木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

コメコメ@ コメコメ@鳩山由紀夫を招いた顔ぶれが分かった

ほんじつは五月二十五日にいただいたコメントへのコメントです。

コメントをいただいたのが日本へ行く二、三日前だったのと、簡単にコメントできる内容でもないと思っていたのでついつい遅れました。

というのは言い訳。さいきんは時間があっても、簡単に書けるものであっても更新できません。

以前は目が覚めると今日は何を書こうかとベッドの中で考えてたものですが、いまはどういう風にスキーを滑るかということに頭がいきます。スキー場は閉じていますがいまだに考えています。まいにち消費税をあげることだけを考えている野田佳彦さんに似てますかね(笑)。


自分の書いた物を懐かしく読みました。あの頃の怒りは半端じゃなかったですね。時間が怒りを薄めた効果もあるかもしれませんが、鳩山さんの屁の突っ張りも効用もあったかな、と最近思うこともあるので同情的になっているのでしょう。期待させておいて、あきらめるというのは残酷でしたね。
 
また、帰国して実感することですが、本当に人材がいないですね。鳩山がだめなら、じゃぁどうすんじゃということになると悩みますね。読み直してみると、予想通りの展開をたどっていると実感しますね。私の予想はあたっていた。震災後もひどいもんです。人命尊重なんてないんですから。小沢さんがどうかはわかりません。しかし、私も含めてかすかに期待している人々を彼らも裏切るならば、もう救いは無いですね。
 
というのは短期的視点。国内で私は良き精神の宿る市井の人々の活動と連帯に救いを見いだしています。行動に移す覚醒している日本人はいる。できることから活動し、連帯の輪を広げていく。時間がかかるようで、これしかない、と思っています。日本人はボトムダウンが大好きです。それじゃ、もうだめです。ボトムアップで腐った部分を新しくしていくしかないんです。
| ドクトル硝子 | 2012/05/25 4:24 PM |

 
http://onomar.jugem.jp/?day=20120524


日本の政治に 人材がいない というのは多くの庶民がいだいている思いなのでしょう。

人材とはなんぞや、どこにいるのか、政界にいないのかはさておき、おおくの庶民がいだく日本の政治に対する否定的な思いは今に始まったことでは無いのだろうと感じます。多くの庶民があきらめている、あきれている日本の政治です。

ではどうあるべきなのか。あるべき政治家を二例あげます。


イギリスが支配する南アフリカにおいて1948年に法制化された原住民に対する差別政策(アパルトヘイト)を撤廃しようとして活動し1962年に逮捕、収監されたネルソン・マンデラが27年ぶりに釈放された1990年2月11日、おのまは南アフリカには真の指導者がいると感動し、マンデラ・ネルソンに匹敵する人が日本にはいないと思ったものです。

1978年から1982年までシンガポールで接触した官僚、政治家たちの姿勢、倫理、速度が日本の官僚、政治家に欠けている、いずれはシンガポールが日本を抜くと思ったものです。日本に戻ってから、リー・クワンユーを日本に輸入せよと親しい官僚たちに説きました。あれから二十年、一人当たりGDPで日本はシンガポールの後塵を拝しています。よほどの円高にならないと逆転はムズでしょう。


アパルトヘイトのように大きな政治的課題が日本にはない、シンガポールと日本とでは国の規模が違うとシューサイは言うかもしれませんが、それらは政治のありかたを考えるうえで基本的な要素にはならないと思います。

たとえば、「沖縄から米軍基地を駆逐する」というのはアパルトヘイトに匹敵する政治課題です。

そういう課題に対して、日本のシューサイたちは「抑止力」とか「日米同盟」とかいう単語をもって切り、思考停止に陥り、だらしない国家観のまま日々お茶を濁し、人生を終えていくというのが実像であるのです。

国の大小が政治のありかたに対して影響を及ぼすものではないとは言いませんが、さしたることではありません。日本の欠点は国の大小ではなく言い訳をみつけてやらないシューサイが多いことです。それは官界、政界にとどまらず市井(しせい)のそこここにも見られる現象です。

一年前の今頃、郡山市立薫小学校が放射能で汚染された校庭の除染をした際、余計なことをするものだと叱ったり、せせら笑ったり、したり顔をしたりしたシューサイ庶民が幅を利かしているか利かしていないかは国の大小と関係ないことであります。

ひとことでいうとヤマトンチュのだらしなさ、ひ弱さ、思考力の貧しさがこの国の政治を形作っているのではないでしょうか。


日本人はボトムダウンが大好きです。それじゃ、もうだめです。ボトムアップで腐った部分を新しくしていくしかないんです。

あたりまえのことですね。

あたりまえのことを言われて日本の民主主義とはなんぞやと考えました。日本の民主主義とは包装紙は立派でも中身が貧しいのですね。「自己責任」とわめいていた小泉純一郎さんは正しかった(笑)。

唐突ですが、ついでから書いておきます。 道州制 なるものを唱えるシューサイがいますが反対しましょう。説明は省きますが、あれも日本の庶民を奴隷化する仕掛けなのです。道州制になったら、福井県の西川一誠知事みたいな人ばかりになります。 

226
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 02:12 | comments(0) | trackbacks(1) |
かんぽの宿に関する事実を集めようというサイト

斧魔のブログは三十数年前にあったバンクーバーの景色を書くつもりで始めたのだが段々政治関係のことが多くなってきた。日本で奇妙な事象がおきていることが気になるからである。

斧魔は元々がノンポリだからそういうことを調べても分からないことだらけである。だからおかしいなあと思っても書かないことが多い。書いたときは虚しい気持ちになり疲れることが多い。

おかしいなと思いつつ何も言わない日本人が増えていき、いつの日にか日本という国は融けてなくなるのだろう。


日本郵政がかんぽの宿をオリックスに実勢価格より安く売り、オリックスが即座に転売して利を得たのは犯罪であると多くのひとがみている。斧魔もそう感じる。

だから問題を竹中の詭弁、強弁、暴論で封じ込めてはいけないと書いたが斧魔にはきちんとフォローするスタミナがない。

斧魔は麻生が朝鮮に戦争をしかけて東京が焼けようが竹中にだまされて郵貯のかねがアメリカに投資されて損をしようと痛くも痒くもない。海のかなたのカナダにいるから斧魔が東京の火事でやけどをすることはないし、郵便貯金はとっくの昔に解約した。

そういうことでたまには日本の赤頭巾ちゃん気をつけてと声をかけることがあるかもしれないが基本的には日本にいるあなたの自己責任でありんす。

便利だねえ、ジコセキニンということば。

ジコセキニンそういうあんたはムセキニン


かんぽの宿に関する事実を集めようというサイトをみつけたので斧魔はこれをフォローすることにする。


 http://webtoy.iza.ne.jp/blog/entry/1083245

竹中一派から狙い撃ちされていると思われるこのサイトもフォローする。


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/




 
クリックすれば責任おわる クリックしないと豚になる


http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
未熟な韓国?

日本時間の五月二十三日(土)、韓国の前大統領・ノムヒョンが崖から落ちて死んだという報道に対する日本人の反応はおおむね冷ややかであってこんなところが相場であろうかと思った。

韓国の盧武鉉前大統領の自殺はやはり衝撃的です。

そもそも民主的な選挙で国民から選ばれた国家元首あるいは政府の長が任期切れのあと、すぐに懲罰を受ける。前大統領とか前首相という座からも引きずり降ろされる。その本人も懲罰を受けてもしかたのない不正や腐敗の行為を働いていた場合が多い。こんな事態が年中行事のように、政権交代の際に必ず起きる。

こんなケースの続出する国はやはり成熟した国とは思えませんね
(古森義久・「盧武鉉時代とは何だったのか 」 2009/05/23 22:49
から抜粋
)


韓国の大統領たちは日本の首相たちに比べてはるかに劇的な生涯を送っている。圧倒されるほどである。

韓国大統領一覧

123
李承晩イ・スンマン (韓国民主党・自由党 1948年 −1960年)
4・19革命で失脚


ユン・ボソン (韓国民主党・新民党 1960年- 1962年)
5・16軍事クーデターで失脚

56789
朴正煕 パク・チョンヒ (民主共和党 1963年- 1979年)
在任中に暗殺

10
崔圭夏チェ・ギュハ (無所属 1979年- 1980年)
粛軍クーデターで失脚

11 12 
全斗煥 チョン・ドゥファン (民主正義党 1980年- 1988年)
退任後に死刑判決(後に特赦)

13
盧泰愚ノ・テウ (民主正義党・民主自由党 1988年- 1993年)
退任後に軍刑法違反で懲役刑

14
金泳三キム・ヨンサム (新韓国党 1993年- 1998年)

15
金大中キム・デジュン (新政治国民会議・新千年民主党 1998年- 2003年)
在任中にノーベル平和賞を受賞

16
盧武鉉ノ・ムヒョン (新千年民主党・開かれたウリ党 2003年- 2008年)
2009年 山から落ちて死亡

17
李明博イ・ミョンバク (ハンナラ党 2008年- 2013年)
(ウイキペディアを元に作成)



韓国大統領たちの劇的な生涯を指差して成熟した国とは思えませんねと言ってのける度胸が斧魔にはない。政権が変わっても前政権の犯罪を総括できない国の方が成熟した国ではないと云われたら反論できないからである。

斧魔は「成熟した国」という言葉を使う度胸がない。それって何を意味するのと問われたら答えられないあいまいな言葉だと思うからである。

銀行員をやったことがある斧魔は誰の言であれそこに論理のほころびが無いかと探す。はったり、でたらめ、ごまかしはすぐに見破る。カマン、グリンスパン、カマン・ディック・・もう過去となったか・・んじゃ、カマン・ヒラリー、カマン・コモリン・・・


斧魔が子供の頃に気がついた日本人の韓国(朝鮮)嫌い、韓国(朝鮮)人の日本嫌いという構図がどういう具合にできあがったのかが未だによく分からない。

かつて日本が朝鮮を併合したことが原因であると云われても、では同じように併合した台湾の場合はどうなのよとなる。日本人の勝手な思い込みかもしれないが、日本人の台湾好き、台湾人の日本好きという構図がある。

民族性の違いが原因だと云われてもほんまかいなと思う。

数は多くないが斧魔には台湾人、韓国人、中国人の知人がいる。それぞれにどことなく違った民族性があるとは感じる。しかし斧魔が三十数年つきあっている知人は同級生、知人としての部分が大きく韓国人という部分は小さい。

異民族同士がたがいに感じる民族それぞれのえぐさがあるとしても、知識にしろモノにしろ同じものをたくさん共有している現代は民族差よりも個人差を見るのが妥当だと思うのだが、多くの日本人、特に子供の頃に植え付けられた「韓国嫌い」という病気から抜けられないトシヨリ層は冒頭に掲げた「成熟した国とは思えませんね」という風に大雑把に斬って捨ててコトタレリとするのではなかろうか。

未熟だと笑うアンタも未熟ジャネ?


起きたばかりの頭で書いたことだから的を射てないかもしれないが若い方たちは斧魔の疑問を叩き台にして韓国&日本の未来を描いて欲しい。


豚風邪シリーズを終わった直後の訪問者は228人、投票者は102人でした。投票率が三割弱から四割強になったことを心強く感じます。

病的な日本の豚風邪騒ぎでしたがこれからも同じようなことが繰り返されると思ってお気をつけください。

マスクしないと風邪をひく、クリックしないと豚になる。あなたが押せばベストテン。さきほどみたら9位になっていました。ベストテン入りは一月以来です。キャンペーンへのご協力ありがとうございました。


韓国の大統領たちは劇的な生涯を送っているなあと思われた方はクリック願います。

http://blog.with2.net/link.php?310164



もういちどだけ:マスクしないと風邪をひく、クリックしないと豚になる

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 00:24 | comments(3) | trackbacks(2) |
豚風邪総括

訪問者294人 投票者88人。十ニ位。

投票率がようやく三割になった。

昨日のよびかけはかなり深刻な意味があったのだが、フム、これくらいの反応であるか。


二月、日本にいたときに中川昭一の泥酔場面が一週間ほどテレビで繰り返し流されるのをみた。こんなことを何度も流すのはおかしいと思った。カナダに帰ってからも日本から流れてくるニュースには違和感を覚えている。

要するに針小棒大の繰り返しである。朝鮮のロケット騒ぎ、草薙某のはだか騒ぎ、鴻池某の♀騒ぎ、豚風邪騒ぎ・・・

考えてみると小泉のあるあるサギからこのかた針小棒大がまかり通るようになった日本であろうか。

ないことが分かっているのにあると云う
あるあるイラクの大量破壊兵器
 

ム? 字余りじゃね・・

針小棒大(しんしょうぼうだい): 針ほどの小さなものについて棒のように大きく言う。物事をおおげさに言うこと。


日本人は集団ヒステリーにかかりやすい民族なのかといぶかるが、今回の豚風邪さわぎをみているうちに二月以来からの空騒ぎは戒厳令の予行演習ではないのかと疑うようになった。

戒厳令:戦時または事変に際して平時の法を停止し、行政権・司法権の全部または一部を軍隊の司令官に委任することを戒厳という。戒厳令は戒厳に関する制定法。

国家緊急権の制度で明治憲法第14条が「天皇ハ戒厳ヲ宣告ス、戒厳ノ要件及ビ効力ハ法律ヲ以テ之ヲ定ム」と規定されていた。

戒厳令は第ニ次世界大戦の敗北によって1947年に廃止されるまで効力を維持し1905年の日露戦争講和条約反対に端を発する民衆暴動であった日比谷焼打事件、1923年の関東大震災、1936年の二二六事件において発動され軍隊が出動した。

現行の日本国憲法には戒厳に関する規定が存在しない。


豚風邪の名目で身柄を拘束したりイベントを中止させたりしたことは愚挙(ぐきょ・おろかな行い)であると笑っていたが、戒厳令の予行演習だとすれば愚挙と笑っては済まされない。

あかづきんちゃん気をつけてちょ。


インフルエンザで死ぬひとは毎年いる。豚だろうが鳥だろうが新型だろうがこれからもインフルエンザで死ぬ人はでる。ニューヨークではインフルエンザが原因で毎年千人死んでいる。

日本では交通事故で毎年六千人が死んでいる、三万人が自殺している、三十数万人が癌で死んでいる。過去半世紀のあいだでインフルエンザによる死者が五千人を越えた年が三回ある。

三万人のなかにあるいは三十万人のなかに入ってしまうかもしれないが斧魔は酒を飲むのをやめない。六千人のなかに入ってしまうかもしれないが車の運転をやめない。千人の中に入ってしまうかもしれないがニューヨークから来る音楽家の演奏会に行くのをやめない。豚風邪にかかるかもしれないがワクチンは打たない。難聴が治るというのなら打つけれど。

豚風邪でパニクルのは馬鹿げていると肝に銘じて欲しい。
こんなに騒いだのは日本だけであったことを覚えておいてほしい。
日本政府が演出し続ける馬鹿騒ぎを冷たい目で見て欲しい。
マスゴミの煽り報道を鵜呑みにしないで欲しい。
国家の暴走を許さないで欲しい。
暴走する国家に負けない精神的な免疫力を養ってほしい。

★ 
かなり深刻な意味があった昨日の呼びかけ:



豚風邪騒ぎの陰に大きな問題が隠れていることに気がつかれている方はクリック願います。マスクしないと風邪をひく、クリックしないと豚になる。


豚風邪シリーズを終わるにあたって一歩譲ります。

大きな問題が隠れているかどうかは別にして、こんなに騒いだのは日本だけだろうと思う方はクリック願います。マスクしないと風邪をひく、クリックしないと豚になる。あなたが押せばベストテン。

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 01:50 | comments(0) | trackbacks(2) |
深刻な豚風邪騒ぎ@オイコラ警察国家ないし催眠国家もしくはヒステリー国家

海のカナタからは見えない日本の異様な景色がコメントのおかげで見えた。なぜ日本だけあんなに騒いでいるのか分からなかったのだがようやく分かった。豚風邪を隠れ蓑にして日本では深刻な事態が進んでいるのだ。


コメント

マズゾエらの言葉の端々で、元凶のバイキンみたいな扱いを受けている、神戸在住(マスクが手に入らなかった。だって探しもしなかったから)の美樹です。

仕事柄、色々な企業や職の人物と会うのですが、そこでマスクについて訊いてみたところ、マスクをつける理由は、「何処で誰が見ていて、何を言われるかわからないから(何処でテレビカメラに映されてるかわからないし)、ポーズとして一応マスクをつけている」というものでした。

パニくってる人も中にはいるでしょうが、マスコミが煽るから仕方ナシにつけているという人も、結構沢山いるのではないでしょうか。

ちなみにあたしは手洗いとうがいは、豚風邪とは関係ナシに、毎日心掛けてます。
| 美樹 | 2009/05/22 3:32 AM |


私もあの記者会見のテレビ報道にはぎょっとしました。

新型とは言え、要は風邪をひいてしまった生徒のことで、なんで校長が涙ながらに「謝罪」するのか????
日本と言う国がわかりません。

しかし、ネット上では、大阪寝屋川の高校や、そこの学生に、「帰ってくるな」とか、「死ね」などという罵詈雑言があふれているのも異常なもので。ネット上の匿名の陰湿な悪罵と、やはり名を明かさぬマスコミによるつるしあげ。そして、得々と目立つためだけに、同じ言葉を繰り返すマスゾエ。日本脱出計画は加速しなければ。
| 眠り猫 | 2009/05/22 6:02 PM |



洗足学園の校長先生が涙ながらに謝罪したとか感染者に対して「帰ってくるな」とか、「死ね」という暴言が浴びせられているとは絶句するが、舛添要一厚生労働大臣が電話が通じないことで怒鳴りまくっていた異様なヒステリヤが日本に広がっていると知った。

TVジャパンのニュースで橋下徹大阪府知事が舛添をヨイショしていたのでなんで?と思ったのだが神戸や大阪がバイキン扱いされているというのであればわかる。

「何を言われるかわからないから」「仕方なしに」何かに従うという姿勢が蔓延(まんえん)する社会はインフルエンザが蔓延するより何十倍も恐い。言論や行動の自由を市民みずからの手で封じる恐怖の社会になるからである。恐怖の社会からは活気がなくなり行き着く先には惨劇が待っている。


ありもしない事件をでっちあげて弱者をしょっぴいたり、強者ならデタラメでもブッシュのケツをなめるとかいう国家の暴走は小泉内閣から始まっていたが麻生政権はそれに拍車をかける意思をもっていることが朝鮮ロケット騒ぎや豚風邪騒ぎで分かった。ダブルスタンダードの警察官僚OB・漆間巌を首にしないわけである。

豚風邪で六千人死んだとしても自殺三万の二割。セーフティーネットの不備をほったらかしにしておきながら豚風邪を理由に社会を混乱させている麻生内閣逝ってよし。いまさらオイコラ警察国家の再来などお笑いでしかない。

マスゾエは責任をとって頭を丸めろ!
なに、はじめっから丸まってます?
そんじゃ・・
マスクをして何もしゃべるな!!

★15位 840票

訪問者 255人⇒329人
投票者 73人⇒84人

訪問者、投票者ともに増えましたが投票率は減りました。麻生政府の脅しの催眠術にかかっていない人は十人に三人しかいないのかもです。あとの七人はマスクを求めて三千里ジョギング ここの読者が・・まさか・・



豚風邪騒ぎの陰に大きな問題が隠れていることに気がつかれている方はクリック願います。マスクしないと風邪をひく、クリックしないと豚になる

http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 23:07 | comments(1) | trackbacks(2) |
深刻な豚風邪さわぎ@観光立国日本

この報道をみて日本はどうなってんのと思った:

2009.5.21 00:35

新型インフルに感染が判明していた川崎市の私立高等学校の校長が会見した=20日午後、川崎市高津区久本

東京都八王子市と川崎市の女子高校生で新型インフルエンザの感染が確認されたことを受けて、2人が通う私立洗足学園(川崎市高津区)の前田隆芳校長が20日夜、会見し、女子高校生らの渡航状況などを説明した

前田校長によると、女子生徒6人と引率の女性教諭1人の計7人が、今月11日に成田空港を出発し、19日に帰国。今月14〜16日、米・ニューヨークの国連本部で行われた学生による「模擬国連」に参加した。帰国後は、学校には一切立ち寄っていないという。
 
ニューヨークでは、現地のクイーンズ地区の高校との交換会も予定されていたが、インフルエンザの影響を考えて中止した。マスクや消毒液などは日本から用意していったという。米国滞在中、7人は絶えず一緒に行動しており、食事も一緒だったという。

成田空港には19日午後1時55分ごろに、ニューヨーク発のコンチネンタル機で帰国。到着後、機内で機内検疫が行われ、そのうち何人かがサーモグラフィーで検知され、気分が悪いと訴えた生徒もいたが、検査の結果は陰性で、成田空港を同日午後5時ごろに出たという。

帰国の機内では、3人がけの座席に前後2列で6人が座り、教諭は離れた席に座っていたという。感染した生徒以外の生徒4人は横浜市在住。また、模擬国連に参加した残り5校はすべて首都圏の高校。

前田校長は、インフルエンザの影響を考えて、模擬国連への参加を中止することも考えたというが、「子供たちにとって、何にも代え難い経験と思い参加させた。このようなことになってしまい、わたしの不徳の致すところ。みなさんにご迷惑をおかけした、申し訳ありません」と陳謝した。
同校では21日朝、全校集会を開く予定。



日本の豚風邪騒動を太平洋のカナタから見ているのであるいは的はずれな邪推かもしれないが、渡航状況を説明させられたというのが実相ではなかろうか。

検査などで約三時間ほど拘留されたという印象である。拘留が数日間にわたった人もいる、三時間くらいでツベコベ云うなとマスゾエ閣下が吠えるかもしれないが、日本へ行くたびに動きにくい国だと気がなえてる斧魔はますますユーウツな気分になった。

なにゆえに校長先生が陳謝しないといけないのかが理解できない。今の日本では豚風邪にかかることが犯罪と同じように見られているのであろうか。豚風邪にかかってお気の毒ですというのがフツーの感覚だと思うのだが。

成田で行われたのは検査ではなく尋問だったのかもしれない。

小泉&竹中内閣でもって弱者を経済的にいためつけ、麻生&漆間内閣がケーサツ国家・恐怖政治で仕上げるというシナリオか。


十数年まえから斧魔は親しい経済官僚の何人かにこれからの日本はモノヅクリだけではやっていけない、日本にはすぐれた自然の景色、藝術、食、史跡がある、観光収入をふやせと言ってきた。

コイズミ政権あたりからようやく「観光立国」の看板が掲げられたがなかなか進捗しない。




アメリカ、カナダに追いつくのは夢のまた夢。中国、香港、タイ、シンガポール、韓国、インドネシア、台湾にも負けているアジアのリーダー・日本。

観光資源にみあうだけの仕掛けがないからだ。

日本を旅行するたびにここをこうすれば良い、あれはやめたら良いと感じることがゴマンとある。具体的に愚直に動かないといけない。官僚の肝炎的、いや観念的な発想でことを処そうとしても効果はない。


カナダのテレビでは日本のマスク光景が何度か映し出された。メキシコよりアブナイ国ではないかと錯覚したカナダ人がいるに違いない。

成田で何日か拘留された報道をみて日本には行くまいという気分が潜在意識に植え付けられた人がいるに違いない。限られた費用、時間で旅行しているのに空港で数日も拘留されてたまるか。

観光収入を高める仕掛けがない日本。今回の豚風邪騒ぎで将来にわたって大事なお客さんをたくさん逃がしてしまった。

アソーやマズゾエの騒々しい人柄が反映された日本の豚風邪騒ぎを見ていて落語の「野ざらし」を思い出した。

八五郎は奇声をあげたり釣り棹で水をかきまぜたりして釣り人たちの顰蹙(ひんしゅく)をかうがお構いなしで騒ぐ。スチャラカ チャンチャン スチャラカ チャン。そのうち針で自分を吊り上げる。イテテテテ・・・

「野ざらし」は柳好(三代目)が良い。


16位 730票。

昨日は訪問者が255人、投票者が73人

豚風邪について斧魔と同感、冷静に対処してる読者が三割ですか

七割もの方がパニクってるとは思いたくないのですが・・・

そういう方は脅すのが一番ですかな(笑)



マスクしないと風邪をひく、クリックしないと豚になる

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 00:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
豚風邪@マッチポンプ麻生内閣

「豚インフルエンザ」とか「新型インフルエンザ」とか長ったらしい名前を使っていると頭が疲れるから「豚風邪」と呼ぶ。

風邪とインフルエンザとは別物だというのが通り相場になっているが症状や結果をみたら大した差はない。

1918年から翌年にかけ6億人が感染し5千万人が死んだインフルエンザを「スペインかぜ」と呼ぶし、1957年に2百万人が死んだインフルエンザは「アジア風邪」という。


五月十八日(月) NHKテレビは豚風邪オンパレードという風であった。

「クローズアップ現代」にでてきた医療専門家なるおじさんのご託宣には笑った。

「感染するから学校は行くな、経済活動に影響があるから会社は行け」

論理に一貫性を求めないならなんとでも言える。

「感染するから会社は行くな、勉強に影響があるから学校は行け」

「車が売れないのだから自動車工場は閉じろ、未来をになう子供のために学校は開け」

「民主党議員が西松から献金を受けたらしょっぴく。自民党議員が西松から献金を受けてもしょっぴかない」

論理性を欠く暴論は哀しい喜劇とそれにつづく惨劇を生む。

日本人が忘れてはいけない喜劇的暴論が「大量破壊兵器がないことを証明しないイラクが悪い」。こんなヘリクツでもって日本はブッシュ戦争を支持し自衛隊をイラクに送り込んだ。

国谷裕子さん、クローズアップ豚風邪は不出来だった。罪滅ぼしにコイズミ語録の総括をやりませんか。


マスクをした人たちの群や何十人もの参加者がいるようにみえた政府の会議の仰々しさをみて日本はジョージ・オーウェルの世界になるのかと感じた。

国民が政府のいわれるままに思考し(思考停止し)行動するオーウェルの世界。

国民は冷静に対処して欲しいと云いはじめた舛添 要一(ますぞえ よういち)厚生労働大臣はオセアニアの支配者ビッグブラザーの道化役。電話が通じないと怒鳴りまくっていたG3がよく言うよとチャンネラーが笑う。

オセアニアでは思想・言語・結婚など市民生活に統制が加えられ、市民は常に「テレスクリーン」と呼ばれる双方向テレビジョンによって屋内・屋外を問わず、ほぼすべての行動が当局によって監視されている。(出典・ウイキペディア)


テレビに映ったのが日本国民の実相かどうかは知らないが少なくとも木霊の読者は豚風邪騒ぎでパニックになんぞ陥っていないし、舛添大臣をマッチポンプだと見破っているのだろうと思いたい。

豚風邪でパニックに陥るとしたらなにについてそうするのだろう。感染することが恐いのか、死ぬことが恐いのか。

感染すること自体を恐れることはない。ニンゲン生まれてから死ぬまで何度も何度も病気にかかる。パニクルとすれば豚風邪で死ぬかもしれないということであろうか。


豚風邪を含めたインフルエンザでどのくらい死んできたのかをググってみる。


(出典・厚生労働省)

2007年インフルエンザで死んだ人は696人。

過去の記録は1957年のアジア風邪。日本の感染者は300万人、死亡7735人。


7735人は多いいや少ないと云うのは不毛である。

日本では年に百二十万人生まれ、百万人死ぬ。

死因をググル。


(出典・厚生労働省)

第一位は悪性新生物いわゆるがん。死亡者数は309,465人。

7735人の四十倍である。

ちなみに福島県郡山市の人口が338,465人。

六位の自殺は32,082人。

7735人の四倍。

豚風邪のための水際作戦などは要らない。
貧困者のためのセーフティーネットの不備を直すのが先だ。


インフルエンザによる死者数が五千人を越えたのは半世紀で三回。

交通事故による死亡が年に六千人。

豚風邪で五千人死ぬとしてようやく交通事故並。

豚風邪で学校を閉鎖するのならガソリンスタンドも閉鎖したらよい。


豚風邪は恐くない。

警戒すべきは本源的な問題を隠すためパニックを演出する政府である。

朝鮮のミサイル、豚風邪の次は何で煽るのかマッチポンプ麻生内閣・・・ばかばかしくて考える気もしない。

本日 22位 570票

http://blog.with2.net/link.php?310164

↑クリックしないと豚になると云われても恐がることはありません。でもクリックしましょう。マスクみたいなものだと思って。


| おのまのプロフィール | 政治経済 | 01:20 | comments(0) | trackbacks(2) |
台木・民主党・豚フル


カナダで咲く桜は不思議な咲き方ですね。
驚き!来年も咲くように脅しをかけておかねばなりませんね。
豚インフルエンザ・・そちらはいかがですか
こちらは皆戦々恐々大騒ぎです。
| slamchan | 2009/05/06 10:01 PM |



五月十四日(木)わがやに立ち寄った知人が教えてくれました。この八重桜は山桜を台木にしている、いずれ山桜が勝つ。

台木
読み方:だいぎ

台木とは、接ぎ木する際に台になる、接がれる側の木のこと。根の部分に当たる。病気にかかりにくい丈夫な品種が多く用いられる。果樹の場合は、品種の形質を正しく保つ目的で行われる。
出典 
http://www.omasa.org/


豚インフルエンザはときどきニュースでやりますが戦々恐々という感じはしません。近くの日本料理店ではSARSの時は客が減ったが今回はまったく影響がないそうです。

http://www.ctv.ca/

成田での水際作戦は笑っちゃいます。論理的でないです。青い作業服に身をかためた人たちが飛行機の中に入っていきますが、もし飛行機の中に感染者がいたら作業服は汚染されます。同じ作業服で何機もの飛行機に入っていくのですから汚染を撒き散らすことになります。

豚風邪で毎日百人ずつ死んでいるのなら別ですが今の状況では騒ぎすぎの感じがあります。毎日百人近いひとが自殺している日本は貧困者に対するセーフティーネットが働いていないことについて大騒ぎすべきなのです。

カナダからみる日本。日替わりで騒ぎをおこし国民の目を官僚の不正、腐敗、退廃からそらそうとしているだけ。

こういうことを書き始めると中々泊まらない、いや停まらない斧魔。


麻生太郎のやってることは実に姑息です。チョー最近では鴻池祥肇(こうのいけよしただ)官房副長官の首切りです。

この方の名前をつけた人は予知能力者でしょうね。

こうのいけよしただ・・

こういうことを書くからこのブログはいまひとつ伸びない・・・

鴻池自身が麻生チームにいることに嫌気がさしていて彼の潜在意識が♀問題をスクープさせたのかも知れんが辞めさせるべきはもっと本源的なモラルがない漆間巌(うるまいわお)官房副長官ではないか。そんなことが分からないソータローには日本を正しい方向に導く力がない。これ以上ボロを出す前にやめなさい。と吉田茂が云ったとか。

田中角榮から枝分かれした小沢一郎・鳩山由紀夫らが台木になっている民主党が政権をとったからといって日本が良くなるという保証はないのですが、ジャーナリズムを含めた日本の中枢をここまで腐敗、退廃させたのですから自民公明政権は野(や)に下るのが正しいのでしょう。野にくだるのはヤダと抵抗することでしょうが自公を支持しつづけるのは満州事変から敗戦に至った道に似た哀しい喜劇でしかありません。

ちなみに斧魔は立花隆が作り上げた田中角榮に対するイメージを鵜呑みにしていません。「日本列島改造論」も読みましたが至極まともな論だと思っています。

本日 26位 570票
http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックしないと・・・

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 11:13 | comments(3) | trackbacks(3) |
マスターズ&片山晋吾 4 ・流れの悪い麻生太郎

マスターズゴルフの三日目から四日目の変化です:

アンヘル・カブレラ   −11 ⇒ −12   一位タイ ⇒ 優勝
ケニー・ペリー     −11 ⇒ −12   一位タイ ⇒ 二位タイ
チャッド・キャンベル  −9 ⇒ −12   三位   ⇒ 二位タイ
片山晋吾         -6 ⇒ −10   六位タイ ⇒ 四位
フィル・ミケルソン    -4 ⇒ −9   十位タイ ⇒ 五位
タイガー・ウッズ      -4 ⇒ −8   十位タイ ⇒六位タイ


一位タイの三人が18番ホール、10番ホールを使って行ったプレイオフはゴルフのあや、心理のあやの連続で実に見ごたえのあるものでしたが、これはプレイオフの始まる前の三ホールくらいからの流れがあるので書くと長くなります。

よって省略。


と思いましたがサワリだけをはしょって書きます。

16番ホールでホールインワンに近いスーパーショットをだしたペリーがー14となってキャンベル、カブレラの−12と二打差になったときにペリーは優勝したと思ったのではないでしょうか。残りニホールのどちらかをパーで回ればよい・・

ニホールを連続ボギーにしてキャンベル、カブレラのスコアと並んでしまったペリーはプレイオフのあいだ落ち込んだ気分をひきずっていたのではないでしょうか。

プレイオのニホール目、グリーンを狙うアイアンをペリーに渡しながらキャディーがアグレッシブにいけ(Be aggressive)と言いました。落ち込んでる気分を引き立てようという感じですが・・・

うーん・・・

アグレッシブになることが力みにつながってボールを左に引っ掛けることがあるんだよなあ・・・

オノマの危惧はあたりボールはグリーンの左を外しました。そこからのアプローチ・ショットはムズ。結局ボギーとなりカブレラに破れました。

こう書くとペリーの自滅で決まったように見えますが、実際には流れの中でカブレラがどうだったかを見ないといけません。長くなるので書きません。

ビデオをとってあるかたは一番ホールからごらんになると優勝に致るカブレラの流れが見えて面白いことでしょう。


流れが悪いといえば麻生太郎です。


官僚システムの悪弊を改革すると叫んできた麻生の云っていることとやってることが全く別物です。官僚システムの悪さを助長しています。

ダブルスタンダードの警察OB・漆間巌を官房副長官から外すどころか今回新設された内閣人事局のトップにするというのですからバカバカしくて書く気もしません。

ソマリヤの海賊とか小沢一郎の西松献金とか朝鮮のミサイルとかで大騒ぎして大衆の目をそらせる手法も俗に過ぎるのですが、それよりなにより日本国家を蝕んでいる官僚システムの改悪をやっているのだから最悪です。

麻生内閣のもとで日本の劣化は拍車をかけています。向かっている先はダブルスタンダード、すなわちでたらめな国。戦前のうっとおしくて、暗くて、暴力的な官僚国家、警察国家、戦争国家にまっしぐら。

かつてマッカーサーが日本の警察を民主的なものに変えようとしたことがありましたが結局は戦前からの体質を温存したまま今日に至っています。その体質が形をなし、牙をむき始めているのがカナダから見てると良くわかります。


生来の能力が足りないのか、それとも確信犯的に筋を外しているのか分かりませんが戦後これほど理(すじ)の悪い首相は珍しいと思います。

大変な時期にとんでもないG3が首相になっている日本は国際社会トーナメントでは確実に予選落ち。

晴れ 

本日二十五位 550 点 

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 01:27 | comments(0) | trackbacks(1) |
あんたも実験やってるんだ


spending(財政支出)という名の長距離ミサイル
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 03:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
朝鮮のロケット騒動 ・ フォロー

朝鮮のロケット打上げに関する国連安保理での対応に関する報道@日本vsカナダです。

TVジャパンのNHKニュースでは、非難決議にはならなかったが日本の主張が受け入れられて強い非難声明になった、日本外交の成果があがったというような政府見解が流れています。

カッチョイイ・・

ところがぎっちょん。

CBCのニュースや北米の論壇の反応は冷ややかで、非難声明は象徴的なもので実効性は無いというのが大方の見方です。


タロー。三年前、2006 年のことをおぼえているかい。

朝鮮が核実験をした途端にブッシュがクルリンパして朝鮮にスリスリ始めちゃったよね。

アメリカに裏切られたと悔しがったタローはあのとき外務大臣だったっけ?

今回タローは勇ましくも朝鮮のミサイルを撃墜せよと叫んだ。

誰からも相手にされなかった。

ナンデダロウ ナンデダロウ・・・

・・・

核実験のあとをみりゃ分かるだろう。

ロケットだよ。日本だって持ってるんだよ。核とくらべたらピーナッツだよ。

それで騒ぐんか。

学習能力のないタロー。世間相場がわからないタロー。


日本の中枢は国際情勢の動きに対する感度がとても鈍い。

第二次大戦のさなか、中国やアジアの他国の多くが日本はいつ負けるかを知っていた頃に日本では勝利を信じ本土決戦をさけぶ軍人が威張っていた。

イラクに大量破壊兵器がないというネット世界のジョーシキを日本の外交官や報道人や政治家は知らず、大量破壊兵器をもつイラクを攻撃せよと叫ぶブッシュを支持した。ハラグチ、オカモト、オカザキ、ハナオカ、コモリ、タワラ、コイズミ・・・

タローは叫んだ。朝鮮のミサイルを撃墜せよ!! 

他の国もやっているんだから朝鮮がロケットを打上げたっていいんじゃないかという東南アジア諸国の声をタローは知らなかった。


オバマはヒステリックなワイフに調子をあわせる亭主よろしく朝鮮を「強く」非難したけれど本音は違う。ロシヤ、中国に賛成、タローに反対。実効性の無い制裁強化でチョン。

ちなみにこの日オバマはキューバ―との友好を促進したい、キューバでアメリカの携帯電話が使えるようにしたい、送金できるようにしたい、商業飛行機を乗り入れたいと発表した。

対決よさようなら、話し合いよこんにちわ。

朝鮮と事を構える気がオバマにあるとは思えないんだけれどねえ。



まあ、人の生き方は様々。近所づきあいも様々。

顔をあわせる度にののしりあうも良し。

テメンチの猫をオレンチの庭に入らせるな!!! 工具 

おはよう、こんちわ、おやすみなさいと仲良くするも良し。

ああら、お宅の猫ちゃんがうちのと・・・・ハート

・・・・

後者のほうが楽だけどね。



ちなみにNHKでは北朝鮮の「発射」と言っていた。ミサイルともロケットとも飛翔体ともいわず「発射」だけ。

見ていないけれど「発射を非難したって日本語ワケワカンネー」といってるチャンネラーがいるのではなかろうか。

カナダではロケットの打上げ・launch rocketと云っていた。

日本ではロケット、ミサイル、飛翔体という言葉はタブーとなったらしい。

発射バイ 発射バイ ♪
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 04:00 | comments(1) | trackbacks(2) |
朝鮮のロケット騒動に関する中間総括

朝鮮のロケット打上げについては耳の不調のせいか詳しく考える気も起きなかったし四月四日がどういう日になるかのイメージも沸きませんでした。

気力不十分にかわりありませんが簡単に中間総括をします。


日記にも書きましたが日本のごく少数のばか猿たちが騒いでいるという印象でみていました。

ただいま四月十一日(土)朝。結局のところ国連決議もおこなわれず竜頭蛇尾でおわった日本という国がバカ猿であったという印象になっています。実に残念です。


北朝鮮のミサイル問題:04月12日 07:00 Nikkei

(4/11)対北朝鮮、調整中の議長声明案 「ミサイル」表現なく

 北朝鮮への対応を協議している国連安全保障理事会は11日、発射を非難する議長声明案の最終調整に入った。国連関係筋によると米国と中国が作成した議長声明案には「ミサイルを発射した」という表現がどこにも使われていない。北朝鮮が何を打ち上げたかは記さず、ただ「発射(launch)を非難する」としている。

 だが、中国やロシアはミサイルと共通する人工衛星の打ち上げ技術の開発を「すべての国が持つ平和目的の宇宙開発権」だとして擁護。非常任理事国のベトナム、リビアなど将来の衛星技術開発を目指す途上国も同様の立場の国が多い。


★ 
こんなことを書いていた人がいます:

ここはなんとしても撃墜してはどうか。テポドン2の確認、追尾が難しいということならば、発射されたら「日本を狙っている」と「誤探知」して、撃墜してしまえばいい。

テポドン2が撃墜されれば北朝鮮は壊滅的影響を受ける。北朝鮮のミサイル計画をつぶしたとなれば、これは国際社会の平和と安定を守る上で世界的快挙だ。

このくらいの国際貢献を果たせるだけの能力は十二分に持っているはずだ。


日本を狙っていないと知っていて攻撃することが国際貢献だと云うのですから正気の沙汰とは思えません。

支那事変の拡大にのめりこんでいった関東軍の閣下たちを支援した勇ましい「愛国者」が再現したかのようで気分の悪いことおびただしいです。

あの時は憲法や天皇の意向をふみにじって恥じないバカ猿たちが暴走して数年後に日本は悲惨なことになったのですが、今また憲法の精神を破ろうという風潮がでていることに危惧の念を覚えます。


憲法を改定するという話なら乗ります。国の方向をどうするのかについては常に考えるのが良いからです。

しかし憲法を破る話には乗れません。自国のルール破りを許したとたんにその国は無法国家になった、ならずものになった、国家が崩壊したということになるのです。(そういう意味からも以前に書いたようにダブルスタンダードの漆間巌官房副長官を更迭しないといけないのです。)

いくら愛国者ぶっても自国の憲法に違反して戦争を始めようなどと思う輩は国家反逆者なのです。アメリカ兵にレイプされる日本女子に隙があると冷笑する輩が日本の愛国者であるはずもないのです。ルールを無視するやつは逝ってよし。


六日の日記に引用した記事の抜粋です:

9日は最高人民会議。迎撃されれば、北の“首領”としての地位が揺らぎ、伝えられる後継者指名の思惑だって分からなくなる。

麻生太郎首相が意外や「破壊命令」を出したから将軍様は仰天した。

中国とロシアも北の跳ね上がりに苦虫をかみつぶしている。

各国は粛々と国連安保理決議違反として国連で経済制裁を取りあげればよいのだ。


テポドンが撃墜されたら朝鮮のメンツがつぶれて混乱が起きるだろうというのはその通りでしょうが、では朝鮮国内が混乱して日本になにか良いことがあるのでしょうか。書く気にもなれません。

麻生太郎首相が「破壊命令」を出したとすれば将軍様だけでなくオバマ大統領だって仰天したのではないでしょうか。朝鮮と熱い戦争を始めるだって ?

苦虫をつぶし」たはずの中国とロシアは国連決議に反対しアメリカもあっさりと中国、ロシアのいう議長声明に乗りました。国連決議にこだわった日本外交はまたもや敗北です。

なぜ日本は敗北したのか。世間相場がわからない駄々っこだからです。みんな朝鮮のメンツをつぶすことに何の得もないと知っているのです。日本だって得にならないはずですがそれを認識しないでハチャメチャな対応をしました。


日本の国土防衛の点から考えます。

今回のロケットが人工衛星うちあげではなくアメリカに届くテポデンの実験であったという説をとります。

アメリカのゲーツ国防長官は三月二十九日(アメリカ時間)FOXテレビでこういう発言をしています。(AFP通信)

北朝鮮のミサイル発射が差し迫ったが、アメリカはミサイル迎撃に関連したいかなる措置も準備せずにいる。ミサイルがハワイに向かって来るようなら、これを迎撃する案も検討できるが、現時点では迎撃に向けたいかなる計画もない。

北朝鮮の長期的な意図は、核弾頭をミサイルに搭載すること。しかし北朝鮮が今そうした能力を持っているかについては懐疑的だ。


テポドンの目標であるアメリカの国防長官が冷ややかに見ていたのにも関わらず、テポドンとは関係の無い日本の一部のバカ猿が撃墜すると騒いだわけですからなんとも締まらない話です。


日本は日本の上空はるか数百キロを飛んでいくテポドンで騒ぐ必要はなかったのです。(ちなみに地上百キロあたりまでを領空というので三百キロ離れると領空侵犯とはいいにくい。)

アメリカに向かうミサイルを見逃すのかと騒いだのは愚かさの見本です。当のアメリカの国防長官がほっとけと言っているのですから余計なお節介です。

日本が問題にすべきミサイルはテポドンではなく日本を射程距離に置くノドンです。(ノドンミサイルは300基あるということです。)

ノドンについて日本はどう対処するのが良いかを費用対効果の観点にたって選択肢をつくっておくことです。

費用対効果の観点に立って経済的な選択肢という横軸をつくり、同時に費用対効果の観点に立って政治的選択肢という縦軸をつくるという作業を行った上で日本にとって得であり、且つ実現性のある選択肢を設定しそれを実行することです。

改めて云うもむなしい当り前の作業をやることです。


イメージの湧かなかった四月四日です。

日本ではミサイル発射探知、迎撃用意という緊張したが、なんのことはない探知が誤認でずっこけたという哀しい日でした。

真偽のほどは分かりませんが、中国、ロシア、アメリカ、韓国は朝鮮からロケット打上げが四日ではなく五日だと知らされていた、日本だけが知らされていなかったという話をネットでみました。ウソであろうと信じたいのですがもし本当だったとしたらますます哀しい日でありました。


上に引用した記事を書いた勇ましい記者諸君はしばらく謹慎することが日本への貢献になるのだと認識して欲しいです。本当に破壊命令を出したのであれば麻生太郎首相も連座、謹慎です。

日本の皆様、北東アジアを中東のような紛争の地にさせないことを念頭において冷静に計算できる政治家、報道人でなければ支持しないほうがお得です。


晴れ 
↓本日十八位 760点。 

いままでは政治ものになるとクリックする人が増えましたが今回はどうでしょうか。皆様が先刻承知のこと、あるいは関心のないことを書いたような気もします。伸びない悪寒(笑)

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 01:49 | comments(2) | trackbacks(2) |
漆間巌のクビを切れ・番外
ひらがなの「おのま」さんは優しい。
手作りの酒を愛し、花、動物、音楽、アート、自然の情景、まわりにある何気ない美を私たちに分け与えてくれる。

漢字の「斧魔」は別人だ。
気にくわない奴には 遠慮なく牙をむき、ばっさりと切り捨てる。

このシリーズを読み終わって思ったこと。

1. 「斧魔」の本心は 麻生首相を引き摺り下ろすことに違いない。

(以下省略)

| へえ、ほんとう? | 2009/03/19 5:29 AM |


おのまかんのん


ひとよみな
ひらがなのみに
いきてみよ
このよのじごくは
ゆめのまたゆめ

斧魔大王


紅毛人の番犬や
漢字が読めないG3を
首相と仰ぐは
罵蚊奈他未奈離

ただし斧魔は麻生を引きずり落とそうなどとは思っていない。別途書く。


訪問者は797人から441人に、クリックしたひとも223人から193人に減りました。5位から6位に落ちました。 



http://blog.with2.net/link.php?310164

続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 15:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
漆間巌のクビを切れ・6 アンコール
昨日でもって漆間巌を切れシリーズを終わらせたのですが、お二人の方からオノマにとってはいささかショッキングなコメントが寄せられました。

はじめの方は誤解されているにちがいないと思いオノマが懇切丁寧に回答を書いたのですが、それを読み直していたら斧魔がでてきて、こやつは誤解しているのではない、曲解しているのである、曲解する者に対してさような回答をしてはいけない、ワシが書くと全面的に書き直されてしまいました。

あのような皮肉っぽい回答をオノマは好かないのですがなにせこのシリーズは斧魔がプロデュースしたものなので仕方ありません。

今朝スキーの話を書くつもりでPCを立ち上げたところ新たなコメントが寄せられていました。

日本人の習性と進行中の話とに関する洞見でこれをコメント欄に埋もれさせるのは勿体無いと考え、本日の日記に貼ることにしました。回答は斧魔ではなくオノマが書くつもりです。うまくいくかな・・・

三月十六日のコメント欄:

斧魔さんが書かれたシリーズは、結局漆間を突き落とし、民主党、小沢に司法の手が伸びるのをどうしても阻止したい闇組織からの受け売りでないの?

クリック数が多いはその闇組織からの応援に違いない!と洞察する。

必読 {ねえ知ってたあ?}

http://xianxian8181.blog73.fc2.com/
| へえ、ほんとう? | 2009/03/16 4:58 AM |

斧魔はモノゴトを是々非々で判断しており、政治についても同じである。強いてカテゴライズするなら無党派であって、民主党支持でもなければ小沢一郎支持でもない。

本シリーズは読めば明らか、国政に携わる人がダブルスタンダードで臨んではならないということを書いたものである。

西松建設からの献金先は尾身幸次(二千八十万円)、加藤紘一(千四百万円)、藤井孝男(六百万円)、森喜朗(五百万円)、山口俊一(二百万円)、小沢一郎(三千百万円)、山岡賢次(二百万円)だという報道があるが、その真偽、違法か違法でないか、違法だとしてどう処理するかについての問題提起をしたのではない。

受け売りだというのであれば何から引っ張ってきたものかを示されたい。

ダブルスタンダードの持ち主、漆間巌のクビを切ることに賛成したのは「闇組織」だけではなく自民支持者にもいたに違いない!と洞察する。
| おのま | 2009/03/16 6:42 AM |

むちゃくちゃなコメントになるかもしれない。その時は削除して下さい。

私は、江戸時代から(歴史に疎いのでそれ以前は全然分からない)、お上にたて付かぬよう、おとなしく生活すれば良し、反抗すれば直ちに打ち首、その組織が階層別にでき上がっていると認識している。江戸時代から現代ほどの短時間の間に、日本人の潜在意識に「お上にはたてつかない」「長いものには巻かれろ」がすり込まれるかどうか知りません。それとは別に、戦時中は特高などの怖い組織を使って徹底的にすり込まれました。だから、「決して、盾つかない」が信条で、大本営発表が全てでした。

今また、マスゴミへの垂れ流し情報が全てで、三権分立などどこ吹く風、今の検察の青年将校組(そんな言葉はありませんが)は「民主党」に政権をとられると大変だと、動いていると聞く。(私のブログに掲載します)防衛大学も、例の「田母神」派を支持する派をコントロールしかねるほどと、16日付けの新聞に掲載されている。

本当に今は、ちょっと時間スパンを延ばせば、民主の政権が見えます。こんなことは今だなかったこと。
ーーー

私は日本人の潜在意識にすり込まれているのは「3歩歩けば忘れる」という特性であって、オノマさんのおっしゃるような高度なことは潜在意識には無いと思う。実体験、ないし、擬体験で、余りに酷い現実を見るにつれ、やっぱりやばいのでは?と若年者層を中心に考える人が増えているのではと、考えたい。だから、小沢が落ちても、民主は落ちないんだなあと思っている。だから、検察の青年将校達が、無茶苦茶をやっているのも分からんではない。だから、体に気を付けるだけではなく、身辺に気を付けて下さいね、と言っている。私も同様だ。同学達を叩くと、危ない。...
| Caro Ideale | 2009/03/16 8:56 PM |


へえ、ほんとう?さんへ:

斧魔の回答では「闇組織」なるものが自民党とか民主党とかいうものと同じような次元で存在するという前提で書かれていますが、オノマには「闇組織」の具体的なイメージが湧いてきません。「闇」というからには悪いことをする組織なのだろうという漠然としたイメージしか浮かびません。「闇組織」でググってみましたがオノマを納得させる説明は出てきません。

アメリカでは1950年代初頭から数年のあいだ「赤」とか「ピンク」(いずれも共産主義)とかいう言葉を使ってジョセフ・レイモンド・マッカーシーが、そして2000年代には「テロ」「大量破壊兵器」という言葉を使ってジョージWブッシュが漠然とした不安をアメリカ人のあいだに広め、ヒステリックな社会をつくりました。

それと同じ意図で「闇組織」という言葉を使われたのではないかとオノマは疑っています。オノマは職業柄いろいろな国で多種多様な人と接してきたので人が悪くなっています。「漠然としたイメージ」をもって説得を試みようとする人種はサギかノーブレインのいずれかであるときめています。いけない癖です。

へえ、ほんとう?さん、「闇組織」とはいかなるものなのか、組織のメンバーだけでもご教示いただければ幸いです。

Carlo−Idealeさん:

多くの日本人が「大本営発表」的なものを鵜呑みにするというのはコイズミ、タケナカに騙されたひとが多かったこと、いまでも騙されたがっている人がいることをみても同感です。そういう人は日本の新聞、テレビに費やす時間が多い遅れた日本人であろうと感じます。みのもんたですべての事がわかっちゃうお方(笑)。B層と呼ばれているそうです。

ブッシュを大統領にした時のアメリカは新聞、テレビ、教会による催眠術から逃げられなかった思考しない田舎のおじちゃん、おばちゃんたちの時代、B層時代でしたが、オバマを大統領にしたアメリカはネット世界にとびだし、モノゴトを比較吟味し思考する人たちの時代になっています。

えー、そうなんだ・・・A層なんだ・・・

あ、斧魔の影がちらほら・・

十五年戦争が始まる頃の「お上」をみるといろいろな意見があって一枚岩的でなかったと思います。科学的、論理的な思考をし、そして先見力があった人たちが大勢いて、思考が浅く、神がかり的で、先見力に欠けていた人たちも大勢いて、両者の力関係は長い間ゆれていたように見えます。

さいごは後者が勝って日本は悲惨なことになったわけですが、いまの日本をみているとその轍を踏みそうな感じがあります。そうさせないためにもダブルスタンダードをもって国を牛耳ろうとする横着な連中を除去しないといけません。

ダブルスタンダードを許すと深く考えることがなくなり、その時々の空気に流され、騒がしいけれど麻薬中毒者のようなか弱い世界が現出し、挙句の果てはだれも幸せになれません。獅子身中の虫と知って漆間巌のクビを切らない麻生太郎であればオノマは麻生内閣を否定します。


ひとつの流れが衰えていくとしても急に衰えないことがあるようでぐんと上昇しました。

A 訪問者数:
189人→388人→464人→444人→332人→601人  

600人を越えたのは初めてです。

B クリックした方(ランキング得点÷10):
72人→128人→156人→191人→207人→236人
  
C ランキング順位:
21位→13位→11位と→7位→7位→5位
 
いままでの最高記録4位にあと一歩まできました。

D クリックした方の割合(B÷A): 
38%→33%→34%→43%→62%→39%

斧魔に賛成するひとは十人に四人・・・妥当なところでしょうか。


ランキング、また20位あたりに戻っていくことでしょう。何かの機会があればおなじような呼びかけをします。

あ、いいことを思いついた!!

じつは斧魔の言うことに断固反対という方がどの位いるかも知りたいのです。そういう方もクリックしていただけませんか。それによってでてくる数字から推論してみたいです。



http://blog.with2.net/link.php?310164



竹中平蔵の知人が代表を務めるスリードが、2005年の小泉内閣における郵政民営化政策に関する宣伝企画の立案を内閣府から依頼された際に定義した概念

A層
IQ(EQ・ITQ(IT普及度))が比較的高く、構造改革に肯定的。
財界勝ち組企業、大学教授、マスメディア(テレビ)、都市部ホワイトカラー

B層
IQ(知能指数)が比較的低く、構造改革に中立的ないし肯定的。
主婦層、若年層、シルバー(高齢者)層、具体的なことは分からないが小泉総理のキャラクター・内閣閣僚を支持する層

C層
構造改革抵抗守旧派。IQ(EQ・ITQ)が比較的高く、構造改革に否定的。
小泉流の「構造改革」に否定的なインテリ層は少なくないが、彼らの存在は意図的に黙殺されている

D層?(命名なし)
IQ(EQ・ITQ)が比較的低く、構造改革に否定的。
既に失業などの痛みにより、構造改革に恐怖を覚えている層

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 03:02 | comments(4) | trackbacks(1) |
漆間のクビを切れ・5 総括

漆間巌のクビを切れシリーズにコメントを寄せられた方々へ:

コメントありがとうございました。いただいたコメントについていまだ考えがまとまらないものもあるので一切お答えしていません。

お答えする代わりにいまいちど斧魔を呼び出して簡単な総括をしてもらいます。


斧魔はコメントを読んでみずからが総理大臣であったらどうするかと考えてみた。 

内閣官房は総理大臣がいちばん頼りにする部署のようであるからそこに不適格な人物がいるのであればクビを切る。 

斧魔は社長をしていたときには部下のクビは絶対に切らないということをモットーにしていた。合併をして余剰人員がワンサと増えたが切らなかった。それでもってマイナスが生じたがそれは会社限りのことである。社会に迷惑が及ぶということはない。

しかし国の内閣は国全体に影響が及ぶ。ベスト&ブライテストでもって構成しないといけない。

漆間巌のようなダブルスタンダード的体質の人物がいたら効率が悪いしだいいち国民からの信頼を失う。

麻生太郎は自身がよくぶれるからダブルスタンダードの弊に対する感度が鈍いのかもしれない。彼が漆間を温存するのであれば麻生内閣に期待するものはゼロとなる。


★寄せられたコメント:

クリックした回数が全部有効になるのでしたら、一日中クリックしたいくらいです。
| cra | 2009/03/12 11:55 AM |

 病気で地方に左遷された頃には、埋蔵文化財の発掘中だった汐留に、今や、六本木ヒルズに劣らぬ高層ビル群が。
 不動産大不況だし、都心のビルの空き床は増加の一途だというのに、いったい誰が入居しているのだろう。
 あのガラス張りでありながら、無個性で、中で何が行われているかわからない高層ビルは私も嫌いです。
 国策捜査批判はその通りですが、私は両方立件すべしという考えで、一部の小沢神話には疑義を呈しています。
| 眠り猫 | 2009/03/13 3:17 AM |

小沢に何にも出てこないとは思っていませんでした。
けど、自○党も同じ穴のむじな。
でも、今は自○党の飼い犬である検察に
自○党の議員(又はバックについてる経団連
あーんど官僚)が
かませようとして刺したのでしょう。
しかしオフレコ作戦。日本人はコレを信じたら
よほどの馬鹿ですよね。うぷぷ。
| ちぎ | 2009/03/13 6:39 AM |

後、バックで経団連も官僚の下で動いているらしいですよ。
金持ち有利の政索になっています。
| ぢぎ | 2009/03/14 3:04 AM |

わわ!11位になってますよ!
連続投稿すみません。
| ちぎ | 2009/03/14 3:06 AM |

官房長官と官房副長官は上下の関係化と思っていましたが、官房長官は官僚で副長官の方は公務員?みたいに違うものだそうです。何だったかはっきり覚えていなくて失礼。
| !!! | 2009/03/14 2:38 PM |

いやはや、いくらオフレコでやった会見でも、言った内容を忘れたんなら、もう漆間巌氏はG3なんだから、辞めなさい。官僚の上級職がこんな連中ばかりに占められているとすれば、我々東大の同学として、恥ずかしい限り。
私は、その内私のブログに書く予定であるが、余りに恥ずかしい行為をしてきている同学、特に文系(?)。ここまでいっちゃなんだな〜〜。
彼らは、今までやった行為のみそぎをするべきだと思う。世の中を見よ!我々らのごとき恵まれた環境にいる人間ばかりではない。ただ単にちょっとその時の成績がよかって、東大に入学し、公務員試験に上位で合格しただけで、その後の環境が他の人とそんなに変わるのはどうかと思う。
それでは、健康には注意。周りにもご注意を。
| Caro Ideale | 2009/03/16 12:39 AM |

シリーズ終わってしまうんですか?
お疲れ様です。
斧魔様。
| ちぎ | 2009/03/15 11:08 PM |



A 訪問者数:
189人→388人→464人→444人→332人  
減ってきましたがオバマについて書いていたときよりは多いです。

B クリックした方(ランキング得点÷10):
72人→128人→156人→191人→207人  
訪問者が減ったにも関わらず最後まで増えました。

C ランキング順位:
21位→13位→11位と→7位→7位 
最後は6位まで15人というところまで接近しました。

D クリックした方の割合(B÷A): 
38%→33%→34%→43%→62% 

訪問者の半数以上がクリックしたのはおそらく初めてです。

今回のランキング推移をみて漆間巌的な官僚を日本の中枢から除去しなければいけないというのが日本の潜在意識にあるのだと感じました。

それでは本当にこのシリーズを終えることにします。


ランキング、また20位あたりに戻っていくことでしょう。何かの機会があればおなじような呼びかけをします。



http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 01:44 | comments(3) | trackbacks(4) |
漆間巌のクビを切れ・4
漆間(うるま)のクビを切れと叫ぶ斧魔に賛成する読者は三人に一人で推移してきましたが「漆間巌のクビを切れ・3」を書いた段階でやや変化がありました。

A 訪問者数:
189人→388人→464人→444人  
どんどん増えていたのが止まりました。

B クリックした方(ランキング得点÷10):
72人→128人→156人→191人  
訪問者が減 ったにも関わらず増えました。

C ランキング順位:
21位→13位→11位と→7位 
久しぶりにベスト10に入りました。

D クリックした方の割合(B÷A): 
38%→33%→34%→43% 
もう少しで訪問者の半分です。


以上の経緯から推しはかると「漆間巌のクビを切れ」シリーズを続けていけば読者の二人に一人が斧魔に賛成することになるでしょう。そういうことを伝えて斧魔には今回をもって消えてもらうことにします。

みなさま長らくお待たせしました、斧大魔王様の登場です。拍手をもってお迎えください。


さようか。

読者の半分が斧魔のいうことに賛成しているのであればこれ以上云うこともあるまい。手短かに話すことにする。

斧魔が日本からカナダに移り住んで八年目になるがこの間日本はどんどん悪い方向に進んでいる。何故か。

日本の政治家や外交官、報道人がブッシュ戦争を支持したり、自己責任という無慈悲なマジックワードでもって弱者を切り捨てたり、郵便局が預かっている日本国民の財産を米国に供したり、官僚の不正を放置したり、などなどおよそ日本のリーダーとは思えない所業を重ねてきたからである。


ソータローに告ぐ。

日本のリーダーたちがなすべき仕事はただひとつ。日本を良い国にすることである。大衆が互いに敬愛しあい、互いが助け合い、互いに豊かさをもたらすように導くことである。

現実をみると各界のリーダーたちは大衆を騙し、国富を私している。だから大衆もそれにならって互いをけなしあい、互いに害をもたらすのだ。

いまの日本、リーダー達が乱れていることが一番の問題であるということを認識されたい。認識したらそれを直すのが総理大臣であると知って行動されたい。


日本は法治国家である。

法治国家とは何か。国家機関の何人(なんぴと)かに、たとえば役人とか大臣とか天皇とかに絶対性があるということではなく法律に絶対性があるということである。

国民の代表者から成る国会でつくる法律こそが唯一の絶対者であり、その絶対者に日本国民が等しくしたがい、逆らうするやからがいたらひとしく罰するのが法治国家・日本である。

しかるに現実はどうだ。警察出身の漆間巌は違反行為をした民主党員は罰するが違法行為をした自民党員は罰しないという趣旨のことを言ったのである。法治国家である日本を否定した不届き者である。

かかる不心得者が内閣にいることを許す総理大臣がいるとすれば、それは同じく日本国家の根本を否定する国家反逆者であるか、そうでなければ日本が法治国家であることを知らない○○である。いずれにせよ総理大臣としては欠格者である。


漆間巌を切らないことはかつて二・二六事件、五・一五事件における不届き者を許したことと同じであり、程なく日本に大きな禍をもたらすことになる。

そのことを分かっているか分かっていないかに関わらず、漆間巌のクビを切らないのであれば麻生太郎は後世にいたるまでアホータローとかアスホールタローとからかわれるであろうと斧魔は断言する。


はい、斧大魔王様、この辺で消えていただけますでしょうか。

ええ・・・大魔王様・・・ああようやく消えましたな。

あのお方、良いことを云ってるなと聞いていても突如として神経にさわる表現をするのがいけませんな。

では斧魔のいうように麻生首相は漆間官房副長官のクビを切るべきであると思われる方だけクリック願います。一昨日21位・720点からどう変わるかに興味のある方もクリック願います。



http://blog.with2.net/link.php?310164


今回でもってこのシリーズは終わりです。ああ、疲れた。

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 14:48 | comments(1) | trackbacks(1) |
漆間巌のクビを切れ・3
漆間のクビを切れ・シリーズは思った以上に反応がありました。

訪問者数は189人→388人→464人と二倍半に増えました。
人気ランキングの得点も720点→1280点→1560点と倍増です。
ランキング順位は21位→13位→11位と・・・ええと・・これは・・倍増それとも半減?

http://blog.with2.net/link.php?310164

漆間(うるま)のクビを切れということに賛同された方だけがクリックしたとすればシリーズ・2も464人中156人、すなわち三人に一人が漆間更迭に賛成。クリックしなかった三人に二人は漆間のクビ切りに反対か興味なしかということになるでしょうか。日本の実情を表しているのかもしれません。

そういうことを踏まえた上で本日も斧魔に語らせることにします。

「ベルリンの壁@日本」を除去しよう


斧魔は日本の政治機構がどうなっているのかを熟知していない。漆間巌なる人物が就任している官房副長官という職がどのようなものかについても知らない。

そういう無知なくせに、いや無知だからこそかもしれないが、斧魔は漆間のクビを切れと叫ぶ。何故か。漆間は公権力を行使できる人、すなわち公人として不適格な人物であるからだ。


国家機関の中枢にある公人は日本を良い方向に導く役割を担っている。そういう役割を担っている公人には正直、公正、誠実、慈悲、博愛、弱者救済などという徳を備えていることが求められる。公人に求められる基本的な資質と言ってもいい。企業人を含めた私人の多くがもっている徳が特に公人には欠かせない。

これらの徳の反対は不正直、不公正、不誠実、無慈悲、偏愛、弱者切り捨てとなるがこれらを備えた不届き者が公人として存在することがあってはならないというのは自明のことである。

不届きな公人を削除する機能が衰えた国は国全体に毒がまわり衰弱していく。日本は自殺率が高いことからも分かるようにすでに衰弱度は進んでいる。

公人として不適格な人物がいないかをチェックし、いたら即刻削除するのは国民の責務でありその責務を付託された報道人の仕事であり検察の仕事である。

政府の長、すなわち総理大臣がしっかりしていれば報道人や検察の出る幕は限られそれはそれで良いことである。今回はそうでなかったから報道人が活躍したという次第にあいなった。ソータローよしっかりせい。


漆間巌は公人として不適格な人物である。

三月五日のオフレコ座談での高官発言が報道されて騒ぎとなり、高官の名前が明らかになって漆間は三月九日に記者会見や参院予算委員会でもって弁明した。

その弁明でオフレコにいた記者は二十名ほどだが彼らがそこで聞いたと云って書いたことを自分は言っていないと強弁した。その強弁から漆間が基本的に不正直、不誠実であることが分かる。

漆間巌@三月五日の発言趣旨(共同通信):

自民党議員に事件が波及する可能性はないと思う。あの金額で違法性の認識を出すのは難しい。請求書でもあれば傍証の一つになるが、それだけで立件はないと思う。よほど証明できるものがないといけない。民主党の小沢一郎代表の件は、検察がもっと有力な証拠があるから立件できると踏んだのだと思う。


漆間@三月九日の発言趣旨(共同通信):

私の記憶では懇談で(1)検察の捜査にコメントできる立場にないが、一般論として自らの経験に照らし、この種の事件は違法性の立証がいかに難しいか(2)金額の多寡は違法性の認識を立証する上で大きな要素(3)検察は本人が否認しても起訴できるだけの証拠を持っているだろうと発言した。(4)特定の政党や議員について捜査が及ぶ、及ばないと言った記憶はない。一般論として(献金の)請求書があっても傍証の一つにはなるが、立件するのは難しいとは話した。検察の中立性や公平性を否定する発言はしていない。

私と私の秘書官の記憶を突きあわせたがそういう発言はしたことがないという記憶になった。私の記憶と(記者の)みなさんの記憶に基づいてつくられた記事に食い違いがあり、どちらが正しいと申し上げるつもりはない。認識の問題だ。



要するに漆間は世間を甘くみているぼっちゃんG3なのだ。東京大学法学部出身&官僚にこの手合いが多い。自己を守るために黒を白といって羞じない。世間にはバレバレになっているということが認識できない学校秀才。こういうG3たちをゴミ箱に移して削除しないと日本というパソコンは機能不全に陥る。もう陥っている。


漆間巌は公人として不適格である。

斧魔は小沢一郎(民主党党首)や二階俊博(経済産業大臣)や村井仁(長野県知事)らのいずれもが実質的に西松建設からの企業献金を受けている、すなわち違法行為をしていると思っている。それと同時にそれをどう裁くか、すなわち違法行為に目をつむるのかそれともしょっぴくのかは日本国民の判断にゆだねられて良いとも思っている。目をつむろうと判断するのならそれでも構わない。

良くないのは同じ違法行為をしたのに一方を有罪とし一方を無罪とすることである。博愛の精神をもって犯罪者を許すというのなら斧魔はそれを容認するが偏愛の精神でもって犯罪者を恣意的に区別するというのであれば容認しない。

法治国家にダブル・スタンダードを持ち込むと国はゆがみ、あとになって必ず何倍かの禍(わざわい)となって戻ってくるからである。

そのような簡単な道理を知っていないから漆間は記者たちに訊かれて小沢は検察から逃げられないが二階や村井に検察の手の及ぶことはないと胸を張ったのである。


オフレコの談話を公表するのは政治記者の仁義にもとると嘆いてみせたG3記者がいるがそれはモノゴトの枝葉末節にこだわってプロの顔をしてきた御用記者、サラリーマン記者の自己弁護的繰り言でしかない。

オフレコ談話であってもそれが国家の危機につながる、聞き捨てにできないと判断して報道した若い記者たちに斧魔は拍手を送る。


国にとっての大きな損得を考えることができない漆間のクビを切ることの意味が分からないのであれば麻生太郎は史上稀にみる暗愚宰相として記憶されるであろう。


内閣官房のホーム頁を見た。
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/index.html

内閣官房は、内閣の補助機関であるとともに、内閣の首長たる内閣総理大臣を直接に補佐・支援する機関です。
具体的には、内閣の庶務、内閣の重要政策の企画立案・総合調整、情報の収集調査などを担っています。


漆間がどの役割を果たそうとして妄言を吐いたのかが斧魔には理解できない。

★斧魔が云うように漆間官房副長官をクビにするのが妥当と考えるかたは↓をクリック願います。一昨日21位・720点からどう変わるかを見たいです。

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 04:25 | comments(2) | trackbacks(1) |
漆間巌のクビを切れ・2

昨日の日記は人形町の町並みを書こうとしていたのですが突如として斧魔が現れて漆間のクビを切れと叫びました。ウルマを切れとオノマが叫ぶ。

あわてて口をふさいだのですが手遅れ。インフルエンザと似ていったん現れるとすぐには消えない斧魔。無駄に抵抗せず言いたいことを言わせます。

ブログの人気ランキング、昨日は720票、21位でしたが今日は1280票、13位になっています。

http://blog.with2.net/link.php?310164


昨日の訪問者数は388人でそのうち128人、すなわち三人に一人が漆間のクビを切ることに賛成したというわけです。

斧魔を支持した毒者は、いえ、読者は三人に一人。残るお二人はしばらく我慢願います。

ところで昨日の日記に出てきた本屋は「文教堂書店」。本の検索を丁寧にしてくれました。

「ベルリンの壁@日本」を崩せ

★昨日の日記で「ベルリンの壁はジンルイの愚かさの象徴であった」と書いた。

一夜あけてみたらジンルイの愚かしさを象徴するものは他にいくらでもあるだろうからベルリンの壁にその任を負わせることもないなと思い直した。1984年にベルリンの壁の前に立ちジンルイとは実に愚かしいことを考えつくものだと嘆じたのは事実であるが、ベルリンの壁は「冷戦の象徴」「ドイツ民族分断の象徴」でよい。

ベルリンの壁が民衆の力によって壊されたのはついこの前であるかのように斧魔は感じているのだが実際には1989年の11月から12月にかけて起きたことだから二十年の時間がたとうとしている。

二十歳、三十歳のひとには実感がなく、あるいは「ベルリンの壁」といわれてもそれって何?というひとがいるかもしれない。斧魔が1945年8月15日の「玉音放送」に対しておぼえる感覚と似ているのだろう。

★「ベルリンの壁」は決して越えることのできない障害や永遠になくなることのない大きな障害のたとえとして使われたということを知っていないと昨日の日記はぴんと来なかったかもしれない。

昨日の日記を書き直すとこういうことになる:

今の日本国家の実態とは官僚が社会から収奪して食っていく仕組みにほかならない。

もっともらしいキャリヤパスをなぞり、大衆のくらしに役立たない特殊法人をワタリ歩くことによって本来は日本の大衆に属すべき国富を私する日本の官僚システムはベルリンの壁と同様に永遠になくならない障害のようにみえる。

しかしそうではない。崩壊させることは必要であるし可能である。

麻生太郎よ日本の宰相として評価されたいのであれば漆間巌のクビを切れ。


★壁を「崩壊させる」と聞いて破壊的なイメージを抱く向きがいるかもしれない。「除去する」に替える。手術のイメージである。

「ベルリンの壁@日本」を除去する上で漆間巌のクビを切ることには意味がある。

最近の事例を挙げる。興味のあるかたは漆間が警察官僚であった頃に関わった疑惑行為についても調べていただきたい。

★漆間が中心になって「退職した官僚が天下りを繰り返す『わたり』の斡旋を認める政令」を作ったことで漆間の正体が分かる。

2007年6月に成立した改正国家公務員法は現職官僚の天下り斡旋を容認しているが、革命前夜を思わせる大衆の怒りに応えて内閣は2008年末に「わたり禁止」を閣議決定した。

しかし閣議決定の政令を作る段階で「企業側の依頼に応ずるため、元職員でも必要不可欠な場合は斡旋できる」という例外規定をもぐり込ませたのが漆間である。「禁止」を「原則禁止」にすり替えたのである。

この手のすり替えは日本の官僚の習性となっていて、良い法律をつくっても骨抜きにされることは珍しくない。善き思いを体現した法律を捻じ曲げていくことに喜びと誇りを感じるやからを東京大学法学部は大量に生み出した。日本が幸せな国になれない原因のひとつである。

漆間は「法律に書いてあることを禁止するとは言えないと答弁してください」と麻生にささやいた。法律はわたりのあっせんを認めている、法律より「格下」の政令で全面禁止することはできないという論理である。

世論の反発にあった麻生は1月29日の衆院本会議で細田博之自民党幹事長の代表質問に答えるカタチで「(わたりは)国民からの厳しい批判や国会での議論を踏まえ、今後は認める考えはない」と答弁した。

これで『わたり』がなくなると思ったら間違いである。上の答弁は「麻生の在任期間中は認めない」ということでしかない。抜け穴つきのわたり禁止政令は生きている。

漆間は記者会見で「政令に変更はない。首相の運用として認めないということだ」と語り政令自体を見直す考えはないことを強調した。

★総理大臣が「止める」と言っても「止めない」と言う漆間に戦前の「逆賊」の亡霊を見る。中国大陸における戦火を治めようという政府、あるいは天皇の方針に反して戦線を拡大していった辻政信とか服部卓四郎とかいう人物にあたる。

官僚機構を守ること、そして官僚に言いなりになる自民党政権を守ることが国益であるというちっぽけな論理から一歩もでない漆間が日本を滅亡に導く愚かな学校秀才のひとりであると斧魔は断言する。

ソータローよ漆間のクビを切れ。さすれば歴史に残る名宰相となるチャンスがうまれてくる。


斧魔がいうように漆間官房副長官をクビにするのが妥当と考えるかたは↓をクリック願います。昨日21位・720点からどの位変わるか見たいです。

http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 13:02 | comments(2) | trackbacks(1) |
日本@2009年2月・人形町界隈・漆間官房副長官のクビを切れ
東京に着くとすぐに人形町界隈を歩く。あの辺一帯は歩いていて疲れるということがない。

1984年、ベルリンに出張したときホテルにチェックインしたあとすぐに町を歩いたらばかでかい教会に出くわした。異様な建物があるものだ、かような巨大な建物に中世の大衆は圧倒され思考力を奪われたのだなと納得した。

西ベルリンから東ベルリンへ入る時にパスポートを調べる係官たちの暗くうつろな表情は自由に思考することを禁じられた大衆の表情であったのか、それとも身のまわりにあるシステムのバカバカしさを知りながらその中に生きていることに対する絶望感だったのか、いずれにせよ生気のないことおびただしものがあった。

ベルリンの壁はジンルイの愚かさの象徴だとハガキに書いてアメリカ人の友人に送った。壁が壊されたのはその五年後であった。

日本におけるベルリンの壁といったら官僚システムであろう。

佐藤優が「国家の実態とは官僚が社会から収奪して食っていく仕組みにほかならない」と喝破している(佐藤優、桐野夏生対談 「見えない貧困がこの国を蝕む」文藝春秋2008年4月号)。しかしオノマが見たシンガポールはそうではなかった。「国家」を「今の日本」と直すのが良い。

有益な仕事をしないでもっともらしい「キャリヤパス」なるものをなぞって退官し、大衆のくらしに役立たない特殊法人をワタリ歩いて羞じない人種で構成されている日本の官僚システムをベルリンの壁と同様に崩壊させることが日本を閉塞感から解き放つために必要である。ソータローよ、漆間某などは即刻クビを切れ。


脱線した。

かつてル・コルビュジエはパリの高層化を企てたが出来なかったという。コルビュジエの精神、したがってその作品を買わないオノマは当時のフランス人たちが賢かったと評価する。

1980年代に丸の内界隈を高層化にしようという計画があってそのときの完成予想図を見るとまるで墓場のような町であった。何が悲しくてこのような世界を造るのかと思ったのはオノマだけではなく概して不評であった。

しかしここ十年ほどみていると東京はコルビュジエの亡霊に憑かれたかのように高層ビルが増えている。ベルリンでみた教会のような威圧感はないが見てると疲れる。

そういう神経を疲れさせる建物がない界隈が人形町に残っている。

タキガミ理髪店で落語のテープを聞きながら(十代目・柳家小三治(やなぎやこさんじ)の「死神」が流れていた)散髪をして、大和田でうなぎの白焼をたべ(昼は白焼を出さないが空いていたので頼んだら作ってくれた)、ちどり屋で手ぬぐいを買った、我ながらゼータクな時間を過ごした。

最後に本屋に入ってお目当ての本を探してもらったが全部なかった。大概は絶版になっているという。絶版だと八重洲ブックセンターや丸善にもない。神田で探すことにする。

本屋で英語が流れていた。もしやオバマの演説ではないかと思って訊いたらそうだという。日本は凄いねえ。人形町の小さな本屋でオバマの演説を流している。


産経 2009.3.10 10:40 
甘利明行革担当相は10日午前の記者会見で、漆間巌官房副長官が記者団とのオフレコ懇談で西松建設の違法献金事件が「自民党に波及しない」との見通しを示したとされる問題について、「官邸の事務の最高責任者で、前警察庁長官だったことから、検察情報と接触しているかのような誤解と疑心暗鬼を与えた。極めて不適切な発言だった」と指摘した。ただ、進退に関しては、「辞任の必要性は感じない。今後発言は慎重の上にも慎重を期してもらいたい」と語った。


西松建設の献金の相手が民主党であれば違法、自民であれば違法でないという児戯的思考&発言をした漆間官房副長官をクビにするのが妥当と考えるかたは↓をクリック願います。本日21位・720点からどの位変わるか見たいです。

http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 14:45 | comments(3) | trackbacks(2) |
大衆のドス黒い願望と偽善性


大衆の潜在意識には権力者を引きずり落として血祭りにあげたいというどす黒い願望がうずまいています。

その願望をときどきかなえる、すなわちガス抜きをすることによって大衆の怒りが大爆発しないようにするのが国の運営に欠かせません。


ここ十数年の日本はいつ革命があってもテロがあってもおかしくないほど政治家や官僚が腐敗していますからガス抜きをひんぱんにやっています。

大衆の前に放り出された犠牲者はライオンの檻に放り込まれたウサギのようなものでずたずたに切り裂かれます。

犠牲者は政治家であったり、経営者であったり、医者であったりとさまざまです。政治家がいちばんおいしい犠牲者でしょう。

鈴木宗男議員はおそらくは無実の罪でもって監獄に一年以上つながれました。

久間章生防衛大臣は原爆に関する発言を曲解されて辞職させられました。

永田寿康議員はガセネタをつかまされて自殺しました。

ここのところ麻生太郎が檻の中に放り込まれそうになっています。たいして悪いことをやったわけではないのですが。


今週はじめ日本のマスコミは中川昭一の失態を何度も何度も報道しました。

そのしつこさをみてオノマは悪がきたちが女子高生を監禁し数日にわたって輪姦しあげくはコンクリート詰めにして殺した事件を思い出しました。


血のしたたるどす黒い欲望が満たされた大衆は自分たちは決して凶暴なのではない、良い権力者は大好きなのだという姿勢をとって心のバランスをとろうとします。偽善です。

こんかい中川昭一の対極として利用されたのがクリントンでした。

中川とくらべてクリントンはなんと立派な政治家なのかとカンゲキする偽善猿がたくさんいました。

でもここの読者はクリントンの実相がそんなものでないことを一年前から知っています:

http://onomar.jugem.jp/?day=20080509


クリックする方は 自分の運勢よ良くなれと念じましょう

↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164

本日22位 
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
クリントン・フリップフロップ

NHKのニュースでクリントンの映像を流していました。

思ったとおりのヨイショ報道でした。

ヨイショ報道をみて多くの日本人が思考力を奪われる。



オバマを機に日本はアメリカに軸をおいた外交から日本に軸をおいた外交を始めたら良いのです。

でもクリントンが日本を最初の訪問地に選んだとかオバマ政権が日本を重要視しているなどという「幼い喜び」に国民がひたっていては外務省のアメリカンスクールが安易な外交を続けるだけです。


オバマ外交の大雑把なランドスケープとクリントンのポジションです:

ジョー・バイデンは副大統領になるときにお飾りではない、得意の外交について意見をいわせてもらうというニギリをオバマと交わしています。

オバマはクリントン国務長官の下にジョージ・ミッチェル元上院議員を中東担当特使に、リチャード・ホルブルック元国連大使を西南アジア担当特使に任命しました。

三人とも外交経験はクリントンより数段上でクリントンを通さずオバマと話すことができることになっています。

クリントンは残された地域(アジア・中南米)で点を稼がないと存在感がなくなります。その地域の中では日本がいちばんやりやすいから日本で点数を稼ごうとします。


クリントンに関する過去ログです。

クリントンはうそつきだ、言うことがくるくる変わる、戦闘的だ: 

http://onomar.jugem.jp/?day=20080302


クリントンが誇る経験など嘘っぱちだというアメリカ人のコメント:

http://onomar.jugem.jp/?day=20080311

困ったわねえという顔のクリントン:

http://onomar.jugem.jp/?day=20080315


クリックする方は 自分の運勢よ良くなれと念じましょう

↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164

本日20位 

クリントン氏の写真に靴投げ付け=イスラム過激派が抗議デモ−ジャカルタ

2月18日19時3分配信 時事通信


 【ジャカルタ18日時事】クリントン米国務長官がインドネシアを訪れた18日、ジャカルタの大統領宮殿前ではイスラム過激派学生団体のメンバー60人が抗議デモを展開。クリントン氏の写真に向けて約50足の靴を投げ付けるなどして気勢を上げた。
 同団体の代表は「イスラム教徒にとって恥辱とされる靴と同様にヒラリー(クリントン氏)も恥辱だ」と反発。「ブッシュ(前米大統領)と同様にヒラリーへも靴を投げ付ける価値がある」と批判した。デモ自体は大きな混乱もなく、約1時間半で終了した。 

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 09:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
クリントン来日で浮かれてる6de74

お久しぶりです。
復活したチギです。
何だか変な時間に起きてしまいました。

これを書いたら又、寝るつもりですが(^^;)
クリントンが外交をやる事になりましたね。


保護主義政策になるんでしょうか。

世界では半分保護、半分は輸入という方向に向かうんでしょうか。

一番、困るのは、マタマタ汗して働らかないハゲタカの横行、株屋の動向でしょうね。


汗して働く人々にお金がちゃんと行くそういう政治を各国してもらいたいものですね。

| ちぎ | 2009/02/17 3:49 AM |
 



この頃ちぎさんをみかけないなと思っていたところなのでカキコミ嬉しいです。

記憶では↓が最後。

http://onomar.jugem.jp/?day=20080414

 

 

 ☆

ブッシュ時代は日本の利益ではなくアメリカの利益を優先させた日本人がいました。コイズミ、タケナカ、ヤナイ、ハラグチ、ヌマタ、コモリ、ハナオカ、ミヤウチ・・・


アメリカの軍産や金融工学という名のインチキばくちにつきあいたがる日本人を駆逐しないといけません。

 

オバマにしたって日本人の利益よりアメリカ人の利益を優先させようとします。アメリカの大統領だから当たり前のはなしです。

そういう当たり前の話に対して当たり前のことを返すのが国というものです。

日本人が日本の利益を優先させることをもって反米というやからは非国民という名のろくでなしなのです。

クリントンがアジアのなかで日本を最初の訪問国に選んでくれたなどとつまらないことを言って浮かれてる政治家、役人、マスコミはろくでなしです。

ろくでなしにだまされないためにも
オバマの使者クリントンのひととなりを知ってほしい、アメリカとの付き合い方を考える上での参考にしてほしいと昔の日記を再掲載するしだいです。


ヒラリー・クリントンが明治神宮を訪れている最中に、なんで最初に日本にやってきたのかなどというオバカな質問をしたのがいました。

日本人ってあいかわらず幼いわねと馬鹿にした気持ちはいわずクリントンはヨイショの答えをしました。

「日本はアメリカにとって大事な国なのでーす」

「日本の歴史と文化に敬意を表すためにきましたあ」

ビル・クリントンと一緒になって中国にヨイショをし日本をバッシングしてたくせによく言うよ。


クリントンは Living History という自伝を書いていますが中身は嘘だらけだそうです。





向井千秋、山崎直子の女性宇宙飛行士や女子アスリートと一緒に写真におさまったクリントンは自分も小さいころ宇宙飛行士か陸上選手になりといと思っていたと発言しました。

ほんまかいな。

クリントンはこの種の嘘をついてきました。

最低このふたつを知っておくと良いです。

 
http://onomar.jugem.jp/?day=20080401




「瞬間嘘つ器」というすてきなことばがでてきます。

内容はたいしたことではないです。

http://onomar.jugem.jp/?day=20080425



ヒラリーのイメージがはっきりしたと思われた方はヒラリ・クリックしてください。あなたの運勢は上昇します。

↓ 

http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 政治経済 | 06:50 | comments(3) | trackbacks(0) |
クルリンパのクリントン

クリントンが日本に到着したというニュースが流れています。

これからどういう風に報道されるのかおおよその予想はつきます。

おのまと同じように予想をしたいかたは日本のマスコミではわかりにくいクリントンの実像に迫ったおのまのブログをご覧ください。


クリントンをあがめたがる日本人がいます。信じられなあい。これこそがクリントンの本性なのですから:

http://onomar.jugem.jp/?day=20080221


オバマをこきおろしたクリントンがでてきます。こんなことをやっていたクリントンがオバマ内閣に入るなんて信じられなあい:

http://onomar.jugem.jp/?day=20080225


ティム・ラッサートがクリントンをおいつめたときの様子です。

ティムのようなジャーナリストが日本にはいません:

http://onomar.jugem.jp/?day=20080228


以前に書いた日記の再掲載ではテヌキのようでクリックするのに抵抗を感じられる方もおられるに違いないと思ったのですが、クリントンにしぼって探すのも結構時間がかかるもので他に書く時間がありません。よって貼ります。
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164

本日22位 
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 23:45 | comments(1) | trackbacks(0) |
産経のあほな記事

昨日行われたクリントンの国務長官就任に先立つ公聴会での発言の一部を切り取って産経があほな記事を書いている。

何故あほな記事かというのを説明するときりがないのでいちいち書かないが、あらかじめひとつの意図があってそれをもっともらしく見せるため、箔(はく)をつける為にクリントンの名を出しただけの記事である。

他人のふんどしで相撲をとるような真似をせず書きたいことをずばり書いたらいい。自衛隊をどんどん海外に派遣しようと。

虎の威を借る狐にまともなロジックなど期待していない。


ひとつだけ書く。

産経記事のタイトルに「日本重視」とある。これを見てアメリカは日本を重視しているのかと思った読者がいるだろう。

日本がでてくる部分をコピペしておく。それを見れば日本だけを重視しているのではないことが分かる。中国やヨーロッパの方がもっと重視されている。


ブッシュ戦争支持でみたように日本の外交官も産経記者も事実を歪曲するのがいていけない。

英語を読むのが面倒だからといって自らが検証しない国民も政治家もいけない。

日本には事実をきちんと把握し分析する機関が要る。政治家たちよ、外務省や産経のように事実を曲げてインプットする横着な連中をどんどん干せ。


更に関心のある方は今ならリンクしてある「米国政治」でクリントンが云ったこと全部が読めるのでお読みいただきたい。全体のコンテクストがわかって産経の記事をポイステするだろう。


産経【主張】ヒラリー外交 「日本重視」に積極対応を
2009.1.15 02:44

このニュースのトピックス:主張
 次期米国務長官に指名されたヒラリー・クリントン上院議員が上院外交委員会の承認公聴会で証言し、外交、軍事、経済力や文化的影響力を駆使した「スマートパワー」で米外交の指導力を再生する決意を表明した。

 クリントン氏の証言は、オバマ次期政権の外交を担う「ヒラリー外交」の実質デビューといっていい。「米単独では緊急課題を解決できないが、世界も米国抜きでは解決できない」とオバマ氏の公約でもある国際協調路線を強調し、軍事力を「最後の手段」としつつ米国の力を賢明(スマート)に組み合わせて取り組むという。

 テロとの戦いに没頭せざるを得なかったブッシュ政権とは一線を画し、国際機関の活用や気候変動にも目配りする。イラク、アフガニスタン、パキスタン、イランなど中東周辺の利害は複雑に入り組み、全体を見すえた「包括的解決が必要」とも訴えた。そうした構想と氏の意欲は伝わった。それが「強く、信頼されるアメリカ」の再生につながるのなら、期待をこめて注目していきたい。

 ただし、今後はスマートな公約よりも実際の外交が問われる。例えばクリントン氏は選挙戦で独裁政権との直接対話を掲げたオバマ氏を「未熟」と批判したが、公聴会では北朝鮮やイランとの直接外交を否定しなかった。昨年末、空中分解した6カ国協議が示すように、北朝鮮やイランの問題は一筋縄ではいかず、「話せばわかる」相手でもない。厳しい現実に立って、「対話と圧力」の適切なバランスを注文したい。もちろん、拉致問題も忘れては困る。

 クリントン氏は日米同盟を「アジアの平和と繁栄の要石で、共通の価値と利益に基づく」と、同盟重視路線が変わらないことを強調した。選挙戦で「米中関係が最重要」と発言して懸念を招いたこともあるが、公聴会では「米中関係は中国次第」と中国に責任ある行動を求める姿勢を示唆した。

 激動が続くアジアで、日本にとっても同盟の強化と発展が生命線に等しいことはいうまでもない。オバマ政権では、ブッシュ時代の「甘え」が通用しないドライな関係が予想される。アフガニスタンやソマリア沖の海賊対策などで、より具体的な貢献が求められるだろう。これにどう応えるのか。米国に注文するだけでなく、信頼される同盟国として日本も積極的に行動する外交が不可欠だ




愛国者なら赤い部分はこう書かないといけない:

米国から注文されたことを鵜呑みにするのではなく、独立国として思考し米国に注文することが不可欠だ。米国の迷走、暴走に付き合うのを止めることだ。

「愛国者」も意味するところが漠然としているアブナイマジックワードである。敢えて使ってみた。

http://blog.with2.net/link.php?310164


クリントンが重視する国
Smart power requires reaching out to both friends and adversaries to bolster old alliances and to forge new ones. That means strengthening the alliances that have stood the test of time, especially with our NATO partners and our allies in Asia. Our alliance with Japan is a cornerstone of American policy in Asia, essential to maintaining peace and prosperity in the Asia Pacific region, and based on shared values and mutual interests.

We also have crucial economic and security partnerships with South Korea, Australia, and other friends in ASEAN. We will build on our economic and political partnership with India, the world's most populous democracy and a nation with growing influence in the world. Our traditional relationships of confidence and trust with Europe will be deepened. Disagreements are inevitable, but on most global issues, we have no more trusted allies.

The new administration will reach out across the Atlantic to leaders in France, Germany, the United Kingdom, and others, including and especially the new democracies.

President-elect Obama and I seek a future of cooperative engagement with the Russian government on matters of strategic importance while standing strongly for American values and international norms.

China is critically important as an actor who will be changing the global landscape. We want a positive and cooperative relationship with China, one where we deepen and strengthen our ties on a number of issues and candidly address differences where they persist. But this is not a one-way effort. Much of what we will do depends on the choices China makes about its future at home and abroad.


| おのまのプロフィール | 政治経済 | 04:05 | comments(2) | trackbacks(4) |
リンク追加=村井理子・ブッシュ
今ごろになってどうかなと思いつつ村井理子さんという方のブログをリンクしました。

ブッシュの追っかけブログですが詳細にして面白く貴重な歴史文書として保存する価値ありです。

元外交官とか産経ワシントン駐在員とかのより的確にポイントをついています。前者の二人は自分の蛸壺から出られないG3でエラソーに書いているけれど陳腐で退屈。

え、オノマだってそうだ? そうじゃないかなと密かに恐れていたけどやっぱり? でもオバマの追っかけは他の追随を許さなかったでしょ?冷や汗

ブッシュが消えると共に消えることもありうるかと思いご紹介する次第です。

http://blog.with2.net/link.php?310164

↑はランキング。
村井さんのブログはこの頁の右側 LINKS にあります。
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
総括が必要な日本

元旦の夜「NHKスペシャル・激論2009世界はどこへ そして日本は」という番組を見た。

コイズミカイカクの指南をした竹中平蔵やブッシュ戦争を支持させた岡本行夫に罵倒を浴びせながら見た。

詳しく書くだけのスタミナがない。ふたりのお粗末さにあきれて書く気がしない。

メモ程度に書いておく。


竹中は自らの過ちを認めなかった。あのブタマンは食えない。セーフティーネットが大事だとしたり顔をしていた。いまごろオセーヨ。

竹中に対する金子勝らの追求は鋭かったができればコイズミ・タケナカ・キムラらを早くから批判していた植草一秀を入れて欲しかった。


岡本を追求する外交専門家がいなかった。おのまを入れて欲しかった(笑)。

岡本はブッシュのイラク侵攻については自分の判断が間違っていたと認めた。その点でブタマンよりましだ。

しかし自らの過ちを認めたコンマ一秒あとで「アメリカの情報機関がお粗末だった」と責任転嫁する卑劣な言辞をろうした。ウソも休み休み云え。

ひとつだけ云うなら当時イラクでの国連査察団にいたCIAのメンバーがイラクに大量破壊兵器はないと云っていた。

岡本はそれを知らなかったというのか。であれば情報収集力ゼロ、外交評論家の看板を下ろしたら良い。


日本の外交官の多くが肝腎なところで横着かつ雑駁な思考で結論づける。あの佐藤優にしてもそういうところが皆無ではない。

イラク侵攻は間違いだったがアフガン侵攻は正しいとする岡本に自分の論理がない。イラクから撤退しアフガンに注力すると言ったオバマをなぞっているだけだ。


岡本にヒントを与えるとすれば、タリバンは悪だというアメリカの論をなぞるのではなくタリバンにアメリカが武器を与え軍事訓練を施した時までさかのぼって論じるのが良い。

オバマにアフガンからも撤退すると言わせしめ、戦闘行為をやめさせ、話し合いによる解決に向かわせる。止め男のシナリオを書けばよい。

日本憲法にのっとったシナリオを書く事だ。批判する国があっても反駁は難しくない。

オバマもそういう声があがってくるのを待っていると思う。アメリカは「外圧」が欲しいのだ。

岡本は日本が国連安保理常任理事国になるべきだと思っているようだが、であればアメリカの尻馬に乗るだけでまっとうな思考のできない国を応援する国は皆無だと考えるのが良い。


あの番組でもってコイズミ時代の総括が終わったとしたい連中もいるだろうが甘い。

過去の事実、事象をていねいに検証しないから竹中や岡本の雑駁な反論を許すことになる。

NHK自体がコイズミ支持、ブッシュ戦争支持で走っていたからあれ位の番組しか出来なかったのだろうが、今きちんとやっておかないと日本は更に迷走、閉塞の十年を歩むしかない。

CBCテレビで過去の映像を使ってまとめたブッシュ批判番組を作っている。NHKはそれを買ったらよい。

CBCがまとめた映像にあわせながら日本の当事者たちを総括するのだ。小泉首相、柳井駐米大使、原口国連大使、花岡記者、などなどをインタビューすることだ。



本日11位。レコードを更新しました。

昨日は訪問者のふたりにひとりがクリックして下さったようです。



http://blog.with2.net/link.php?310164


今クリックして下さった方の運勢が良くなるよう本気で念♪

トン子さんも45位に上がっています。おのまのブログでユーウツな気分になった方にはお勧め、元気になります。




| おのまのプロフィール | 政治経済 | 03:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
中途半端が良い時もある

十二月三十一日はことし何度目かの雪掻きもしました。

雪は減っていますが雪掻きは今回がいちばん厄介で二種類のシャベルを使いました。



右は雪掻き用シャベル左は土を掘るシャベルです。

なぜ普通のシャベルが要ったのか。


雪掻きをした次の日歩いていてつるりと滑りました。ちょっと見ても分からないほど薄い氷の膜が出来ていました。

我が家は道路からほんの少々ですが高い位置にあるので車寄せも緩やかな坂になっています。凍ったところをスノータイヤを履いているトヨタカムリ(V6・3000CC)では登れません。雪ならなんとか登れます。

歩く時も凍っているところは滑りますが雪の上なら大丈夫です。



ピンクに見えるのは氷を溶かす塩です。撒いたときは雪や氷を溶かしますが外気が下がると塩を氷が包んでしまいます。

氷は硬いので雪掻きシャベルでは取れません。薄いから普通のシャベルでも割れません。傷をつけるのが精一杯。

だから雪掻きをするときは雪を少し残しておくのが良いのです。


そういうことを知ってるおのまってスゴーイと思ったあなたは善人、サギにひっかからないよう注意がいります。

真相はおのまに全部の雪を掻くスタミナがなかったのです。

怪我の功名。中途半端が良い時もあるという話でした。

★本日これまでのレコード14位にならびました。

気がついたらハリウッドセレブというブログがふたつあってひとつはベストテンに入っていました。

トン子さんが48位に上がってきました。更新すると必ず上がるブログです。

おのまのブログはいつも訪問者の三人にひとりがクリックしています。


http://blog.with2.net/link.php?310164

ここまで読んだら全員クリックしましょう。あなたのクリックでどう変わるかみてみましょう。

今年はクリックした方の運勢だけが良くなれ(笑)♪


| おのまのプロフィール | 政治経済 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
テロリストの訓練場


傑作

深刻な問題をほのぼのと描いている

絵がじょうず

足と手の表情

箱を持っている男の表情

当たらないねえ・・・

MBLらしきジャケットを着ている男

俺に投げさせろ

背景がきれい

プロの作品だ
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 01:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本の三人のバカタロー
日本の三人のバカタローといえば

一に石原 二が麻生 三四をとばして五は●●



●●にお好きな名前をドーゾ

いるでしょう あなたのご親戚にも 馬鹿タローが



タローという子はうちの親戚にいない・・はず

いたら・・・

勘当じゃ!!!



小野魔王 多忙につき 本日はこれにて終わり



なんで石原慎太郎と麻生太郎が馬鹿なのかが分かっているひとはクリックしてちょ



ランキング
本日25位

http://blog.with2.net/link.php?310164

本日奇妙的日時
小野魔王多忙也




理由はともかくクリしなかったあなたに災いあれ 

ムフフフフフ 

もいちどチャンスを与えて進ぜる

それでも抵抗するアアタ、明日何が起きても知らないよ

ケガしてガッテン(笑)





ランキング
本日25位

http://blog.with2.net/link.php?310164

会期延長は12月25日2回目は来年1月5日以降

新銀行東京、石原慎太郎都知事参考人招致は中止

「は? ですからね、何を聞こうとしているのかわからない。参考人としてしゃべるべき主題ってものがわからないんだからね、それだったら何も国会のためじゃなしに、国会の議論を通じてですね、国民都民に実情をちゃんと理解していくためにも、参考人を呼ぶ順番というのがあるんじゃないでしょうかね。私が関与しているのは新銀行の創立、戦略的な問題に関しては責任あるし自分が提案しました。しかし、その後はやっぱり、都もからんだ銀行という組織の問題ですからね。そういう機能ということからすれば何を聞きたいか知らんけども、参考人として呼ぶ順番はおのずとあるんじゃないかな」


石原知事「何様か知らんけど」 参院宿舎建て替え変更案
2008.11.25 16:15
参院清水谷議員宿舎(東京都千代田区)の建て替え問題をめぐり、参院の議員宿舎プロジェクトチーム(PT)が建て替え計画の変更案を都側に提示し、26日までの回答を求めていることについて、石原慎太郎都知事は25日、「初めて聞いた。(変更案を)出した方の都合があるだろうが、何様か知らんけど、参院がどういうオーソリティー(権威)があるか知らないけど、国会の都合だけで物がまかり通るわけじゃないんじゃないの」と述べた。

PTの変更案は、緑地率を52%から60%に高め、建物の階数を16階から14階に減らすというもの。

PTは21日、参院事務局を通じて都側に計画の変更案を提示。PTでは石原知事から26日までに回答がない場合、建て替えを断念することで一致している。


麻生太郎首相は27日昼、20日の経済財政諮問会議で「たらたら飲んで、食べて何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と自ら発言したことについて「気分を害された方がいるならおわびする。予防を全く考えないのはいかがなものか」と釈明した。



| おのまのプロフィール | 政治経済 | 11:29 | comments(2) | trackbacks(2) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ