木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

ゲンキー記・路線が変わる
木霊の路線が変わるんだってな

せいぜいきばってや



いえ、路線が変わるのではなく変わった路線が加わるということです

ひきつづきゲンキー様にも登場していただきますからよろしくお願いします



短いけれどクリックしよう
クリックしないと豚になる

http://blog.with2.net/link.php?310164

訪問者  320 272 275 232 392 427 321
投票者   60  62  72  62 76 71 73
ランク   20  21  20  22 23  24 17

本日は天候不良につき登山開始は順延します

やっぱり・・・



| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 00:11 | comments(3) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・1分32秒間のパパラッチ
ゲンキーが実家の方をながめていたので急いでカメラをとりに行った

三十秒ほどこんなかっこうをしていた



何を意識しているのだろう

こちらの気配を察知してごろにゃんを始めた









なんとなくわざとらしさを感じる

通りで音がしたのでそちらをみた



反応の仕方に子猫の雰囲気が残っている

近所の子供がバスケットボールの練習をはじめたのだ



猿はつまらんことをやるものだという風にオトナの雰囲気にもどった



ゲンキーを見ていたら日本の政治のことなどはばかばかしく思えてきた

でも書きたいことはまだまだある

クリックすればあなたが主役
クリックしないと豚になる

http://blog.with2.net/link.php?310164

訪問者  215 172 193 261 376 318 207 155 195 221 219 
投票者  80  77 77  88  104 99 101 87  95 110  79
ランク  13  14 14  16  14 13  13 14  10  10 16 

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 23:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・熱波ゲンキー

パソコンは回復しましたがしばらく使っているとダウンするのでひやひやしながら書いています

トン子さんがオレゴン州は熱波に襲われていると書いていますがバンクーバーの最高気温も31度を越しました


http://blog.goo.ne.jp/beavertonko/d/20090730


七月三十日(木) 

コンクリートの照り返しのあるガレージは40度近くです



裏庭の芝はパリパリに乾いています

パリパリ芝生のうえでゲンキーがのびています
 




そうかと思うと涼しい地下室でねてたりします



 
クリックすれば昼寝ができる
クリックしないと豚になる


http://blog.with2.net/link.php?310164

訪問者 255 215
投票者  68  80
ランク   16  13

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 11:05 | comments(3) | trackbacks(0) |
キ = チ ・ 後編

三年前に猫好きの知人夫妻が我が家に泊まったことがあります。ゲンキーはまだ外泊のくせがなく知人と一緒の部屋に寝ていました。

朝っぱらから知人達がげんちゃん、げんちゃんと呼んでいるのには笑ったものですがこのごろはおのまもげんちゃんとよびかけることがあります。そのときの気分でゲンゴローと呼んだりもします。


あの頃は暗闇の中にむかってゲンキーと呼ぶと走ってきたのですがこのごろは呼んでも滅多にきません。

「ゲンキーーー」と呼ぶのは哀願しているみたいで癪です。歌舞伎の掛け声のごとく短くいいます。 「タヤ!」(成田屋) 「ワヤ!」(音羽屋) 「ライヤ!」(高麗屋)、「ゲンキ!」

「ゲン」ははっきり云って「キ」は気持ち程度でほとんど聞こえません。だんだん進化してきて最近は「ゲンチ!」。

ある夜のこと裏庭の向こうにある小野の小道に向かって 「現地!」と云ったら珍しく姿を表しました。

ここまで来てストップ。



なんなのですかね、こういう距離を保ちたがる猫の気分って。

そうかと思うとブラシをして欲しいと云って体を摺り寄せてくる現金なゲンキー。



遠くからみると蛍(ほたる)のようでした。



「北バンクーバーの源氏蛍」・・・・げんちほたる



クリックすればキがチに変わる 
クリックしないと豚になる


http://blog.with2.net/link.php?310164


312人 710票 18位 


オレゴン州のトン子さんが 竹炭のはなしを開始しました。

どういう物語が展開するのか楽しみ♪

炭のことを英語でなんというのか。

チャーコールと答えたかたはご覧ください。



http://blog.goo.ne.jp/beavertonko


| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 01:45 | comments(5) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・去勢猫にすべきか

満三歳のゲンキーは傷が絶えない。動物病院でトムキャット(♂猫)は喧嘩をする、傷がもとで病気になることがある、去勢すれば喧嘩しなくなる、手術をしようと云われている。

切られ治るを何度もくり返している鼻は凄みがでてきた。




もうちょっとで左の耳がちぎれるところまでやられてジクジクしてたこともある。





写真には撮れなかったがこの時はのどにも深い切り傷があったので心配になり、ゲンキー、去勢手術をしてもらおうかと云ったらイヤーンと鳴いた。

ゲンキーが去勢という言葉を知ってるはずもない。斧魔が頭のなかで浮かべたイメージが伝わったのであろうか。

当人が嫌だというのだから手術はしないでおこう。


http://blog.with2.net/link.php?310164



クリックすれば手術をしない
クリックしないと豚になる




248人 819点 16位

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・ゴミ猫ゲンキー・マリリンモンロー
警告:未成年の方は入場禁止



「バンクーバーのテンキ」でみると二十度少々だが車寄せの壁にかかっている温度計は三十度を越している。コンクリートの照り返しがあるからだ。
http://www.theweathernetwork.com/

こういう日はゲンキーも家を出て行ったと思うとすぐ戻ってきて昼寝をしていたりする。



まだ寝ているかとおもって覗くといない。

あんなところにいる。



ゲンキーと呼ぶとふりかえった。



ゴミだらけである。




ゴミ猫ゲンキーが出来上がるまで:









ゲンキーは♂だがマリリンモンローを思い出した。




そういえばゲンキーの歩き方はモンローウォークに似ている。

モンローウォークといっても若い方は知らないか・・・

モンローは斧魔よりはるかにお姉さんであるが若くして死んだ。

いまや斧魔の目には可愛いお嬢さんとしか映らない。

George Barrisの撮った写真をみるとなおさらである。彼の写真はモンローのサイトにある。

モンローよりもゲンキーのほうがエロ度が高いと感じるのは問題であるなあ・・・・

誤解されるといけないから書いておくが斧魔に歩藻毛はない。

女性の裸を撮ったこともない。

平凡な人生を送ってきたなあ・・・


http://www.marilynmonroe.com/




モンローのサイトをクリックした方はこれもクリック願います


http://blog.with2.net/link.php?310164





クリックすれば可愛くなるがクリックしないと豚になる
507人 13位 1060点



| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・限界ゲンキー



犬猫病院での検査。聴診器を当てられようと体温を測られようと、暴れず
無言のままでいる...さすが、『侍猫』ですね。感心!感心!
聴診器を当てられたら「ゴロゴロ」と猫なで声を出し、先生に「困ったねぇ〜。
何も聞き取れないよ!」と苦笑いされ、体温測定では、大暴れをしたウチの
猫とは大違いですね(笑)。

| トン子 | 2009/06/08 11:14 AM |

 ★

ゲンキーの様子・・・かわいい〜っ!!!!
3年前も、今も! そして若い!!
我が家の姫猫達も、上手に身を隠しているけれど
ゲンキーのように長く観察したことがないので、どのようにして
お気に入りの場所を見つけるのか不明でした
そんな風に、色々試してみているのですね・・・勉強になりました
| 大内山 | 2009/06/11 10:06 AM |
 

おふたりから美しいコメントを頂いたので書きにくいのだが:

注射をしに入ってきたドクターが鼻をくんくんさせてゲンキーは猫運にもらしていると云った。



最初に病院へきたときにちびったのは全くにおわなかったのだが今回はキョーレツであった。

理由がある。前夜夕食を食べに帰ってきたゲンキーをそのまま外にださなかったので十五、六時間
我慢していたのである。





猫運を水洗いしてファブリースをたっぷり吹き付けて十日ほど風にさらしてようやく納まった。

一年後にまた注射だというが果たしてうつのが良いのかどうかゲンキーの身になって思い悩んでいる。




 
クリックすれば侍になる クリックしないと豚になる


http://blog.with2.net/link.php?310164

447人 970点 15位



三年前のこのときもどこかでやっていたのかもしれない


続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 02:35 | comments(1) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・落ち着かない
聴診、検温がおわったゲンキーの様子です:

三年前に我が家にやってきたときのように色々なところを移動しています


あの日、卓上ランプの後ろにかくれたのを思い出しました





椅子に乗ってからなどということはせずここから棚の上にジャンプしました





音もしないのになんで天井をみているのか分かりません





ふたたび床に降りて伸び上がっている理由もわかりません





こんなところをのぞくのは好奇心のせいでしょうか





おや、猫運に入っていきます。猫運にみずから入るのは初めてです




この写真を撮ったときにはまだゲンキーの置かれていた状況がわかりませんでした

 




 
クリックすれば事情がわかる クリックしないと豚になる


http://blog.with2.net/link.php?310164


16位 247人 910点



三年前の様子



続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 23:43 | comments(1) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・テレポ猫
動物病院から家に戻ってほどなくゲンキーは森の中に消えた。

ランチをたべずにでたのだが夕食時になっても帰ってこない。

たいがいは夕食をたべてから暗闇の中に消えそして朝早くに帰ってくるのが翌日の朝も昼も帰ってこない。やっぱり病院へ行ったのがショックだったのだろうか。

この頃はゲンキーが戻ってこなくてもあまり心配しないことにしている。猫には猫の生き方があるさ。

今晩も戻ってこないかと思っていたら夜八時頃にフーニャンと云って戻ってきた。一泊二日の外出であった。

えさをあげ、ブラシをかけ、今夜は家で寝なさいといって窓もドアも全て閉めた。

十時ごろになると表へ出せといってきた。しばらくゴニョゴニョ云っていたが相手にしなかった。ゲンキーは二階にあがっていった。

十一時、客間でドーンという音がした。椅子から飛び降りたのだろうか。大きな音だ。

二階に行ってみたがゲンキーはいない。居間にもいない。台所にも物置にもいない。床下の収納場所にでも隠れているのだろうか。

翌朝。台所の窓の外にゲンキーが座っていたのにはびっくりした。やっぱり外に出ていたのだ。

どこからも出られないはずなのにゲンキーが消えたのは前にもある。どこか抜け穴があるのだろうか。であればまたそこから入ってくれば良いのに。

あのドーンという音はなんだったのだろうか。テレポーテーションする時に出る音だろうか。テレポできるのなら台所の外で待っていることもないのだが・・・・





ソニーα200を左手だけで扱う斧魔のチョーゼツギコー




 
クリックすれば姿が消える クリックしないと豚になる


http://blog.with2.net/link.php?310164


16位 213人 790点

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 09:46 | comments(1) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・気合
 ブラシをする以外は触られるのが嫌いなゲンキーがおとなしく聴診器をあてられています。



体温計をシリアナに差し込まれても暴れません。




こういう検査は一瞬の気合でやるのでしょうね。




 
クリックすれば気合がまさる クリックしないと豚になる


http://blog.with2.net/link.php?310164


16位 377人 770点
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 03:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・動物病院三回目・船乗り

 ★
六月二日(火)。さいごの予防注射をうつためゲンキーを病院へ連れて行きました。 

猫運搬カバン、略して「猫運」には慣れたようですが車が動き出すと情けない声をだします。病院へ行くのが分かっているのか、それともどこか知らないところへ行くと思って不安になっているのか。

小さい時分から今に至るまで何度も何度も引越しをし、またいろいろな所に旅してきた斧魔ですが見知らぬところへ行くときには好奇心にくわえて恐怖心が生じます。恐怖心とはおおげさな。

日本に行っているあいだでさえもなにがしかのストレスを感じます。ストレスの本性とは一種の恐怖心なのだろうと思うわけです。

外猫ゲンキーにとっては見知らぬところへ行くことではなく猿のシステムに囚われることが恐怖を呼び起こすのかも知れません。


病院で待っていると先客・♂が「猫運」とともに診察室からでてきました。猫運を見てびっくりしました。ゲンキーがいる!

その人もゲンキーが入っている猫運をみてビックリして云いました。ふたりの父親はセーラー(船乗り)だ!

写真を撮っていいと云うので車からカメラをとってきてパチリ。

 

写真を撮りやすいように扉を開けてくれました。ゲンキーだったら飛び出してくるでしょうがこちらさんは奥に引っ込んで動きません。





ゲンキーとツーショット。




動物保護センターから貰った猫♂、推定年齢四歳四ヶ月、外にでるのは一日に一時間くらい、家から二十メートル以上は離れない、他の猫との折り合いは悪いとのことでした。




クリックしたら恐くない クリックしないと豚になる


http://blog.with2.net/link.php?310164


二十一位 247人 660点

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 23:34 | comments(1) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・動物病院初体験 4

病院には約束の時間より十分はやく着いた。



↑右端の車は馬のような大きな動物を運ぶ車である。

その隣に並ぶのはボルボ、マツダ、スバル、ジープ。




ボルボはイギリスのグラスゴーで借りたことがある。ハンドルが重くて運転しにくかった。

あの時はセントアンドリュース、グレンイーグルスでゴルフをした。いずれも90台のスコアであったがグレンイーグルスを二度目に回わりはじめたら突然ショットがおかしくなった。1992年から数年続いた不調の始まりだった。

あのとき知人が手配してくれたホテルは高かった。http://www.gleneagles.com/home


マツダは二年前に数日借りたことがある。運転しやすかったがメーター類がみずらかった。

1985年バンクーバーに赴任して買ったのはスバル・レガシー・ワゴン。スキーに良いからそうしたのであるがレガシーより上級のトヨタ・カムリ(2000CC)に乗っていた部下は荷物車ではないですかと馬鹿にした。

その頃日本人の駐在員が乗る車といえば大きなアメ車かトヨタ、日産、ホンダだった。日本の駐在員が初めて買ってくれたとスバル社のひとが喜んでいた。小川さんといったっけ・・・

当時の社用車はOldsmobile 88 。ボルボと対称的にハンドルが軽く人さし指で回った。しかし車体の大きさが禍(わざわい)して運転はしにくかった。

トロントでスバルのクラッチがいかれた。何度か修繕してスバル社のメンテ態勢の弱さを痛感した。トヨタ社の経営姿勢を改めて見直した。

スバルからジープ・チェロキーに替えた。磁石がついていてどちらに向って走っているかが分かるのが便利だった。バンクーバーは知らない道に迷いこんでも山が見えるので方向が分かるが平坦なトロント近辺ではときどき反対方向に走ることがあった。

チェロキーの音響システムは同じ日に届いたレクサスのよりも良かった。チェロキーはアルパイン、レクサスはナカミチだったろうか。

トロントでレクサスを初めて買った日本人もおのまであったがこれは会社の車。レクサスが出るずっと前からカナダトヨタの副社長から買って欲しいと懇請されていた。そんなぜいたくな車を買えるものかと思っていたのだが思いがけず銀行が合併して社長車が二台になったので二台とも売って買った。お釣りが出た。この買い替えについてはのちに日銀総裁になるM氏の駄目さかげんを痛感するバカバカしい話があるのだが長くなるから別の機会にする。

レクサスはキャディラックやリンカン・タウンカーに比べて断然運転しやすかった。雪には弱かった。

次の車を上の中から選ぶとすれば・・・燃費、雪道を走ることを考えてスバル・・・


中に入るとご婦人がテリヤと一緒にいた。犬を三匹飼っている、いま一番大きな犬が検診中だという。

猫と一緒に暮らしたことがあるという四歳の♀テリヤは床に置いた猫運カバンに突進して尻尾を振った。



カバンの中からゲンキーはフシャーといってテリヤを威嚇した。



ゲンキー、仲良くしなさいと言い聞かせたら大人しくなった。網越しにゲンキーとテリヤとが向かい合ったまま十数分。前回きたときは大型犬と向かいあった。犬に慣れるから病院に来ることは教育上良いことである。

表に駐車してあるボルボから犬の声がした。うちのだといってご婦人がいったん出てまた戻ってきた。

医者が診察室からでてきてご婦人と話しをしている。ドアの向こうに診察台に横たわっている犬が見えた。

診察に時間がかかりそうだとみたご婦人はテリヤを車に置きに行った。暫くすると車がビービ−鳴りはじめた。車の中の二匹が防犯センサーに触ったらしい。ご婦人を呼び戻そうとしたのかも知れない。


ゲンキーが診察室にいたのは五分ほどだった。腰と肩に注射をしたがおとなしかったという。今度は三週間後に注射するそうだ。帰りぎわに去勢した方がよいと云われた。I understand.と応えたがゲンキーを去勢猫にするつもりはない。

そもそも予防注射がはたしてゲンキーにとって良いことなのかどうか半信半疑である。おのま自身が予防注射を十年もしていない。豚風邪のワクチンができたって受けない。注射をしないとゲンキーがエイズにかかるかもしれないという脅しの論理に負けたが去勢猫にしないと喧嘩するという脅しには負けない。

昨日のNHK日曜討論で自民党の河村 建夫(かわむら たけお)官房長官が国民に冷静な行動をお願いするというようなことを云った。政府がいたずらにパニックを煽っていると思っていたので思わず笑ってしまった。

かように麻生チームの マッチポンプを笑うことができるのは斧魔が去勢猿でないからである。


マッチポンプとは「マッチで火をつけておきながら、それをポンプで消す」というように、自分でわざわざ問題を作り出しておきながら、そ知らぬ顔で、自分がそれを解決することで賞賛や利益を得るあくどい自作自演の手法を意味する和製英語である。マッチ(match)は元は英語、ポンプ(pump)は元はオランダ語である。(出典・ウイキペディア)

本日 25位 570票

http://blog.with2.net/link.php?310164

↑クリックしないと豚になると云われても気を悪くしないあなたは大物


| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 00:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
ゲンキー記・動物病院初体験 3
五月十二日(火)。 

あれから二週間たち追加の予防注射をするためにゲンキーを病院へ連れていく日がやってきた。客間で寝ているゲンキーのところに出向いて言い聞かせる。今日は注射の日だからね。嫌だろうけれど病気にかかるよりはいいだろう。

案外おとなしく猫運びカバンに入ってくれた。車の中に運び込むがおとなしい。状況が分かっているのだろうか。

しかし車が走り出すとミャーミャーと鳴きだした。いかにも心細いという情けない鳴き方である。ニンゲン年齢に換算すると二十八歳だとはいうが実際は三歳、やはり子猫である。

プラスチックでできた猫運びカバンからゲンキーが逃がれるすべはない。ニンゲンがつくったシステムに囚われて絶望の気持ちを抱きながら生きている動物が数限りなくいることを思い胸が痛んだ。

普段は堂々としているゲンキーがいまは哀れきわまりない。頼れるのはおのまパパだけ。心配しなくて大丈夫だよ。お前が病気にならないために注射をしにいくだけだから。すぐ帰ってくるんだから。などと声をかけ続けていたら静かになった。家から病院まで五分。

おとなしくしているがやっぱり不安なのだろうか。


本日 25位 580票
http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックしないと豚になる

↑ゲンキーがこのような悪魔的な顔になることは現実にはない


前回の模様は
続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・テレパ関係
外猫・ゲンキーと内猿・斧魔はできるだけ干渉をしないようにしている。

斧魔は食事を出し、ブラシをかけ、ホット手ぬぐいで体を拭くことを除くとあとはゲンキーに近づかない。ゲンキーも斧魔がパソコンに向かっているときに邪魔をしなくなった。

家の外で仕事をしていると何処からとなく現れることがあるが目の前でゴロニャンとニ、三度ひっくり返って又どこかに消える。

ゲンキーが鳥やネズミを捕まえてくると以前はほめてあげたのだがこの頃はそういう偽善的なことをしないようにしている。おとといも黙っていた。

http://onomar.jugem.jp/?day=20090510

↑のブログを書いているときにゲンキーがやってきた。



獲物を獲ってきたあとのゲンキーはどことなく自信にあふれている。



獲物を見たかと云うのでおお見たぞと応えたらゲンキーはノソリと立ち去った。

三年でもって外猫と内猿とはテレパで通じる仲になっている。


http://blog.with2.net/link.php?310164

27位 480票

斧魔のテレキは弱いと侮ってクリックしないあなた、かかるカモン・・

 豚

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 00:57 | comments(1) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・テレパ
ただいまは五月九日(土)朝


日本では去年からインフルエンザのことを「インフル」と略しているという。当地では前から「フルー」である。

インフルって言いにくいからフルーでよさそうなものだが何故そうしないのか。

こう考えた秀才がいたのである。

インフルになったというとなにか利口になったみたいな感じがするではないか。インフル、インテル、インテリ・・

フルーになったというとなにか馬鹿になったみたいな感じがするではないか。フルー、フール、フルーイ・・・


「豚インフル」のニュースをはじめてみたのは日本の報道であった。豚インフルを英語ではなんというだろう。

ピッグフルー?
ポークフルー?

テレビを見たらスワインフルーといっていた。

スワイン・・・

酢になったワイン・・トロント時代、ある中華料理店で出てきたことがある。ワインに文句をつけない斧魔であるがこの時ばかりは替えてもらった。

イをとると・・・スワン・白鳥・・

スワンフルー・・・素敵・・ワンダフル・・・・

スワンダフル・・・'S Wonderful・・・ガーシュイン・・

http://www.youtube.com/watch?v=6mM2HkNE1nA



「ぶたインフル」より「トンフルー」の方がいいではないかとは思わなかったが「新型インフル」とはまた芸がないことよと思った。

ウイルスなるものは次々と形を変えていくというから「新型インフル」はこれからも現れるだろう。

数字を使ってみる? 新型インフル一号、新フル二号、フルー009・・・


日本にいる夢をみた。

知らない家の外にいる。

広縁がついているとはいまどき珍しい。温室の雰囲気がある。

中を覗くと知人が本を読んでいた。

ほうここに住んでいるのか。

昔の家を取り壊して建て替えたと云っていたがこれは昔の家ではなかろうか。

庭は手入れが行き届いている。

猫が二匹現れた。

毛並みが良い。

猫の数メートル前に黒っぽい鳥がチョンチョンと跳び歩いている。

猫はそろそろと鳥に近づいていくが距離を縮めることができない。

猫の前方にある植え込みの中からゲンキーがでてきた。

二匹に比べると毛並みが乱れている。

鳥を襲うのに丁度良い距離だ。

ここで目が覚めた。



目が覚めて二階の客間に行ったらゲンキーが戻っていた。春になってからというもの昼間は家の中で寝ていて夜になると外出し朝方帰ってくるというパターンが続いている。

夢でみたように毛がみだれていた。



台所に行ったら夢の中でみた鳥がいた。



ゲンキーと斧魔はテレパでもって通じていたらしい。


テレパとはテレパシーのこと。テレキはテレキネシス。テレポはテレポーテーション。

いずれも斧魔がたった今使い始めた略語である。

テレキには「念力」テレポには「瞬間移動」という日本語があるがテレパには良い日本語がない。毒新緑、いや「読心力」とか「遠隔精神感応」というのがあるが今ひとつ人気がない。

「読心力」 目の前にいる人の心を読むという感じがあって狭い。
「遠隔精神感応力」 読心力からわかるように目の前の人との精神観応もあるから遠隔はどうか。だいいち長すぎる。短縮して「遠神力」・・・

「透視」「千里眼」という素晴らしい日本語は「クレヤボヤンス」に使われる。

テレパ・・く離れていても景色がえる・・・・遠視・・・


耳の不調が始まったころから落ちていったランキングは相変わらず上昇しない。

この際テレキを働かせて読者全員にクリックしてもらおう。

抵抗しても無駄だ・・

あなたは押す・・

クリック!! 

シュワッチ!!



http://blog.with2.net/link.php?310164

本日28位 410


そこのあなたクリックしていないあるな・・・
悲しい

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 00:57 | comments(0) | trackbacks(1) |
ゲンキー記・動物病院初体験 2
ゲンキーも病院初めてですか。診療台の上でダップンしないように気をつけてください。

| 眠り猫 | 2009/04/30 3:28 PM |



ステンレスでできている診察台の上にメッシュのマットが敷かれています。その上に乗せられたゲンキーは驚きの表情で目が丸くなりました。液体を少々ちびりました。嗅いでみたらニオイはゼロでした。

診察台がそのまま体重計になっていてゲンキーの体重=5・7キロとでました。おのま@銀行員の十分の一。転職して64キロに増え、独立したあと一時70キロになり自分が重く感じられ目下は64キロで安定。身長176センチ。わが世代にしては均整がとれていると自画G3。


若い医者♂と話しました。

トムキャット(tomcat=♂猫)は喧嘩をするから傷が絶えない、傷から病気になる、エイズにもなるという実に分かりやすい脅しに納得し健康診断をするために血を採取することと予防注射をすることに同意しました。

ゲンキーはそのまま別室に連れていかれたので詳しい様子はわかりませんが十分か十五分で終わるといわれたのに三十分ちかくかかったところから推察するにかなり抵抗したのではないでしょうか。

ニンゲンがつくったシステムにいったん囚われると猫も犬も抵抗できません。地上でいちばん残酷な生き物ニンゲン。


おとなしくなり喧嘩をしなくなるから去勢をするのが良いと薦められましたがそれは人間のリクツではないでしょうか。

本人の同意がなければ手術をしないのが人間界の慣わしだとすれば猫の手術だって同意を得るのが筋です。

「どう去勢猫になりたいかい?」
「なりたいわけねえだろ。フーッ!!」

ということで去勢手術はうけさせません。


病院のショックを癒そういうのかとゲンキーは書斎の押入れにもぐりこんでしまいました。



・・・・・

十日ほどしたら追加の予防注射をする予定になっています。


ちなみにノミはいない、抜け毛は心配ない、フケは皮膚が乾燥しているせい、ベーコンの脂身を食べさせたらよいとのことでした。

晴れ http://blog.with2.net/link.php?310164

本日二十六位 550 点 

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 04:41 | comments(1) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・ 動物病院初体験 1

はやいもので母の日がくるとゲンキーは満三歳になります。

「猫年齢」でググル:
 
2歳=23歳 オス猫の発情期がさかん。ケンカによる怪我や感染症に注意!
3歳=28歳 オス猫のサカリ全盛期。ケンカによる怪我や感染症に注意!
4歳=32歳 毛のツヤも最高!まだ若い。貫禄が出てくる。活発に行動する。
5歳=36歳 運動能力が低下してくる。犬歯が衰え始める。
6歳=40歳 肥満が増える。白髪が混じる毛色が薄くなる。腎不全に注意!


一日の大半を外で過ごしているゲンキーは元気一杯の子供だと思っていましたが人間にすると28歳ですか。


28歳。オノマは東京から大阪に転勤。

いそいでサラリーマン時代をふりかえる。リーマンと省略すると語感がよいので使っていたがリーマン・ブラザーズが有名になったのでやめ。

見知らぬ土地に移るたびにサラリーマンは情緒が乱れそして図太くなっていく。

いちばん図太くなったのは中東の長期出張。斧魔は基本的には親切にできているが世の中にはそうでない猿がワンサといることに気がついた。この十年そういう猿が日本にたくさんいるのが見えてきた。


ゲンキーの毛並みが乱れてきたのはくさやのゲンチャンで帰ってきた一月あたりからでしょうか。その頃は週に二、三度の頻度で毛をすいていました。

三月のある日スキーのリフトで一緒になった人が自分も猫を飼っている、毎日ブラシをかけてると云うのでゲンキーにも毎日ブラシをすることにしました。

それまでは猫と毎日戯れてると隠居G3になるのではなかろうかという潜在意識があったような気がします。ゲンキーにしたって猿からあれこれ構われるのはうっとおしいだろうという気配りもありました。

毎日ブラシをかけること二ヶ月。チョー隠居G3になっていく斧魔・・・

世の中には若いうちから猫にかまけてる人がいますがダイジョービ? もしかして日本国家はどうあるべきかなんて考えたりしないのでは? 朝鮮のロケットを撃ち落せと聞いてそうだそうだと思ったんじゃね? あの辺から人気ランクが下がったから大いにありうるにょお。



朝鮮のロケットを撃ち落せって、はっつぁん朝から威勢がいいねえ。
なにロケットが落ちてきたら危ない。
なるほど、絶対に落ちてこないとはいえないねえ。
結構、おやんなさい。
日本の上空を飛ぶものは危ない。
七月に予定されてる韓国のロケットを撃ちなさい。
若田さんに言ってアメリカの偵察衛星を爆破してもらいなさい。
鳥インフルエンザがこわい。
飛んでる鳥を撃ちなさい。
ブタインフルエンザがこわい。
とんかつやに火をつけなさい。



朝鮮と日本との関係はおのまが生きているあいだ変わらないのでしょうかねえ。平壌(ぴょんやん)と福岡の距離はバンクーバーとバンフの距離だというのに。

美根日朝交渉大使が退任「後任は未定」
2009.4.28 21:21
政府は28日の閣議で、美根慶樹日朝国交正常化交渉担当大使が30日付で退任する人事を決めた。併任していた朝鮮半島エネルギー開発機構担当大使の辞職に併せた。後任はいずれも未定。

美根氏は平成19年9月にモンゴル・ウランバートルで再開された北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議「日朝国交正常化」作業部会に日本政府代表として出席するなどした
(出典産経)

作業部会に日本政府代表として出席するなどしただけ?

沖縄担当大使や朝鮮担当大使という役職は廃止するのがよい。問題を解決する気はゼロ、無難に過ごすことしか頭にない閣下たちに給料を払うようなぜいたくができる国ではない
(出典 木霊の宿る町 2008・8・4)

原口幸市閣下も美根慶樹閣下もお給料にみあった仕事をしたとは思えない。拉致問題は自分が解決すると言った安倍晋三や福田康夫あるいは外人との交渉に強い斧魔猿を朝鮮担当大使にしたらよい。
(出典不明)


脱線。


猿から構われるのはうっとおしいだろうと気配りしてたのに何のことはない。ゲンキーにブラシと声をかけるといそいそとついて来ます。



ゴロンというと寝転がります。



おいおい、猫のくせに猿の云うままになるのかよ?ジョージ猿のいうままに踊ったコネズミみてーだぞ。

ノドが快感スポットのようです。背中や尻尾はいやがります。




四月二十八日。

昨日のゲンキーはフケがたくさん出ていたので病気ではなかろうかと心配になりました。

だいぶ前からブラシをしながら今度病院に行こうかとささやいてきたので心の準備はできているだろうと思い動物病院に連れて行きました。ゲンキーにとって初体験です。


車に乗せるのはこれで二度目。病院まで二キロほどの距離ですが不安そうでした。

病院に入ると逃げ出そうとしたので猫運び箱(というんですか。持ち運びできる檻)を借りました。猫運び箱へ入れるようとして首や腕をひっかかれました。

みるにみかねた受付の女性がでてきてゲンキーの首をむんずとつかみあっさり入れました。なんと乱暴なことをすると思いましたが考えてみたら猫や犬の親は子供の首をくわえて運んでいますね。

でもゲンキーは猿からあんな風に扱われたのは初めて。自尊心が傷ついたんじゃなかろうか。

晴れ http://blog.with2.net/link.php?310164

本日二十六位 610 点 

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 05:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・ほっかむり
ゲンキーに何度か首輪をつけましたが全部なくして帰ってきました。そういうものをつけるのがいやなのでしょう。そういえばオノマもネクタイをつけるのが嫌いです。そういう気持ちを汲んで首輪をしなくなって随分たちます。

猫ジャラシには生まれて三ヶ月もたたないうちに反応しなくなったので一緒に遊ぶこともありません。




毎日えさを上げてブラシをかけたらあとは無関係。最近は家に帰ってこようとこまいと気にしません。すべては自己責任。

でもそばにきて座っているのをみてると構いたくなることがあります。嫌がるかなと思いつつやってみました・・・



まんざらでもなさそうな顔をしているのを見るとたまには干渉してあげるほうが良いのかなとも思います。



本日十八位。クリックするかたは自分の運勢よ良くなれと念じましょう晴れ 

http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 05:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・暖房の音
三月二十六日(木)

地下室の洗面所の天井に暖房の噴出し孔がついていて時々温かい空気がでてきます。空気が出てくるたびにゲンキーは見上げます。





鼻の傷痕はうすくなってきました。



三月十七日の写真を再掲:


本日十八位。クリックするかたは自分の運勢よ良くなれと念じましょう晴れ 

http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・春場所
日本のことを書いていたら少しばかりむなしくなってきました。

気分を変えてゲンキーの近況を書きます。

ここ数日ゲンキーは大相撲の放送がおわる朝二時になっても戻ってきません。翌朝七時頃起きると戻っています。

三月十七日(火)朝七時。何かありそうな様子です。



新しい傷ができていました。左利きの猫にやられたのでしょうか。今回のはかなり深い。



猫も春場所・・・


昨日の訪問者は797人と急増しましたがクリックしたひとは252人から223人に減りました。6位との差はほとんどありませんがいまだに5位を保ってるのが意外です。 



http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 17:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・長井せりさんとの関係
三月三日(火)グラウスで長井明・せり夫妻と一緒になった。明さんは仕事がいそがしく今シーズン初滑りだという。



二人ともこの界隈では珍しい派手なウェア。

雪がはげしくなったので十時半にスキーをやめ、ふたりに我が家に寄ってもらった。

せりさんは猫が好きである。猿嫌いの気味があると思われるゲンキーであるがせりさんには大人しく抱かれる。




http://blog.with2.net/link.php?310164

本日20位





続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 14:44 | comments(4) | trackbacks(0) |
デフォルメ猫
日本にいるあいだに一度だけゲンキーの夢をみました。

おお、ゲンキー元気かいと声をかけた途端に目がさめたときに覚えたゲンキーの姿は全体が猫としてまとまっておらず、太い筆でもって三、四本の線をささっと書いたような感じでした。

家にもどり荷物をかたづけて一時間。おもては雨。車寄せに出るドアをあけてゲンキーと大きな声でよんだら車の下からフーニャーンといって飛び出してきて体をすり寄せてきました。

以前にくらべて動作が微妙に違います。背中をまるめて伸びをするときの感じがごつごつしており、階段や机の脚に体をこすりつける時はバランスが悪そうです。

台所の窓にすわっていたところをパチリ。



どことなく崩れているような感じがしませんか?

何枚かとった写真の中にこんなのがありました。



夢でみたのも目がゲンキーの動きについていけなかったということかもしれません。


自分の運勢良くなれ♪

http://blog.with2.net/link.php?310164

本日22位
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 02:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・雪の道オノマを虫ってナジがいく

一月十九日(月)ゴミ収集の日。

ゲンキーの妹ナジーが雪道を歩いていました。



声をかけましたが無視されました。




ちなみに上の写真の左に写っている看板はもう半年以上出たままです。

230万ドルで売り出されたでびっくりしたことを書いたことがあります。

http://onomar.jugem.jp/?day=20080123

今は200万ドルに下げています。

当時は1カナダドル=100円  230万ドル=2億3千万円
今は1カナダドル=70円    200万ドル=1億4千万円

9千万円の値下げです。

ことしは久しぶりに日本の方がカナダを買うのに良い年かもしれません。念のために当地の不動産会社のサイトを貼ります。

http://www.remax-selectvanbc.com/

ここ数年でバンクーバーの不動産は高くなりましたが一千万円台の物件も載っています。

一番高いのは十億円のコンドですがこれの写真をみながらステージングなるものを考えていました。


ナジーの話。

ナジーはいつもならこちらに寄ってきます。雪の上でゴロニャンをすることもあります。雪の上でゴロニャンなんて最大のサービスでしょう。

この日オノマを虫ったのはなにかしっかりした目的に向かって歩いていたのでしょうか。猫でも猿でも何かにむかってひたすら進んでいる姿をみるとジーンときます。

「虫った」・・・もしかしてオノマが最初? これいじめに使える。ブタマンのいうデタラメなんて虫っちゃえ・・・。

ダボス会議で財政出動は間違いだ金融政策で経済危機に対処すべしと云ってきた由。さすがは大胆にして粗雑なタケナカ・キョージュ。

金利を下げたって経済活動が活発にならないことがあることをキョージュは知らないのであろうか。もいちどケーザイの基礎勉強をやり直したほうが良いのではなかろうか。

キョージュに質問!! 

いまの状況において金利をゼロにしたらトヨタやソニーが黒字に転換して税金を払えるようになるのでしょうか。

質問!!

いまの状況において金利をゼロしたら失業者が減って税金を払えるようになる人が増えるのでしょうか。  

質問!!

2007年3月に郵政公社が東京の不動産開発会社に1万円で売却した鳥取県岩美町の「かんぽの宿」が半年後に鳥取市の社会福祉法人に6千万円で売却されたそうです。これは郵政公社の背任行為という経済犯罪ではないでしょうか。


質問!!

キョージュは1万円が6千万円になった取引に絡んでいますか。かんぽの宿をオリックスに一括売却することに犯罪性を感じませんか。

あのキョージュが金融担当大臣や総務大臣をやっていたのだから日本は救われない。話はとぶが郵政公社総裁・西川善文も退陣どきである。理由は長くなるから省略するがコネズミ時代の総括を急がないと日本はホントに逝く。

日本が逝ってもオノマは平気だけどオノマの子供たちは困るだろうな。銀のサジをくわえて生まれてきたとは云わないけれどあやつらは難民の経験はおろかひもじい思いさえしたことがない。我が家がロシヤ兵に踏み込まれ、歩いたり、貨車に乗ったりしてようやく着いた港では先を争って船に乗ろうとする大人に小突かれて海に落ちそうになったりしたオノマと比べたらチョーヤワに出来ている。




ナジーの話。

去年の十月十三日。

ゲンキーを六分間パパラッチして姿を見失ったので家に戻ろうとしたらナジーがいたので声をかけたら挨拶しにきてくれました。








ナジーを初めてみた時は不細工な子だと思ったのですが今はなんともいえない魅力を感じます。

うちの子にならないかいと時々誘うのですが、フン、今ごろ遅いわよという感じで行ってしまいます。



ナジーはバックシャンだなあ。 

バックシャン・・・死語?。


本日16位

クリックされる方は自分の運勢良くなれ♪と念じましょう。

クリックしない方も念じたらいいです。


http://blog.with2.net/link.php?310164



52位 Shabby Houseに「ステージング」の説明が出ています。家のほかにも使えそうな言葉です。

ダボス会議が開幕 経済危機打開へ議論
2009年1月28日21時30分

 【ダボス(スイス東部)=尾形聡彦・朝日新聞】世界の政府首脳や企業経営者らが国際問題を話し合う「世界経済フォーラム(WEF)」の年次総会(ダボス会議)が28日開幕した。過去最高の2500人超が参加する。金融・経済危機の真っただ中での開催で、打開策をどこまで具体的に話し合えるかが焦点になりそうだ。

 「今回の会議は、40年近い歴史のなかで、最も重要なものの一つだ」。WEFのクラウス・シュワブ会長はこう強調する。

 28日朝は、08年の経済崩壊は1930年代の世界恐慌に匹敵するとの見方が出ているとして、「新たな経済の時代」と題する討議を開始。世界銀行チーフエコノミストのジャスティン・リン氏が危機回避のために「世界各国が協調して財政出動を行う必要がある」と訴えたのに対し、日本から参加した竹中平蔵・慶応大教授は「財政出動の必要性は否定しないが、金融政策で対応することのほうがもっと大事だ」と応酬した。

 2月1日までの期間中に、中国の温家宝首相、ロシアのプーチン首相、英国のブラウン首相ら、昨年の倍近い約40人の世界の政府首脳が出席する見通し。日本の麻生首相は31日に演説する予定だ。今年は金融界からの参加者が例年ほど目立たない一方で、政府関係者の出席が増えた。危機対応に困った各国政府幹部らが「ダボス頼み」になっている様相だ。

 ただ、肝心の米オバマ新政権からは、サマーズ国家経済会議(NEC)議長らの出席がキャンセルになり、大物は参加しない見通し。危機震源地の政策責任者が出席しないことで、議論が深まるかどうか懸念が残る。
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 15:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・雪の夜またも外泊くさやでもどる
★一月二十七日(火)の明け方から雪が降り出した。

雪が降るとゲンキーは外泊するというパターンがあるのではなかろうかと思ったのがあたりその夜は戻ってこなかった。

二十八日(水)朝。駐車場に猫らしき足跡があったがゲンキーのものかどうかは分からない。

昼過ぎになって戻ってきた。まる一日の外出だったのだがまたもやのだめカンタービレ・くさやのゲンチャンだった。

http://onomar.jugem.jp/?day=20090116

ブッハー、ホット手ぬぐい、ホット 手ぬぐい!!!!びっくり

ゲンキーを左肩の上にのせて地下のシャワー室へダッシュ。

ゲンキーが生まれてまもないときに左肩に上がってきたことがある。それ以来オノマの左肩はゲンキーにとって居心地がよいのかもしれない。おとなしいものだ。


2006年6月4日。

子猫を見せると云ってマヒンさんが二匹の子猫を家のなかから持ってきた。そのときは名なしだった二匹、今♂はゲンキー、♀はナジーと呼ばれている。

ナジーをみているあいだにキャッキーがゲンキーをくわえて家のなかへもどろうとしていた。



キャッキーからとりあげたゲンキーを抱かされたオノマは内心迷惑であった。



手からぬけだして胸の上にあがってきたときは気味が悪かった。



はてな? 毛の色からみてオノマによじのぼっているのはナジーみたいである。あのときゲンキーは抱かなかったのだったろうか。

ナジーを抱いているあいだにキャッキーがゲンキーを家の中にもどしたのだったろうか。


ホット手ぬぐいで何度か拭いたあとブラシをかけた。すごい量の毛が抜ける。



体に植物の葉がついている。体がかゆくて草の中を転げまわるのだろうか。そういえばこの匂いは山椒(さんしょう)に似てないでもない。

それにしてもお前ホントくさやだねえといったらテヘ、メンボクネーと云ってアタマをかいた。



そういう殊勝なゲンキーであってホスイ。

おや傷が増えてるね。



血の色が残っている。



傷はついているが負け猫という哀れな風情はまったくない。良い勝負をしたのだろう。


あなたはどこにいる。

カナダ、ユーコンテリトリー、ホワイトホースに旗が立った。

先日オーロラ観光のために日本からやってきた人と会ったのでその人かもしれない。

オノマはオーロラを見たことがない。バンクーバーでも稀に現れると聞いたことがある。

あのあたり今ごろは零下二十五度とか三十度である。

零下二十五度を初めて経験したときはそれほどでもないと感じた。そういう体感はべつとして五分もしないうちに体の芯までが冷えていくからあまり外出はしないほうが良い。

そういうときは暖房完備のコンドミニアムの中にいても窓から冷気が襲ってくる。雪女に息を吹きかけられるシーンを思い出したものだ。

「雪女」とか「鶴の恩返し」とかいう怪奇話にでてくる♀はとても魅力的である。それにくらべて♂はなんと愚かなことかと歯がゆく思う。それからふたりは仲良くくらしましたとさ、めでたしめでたしという話よりは好きなのだが。


本日16位

クリックされる方は自分の運勢良くなれ♪と念じましょう。

クリックしない方も念じたらいいです。


http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・濡れ猫
ゲンキーの体はホット手ぬぐいで拭いています。シャンプーをするとパニックになりますがホット手ぬぐいだと大人しくしています。

ホット手ぬぐいを思いつくまでの一年半にゲンキーが体験したシャンプーは四、五回です。四ヶ月に一度。ゲンキーが嫌がる様子を見てるとなにか拷問をしている気分になるのでなるべくやりたくないのです。

それがことしは半月の間に二度。ゲンキーの運勢悪し。クリックしないからだ(笑)。

ことし二度目のシャンプーのあとの写真です:

濡れ猫のためにヒーターを置きました。



半乾きになったところでテーブルの上に移動しました。ここで寝るのはこれが初めて。ゲンキーの一夜干し。



居ないと思ったらクッションの中にもぐりこんでいました。



体は乾いたものの寒いのでしょうか。



それにしても雨の夜をどこでどう過ごしたのか。

もしかすると生ゴミの中? ゴミは発酵するときに熱を出す・・・



十一位。

正月の呼びかけに協力していただきありがとうございました。暗闇にむかって呼びかけた感じだったのが二十位から四位まで変化したのでコーフンしました。ひとりひとりの思いが集まって大きな力になる。皆様の善き思いを集め日本を良い国へと戻してください。

ひきつづきクリックされる方は「自分の運勢良くなれ♪」と念じましょう。継続は力です。


http://blog.with2.net/link.php?310164

42位の「猫又新聞」というイラスト入りのブログをときどき見ます。二日まえには白い猫の写真がありました。尻尾が細い。ゲンキーのような太い尻尾は例外でしょうか。


あなたはどこにいる。

フロリダに旗が立ちました。フロリダには知人の音楽家が三人いますが、はて彼らだろうか。
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・のだめカンタービレ

何人かの方からゲンキーはどうなったのかという問い合わせがきたので返事をだしたところブログにも書いたほうが良いというメールをいただきました。ちなみにオノマのメルアドはProfileに載っています。


内田百痢覆Δ舛世劼磴辰韻鵝砲箸い小説家が飼っていた猫(たしかノラといった)が帰ってこないことを書いたエッセイがあります。

ひどく大げさに嘆いているので読んでいてしらけました。「オー、いとしのノラよノラ、お前はいったいどこにいる」と宝塚歌劇風。オノマ、宝塚とか甘いデザートとかが苦手。

百里遼椶鮹気靴討い襪Δ舛忙間がたってしまいました。一冊見つかりましたがその中にノラの話は入っていません。


雪の中へ飛び出したきり二晩たっても帰ってこないゲンキーがどうなったかについて四つのシナリオを考えたことは既に書きました。

いろいろな思いが浮かんできました。

どのシナリオなのかあれこれ考えても意味がない。

もともとはゲンキーが居なかったのだから戻ってこなくてもいい。

ゲンキーがいるときは心の中にある声が素直に出てくる。

いないと無言の時間が増えて認知症が進む。(認知症の症状なるリストをみると当てはまる項目がいくつかあります)


百里里茲Δ覆澆辰箸發覆い海箸呂垢泙い隼廚辰討眩喙佐兇暴韻錣譴撞なは落ちていきます。このブログをやめようとさえ思いました。

本日は一月十四日。

いまだにブログが続いてるということは・・・

はいゲンキーは戻ってきました。


ゲンキーが出ていって三日目。前日から雨。気温があがったとはいえ薄ら寒い。

昼前、びっしょり濡れたゲンキーが台所でがつがつ食べていました。



抱きあげると夢でみたように軽くなっていました。二泊三日の外泊のあいだ余り食べなかったようです。玉の輿ではなかった。


でもって・・・・むむむむ・・・・これはなんだ・・・931・・・

おい、ゲンキー、もしかしてスカンクの家に泊まってたんか?


暮にオノマがシャンプーをしたばかり。恨みを一身にあびるのは愚。今回はくみちゃんが担当。

シャワー室から叫び声が聞えてきます。

イヤーンイヤーンと叫びながら猫が猿の背中に飛び乗りシャワー室から逃げようとする。背中に爪を立てられた猿がギャオーと悲鳴をあげる。

ふふふん。


小型のヒーターで乾かしてあげます。



ゲンキーは機械の音が嫌いです。半乾きだというのに場所を替えました。



なんだよその目・・・


すっかり乾いたあと、ゲンキーはパソコンに向かっているオノマのところにやってきて左腕に頭をのせやさしい目でオノマを見つめました。ボクはダイジョーブだから外泊しても心配しないでくれと云っているかのようです。

その夜は我が家で寝ましたが朝になるとすぐ雨のなかに飛び出しその晩も帰ってきませんでした。

あれこれ心配しても仕方ない。帰りたい時に帰ってくれば良い。どこかで生きていてくれれば良い。

こんどは一泊二日で帰ってきましたがまたもクサヤのゲンチャン。

オノマが洗いました。

猫は猿の背中に飛びのって脱出を試みました。シャワーのホースが跳びはねて猿はずぶぬれになりました。



千秋(ちあき)が叫ぶ。 のだめ! 最後に風呂に入ったのはいつだあ ♪


本日八位

クリックされる方は「自分の運勢良くなれ♪」と念じましょう。継続は力です。

http://blog.with2.net/link.php?310164

Shabby House 47位。トン子さんたち玄関のタイル張りが終わったそうです。同じようにやりたいと思いながら実行に移さないオノマはオチコボレの気分。


あなたはどこにいる。

オーストラリヤに旗が立ちました。行ったことありません。

福島市。郡山に十年住みましたがそのころ福島に行ったことがあったかどうかを思い出せません。郡山と福島との距離は四十キロもないのですね。
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 17:07 | comments(7) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・第四のシナリオ

いにゃ〜ん。ゲンキー戻って来てにゃ〜ん。
あたしも念じました。
| 美樹 | 2009/01/08 4:30 AM |

ゲンキー、頑張れ。寒さなんかに負けるな。君なら自給自足できる。
その長毛なら寒気にも耐えられる。生きてけれ。
| 眠り猫 | 2009/01/08 4:57 PM |

ゲンキー! ご主人様を心配させちゃ〜いけないよ!早くお帰り〜♪ クリック!元気な姿の写真のUPを待っています。
| Vuona | 2009/01/08 9:03 PM |

みっつのシナリオを考えています。死亡、野良猫化、玉の輿。そして夢の中によっつめのシナリオが浮かんできました。改めてレポします。
| おのま | 2009/01/10 1:42 AM |

よっつめ・・・ とびっきり素敵なガールフレンドを伴って凱旋!?
| Ferri | 2009/01/10 11:24 PM |



台所に気配。ゲンキーだろうか。

ゲンキーと同じくらいのサイズの猫がいた。

薄茶色である。ミルクにこさじ一杯だけコーヒを落としたようなとても弱い茶色で白といってもいい。目の周りが灰色で隈取りされていてパンダみたいだが体は引き締まっている。よくみると普通の猫ではない。山猫だろうか。

えさのあるべき所におなじような動物が横たわっていた。死んでいるのだろうか動かない。同じ種類らしいがサイズがひとまわり大きい。

小さいほうが近寄っていった。口をあけた。おお食べるのか。

横たわっているほうが前足をあげた。寝たまま戦おうとしているのかと思ったらそうではなかった。ここは危ない、私のことは気にしないで早く逃げなさいとでも云うような仕草をしている。どうやら親子らしい。

子が親の首筋をかんで引っ張っていく。安全なところに運び出そうとしているのだ。

日本の駅には穴がふたつあるゴミ箱が置いてあるがその穴を大きくした箱があった。

子が箱の中に親を入れた。親はありがとう、もういいから行きなさいと云った。子は助けを呼んでくると云って消えた。消耗した風であった。

なんでこんな箱が台所にあるのかと見たらそこは台所ではなく東京駅の構内だった。猫が消えたあたりに花屋が見えたから八重洲口のほうだ。


猫族も感心なものだと夢を反芻(はんすう)していてひらめいた。

ゲンキーは一年前にいなくなった母親をみつけたのではなかろうか。キャッキーがどういう状況にあるのかは分からないがゲンキーの助けを必要としているのではなかろうか。


長毛が備わるのを待って野生化したのか。ガールフレンドと凱旋するつもりなのか。親を助けに行ったのか。どれか当たっているのだろうか。


かつての王者ハリウッドセレブがピッチを上げて木霊との差は広がっていますが木霊も五位を保っています




http://blog.with2.net/link.php?310164

「自分の運勢よ良くなれ♪」

「良い運♪」

「♪」

あなたはどこにいる

一番下の左にある地図をクリックすると最近どこから訪問されたかが分かります。地図をクリックしつづけると場所によってはかなり鮮明な航空写真がでてきます。

あらたにメキシコ・モントレイとタイ・バンコクからの訪問がありました。どちらも行ったことのない町ですが行ったような気分になりました。
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 02:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・予感

四日。ふだんはゲンキーが寝ている部屋のドアを半開きにしておくのだがこの夜はがっちり閉めた。来客と飲んだ酔いが残っていて夜中に起こされたくなかった。

五日。密室に閉じ込められて怒っているかもしれないとおもいつつゲンキーを外に出したのは朝の八時ころだった。予感があたったのか夜になっても帰ってこない。

台所の窓を半開きにしたままにしておいた。夜中に何回か目がさめたので見に行ったがえさは減っていない。

六日の夜になっても戻ってこない。外気は五、六度に上がっているがかなり強い雨が降っている。雪は深いままだ。


五日はゴミ収集の日だったので車にひかれたのだろうか、いやそんなことはない、ゲンキーは動くまえに周囲の状況をよく見ている。

鳥を狙ってじっと動かないことがある。そんなときに後ろからコヨーテか狸に襲われたのだろうか。でもこのあたりでコヨーテを見たことはないし狸もしばらく見ない。

妃殿下が我が家に何日か続けて来たことがある。こちらが熱烈歓迎の意を表したらそのまま居ついたかもしれない。ゲンキーはどこかの家で熱烈歓迎を受けているのかもしれない。暮にはシャンプーをされたしストレスがたまったろう。


事故にあったにせよ別天地で生き始めたにせよ自分の力が及ぶところではない。台所の窓は開けておいたが夜中に見に行くのはやめようと心に決めて寝た。

夜中になんどか目がさめた。そのたびに台所で音がしたような気がしたがまた眠りにおちた。

ふと気がつくとゲンキーが胸の上にいた。おお、お帰りと云って撫でるといつものような目でこちらを見た。ゲンキーちょっと軽くなったねえ。


前にも羊羹のようにずしりとしていたのが、せんべいのように軽くなって帰ってきたことがあるのを思い出した途端に目がさめた。

ゲンキーを抱いていた感触がなまなましく残っている。胸騒ぎがした。やはり事故があったのだろうか。別れの挨拶に来たのだろうか。台所のえさはそのままであった。


三日に撮った写真がある。

ヨガのように固まっていたゲンキー。



カメラを向けたら動き出したゲンキー。



この写真がゲンキーの最後の姿になるのだろうか。




いちど四位になりましたが急に上がってきたハリウッドセレブに抜かれました




http://blog.with2.net/link.php?310164

クリックする方はどれかを念じましょう

「自分の運勢よ良くなれ♪」

「良い運♪」

「♪」


おのまはゲンキーの運を念じました
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 02:07 | comments(5) | trackbacks(1) |
ゲンキー記・雪猫

三日。

ふたたび雪が降りだしリッチモンドに住む知人が飲みにくる予定だったのが延期になりました。空港があるリッチモンドはここより二十キロほど南にありますがやっぱり大雪だったようです。

これから車寄せから玄関までの雪かきをしないといけません。今朝は目がさめた時に毎年こんな大雪が続くとしたらいつまでここに住めるだろうかなどと考えました。



雪の重みでお向かいのバルコニーの覆いが崩壊しました。前から息子さんが補強すると云っていましたが間に合わなかった。


こんな雪のなかをゲンキーは暗いうちから飛び出していきます。体の半分が雪に埋もれながら歩いています。

もともと長い毛が最近はますます長くなったようです。お前なんだかバッファローみたいだねえと云ったら右の口をひくひくさせました。どこぞの首相みたいだねえと追い討ちをかけました。

ふと障子を開けたら軒下にうずくまっていました。鳥を狙っていたらしく窓を開けても入ってきません。



おんや



いまいそがしいから



また降ってきたな


おお10位になっている。



http://blog.with2.net/link.php?310164

このブログは北米ブログ・カテゴリーに登録していますが、読者の方がご存知のように北米事情だけを書いているブログではありません。

猫になったり花になったり雪になったりと他愛のない日記はまだ良いのです。風流なおのま、好きってなひともいます。たぶん。

しかし風流・おのまは突如として悪魔・斧魔に変わり人身攻撃が始まったりします。

「クルリンパのクリントン」とか「ブタマン・タケナカ」とかとても商業雑誌やアルファブログではお目にかかれないドギツサ。2ちゃんねるがマッツァオ。斧魔、嫌い、もう読まないってなひともいます。たぶん。

そういうわけで毎日更新している割には人気ランクがあがらないのは仕方ねえなと思っていたのが年明け早々にランキングを駆け上ってベストテンに入ったのだから軽いコーフンです。

三十位グループにいたのがニ十人のごぼう抜き。トップグループの背中が見えた。

仙台育英学園で活躍した椀汁・・・ワンジルが北京オリンピックで優勝したときは嬉しかった。日本人であることを誇らしく思った。

ランクがあがって経済的なメリットがあるわけではありませんがワンジル気分はいいものです。クリックしてくださった方に感謝します。

昨日は悪魔・斧魔日記になりましたが、今年はああいうのはやめて誰からも愛されるトン子さんのような日記にしたいと思っています。(ほんとか?)

トン子さんのブログは42位にあがっています。強い。
| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 03:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
ゲンキー記・年末特別大シャービス

ゲンキーのファンが何人かおられます。このブログでコメントをいただいたり、或いは面と向かって子供がファンなのよと云われたりします。

この人たちこそがゲンキーの飼い主にふさわしいと思ったりします。


おのまは犬が好きで猫など見向きもしなかったし、お向かいさんから貰ってくれと言われた時は困惑したものです。

名前をつけるのもいいかげんで、「ネコ」と呼ぼうか「ポッキー」が呼びやすいか「元気」でいいか。いいかげんき。

「ゲンキ」と「ゲンキー」のどちらが正しいのか分かりません。「ゲンチー」とか「ゲンチャン」とか呼ぶこともありますし、暗いうちから起こされる時は「もう少し待ってくれ、ゲンゴロー」です。


一緒に暮らすこと二年半。淡きこと君子の交わりで犬より楽です。

正当犬派猿・おのまと猫・ゲンキーの折り合いは悪くないと思っています。ゲンキーは家の中でマーキングをしたことがないしトイレも外で済ませてきます。おのまはゲンキーが嫌がることをしません。


しかし「正統猫派猿」の中にはおのまを非難するひとがいます。

去勢しないと野良猫がうまれる、爪を切ってあげないと猫が気の毒・・・

そして読者のひとりから抗議のカードが送られてきました。



シャンプーをしないのは虐待行為だという抗議ですね。

こういうのは捕鯨反対と同じタワゴトだと気にしなければ良いのですがキチョーな読者を失っては困るので十二月三十日(火)ゲンキーをシャンプーしました。


濡れ手ぬぐいで体を拭かれるのは平気なゲンキー、そのうち濡れ度が増してきて妙な顔になり、シャンプーを塗りつけられるとチョー妙な顔になり、お湯をかけるとミョーミョーと鳴きだし、シャワー室のガラス戸を開けようとしたりジャンプしてガラス戸を越えようとする姿はすさまじいものでした。

「他の家の猫はしょっちゅうやられてるんだからね」
「かゆいのがなくなるからね」
「あと二分で終わるから」
「おお、きれいきれいになった」

などと云いながらなんとか終了しました。

タオルで拭いてあげましたがイヤーイヤーと鳴くのでいい加減のところでやめました。



いつもみなれたビーバー猫とは大違いにほっそりとしています。



不潔なといわんばかりになめまわしています。



オメーも嫌なことをするんだなとにらんでいます。



ゲンキー、この虐待は上の命令でやったんだ。

化けて出るならあっちにするんだよ。

本日18・イヤー

http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 03:31 | comments(3) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ