ぬかもしれない米兵が沖縄でレイプするのは理解できるとほざく外交官や米軍基地を拒否する沖縄は身勝手だと叫ぶジャーナリストに与(くみ)しないというだけでは足りませんね。加害者の末裔として沖縄・琉球をもっと知らないといけません。

帰り際、千尋さんは私のブログを読んで興味を抱いたのか「物乞う仏陀」を持っていきました。佑奈さんには読んだことがないというので「岩波文庫・寺田寅彦随筆集・第二巻」を貸しました。なぜ第二巻かというと第一巻を持っていないからです。

「物言わぬ仏陀」十一月四日の日記・オススメ商品をご覧下さい。

寺田寅彦1878-11-28 / 1935-12-31
地球物理学者。夏目漱石の門下生。吉村冬彦の筆名で多くの随筆を書いた。
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 12:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
ストックホルム症候群・職業外交官
1972年、スウェーデンのストックホルムで銀行強盗事件がおき、監禁された人質が犯人逮捕後に犯人を庇ったり、犯人の一人と結婚したりしたため、それ以後、被害者が加害者に同情や好意を抱く病理現象をストックホルム症候群というようになりました。

昨日、知己の外交官と歓談したときに、アメリカ兵にもう少し規律を持たせられないものかねえと言ったところ、僕は論争するつもりはないと怒りだしました。論争などしていないがなんで怒ると訊くと、彼氏、沖縄関係の仕事をしていたことがあり、アメリカ兵のレイプ事件が起きるたびに非難されたそうで、神経過敏になっていると分かりました。

落ち着きを取り戻した彼は、米兵はイラクへ派遣され死ぬのもいる、沖縄の人たちはそういうことを理解しようとしないと言いました。死と向き合っているのだから、婦女子をレイプする心理は同情できる、レイプと死を比べたら死のほうが重いという論理です。

レイプした米兵が全部戦死するわけでもなかろう、などという軽口は言わず、ブッシュのイラク戦争には正当性がないが、一歩譲って、イラクを民主化するというのがイラク派兵の目標であるとしよう、しかし民主化のために戦うから沖縄の民間人を犠牲にして良い、市井(しせい=ちまた)のルールを破って良いという論には賛成できないと反論しましたが、外交官殿、分かっていないねえという顔をして、君はもともと反米の傾向があったかなとつぶやきました。

反米でも、反中国でも、反朝鮮でもない、事象ごとに善悪の判断をしている、もしブッシュに反対するのが反米というのなら、アメリカ人の半分は反米だよと答えましたが、これも賛同を得られなかったようです。

日本の外交官がチャイナスクール、アメリカスクールごとに日本の利益より中国、アメリカの利益を優先させるという批判はよく聞くところですが、沖縄婦女子の犠牲より米兵の性欲に同情する、拉致家族より朝鮮経済に同情するのはストックホルム症候群に陥っているようなもので、日本の職業外交官というシステムが生み出す大きな欠陥といえるのではないでしょうか。

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 10:58 | comments(7) | trackbacks(1) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ