木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

オバマが勝つという予想

ただいまは十一月六日(火) 午後一時。

オバマ、ロムニーのどちらが勝つか分からない接戦州が五つ残っているが、五州の結果がどうあろうとオバマが277人を獲得する(270人で勝利)という予想が四時間前にでていた。

 ちなみにおのまは今朝五時頃、オハイオでロムニーが勝ったという夢をみて目が覚めた。オハイオはオバマが優勢というのが大方の予想であり、上の予想でもそうなっている。

もしおのまがみた夢が現実になったら、オバマ優勢とされている他の州でも逆転劇が起きてロムニー大統領誕生になるのかもしれない。

でも、実際にはおのまの夢が外れてオバマ290 ロムニー248 くらいでオバマが勝つのではなかろうか。


あれから一時間半、ただいまは午後二時半。オバマが281人獲得という予想になっている。五州のうちウィスコンシン(10人)がオバマ優勢に変わっていた。

残る四州:バージニア(13) ノースカロライナ(15) フロリダ(29) コロラド(9)

おのまの予想まであと9人。四州のひとつでもオバマが勝てば予想に到達する。


次の予想サイトとABC速報サイトを比べながら計算するとテレビより早く勝敗の確定ができるかも。

予想サイト
http://elections.huffingtonpost.com/2012/romney-vs-obama-electoral-map

ABC速報サイト
http://abcnews.go.com/

ABC速報サイトの下のほうにあるアメリカ地図をみる。各州をクリックすると開票率や投票数がでてくる。


ただいまは夕方七時。

ABC速報によるとオバマ157人 ロムニー163人であるが、これは予想通りの展開であって西部の開票が始まったらオバマがリードする。

接戦州のフロリダ州は抜いたり抜かれたりしながら開票率が85%まできた。

オバマ50%、ロムニー49%と拮抗している。

フロリダを勝てばオバマの再選は決まったといえる。


八時十五分。

西部の三州がすべてオバマ勝利とされた。

オバマ 251人、ロムニー203人。

オバマはあと19人で再選が決定する。

フロリダの開票は95%まできたが依然としてオバマ50%ロムニー49%と拮抗している。


八時二十分。

Foxを含む米国のテレビ局がオバマ勝利確実と報道しはじめた。

本当はもっと早く分かっていたのにこれ以上引っ張っると恥になると判断したのだろう。

ABC速報サイトではバージニア、フロリダ、コロラド、ネバダを残して、オバマ275 ロムニー203 でオバマ勝利と出た。

Congrat Obama ♪

これからの四年で良いアメリカ、良い世界をつくって欲しい。


おのまの予想、オバマ290人、ロムニー248人が当たるかどうか。

九時。

ABC速報サイトではバージニア(13人) フロリダ(29人) コロラド(9人)の三州が未定で、オバマ281人、ロムニー203人となっている。

オバマがコロラドで勝ち、ロムニーがバージニア、フロリダを勝つと オバマ290人、ロムニー245人。

あれ、3人たりない・・・・

よく見たら、さきほどからアラスカ(3人)を見逃していた。



九時五十分。

ABC速報サイト。

バージニアで開票率97%、オバマ50%、ロムニー49%でオバマが勝ち、オバマ303人、ロムニー203人と出た。

おのまの予想は外れた。

フロリダは開票率98%でオバマ50%、ロムニー49%。予想は更に外れそうである。

おのまは、軍事産業が強いバージニアではロムニーが勝つと想定していた。オバマが勝ったのはアメリカが戦争中毒国家から更生する兆しなのかもしれない。であれば米ドルが強くなっていくかもしれない。本日は1ドル80円。


十時二十分。オバマからメールがきていた。

Masaharu --

I'm about to go speak to the crowd here in Chicago, but I wanted to thank you first.

I want you to know that this wasn't fate, and it wasn't an accident. You made this happen.

You organized yourselves block by block. You took ownership of this campaign five and ten dollars at a time. And when it wasn't easy, you pressed forward.

I will spend the rest of my presidency honoring your support, and doing what I can to finish what we started.

But I want you to take real pride, as I do, in how we got the chance in the first place.

Today is the clearest proof yet that, against the odds, ordinary Americans can overcome powerful interests.

There's a lot more work to do.

But for right now: Thank you.

Barack

まもなくシカゴでオバマの勝利宣言がはじまるという。


十時半。

オバマへ返事を出した。

Congratulations Mr. President.

I wrote you the other day that I am confident of your victory and I was right. クール

I am confident that you will do very well in the next four years for your country and for the rest of the world. Good luck.

Sincerely,

Masaharu Ono
http://onomar.jugem.jp/

今、シカゴの会場にオバマ一家が現れたのでテレビを見ることにする。ほんじつはこれにて終わり。


追記 四日後の土曜日にフロリダもオバマ勝ちと決まった。今回はまれにみる大接戦と喧伝されていたが、終わってみれば2008年のときにくらべて33人減ったが332vs206の大差であった。

Obama wins Florida: Florida was officially called for Obama on Saturday, officially handing him a 332-206 electoral vote win.

The call wasn’t surprising, given Obama held a small but firm lead in Florida ever since Election Day, but it does mean he swept basically every tossup state in the country on Tuesday and has a sizable Electoral College win to show for it.

Obama came just 33 electoral votes shy of his 2008 showing, when he also carried Indiana, North Carolina and one electoral vote in Nebraska.

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 06:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
マサチューセッツ州で不人気なロムニー
ロムニーは2003年から2007年までマサチューセッツ州知事をした人ですから同州での支持率でオバマをリードしてもよさそうだと思うのですが、直近のボストングローブ紙の調査によるとオバマ56%ロムニー39%で17ポイントの大差をつけられています。

ウィキペディアでみると州知事時代のロムニーは財政・経済政策・手腕への評価は一般的に高いとあります。それなのにどうして同州で不人気なのか奇妙です。

調べたところ次のような動画がみつかりました。ウィキぺディアの記述は正しくないのかもしれません。
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 04:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
スーザン・アイゼンハワーが今回もオバマを支持した

ただいまは十一月一日。

米国大統領選を生暖かく眺めていたおのまですが投票日が来週の火曜日にせまりやや熱くなっています。ふだんは野球をみないけれどワールドシリーズだけは見たという現象に似ています(笑)。

やや熱くなっているとはいえ所詮は日本人ですから結果はどちらに転んでもいいです。アメリカ人の選択をどうこう言うつもりはありません。米国にとっても日本にとってもオバマのほうがロムニーより良い選択だろうとは思っていますが・・・


ところで、あなたがこのブログで四年前にアイゼンハワー大統領の孫娘の論を掲載したことを覚えておられるとしたら記憶力優秀ということになるでしょうか。

もしイエスであれば、四年前に書いたことを思い出したおのまも記憶力優秀(笑)。 




共和党員だったスーザン・アイゼンハワーは四年前の二月に民主党のオバマを支持すると言ったのですが、今回は選挙戦が終わりに近づいたタイミングでオバマ支持を表明しました。

おのま同様、オバマがいいのかロムニーがいいのかについてぎりぎりまで迷っていたのかもしれませんが、共和党員、民主党員の区別なく敬愛されたアイゼンハワー大統領の孫娘に支持されたとあってはオバマの勝ちが決まったといえるのではないでしょうか。むろん若い世代のアメリカ人がアメリカの歴史を知っているとすれば、アイゼンハワー大統領のひととなりを知っているとすればの話ではあるのですが。

以下、十月二十九日に発表されたスーザン・アイゼンハワーの論を簡単な訳とともに掲載します。



Why I Am Endorsing President Barack Obama
October 29, 2012

Four years ago, I left the Republican Party of which I was a lifelong member and became an independent. Not long after, I supported Barack Obama in the 2008 election for president. I made this decision determined to look at the issues not as a Republican or a Democrat, but as an American. 

四年前、わたしは共和党員をやめ、ほどなくオバマ支持にまわった。

It is through that lens that I consider my choice in the 2012 election. Like many other voters who crossed party lines to vote for Barack Obama in the last election, I have watched the 2012 campaign carefully and listened closely to what the candidates have said. I believe that President Obama should be re-elected.

今回の選挙でもオバマが再選されるべきだと信じる。

Very few American presidents have been truly prepared to assume that job. Four years ago, Obama, a relatively inexperienced public servant, became the 44th President of the United States during one of the most difficult times our country has faced. The nation’s economy was on the brink of collapse. Our image overseas was tarnished, and our military was bogged down in two unpopular wars. I supported Obama then because I thought that he was unflappable. I saw him as a man with a keen intellect and a cool analytical head. I believed he would also be able to inspire those who had suffered most from a recession unparalleled since the Great Depression. In doing so, I reasoned, he would go a long way towards reuniting a nation deeply divided.

四年前のアメリカは経済が崩壊する寸前だったし、海外からの米国のイメージは汚れていたし、米軍はふたつの戦争で泥沼にはまっていた。分裂していた米国をまとめあげることができるのはオバマだった。

Obama was elected and took office, building on a number of stabilization programs initiated by the Bush administration. He took many other vital steps that reestablished our economic footing, including saving America’s automobile industry.

In the last four years, and despite the global downturn, America has come back from the brink. While pain is still being felt in far too many sectors of the economy, from a macroeconomic standpoint the situation in the United States is better than it is among our allies. According to the International Monetary Fund, today the United States is poised for 3 percent growth, which would make our economy the strongest of the other richest economies, including Canada and Germany. Other influential studies, cited in a recent column by Fareed Zakaria, show that debt in the U.S. financial sector, relative to GDP, has declined to levels not seen since before the 2000 bubble. And consumer confidence is now at its highest levels since September 2007. The housing market is also slowly coming back. While there is still an enormous amount to do to assure a recovery, the president deserves credit for a steady hand during this dangerous and unpredictable time.

オバマ大統領の四年でアメリカは崖っぷちから生還した。IMFによればアメリカはカナダ、ドイツをもしのぐ世界最強の経済である。オバマの功績である。

In the last four years, President Obama has also had to contend with a rapidly changing international environment. He ended the war in Iraq, was the first Democratic president to ratify an arms control treaty with the Russian Federation, and rallied global leaders to put nuclear security at the top of the international agenda. The Obama Administration has also been responsible for decimating the top leadership of al-Qaeda and introducing biting sanctions on Iran. Today the president has significant experience in managing foreign relations, experience that GOP candidate Mitt Romney and his running mate, Paul Ryan, do not have.

国際問題でもオバマはイラク戦争を終結させ、ロシヤと軍縮協定を結び、核廃絶を提起し、アルカイダの指導者を処刑した。ロムニー・ライアンコンビにはオバマの外交経験がない。

As a result of this campaign I am more confused than ever about what Mitt Romney stands for. I know little of his core beliefs, if he even has any. No one seems to agree on what they are, and that’s why I do not want to take a chance on finding out.

ロムニーの立ち位置はどこにあるかさっぱり分からない。(いうことがしょっちゅう変わる)正体不明の人物である。

Given Romney’s shifting positions, he can only be judged by the people with whom he surrounds himself. Many of them espouse yesterday’s thinking on national defense and security, female/family reproductive rights, and the interplay of government and independent private enterprise. In this context, Barack Obama represents the future, not that past. His emphasis on education is an example of the importance he places on preparing rising generations to assume their places as innovators and entrepreneurs, workers and doers, and responsible citizens and leaders. He recognizes, as many of us do, that access to opportunities must be open to every American, regardless of race, ethnicity, or socioeconomic status. This is not an entitlement, but a sound investment in the future.

ロムニーの取り巻きたち(ネオコン)の発想は過去のそれである。オバマは過去ではなく未来の象徴である。

Barack Obama’s record as president has not been perfect, and there have been frustrations for all of us during this time. Nevertheless, I believe that he deserves four more years in the White House. If the voters on November 6 give him that chance, we should expect and demand, if necessary, that members of both parties work closely with him to find a way to avert the “fiscal cliff” and other pressing and possibly destabilizing problems.

オバマの大統領としての成果は完全ではないが再選されるべきである。

As I said in 2008 and will say again: “Unless we squarely face our challenges as Americans—together– we risk losing the priceless heritage bestowed on us by the sweat and the sacrifice of our forbearers. If we do not pull together, we could lose the America that has been an inspiration to the world.”

アメリカは(オバマのもとで)一丸となって挑戦しないといけない。

http://susaneisenhower.com/2012/10/29/why-i-am-endorsing-president-barack-obama/


四年前のブログ
http://onomar.jugem.jp/?day=20080203

284

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
FEMAとロムニー

毎度おなじみ、NHKよりおもしろいおのまの解説(笑)。さきほど書いたブログの補足資料としてご覧ください。

ほんじつ(十月三十一日)流れた動画ですが、十月三十日に「FEMAに対する消極姿勢は変わらないのか」と十四回も質問されたのに対してひとことも答えられなかったロムニーの姿がみじめです。



| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 04:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
サンディの大統領選挙への影響
ただいまは十月三十一日。

百年に一度という規模のハリケーン・サンディのせいでアメリカでは今も
なお八百万世帯が停電の最中だそうです。 

災害対策のため選挙運動を一時停止せざるをえなくなったオバマにとっ
て不利なのか有利なのかとNHKで言っていましたが、おのまはオバマ
有利に働いたと思います。

NHKは緊急事態のために奮闘するオバマの露出度が高まるからオバ
マ有利という見方があるといっていましたが、そういう素朴な観点ではな
く、災害対策に国がしゃしゃり出る必要はない、州あるいは民間にまかせ
ろと言っていたロムニーの立ち位置から解説して欲しかったですね。
もっともNHKはそんなことを知らなかったのかもしれませんが・・・




Rick Ungar, Contributor
During one of the 2011 GOP presidential debates sponsored by CNN 
・・・ 
the Republican candidate had to say when asked whether FEMA should
be shut down:

“Absolutely. Every time you have an occasion to take something from
the federal government and send it back to the states, that’s the right
direction. And if you can go even further, and send it back to the private
sector, that’s even better. Instead of thinking, in the federal budget,
what we should cut, we should ask the opposite question, what should
we keep?”



そうした背景を知っていると十月三十一日にでた風刺画がピンときます。



大きな政府はいらないという人が政府に助けを求めているという絵です。

ウィキ:
FEMA フィーマ 
アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁
Federal Emergency Management Agency of the United States
大災害に対応するアメリカ合衆国の政府機関

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
この動画は傑作です
おのまが傑作と評価する作品の条件=きれい&理解しやすい



277
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
それでもオバマが勝つという予想

十月三日のテレビ討論を境目にロムニーの支持者がオバマの支持者を上回りましたが、そのままで投票日を迎えそうにみえます。

目下のところロムニー支持が47・9% オバマ支持が47.0%(ロムニー50%、オバマ47%という調査もあります)、合計で94.9%ですから残りは5.1%。

いまだに支持者を決めていない5.1%がどちらに傾くかを予想したら十一月六日がより楽しめるでしょう(笑)。





支持者数で勝っていても選挙で負けることがあります。

州ごとにどちらの候補者を支持するかを決めるのですが、州によって割り当てられる票数(選挙人数)が異なり、したがってどの州で勝つかが大事です。カリフォルニア州を勝つと55票はいりますがアラスカ州で勝っても3票です。

下の地図で濃い青の州(カリフォルニア、イリノイ、ニューヨークなど10州)はオバマの勝ち、濃い赤の州(アラスカ、ルイジアナ、ミシシッピーなど13州)はロムニーの勝ちが決まっているそうです。




これだけだとロムニー優勢に見えますが、実際はオバマの10州は142票、ロムニーの13州は75票です。オバマが優勢なのです。

薄い青(オバマ優勢)、薄い赤(ロムニー優勢)も足すとオバマ201票、ロムニー191票でやはりオバマが優勢です。

しかし・・・・


最後までどちらに転ぶかわからない灰色の11州が146票もっています。

全州の票数は538。

270 対 268 で勝敗が決まります。

灰色146票のうち、オバマは69票とれば勝ち、ロムニーは79票とれば勝ちです。

灰色の146票の半分は73票。 

69票とれば良いオバマが有利ですが、さきほど書いたとおり州によって票数が違いますからどの州で勝つかがポイントになります。


灰色11州の票数は以下の通りです。どことどこを勝てば69票、79票になるかお考えください。

Toss Up (146)

Colorado (9)

Florida (29)

Iowa (6)

Michigan (16)

Nevada (6)

New Hampshire (4)

North Carolina (15)

Ohio (18)

Pennsylvania (20)

Virginia (13)

Wisconsin (10)



お考えくださいといわれたって・・・とおっしゃるあなたに特別サービス。

灰色州を眺めながら次の動画をご覧になると良いでしょう。




動画みたって英語わかんな〜い・・・・とおっしゃるあなたへ特別サービス。

十月二十七日、取り急ぎ調べたところ灰色11州が3州になっていました。

きょうのNHKニュース深読みでは灰色州が8州でした。いつもながらNHKより早いおのま、ブイ。

=オバマ優勢、=ロムニー優勢、 灰色=引き分け。

Colorado (9)

Florida (29)

Iowa (6)

Michigan (16)

Nevada (6)

New Hampshire (4)

North Carolina (15)

Ohio (18)

Pennsylvania (20)

Virginia (13)

Wisconsin (10)


オバマ 63 ロムニー44。 


さきほどの オバマ201票、ロムニー191票 に足すとオバマ264票、ロムニー235票

270票までオバマは6票、ロムニーは35票。

オバマは灰色3州(ミシガン、バージニア、ウィスコンシン・計 39)のどれかを勝てば勝ちますが、ロムニーが全部勝つとロムニーの勝ちです。


ということですから、オバマが勝つと予想するのはどうですかね。残る九日に何が起きるのか、起きないのか生暖かく眺めていましょう。

210
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 05:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
歴史の曲がり角だったのか 第一回 テレビ討論

米国大統領選挙2012でオバマが再選されないとすれば十月三日(水)にコロラド州デンバー大学で行われた第一回テレビ討論が原因であるといわれるだろうという論があります。おそらく正しい論でしょう。

この討論がおこなわれる直前までは接戦ながらもオバマが勝つだろうというのが大方の見方でしたが、この討論会においてロムニーも大統領の器量があると評価され、逆にオバマは弱いというイメージができたといわれています。

もしかすると歴史の曲がり角であったといわれることになるかもしれない討論会を以下に貼ります。




ちなみにおのまは討論をテレビでみていてロムニーが勝ったとは思いませんでした。
テレビ討論でロムニーはオバマに勝ったのだろうか?
http://onomar.jugem.jp/?day=20121002

強いていえば視線の安定感のようなものに差があったのかもしれません。

ロムニーがオバマを射すくめるように見つめながら話しているときにオバマが下をむいてメモをとっていた場面がなんどか映されましたが、そういうときにオバマが弱くみえたと思います。逆にオバマがロムニーを見据える時間は短く、そのせいで視線が泳いでいるように見えたかもしれません。オバマ、体調が今ひとつだったか。

おのまはロムニーにテレビ宣教師のような胡散(うさん)くささを感じて好きになれないのですが、胡散くさい宣教師にたやすく洗脳される善良な人が多いのがアメリカの田舎ですからロムニー大統領誕生の可能性はあるわけです。

次回は、それでもオバマが勝つという予想を紹介します。


252
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 03:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
オバマ・ロムニー 最後のテレビ討論@2012・10・22 フロリダ


NHKの解説よりおもしろいネットコメント:

Coke or Pepsi? Coke or Pepsi? Coke or Pepsi? Coke or Pepsi? Coke or Pepsi? Coke or Pepsi? Coke or Pepsi? Coke or Pepsi? Coke or Pepsi? Coke or Pepsi? Coke or Pepsi? Coke or Pepsi?

Hello?! AMERICA ARE YOU AWAKE?

Turn off the stupid tv shows and other distractions. 53 Cents of the tax dollar still go to the military. We are the biggest empire in history. The largest terrorist organization known to man. And we farm our own citizens like they are sheep. Question everything.
lifeisgood070 1 分前

But I bet for voted for Bush the second time. OK so you dislike Bush NOW. Did you know Romney's team is made up of ex Bush advisers. Dick Cheney, John Bolton, Karl Rove, etc....? No, you will get Bush again all but in name. Trust me.James Gallagherwolfman8325 さんへの返信 (コメントを表示)1 分前

Let's get this straight. Obama has bombed 6 countries and Bush only bombed 2. Bush was a warmonger therefore Obama is worse. Quit pretending either Democrats want peace, they are just as hawkish as the Republicans. A vote for a 3rd Party is the only vote for peacNamekianPrince 3 分前

I can't watch this crap. Too many lies spewing out both of their mouthsSuupaT 3 分前

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロムニーがオバマを抜いたか

ただいまは十月二十三日。


四年前のおのまは米国大統領選挙に熱くなって参加しましたが今回は生暖かく眺めています。

前回は米国のアフガン侵攻、イラク侵攻など国際問題が目玉だったのに対して今回は米国の国内問題が目玉だからです。おのまにとっては米国の国内問題より日本の国内問題が大事です。


昨夜はオバマvsロムニーの第三回テレビ討論がありました。最後の討論で外交問題を論じるという予告だったので興味津々だったのですが期待ほどの内容ではありませんでした。

米国は誰が大統領になっても力づく、暴力づくで相手を屈服させたがる、強硬姿勢をとりたがる次元から抜けられない国だ、中東では国連決議を無視し続けているイスラエルを支持し続ける国なのだと改めて思いました。

また日本では一部の識者が尖閣問題では米国が日本を支持しているから安心だといっていますが、今回の討論で中国の話はでても日本について論じられることはありませんでした。

討論の終盤で米国経済の問題が論じられました。予告編違反ですな(笑)。

全般的にみてさしたる討論ではなかったというのがおのまの印象でした。


昨日の討論の直前にでたベネットの風刺画です。



言うことがしょっちゅう変わるロムニーをウソツキに見立て、それでもロムニーがオバマを抜いたという作品です。

昨夜の討論でもオバマはロムニーが言ってきたことに一貫性がないことを指摘していましたが、記憶力がさほど強くない人たちはその場その場の嘘に騙されますから、あるいはベネットの作品が米国の現状を捉えているのかもしれません。


次頁にはmsn産経の記事があります。
 

続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
テレビ討論でロムニーはオバマに勝ったのだろうか?

只今は十月七日(日)。

今回の米国大統領選挙は生暖かく見ています。

三日(水)に行われたオバマvsロムニーのテレビ討論ではロムニーが勝った
という報道が流れました。

おのまは、オバマの頭が白くなったなとは思いましたがロムニーが勝ったと
は思いませんでした。

風刺画をみるとロムニーの勝ちという作品が多く、ロムニーが試合に出られ
る状態で無いという作品を描いたベネットもそういう作品を描きました。


先週:



今週:




しかし次のような作品もあります。





オバマはオサマビンラディンを殺した。ロムニーはビッグバードを殺した。

今回の討論を扱った作品のなかで一番の傑作だと思います。

ビッグバードはセサミストリートという四十年にわたる子供向け番組にでてくる
人気者です。

ロムニーはセサミ・ストリートを流しているPBSに対する支出をしないと言った
のですが、それがアメリカ人の潜在意識にある価値観を踏みにじったのでは
ないかとおのまは考えるのです。

おのまはこの瞬間、はっとし、ロムニーは虎の尾を踏んだと思いました。

October 5, 2012 8:45 AM

Big Bird sets off avalanche of response post-debate

Romney said during the debate, "I'm going to stop the subsidy to PBS.
I'm going to stop other things. I like PBS. I love Big Bird. I actually like
 you, too (Jim Lehrer). But I'm not going to -- I'm not going to keep on
spending money on things to borrow money from China to pay for."

It was not the first time PBS has been targeted. But it was, perhaps,
the most prominent platform. Seconds after Romney uttered those
words, Twitter nearly tumbled over. At one point, 17,000 Big Bird
tweets were published per minute, which factored into a big night
for the social media site. Twitter said the debate was the most
tweeted-about political event in U.S. history.



| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
大統領予備選 4 ロン・ポール
野次馬オノマが米国共和党の大統領予備選で勝たせたいと思うのはロン・ポールですが、ほんじつ現在、彼が得ている支持者数は四人の中でびりです

ミット・ロムニー 98人
リック・サントラム 44
ニュート・ギングリッチ 32
ロン・ポール 20

(候補者になるには  1114人 必要)

三月十日(火)には十州で選挙が行われるスーパー・チューズデイという大きな山場があり、約450人を争います

オバマを支持して百本ほどのコメントを米国のメディアに投稿した四年前とちがって、今年のオノマは何もしません。誰が選ばれるかを見て米国の未来を占おうと思います

ロン・ポールのネット上の運動の一部を貼ります
 


ロン・ポールに関する過去ログ
http://onomar.jugem.jp/?day=20120204
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
米国大統領予備選 3

ロン・ポールが風刺画でどう扱われているのかを探しましたが、みつかったのは一枚だけです。



ロン・ポールはメディアから無視されているという風刺画です。

ちなみにミット・ロムニーとニュート・ギングリッチの風刺画はたくさんありますが、リック・サントラムのは一枚もみつかりませんでした。

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
米国大統領予備選 2

共和党の大統領候補者四人がフロリダで討論をした模様をテレビでみたのですが、討論の途中でトロントからきていた知人たちと夕食を一緒にしたため全部はみていません。彼らの主張を見聞きしたのもこれが初めてでした。

ですから彼らに対するオノマの見方は浅いし、偏っていると思いますが、こんなことを感じました。

メディアはロムニーを推しているようだ
ロムニーは偽善者の匂いがぷんぷんする

メディアはギングリッチが嫌いなようだ
ギングリッチの本質はコマッタチャンである

サントラムは西部開拓時代のカウボーイみたいだ
サントラムは知性、教養が欠けている
サントラムが大統領になったらまたどこかの国にイチャモンをつけて戦争を始める

ポールはサントラムと反対の極にある
ポールが四人の中でいちばんまともにみえる
米国はポールを大統領に選ぶような国にはなっていないだろう


ロン・ポールはどんな人物かをウィキでみました。なるほど対外不干渉主義者だからまともに見えたのだと思いました。完全にサントラムの反対極にあるとも思えません。オノマが米国人だとしたらポールのすべてを支持することはないでしょう。

以下はロン・ポールに関するウィキ記事の抜粋です。長いですが政治家のあり方を考える上で参考になると思います。


政策

立憲主義小さな政府を基調としている

新たな支出や増税に対して一貫して反対票を投じている。医者である事と007の映画から掛けて Dr. No というあだ名がついた

支持している政策の主なものは、州の自治権強化、市民の銃器の所持、自由貿易

反対している政策の主なものは、連邦準備制度妊娠中絶問題に対する連邦政府の関与、死刑制度所得税(違憲であると主張)、国民皆保険

外交政策に関しては、不介入主義

国際連合北大西洋条約機構からの脱退を支持

2011年2月15日の共同通信との会見で、日本は米軍依存をやめるべきであり、在日米軍基地の撤退を強く主張

米軍基地の抑止力と言うのは虚構に過ぎないとして、民主党の
デニス・クシニッチとともに在日米軍を「過去の遺物」と呼んだ

戦争をしなければならないのは国民を守らなければならない時だけであり、下院による
宣戦布告なしでの開戦は許されないと主張

2002年の「イラクに対する兵力動員承認に関する法案」の下院での審議の際は徹底してイラクとの開戦に反対した

経歴

ドイツ系ルター派移民の子孫、5人兄弟の三男

5歳から父の農場で働き始め、その後新聞配達や薬局で働き、運転免許を取得した後には牛乳配達もする

高校在学中は様々なスポーツを行い生徒会長も務めた

ゲティスバーグ大学在学中に膝に怪我を負い、リハビリで水泳をし水泳部に所属

一度は聖職への道を考えたものの、デューク薬科総合大学に進み、1961年と1962年、研修医としてデトロイトのヘンリー・フォード病院の内科で勤務し、その後 1965年から1968年にかけてピッツバーグ大学産婦人科で、同じく研修医として勤務

1963年から1965年まで、現役兵として働き、韓国、イランエチオピアトルコなどに赴任

1963年から1965年、航空医官として、パイロットの耳鼻咽喉の治療にあたった

1965年から1968年まで、ピッツバーグでの研修医の傍ら、空軍州兵に従事。大尉

産婦人科医として、4000人もの赤ん坊を取り上げた。メディケア(高齢者向け医療保険制度)や、メディケイド(低所得者と身障者の医療扶助制度)の制度を受けつけない医師であったが、金銭に困っている患者には、無料や割引料金で治療したり、また分割払いに応じた

1971年8月15日リチャード・ニクソン大統領が、米ドル金本位制からの完全な脱却を宣言(ニクソン・ショック)したことを動機として政界入りを決心。「その日から全ての貨幣は、もはや本来の価値によって決まるのはなく、政治によってその価値が決まることになるだろうと思い、私は愕然としたんだ。」と言っている

1974年中間選挙テキサス州22区の候補者として共和党から出馬した敗北

1976年4月に補欠選挙が行われ議席を得る

6ヶ月後の通常選挙では僅か300票差で民主党に議席を奪われた

1978年の選挙で雪辱を果たし、1980年と1982年の選挙でも再選を収めた。議員在職中にも月曜日と土曜日には産婦人科医として勤務し、自らが
違憲だと思った法案には賛成票を投じなかったことから Dr.No と言う評判を集めていた

下院での4期の任期中、視察旅行への参加や、議員年金への登録を辞退。インフレーション率に応じて議員給与を下げようと提案

連邦準備金制度がインフレを引き起こしたのだと考えこの制度を非難

1980年代の貯蓄貸付危機の対策に考えられていた、銀行制度の規制解除にも反対

1985年に議会を去って医療の世界に戻ることになり辞任演説で、「我が国の憲法の制定者は、広く市民の幸福を目的としていたが、今や特定の人々の利益が目的となっている。ここでは票の取引が正当な施策としてまかり通っている。お使い坊やの議員達は凡庸な人種なのに、自由の擁護者は変人と思われている。真の自由を愛し、州の権力が強大になることを否定し、本物の皮肉屋を残さない者にとっては困難だ。」と語った。

1988年大統領選挙戦

1988年アメリカ合衆国大統領選挙リバタリアン党の出馬候補となった

一般投票で、共和党のジョージ・H・W・ブッシュ、民主党のマイケル・デュカキスに続き、3位となった(431,750票−0.47%)

インターネットでの人気

2008年、5つの共和党の大統領候補討論会に参加し、そのうちの4つの討論会で、討論会のインターネット投票、もしくは携帯メール投票の票数で、勝利

ABCニュース (アメリカ)は「彼の支持者は、バイラル・マーケティング(=口コミ宣伝)の仕組みを熟知している。長期的な視点で大統領選挙運動を捉えており、インターネット調査やブログを開設することで、少なくとも、今の時流を認識している。」と述べている

雑誌
USニューズ&ワールド・レポートは、「ポールの支援者はインターネットに集結していて、彼らの熱意によって、どのインターネット情報の統計でも、ポールは、はるかに有力な候補者達に混じって、姿を現している。USAトゥディ新聞はポールを、『ネットの申し子』と呼んでいる。

ポールは、YouTubeにおいて、全大統領候補者の中で、自分が一番のアクセス件数(430万以上)であり、2007年5月20日時点で、メールマガジンの登録者数でもトップを獲得し、それはバラック・オバマ氏をも上回ると発表

政治的立場

オーストリア学派の経済哲学を信奉している

貨幣供給に対する政府の統制は、結果的に経済的非効率と通貨不安を引き起こす、という学説

オーストリア学派の経済学者、
フリードリヒ・ハイエクマリー・ロスバードルートヴィヒ・フォン・ミーゼスの3人の写真を(グロバー・クリーブランドの写真とともに)、事務所の壁に掲げている。

外交政策では不干渉主義

2008年合衆国大統領選挙の共和党候補者の中では、2002年の
イラク戦争決議案に反対をした唯一の候補者となった

アメリカ同時多発テロ事件の対応として軍事力を行使する法案に賛成票を投じはしたが、特定のテロリストを対象とした他国商船拿捕免許状と報復の権限を大統領に与えること、などといった戦争の代替策も提案

強固な国家主権を維持するためとして、
国連やNATO(北大西洋条約機構)からの脱退を主張

市民的自由を第一に考えており、
米国愛国者法、連邦政府の拷問の使用、大統領の自律性、国民IDカード、令状によらない国内監視、徴兵制度、などに反対

自由貿易を支持し、それゆえ管理貿易のための組織である
北米自由貿易協定世界貿易機関の構成国であることを否定

より強固な国境警備を支持し、
不法滞在外国人に対する生活保護や国籍の出生地主義や不法移民の合法化に反対

公共投資やイニシアティブ(住民投票制度)、租税に関しては、ほとんど全ての提案に反対票を投じている

1995-1997年の任期中、決して税金は上げないと誓約し、赤字予算に賛成したことは一度もないと述べている

政府の財政基盤は主に消費税と(自由貿易)関税によって賄うこととし、政府の予算を2000年度の支出水準の規模に縮小することで、税制の中立性を保ちながら、個人に対する
所得税を廃止できるだろうという信念を持っている

内国歳入庁教育省エネルギー省国土安全保障省連邦緊急事態管理庁州際通商委員会といった連邦政府機関の大部分の廃止を主張

銀本位制金本位制といった兌換紙幣に賛成

自由貿易金利と貨幣供給を決定した時経済の不安定さは減少するのであり、また、国債は政府の支出に応じて発行されていて、連邦準備制度は、抑制のない膨張した貨幣供給を政府が行うのを許可してしまっている、といった理由から、連邦準備制度中央銀行の段階的廃止を提唱している

州権、の所有、政治犯に対する人身保護令状、陪審による法の無視の権利、自主的な又は非公式の学校内礼拝を認める憲法改正、などを支持

労働者の
社会保障制度からの脱退の許可、医療の分野における自由市場の拡大、公害防止に対する私的所有権の認知、投票用紙への党・候補者名記載の増進に賛成

反対しているものは、
麻薬撲滅キャンペーン、社会医療制度、福祉国家論、海外援助、司法積極主義、連邦による死刑制度への干渉(彼は死刑制度自体には反対の立場である)、結婚・教育に対する連邦の規制、インターネット・ギャンブルの禁止

同性愛者の行為と同様に異性愛者も含んだ破滅的な性嗜好に注目した問題に対して、軍の“聞かざる・言わざる政策“の施行廃止を支持

未婚夫婦や同性カップルによる
養子縁組に対しての政府の補助金制度に反対

中絶に対する”ゆるぎない反対者“だと言っており、母体及び胎児の健康に対する医学的判断の規制は、”国家レベルの最高位の取り扱い事項だ“という信念を持っている。またウィキ・リークスに対しても、「もっとウィキ・リークスが必要だ」と発言

著書 [編集]

  • 他人のカネで生きているアメリカ人に告ぐ ―リバータリアン政治宣言― (副島 隆彦(監修・翻訳)、佐藤 研一朗(翻訳)成甲書房、2011年、ISBN 4880862746
     


ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事

共和党のサントラム元議員が出馬表明、米大統領選
ロン・ポール下院議員 ニュート・ギングリッチ元下院議長
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
米国大統領予備選 1

「木霊の宿る町」には「大統領選挙」というカテゴリーが,らイ泙如百本以上の記事があります。2008年に行われた米国大統領の民主党候補者えらびでオバマを支援する立場で始めたもので、オバマ大統領が実現したあとはあまり更新していません。

あれから四年。オノマは今回の米国大統領選挙に強い関心がありません。共和党の候補者の顔ぶれもろくすっぽ知りません。

この秋、オバマが勝つか負けるかにも関心ありません。あれほどオバマ大統領誕生に熱心だったオノマは変心したのでしょうか。いいえ、そうではありません。以前から書いてきたことですが、オノマはブッシュ戦争に反対したその一点をもってオバマを支持したのです。

その後、自分はオバマを応援した、今度は自分を応援して欲しい、辺野古に新しい米軍基地をつくらないようにして欲しいというメールをオバマに送りました。

ワシントンポストをはじめとする米国メディアにも約百本のコメントを投稿し、オバマの勝利に貢献したオノマの云うことならオバマは聞くはずなのですが(笑)、肝心の日本政府、しかも民主党出身の首相が三人続けて、辺野古に新基地をつくると繰り返すものだからオバマも動きにくい。

・・ったく、なんなのかね、民主党って。自民党が決めた日米合意を白紙に戻してこそ政権交替の意義があるんじゃね?民が主の党と書いて民主党なんだから、まずは沖縄の民の声を聞けよな。

まあ、そんなこんなで、もはや、オバマにも、そしてオバマと争うことになる共和党の大統領候補者にも関心がありません。


さて、古希腹背泳を無事乗り切ってサンピークスに着き、ナンシーグリーンカヒルティーロッジにチェックインしたのが一月二十六日(木)の二時頃。

http://www.cahiltylodge.com/

これから滑るかどうか思案しましたが、着替えて、リフト券を貰って、リフトに乗って山頂に着くのはたぶん三時近く、リフトは三時半でおしまい、一本か二本しか滑れない、休んで運転の疲れを取るほうが賢い・・・という結論に達しました。

まあ、この結論は加齢のせいでしょうね。六年まえだったら滑ったと思います。

車から荷物を部屋に運び、スキー板をスキーロッカーに運び終わると二時半。シャワーを浴び、テレビをつけたところ共和党のフロリダ討論会なるものがあると出ました。

久しぶりに見るCNNです。オノマがCNNニュースは解約したのは十年以上も前になります。パパブッシュの湾岸戦争の頃はまいにち見ていましたが、オノマも時代も変わったのだと思います。CNNの存在理由はかなり落ちていると思います。


つづきは明日付けのブログに書きます。
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 07:32 | comments(0) | trackbacks(1) |
オバマのビデオ:米国債務不履行回避

八月二日に起きるかもしれないと騒がれていた米国の債務不履行(米国債元利支払い不能)は与野党の妥協で回避されました。おばか・・・あっ・・・オバマのごく短い声明がユーチューブで流れています:

Friend -- The President and congressional leaders reached an agreement last night to meet our financial obligations and reduce our deficit. Many people will have lots to say about this deal -- but the President wanted to talk to you directly. Watch the
video:


 

続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 01:23 | comments(5) | trackbacks(0) |
オバマはブッシュになったのか

三月二十七日(金)、 オバマ大統領が「アフガニスタンとパキスタンとに関する新戦略」というスピーチをしました。



今ならリンク先の「米国政治」からみることができますがそのうち消えるので全文をコピペします。


玉虫色のスピーチですが、浮き上がってくるのはアルカイダ退治が必要だ、アフガニスタンでの戦争をエスカレートするという趣旨です。オバマ君、頭ダイジョービ?

これから起きるテロはアルカイダのせいだと脅す幼稚なレトリックなどはブッシュが乗り移ったみたいです。

If there is a major attack on an Asian, European, or African city, it - too - is likely to have ties to al Qaeda's leadership in Pakistan. The safety of people around the world is at stake.

アジアの主要都市にも大きな攻撃があるとしたらアルカイダのせいだというレトリックの影に日本にもテロがおきるから自衛隊をアフガンへ送れというメッセージがちらほら見えてきませんか。


オバマは選挙中にイラクから撤退しアフガニスタンに増兵すると云っていました。

そう云わなければ軍産層からの抵抗が大きいからではないのか、大統領になったら話し合い路線にカジを切るのではないだろうかと期待していたのですがこのスピーチを読むかぎり期待は外れました。

ベトナム戦争がエスカレートしていったころを思い出します。「オバマはブッシュになったのか」というより「オバマはLBJ(リンドン・B・ジョンソン)になったのか」と云うほうが良いかもしれません。

「オバマの新戦略」はLBJと同様うまくいかないでしょう。

「オバマの新戦略」に賛成してヨーロッパ諸国、カナダなどが増派するとは思えません。政府がイエスといっても国民がノーと云うでしょう。

日本には自衛隊をアフガンに派兵したいという連中がいますが彼らの言うことを聞いてはいけません。アフガン出兵はシベリヤ出兵と同じように馬鹿げた所業、百害あって一利なしです。

彼らが「国際貢献」と云ったらそのことばを「米国追随」と置き換えて読んでみてください。「米国追随」より「独立国としての判断」「日本の国益」を優先させてください。


f2c というハンドルネームでもってコメントを残してきました。 ちなみに f2c とは fun to see・おもしれえ という感じで使っています。

f2cの前に同じようなことをコメントした人がいます。

Posted by: Odumbanddumba
Mar 27, 11:52 AM

This "new" strategy sounds a lot like President Bush's "old" strategy.
Can we start calling Obama a warmongering neocon now?

Posted by: f2c
Mar 28, 11:16 AM
Now Obama sounds like W.



一見オバマをけなしているようなコメントですが実はオバマへの応援です。

今回の「オバマ新戦略」は一時間半にわたるオバマチームの討論の結果であり、妥協の産物だという報道があります。

妥協の産物だから玉虫色になりブッシュばりの幼稚なレトリックも入ってしまったというのであれば、それを指摘することによって次のオバマチームの討論会で軌道修正もありうるということです。ほら、言ったとおりだろ、ブッシュみたいなことを云うとばれるんだよとバイデンあたりが云うかもしれません。


冒頭にのせた写真の三人の表情から討論会の様子を想像しています。

バイデンがアフガン戦争にのめりこむなという立場だというのは知られているのでどういう発言をしたのかは想像がつきますが、わからないのはヒラリー。どういう立場で喋ったのか、あるいは出る幕がなかったのか。現状認識も知識も見識も浅いヒラリーに話す機会は少なかったような気がします。

いずれ誰かが回顧録で詳しく書いて明らかになることです。


本日十八位。クリックするかたは自分の運勢よ良くなれと念じましょう晴れ 

http://blog.with2.net/link.php?310164



オバマのスピーチは続きにあります ↓

続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
うそつきヒラリー
二月十六日、ヒラリー・クリントンが国務長官として日本にやってくるそうです。

彼女については何度か書いているのでここの読者は彼女のひととなりを知っています。冷静な目でニュースを見ることができるでしょう。

以下過去の日記をいくつか貼ります: 



http://onomar.jugem.jp/?day=20080202

http://onomar.jugem.jp/?day=20080210


急用ができたのでここまでにします。また時間ができたら追加します。
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ただいま講演準備中

オバマ大統領誕生までの経緯などについての講演を頼まれ、ここ数日パワーポイントを使って資料をつくっている。

自分でパワーポイントを使って資料を作るのは初めてである。いままでは他人がつくるのを眺めていればよかったのだが組織から外れた今はすべてを自分でやらないといけない。やってみるとおもしろい。


講演を聴いているヒトの頭の中を想像しながら作っている。

聴くひとは大学生、大学の先生、一般市民だという。知的関心も理解力も違う三グループを相手に話すのは初めてである。

一般市民というのがムズだ。テレビのワイドショーしか見ていない一般市民だったら頭が硬いからオノマの云う真実に反発する。いやこういう場合はアタマが柔らかいと云うほうが良いか。脳軟化症・・・


二十枚ほどつくる予定のところようやく十六枚まで出来た。本当は二日前に完成している予定だったがその日飲み会に誘われたのがいけなかった。

あと四枚。二時間で終わらせないと間に合わない。


資料をつくりながら昨年の日記を読み直しているのだがオノマの予測の的確なことに改めて驚く。

たとえば二月八日にはオバマの勝利を断言している。

テレビでは両者互角だ、これから長い戦いが続く、最後までどちらが勝つか分からないと言ってるが、なあに、ニュースキャスターの顔をみればみんなオバマの勝ちだと思っているのがわかる。ポイント差は大差だ オバマ383ークリントン143=240

オバマにはすでに大統領の風格がただよっている。モニカとの桃色遊戯で首になりそうになったBクリントン、間違いだらけの英語をしゃべるブッシュに比べて、なんて知的で高潔な大統領なのだ。詩的なオバマの隣に立つとHクリントンが下品にみえる。いままでだって彼女に上品という形容詞をつける人はいなかったけれど・・・と思っているのが分かる

キャスターたちは言わないだけだ。これからも視聴率が稼げるのに言うバカはいない。言ったら首になる

首になる心配のないオノマは言っちゃう。オバマの勝ちが決まった


http://onomar.jugem.jp/?day=20080208

この時点でオバマ勝利を断言したのは日本はおろか世界でもオノマだけだったかもしれない。

読者数ではここの千倍万倍いるブログや新聞などマスメディアは最後まで接戦だとか激戦だとか言っていた。選挙が終わってからもそう云ってるのがいる。

接戦でもなければ激戦でもなかった。オバマとの差がどんどん広がていき勝てる見込みがないのにクリントンが完走しただけのことである。


「自分の運勢よ強くなれ」と念じながらクリックしている読者は少ない。

知的関心のレベルが高く、そして未来を読む力を持とうと思う人は例外的な存在だからである。



本日21位   ♪
http://blog.with2.net/link.php?310164


52位 Shabby House は知的刺激を与えてくれる。いつ読んでもものの見方が陳腐でないことに感心する。斧魔王のような嫌味がないのも良い。

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
とうとう一月二十日がきた
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
ありがたや ほんじつ ダブヤが いなくなる

ただいまバンクーバーは一月二十日(火)

朝早くからCBC ABC NBC などのテレビ局が米国四十四代大統領バラク・フセイン・オバマの就任式典の実況放送を流しはじめて数時間たった。まだまだ続く。

先ほどブッシュたちが大統領専用ヘリに乗ってワシントンDCを去った。

ありがたや さきほど ダブヤが 逝きやした



アメリカは若い国だ、でも子供っぽいことはもうやめよう。

というようなことをオバマが就任演説の中で云った。

良くぞ云った。

ジョージやディックはチョー・ワルガキG3だった。

ディックは車椅子で現れた。引越し荷物を作っているときに背中を痛めたそうだとアナウンサーが云っていたが違う。

斧魔王ののろいだ。


ディック、死ぬまでそのままでいろ。

怒りマーク

ジョージのお仕置きはこれからじっくり考える。

豚に変身させるというのはどや。

ダブヤがブダになるとかや・・・ブダ・・・仏陀と混同されるといかんか


(そう斧魔王がつぶやいています。恐いです。)


自分の運勢良くなれ♪

http://blog.with2.net/link.php?310164

本日9位


あなたはどこにいる。

スエーデンに旗が立った。

銀行時代に国際企画課、中東・ヨーロッパ地域マネジャーなるものをやったことがあるがほとんど机上の仕事であった。ヨーロッパに行ったのは四回だけ。北欧に行ったことはない。


オバマ就任ランチの最中にテッド・ケネディー上院議員が心臓麻痺に襲われて病院に運ばれたというニュースが流れてきた。

ケネディーは早くからオバマの支持を表明していたから斧魔王の仕業(しわざ)でないことは明らかである。

ケネディーをのろうとしたら魔女・ヒラリーだ。

NBCのティム・ラッサートが死んだのも魔女のせいだ。

というようなことを書くから読者が減る。


いよいよパレードが始まった。鼓笛隊を前に立っているミシェル・オバマの髪が風に揺れている。快晴のワシントンDCは寒そうだ。


アメリカは若い国だ、でも子供っぽいことはもうやめよう。の原文:

We remain a young nation, but in the words of Scripture, the time has come to set aside childish things.
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 03:53 | comments(0) | trackbacks(2) |
オバマへの返事・追

ミシェル・オバマからそして再度バラク・オバマから就任式に参加しないかというメールがきた。

ミシェル・オバマには返事を出さなかったがバラクにはこう返事した:



バラク

メールありがとう。

何度か書いたように私はあなたを支える立場でブログに120回書き、ポリティクスで100回コメントしました。99%はあなたを支持するものです。最近あなたのチームメンバーの選択をみてからあなたに1%の疑問を抱いています。

この1%が99%に変わらないよう心から願っています。

敬具 おのま

Dear Barack

Thanks for your mail.

As I have written you from time to time, I have been supporting you via my blog posting 120 writings and via POLITICS posting 100 comments, 99% supporting you. Recently I am dubious about you 1% since looking at your choice of key people in your team.

I sincerely hope that 1% will not grow to 99%.

Regards,

Onomar



なんどか書いたことだがオノマがオバマを支持したのは彼がブッシュのイラク侵攻に反対したからである。

イラクを百年占領すると云ったからマケインを支持しない、イラク侵攻を称えたからクリントンを支持しない。それだけのこと。アメリカの医療とか税制とか政治の変革とかはどうでもいい。日本の惨憺たる状況をみたらアメリカの内政に口をだす度胸もない。


しかし早い話、イランとも話し合うといったオバマを弱腰だと非難し、イランが核開発をやめないのなら殲滅(せんめつ)させるとヒトラー顔負けの脅しをかけたクリントンを国務長官に選んだ一点をとってみてもオバマに疑問を抱くのはあったりまえだのクラッカーである。

1%の疑問を感じ始めたオバマ支持者はたくさんいるだろう。今からオバマに投げる靴を用意をしている過激なのもいるだろう。

そういう過激なのでさえ就任式に参加したら批判精神を失って骨抜きにされるような気がする。

オバマがマケインやクリントンよりは良い選択肢であることは間違いないとして、その業績をみないで全面的に支持するのであればブッシュを崇拝したノーブレインと変わらない。

就任式に参加したいかどうかの返事の締め切りは数時間前に過ぎた。オノマは就任式をテレビで見る。



四位にもどってきたハリウッドセレブとの差は広がっていますが、木霊をクリックしてくださる方も増えており、昨日は訪問者のふたりにひとりがクリックしてくださいました。




http://blog.with2.net/link.php?310164

「自分の運勢よ良くなれ♪」

「良い運♪」

「♪」

あなたはどこにいる

一番下の左にある地図をクリックすると最近どこから訪問されたかが分かります。今日みたらニュージーランド、ハワイに旗がたっていました。

地図をクリックしつづけると場所によってはかなり鮮明な航空写真がでてきて、おお、こんな住宅街があるんだなどと楽しんでいます。無人の地にしか思えないような所をみつけたときは興奮しました。横浜の海からの訪問もありました。誤差があるのかもしれません。
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 15:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
オバマ内閣の「勇者」たち

今は12月1日 

オバマ内閣のメンバーがきまりテレビで記者会見をやっています

「鷹派」のふたりが入っています:

ヒラリー・クリントン(61歳)国務長官(外務大臣)
ロバート・ゲーツ(65歳)国防長官(防衛大臣)

この人事は何日か前からリークされていたのでサプライズではありません。でもリークされた時からオバマの「チェインジ」を支持した若い人やリベラルなジャーナリスト、そしてオノマから疑問視されていました

「それではアメリカは変わらないだろ・・・」

記者も質問しました

「選挙運動中にあなた(オバマ)を弱腰外交だと侮辱(abuse)していたクリントンを外交担当にしてうまくやれるのか?」

abuse という英語は強烈です。バツが悪いという複雑な表情をしたクリントンの顔が大写しになりました。 彼女に対する反感、嫌悪感は他のテレビ局のアナウンサーのくちぶりにも現れていました

オバマは「閣僚たちは私のビジョンに従ってもらう。議論はするが最後は私が決める」というようなことを何度か言いました

「鷹派」たちを横に並べておいて自分がボスだと釘をさしたわけです。言うやよし

大統領が最大の力を持っているので、クリントンが四の五の言うのであれば、かつてコイズミがマキコを切ったようにすればいい

でもね、それは建前。オノマの本音は・・

「わからずや」がチームに入っていると日々もめごとが絶えません

自分が戦場にいって怪我したり殺されたりすることをイメージできない「鷹派」のわからずやたちは勇ましいことを言うのが癖になっています。日本にもいるでしょ、頭のない勇者が


オノマもプレジデント(社長)になったときには金融ばくちが好きな「勇者」が活躍していて赤字を垂れ流していた。やめなさいといってもやめない。私たちはその道の専門家です。社長は黙ってみててくださいと胸をはる。挙句のはてが大負けして億の単位で損を出す。それでもボーナスや退職金を貰って恥じない

云うこと聞かないのなら切ればよい

でも・・・きゃつらにもくらしがあるしメンツがある。大根やにんじんのようには切れないのがヒト

ばくち勇者から権限を剥奪するまで赤字は流れっぱなし。黒字にするまで四年近くかかった

オバマがブッシュから引き継ぐゲーツは、オノマが引き継いだ「ばくち勇者」

クリントンも「ばくち勇者」。おとなしいのは最初の十日。そのうちイランを殲滅させろと云いだす

オバマはきっと苦労する


ランキング
本日23位

http://blog.with2.net/link.php?310164



| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 02:55 | comments(0) | trackbacks(1) |
オバマ@60 Minutes・最終回・不吉な予感

番組の終わりのほうになってオバマ夫人(ミシェル)が加わりました。

これまで住んできた家、ホワイトホウスには130もの部屋がある、ミシェルのお母さんをホワイトハウスに住ませるかどうか、娘さんの希望にそって犬を飼い始めるが来年春になるだろう、子供を公立学校に通わせるかどうか(結局は私立になったそうです)、など下世話な話題に終始したのですが、オノマは首をかしげました。

選挙運動中から気になっていた彼女の話し振りやボディーランゲッジに一層つよい危惧を感じたのです。バラク・オバマのそれに比べると不釣合いというか、英語でいえば disturbing な何かを感じました。

disturbing な何か・・・音楽好きのかたなら、江口玲とギル・シャハムの合奏を想像されたらいいです。あのふたりの演奏には全く無い夾雑物。

ミシェルはオバマ大統領の足を引っ張るかもしれないという不吉な予感。詳細は省略します。


ただいま当地時間は十一月第四週の金曜日。アメリカは感謝祭金曜日ということでおもだった活動はお休み。十二月一日(月)から新たな動きが見られることでしょう。

感謝祭(かんしゃさい、英語: Thanksgiving Day): 七面鳥を(食べる)日(Turkey Day)ともいう。アメリカでは11月の第4木曜日、カナダでは10月の第2月曜日


選挙が終わってからはパンチのきいた風刺漫画が減っています。感謝祭を下敷きにした漫画もいくつかありますがありきたりです。

絵が旨いのを紹介します。



この漫画はあなたが作ってください。簡単です。ラベルを選び、切り抜き、ブッシュ大統領が焼いた七面鳥に貼ればできあがりです。ラベル:赤字 自動車産業 銀行 経済 憲法 アメリカの評判、パキスタン、イラク、株式市場、環境


ランキング
本日25位

http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 05:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
オバマ @ CBS 60 Minutes ・4 ・ 理想の大統領 

クロフトからさいきん何か本を読んだかと訊かれたオバマは(部下から上がってくる政策に関する)ブリーフィングペーパー(説明書)を読んでいると答えました。軽い冗談。トップが下から上がってくるペーパーを読むのはどんな組織でも同じです。

ついでリンカン大統領に関する本を読んだと言いました。オバマが二年前に書いた本を読めば彼がリンカンについて読むのは今にはじまったことではないことが分かりますが、いまだに読んでいる。

オバマはアメリカの偉大な大統領としてリンカン、F・ルーズベルト、アイゼンハワー、ケネディーの名をあげましたが、リンカンを理想としているのだろうと分かります。

オノマはオバマと外交姿勢が違うクリントンを国務長官にすることに危惧を抱いているというメールをオバマに出しました。オノマならずともアメリカのネット世界ではクリントンはオバマが約束したチェインジと相容れないというコメントがあふれています。

それでもクリントンを入れる。オノマだったらそんなことしたら効率が悪くなると思うから入れません。でも、オバマはリンカンに倣って、意見を異にする人たちとの話し合いを通じてコンセンサス、未来を作るつもりなのです。暗殺は覚悟しているのでしょう。


FDRの「最初の百日」についても読んでいると言いました。オバマが置かれている状況は八十年前のFDRと同じだとよく言われることなので自然です。

(FDR:Franklin Delano Roosevelt フランクリン・デラノ・ルーズベルト 1882年1月30日 - 1945年4月12日)

大恐慌に対処できなかったフーバー大統領のあとをついだFDRの「最初の百日」はニューディール政策として有名ですが、結局は一時しのぎで有効ではなかった、アメリカ経済の復興は第二次大戦の軍需を待つしかなかったという話は前にも書いた通りです。http://onomar.jugem.jp/?day=20081107

この辺のことをオバマは承知していますから、FDRを読んだと云ったあとで、ミラクルは望めない、1930年代の経済状況と今とは似ているが完全に同じだとはいえない、21世紀にあった処方が必要だ、自由市場の中で技術革新とリスクテイクでもって回復させる、実効性のある策を探す、ダメだったら別な策を探す、スピーチよりアクションだと続けました。

どういうアクションかは来年一月二十日からの百日をみるまで分かりません。


オバマとそのチームが懸命に動く百日の間、オノマは木霊に書くことがあっても、ネットコラムにコメントを投書したり、オバマにメールを出したりはしないつもりです。クリントンを国務長官にすることに危惧を抱いているというメールを最後に百五十日の沈黙です。

ランキング
本日26位

http://blog.with2.net/link.php?310164

二十年前の暴落と八十年前の暴落とがごっちゃになっている耄碌G3が日本の首相をやっているなんて悪夢だ

11月23日10時9分配信 産経新聞

麻生太郎首相は22日夕(日本時間23日朝)、ペルーのリマ市内で同行の記者団に対し・・・・語った:

このドーハラウンドについては、基本的には1929年のブラックマンデー、なんでしたかね、大恐慌のときの話の後は、3つのことが起きた。えー、自国の通貨切り下げ、関税障壁の引き上げ、そしてブロック化。この3つが起きて、結果的には第2次大戦につながっていったといわれるもんですが、そういったことが起きないように、自由貿易という、保護貿易にはしない、自由貿易を維持するというのが一番肝心なところ、これは1920年代と今回が違うところです。


ブラックマンデー:1987年10月19日・月
暗黒の木曜日:1929年10月24日・木
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 04:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
オバマ @ CBS 60 Minutes ・3・ ホームレス
だいぶ間があきましたがCBSテレビでみたオバマの続きです

オバマはCBSのあとにもテレビ出演して経済問題の話をしていますが基本的なスタンスに違いはありません


オバマはアメリカの経済問題にどう対処すれば良いかということが分かっていません。しかし分かっていないということを自覚しています

福田首相(当時)や与謝野官房長官(当時)が今の経済状況は深刻ではないというような発言をしたときオノマは立場上そういわないといけなかったのだろうとは書きましたが、八十年前の大恐慌以来のひどい状況だと云いきったオバマのほうがいいのです。問題はないと云うのではなく、問題がある、解決しようと姿勢をとるのが良いのです


クロフトが「3千億ドル(30兆円)資金投入したが何も変わっていない」と言うとオバマはそれに反論をするどころか「状況はもっと悪くなる。倒産する銀行は増える、株は下がる」と言い切り、対策を講じる、それがうまくいかなかったら別の対策を講じると言いました。必ず効くと保証できる策はないと云ったのです

ここから何を読むか。以前にも書いたことですが来年一杯は点滴をうって死なないようにする、健康をとりもどすのは再来年以降であるということでしょう


オバマはどうすれば問題が解決するかを分かっていないのですが、とりあえずはローンの支払いが滞って家をうしなう人たちを助けると断言しました

2008年のアメリカでは百万軒もの家が抵当流れになるそうです。一日に三千軒

読者がこれを読まれている本日、アメリカでは三千所帯が家から追い払われるのです

すごいでしょう、きょうだけでホームレスが三千所帯も生まれるのがアメリカ。そのアメリカを礼賛したタケナカ、コイズミを礼賛したあなた、何かいってちょ(笑)

アメリカも日本も市場原理主義のカチグミさんたちが破綻(はたん)したり、破綻寸前に陥り、政府に支援を懇願しています

君たち、自由主義だよね。自己責任だよね。社会主義は悪だよね。小さな政府だよね・・・このさい潔く死んだら?

と云うねらーもいることだし「クローズアップ現代」の国谷さん、タケナカさんとコイズミさんをインタビューしませんか

ついでに石原銀行問題もフォローしましょう。口利き融資・経済犯罪に焦点をあてましょう。シンタロー、この前は国谷さんに「おてやわらかにね」と泣きそうな顔で頼んでいたけれど云うこと聞くことないからね(笑)


脱線した。脱線が面白いという読者もいるような希ガス


本日うまれるホームレス三千所帯についてオバマが具体的にどうするのか知りません

オノマだったらどうする?

おおざっぱですが、二千万円のローンを組むと年間の支払いは二百万円くらい。これが払えない所帯がことしだけで百万所帯

二百万円x百万=二兆円

政府がホームレス所帯に毎年二兆円を肩代わりしつづければ家から追い出されないですみます


十一月二十五日、アメリカ政府は八十兆円の支援資金を追加すると発表しました

アメリカの経済がたちなおり、百万所帯がローンを払えるようになるまで四年かかるとすれば、二兆円x四=八兆円

追加資金八十兆円の十分の一ですから十分間に合う感じもします

でもシティバンクとかビッグスリー(自動車)とかいう「一流」企業をどうするかという問題がひかえています

破綻寸前まで追い込まれた日本の某「一流」銀行と破綻してしまったアメリカの某「一流」コンサルタント会社に勤務したオノマの経験からいうと簡単ではありません

「一流」企業が破綻しそうな状況にあるというのは点滴だけでは直らない重症になっているということなのです


ただし、ニンゲンの体は重症にみえても何かのきっかけでケロリと直ることがあります

オノマの実体験:

1 高校二年。肺結核で入院したときドクター山口から二、三年かかると言われました。でも四ヶ月安静に徹したところ直ってしまいました。ドクター山口いわく、不思議だ、最初の診断が間違っていたのだろうか・・・

2 リーマン時代。課長になりたての頃、体がだるくて仕事になりません。信濃町の慶応病院で数日にわたり検査をしてもらいましたが悪いところなし、気のせいだとの診断。そういわれても体は重苦しい

信濃町駅前の八百屋で按摩屋を教えてもらい、行ってみるとカイロプラクターなる看板。聞いた事のない職業なので多少の不安はありましたが、三十分の施術で体はすっかり軽くなりました。慶応病院の先生たちも来ていると云われました

3 三年ほど前。めまい、はきけに襲われて歩けなくなることが続きました。脳や耳の検査をしましたが原因不明

ある日、めまいがおきそうな予感がしたときのことです。天の啓示を得たかのようにミントキャンディーをガリガリかみました。たちどころに症状は消え、そのごは一度もめまいに襲われていません

4 今年にはいっての話。ひだりの背中が重苦しい痛みで覆われ気を失いそうな日々が続きました。朝になって目が覚めるとすぐに感じる痛みにコロシテクレーという気分

これまた天のご加護か、ある日のことカナダでとれる磁気ヘマタイトという石でつくったネックレスを入手。首にまいたところ五分もしないうちに直ってしまいました。二年前から負けがこんでいたヤフー碁で勝率が回復してきました。ゴルフの飛距離が伸びてきました

ランキング
本日25位

http://blog.with2.net/link.php?310164



(11/25)FRB、最大8000億ドルの金融対策発表
 【ニューヨーク=日経・藤井一明】米連邦準備理事会(FRB)は25日、個人向けの信用収縮を和らげるのを目的に、最大で8000億ドル(約77兆円)に上る新たな金融対策を発表した。ローンを裏付けに発行した証券化商品を買い入れるのが柱。住宅ローン関連で6000億ドル、自動車、クレジットカード、学資などの消費者ローンと一部の小企業向けローンで2000億ドルの資金枠をそれぞれ設定した。金融危機の影響で資金調達に苦しむ個人を支援するとともに、金融機関の経営を安定させ個人消費や住宅投資のてこ入れをねらう。

 FRBが住宅ローンの関連で買い入れる対象は9月に政府が管理下に置いた米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が持つ債権や保証をつけた住宅ローン担保証券(MBS)が中心だ。住宅ローンなどの債権は1000億ドル、MBSは5000億ドルの規模で買い入れる
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 14:20 | comments(0) | trackbacks(1) |
オバマ @ CBS 60 Minutes ・2・ テロとの戦い
犬小屋というのはかなりの酷評ですね。

 日本の国家主義者たちには、オバマが日本にアフガン派兵要求を出してくれるものと期待している連中がいますが、おのまさんの過去の記事を読んでくると、オバマを大統領にしたアメリカ国民の意思は、「テロとの戦い」ではない、と思います。

 国内軍需業界、退役軍人会、テロとの戦いの無意味さを理解しない層に対してのポーズとして、アフガン重視を述べているだけだと私は思いますがね。現実に、アフガニスタン政府は、タリバンのオマル氏との対話を始めています。イラク徹底より前にアフガン戦争が終結する可能性すらあります。
 人は自分の見たいものしか見ない。
 私もそうですが、右翼国家主義者たちのチンケな発想には失笑ものです。
| 眠り猫 | 2008/11/19 9:04 AM | 


★★★★★★★★


「CBSテレビ・60分」でオバマは大統領移行期間のいま重要事項の第一は国家の安全、第二が経済と云いました。

オバマが移行期間は国家安全が手薄になるから細心の注意が要るといいましたが、しかしオバマもクロフトも本音は経済が第一と考えているように感じました。国家安全よりも経済問題を先に話したし、話した時間も長かったのです。

ということで今日はオバマの経済問題に関する発言について書こうと思っていたのですが眠り猫さんのコメントがあったので、番組では経済問題のあとに話された国家安全を先に書きます。


オバマは選挙運動中にブッシュ・チームが「テロとの戦い」を言い訳にして犯した数々の犯罪行為に対する修正を約束してきましたが、「60分」でもこれを繰り返しました。グアンタナモ収容所を閉鎖する、拷問を廃止する、イラクから撤退する。

一方でイラクからアフガンへ傾斜することも確認しました。クロフトから「オサマ・ビン・ラディンを捕まえるかないしは殺すか」と問われて、オサマはアルカイダのトップでありテロ実行にかかわっていると答えました。強硬姿勢です。

オバマの強硬姿勢は眠り猫さんが言う「国内軍需業界、退役軍人会、テロとの戦いの無意味さを理解しない層に対してのポーズ」なのかもしれません。そうではないのかもしれません。


眠り猫さんの読みをもって、これからの景色を予想します。

敵とも話し合うというオバマを弱腰だとクリントンもマケインもはげしく、しつこく非難していましたから、選挙運動中にアメリカに対する大きなテロが起きたらオバマ大統領の実現はなかったかもしれません。

オバマは自分が大統領に就任したら話し合いをするから、それまではテロを起こさないで欲しいというシグナルを送っています。

その辺の呼吸は分かっていますからオノマ・ビン・ラディンなら部下にテロを起こさないように命じます。オバマが勝つまでは何もするな。

でも、オノマ・ビン・ラディンの命令を無視するオバカな部下がいないという保証はありません。

よってオバマは話し合いをするという原則と共にテロ行為を許さないという姿勢を崩すことができません。

さいわい運動中にテロは起きずオバマ大統領が実現しました。


ブッシュやマケインやクリントンのような脅迫外交を好むグループの息が絶えたわけではありませんし、テロが起きない保証はありません。オバマは「話し合い+強硬路線」の姿勢を続けざるを得ません。

しかしオバマが大統領になると決まったのですから、ブッシュやマケインやクリントンの好戦グループからの横槍に神経質になる度合いは低くなっています。好戦グループも暫くの間は静かにしていることでしょう。

オバマは時間を稼ぎながら強硬路線の姿勢を弱めていくでしょう。


というのが眠り猫さんの読みで見たこれからの景色ですが、これと逆の景色はないのでしょうか。あると思います


ただいま当地は11月19日(水)の朝ですが、朝からふたつの気になるニュースが流れています。

ひとつはクリントン国務長官が実現するかもしれないことです。

クリントンをオバマ内閣に入れたくない勢力は、ビル・クリントンの不透明な収入を理由の一つにしていますがクリントン一派はこれを明らかにすると云ったのです。

特定の外国政府から金をもらっているクリントンに外交を行う資格がないのは自明なのですが、この問題をクリヤできればクリントン国務長官は可能になります。

クリントンはイランを殲滅させると言ったほどのイスラエル寄りですから、クリントン国務長官ではパレスティナ問題は片付きません。いわゆる「テロ行為」が終わることはありません。

クリントン国務長官誕生と同時にオノマ・ビン・ラディンは部下たちに戦闘態勢をとらせます。


もうひとつは、アルカイダのナンバー2, Ayman al-Zawahiriがオバマのアフガン攻勢姿勢を非難するオーディオ・テープが届いたというニュースです。

テープの声が本当にザワヒリの声かどうかは明らかでありません。

もし本物だとした場合、それが観測球か、かけひきか、最後通牒かなどを読まないといけません。

アメリカの好戦派がおとなしくなっても、アルカイダ陣営の好戦派が動いてアフガンの熱い戦いがエスカレートするという景色を否定することはできません。

捏造された「敵の攻撃」によって戦争が拡大した例は過去に幾らでもあります。テープが偽物だとしてもアフガンの熱い戦いがエスカレートすることは大いにあることでしょう。

イラク侵攻と違って、アフガンへの出兵は国連決議を経ていますからオバマも撤退する場合は相応の理由をみつけないといけないでしょう。


そういうことでアフガンがどうなるかは占いにくいところですが、アメリカの大勢(たいせい)が「テロとの戦い」というレトリックでもって思考停止してはいけないという空気になっていることは確かです。

その空気が分からないまま「テロとの戦い」とか「国際貢献」とかいう雑駁なレッテルを連呼することでお給料を貰っている輩がたくさんいる日本は迷走から抜けられません。

イラク侵攻に関してブッシュのお先棒を担いだ小泉首相、原口国連大使、花岡記者などは総括すべきなのです。

それをしないままで日本がオバマに擦り寄ろうとするのは滑稽だし、アフガンの戦争激化を望むのは愚かなことであります。


ランキング
本日22位

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
リーバーマンの居場所
昨日の続きが出来ていないのでお茶をにごします


リーバーマンという政治家を覚えていますか

2000年にアル・ゴア大統領、リーバーマン副大統領が誕生する寸前まで行ったこともある民主党のベテラン議員です

ジョゼフ・イサドア "ジョー" リーバーマン(Joseph Isadore "Joe" Lieberman, 1942年2月24日 -

父親はポーランド系ユダヤ人、母親はオーストリア系ユダヤ人で、妻ハダッサと共に敬虔なユダヤ教徒


民主党の中では最右派の一人で主な足跡は:

ビル・クリントン大統領をモニカ・ルインスキー・スキャンダルで激しく批判

イラク戦争に関してジョン・マケイン上院議員と共に決議案を提出し、ブッシュ大統領がローズガーデンで演説した際にはマケインと共にブッシュの両脇に陣取り国民合意を演出

2004年アメリカ合衆国大統領選挙に出馬したがジョン・ケリーにおいつけなかった

イランへの限定空爆論を支持、イスラエル支援を支持、同性結婚に反対

2006年11月の中間選挙でコネチカット州上院議員の民主党候補を選ぶ州予備選で敗北

無所属で立候補したリーバーマンをルドルフ・ジュリアーニ、ニュート・ギングリッチら共和党要人が支持して当選(4選目)。復党はしていないが民主党の会派に復帰した

2008年大統領選挙では共和党のジョン・マケインを支持。ニューハンプシャー州をはじめ、ミシガン州やフロリダ州のマケインの遊説にも同行してマケイン支持を訴えた


そういうわけで民主党会派に入っていてもリーバーマンはオバマの敵であるわけです

でもってこういう漫画

新たな政界風景



左から民主党のホワイトハウス、民主党の下院、民主党の上院、リーバーマン

クリントンやマケインを応援してきた日本の方々は犬小屋の右でお待ちください(笑)

ランキング
本日22位

http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 09:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
オバマ@ CBSテレビ 60Minutes1  公金の使い方
Monday, November 17, 2008

当地時間11月16日(日)の夜、テレビをつけたら 60 Minutes・60分 という番組が始まるところでした。

選挙後はじめてのオバマのインタビューは四十数分続きました。インタビューしたスティーブ・クロフト(CBS)の穏やかな表情とオバマのスマイルとがかもし出す雰囲気はみていて気分のいいものでした。

めでたし、めでたし。で終わってもいいのですが簡単にオノマの感想を書いておきます。さきほどオバマに感想をメールしましたが、それよりはだいぶ長くなります。


クロフトは二年前にシカゴのオバマ家を訪ねています。

当時アメリカのジャーナリストたちはブッシュや共和党に落胆していて、表面はともかく内心ではクリントンも古いタイプの政治家として冷ややかに見ていました。

世間の予想はクリントン大統領誕生でしたが、ネット世界で支持をひろげているオバマに乗るためのシナリオを大手メディアが練っていたのは想像に難くありません。

一月に予備選がはじまるとクリントン陣営、マケイン陣営が「偏向」と非難するほど大手メディアはオバマ寄りになっていました。クリントン寄りのジャーナリストもいましたが、彼等のパンチ力が弱かったのは本心の現れではなかったかと勘ぐっています。

当時オバマを買っていた日本人は毎日新聞の牧太郎とオノマくらい。産経やNHKのワシントン特派員、ニュージャージーにすむ作家冷泉氏などはヒラリー大統領誕生しか頭にありませんでした。甘き元大使閣下にいたっては、今年の夏になってオバマが勝つとは誰も予想しなかったなどとノーテンキなことをブログで書きました。あの閣下は自分より先読みできるひとがごまんといることが分らない・・あえて脱線


クロフトの表情からオバマが好きというのが伝わってくるのですが、シカゴでインタビューしたときのおおらかさに比べると、今回のインタビューでは心配顔が何度かありました。

クロフトが何を心配しているのかがオノマには分りますが、それを書くと長くなるし、大統領に就任していない今それを書いてもイヤミになるので省略します。


さきほどオノマがオバマにだしたメールの日本語訳です:

「60分」を私はおおむね微笑しながら見ましたが、一点だけ気になったことがあります。

あなたがShe is somebody who I needed advice and counsel from.(彼女=クリントンは私にとってアドバイスを貰う上で必要な人である)と云ったのは良いことだと思います。

しかし彼女をあなたの内閣にいれるとしたら私は危惧の念を抱きます。特に国務長官(外務大臣)にするのは心配です。

私が彼女ではなくあなたを支持したのはあなたの外交姿勢ゆえでした。ブッシュ戦争に反対し、敵となるかもしれない相手とも話すというのがあなた。彼女はイランを壊滅させると云ったのです。



クロフトがオバマにクリントンが内閣のメンバー候補になっているかと訊いたときにオバマは「彼女は私にとってアドバイスを貰う上で必要な人である」と応え、クリントンが候補になっているとは云いませんでした。

オバマは民主党の大統領候補になった後はクリントンと敵対しているというイメージを薄めようとしてきました。

オバマの当選が決まって間もなく、彼女を国務長官にしろという圧力がクリントン夫妻からかかっているということが公然になってしまったので、これを一概に否定することもできず、上記のような表現になったのであろうと思います。


クロフトがオバマ内閣に共和党員をいれるかと訊くと入れると即答しました。それは誰かという質問はしませんでした。クロフトは良い訊き手です。

現実的には可能性が低いと思いますが、オノマはコリン・パウエルをもういちど国務長官にしてみたいです。

国務長官・パウエルがガセネタを使ってブッシュ戦争を正当化する国連演説をしたのは許せませんが、ブッシュ内閣の中ではチェイニー、ラムズフェルド、ライスの好戦派を相手に戦争反対の立場を貫いていましたから、オバマ内閣の国務長官の資格はあると思います。


パウエルの国費節約や効率重視の姿勢をオノマは好きです。

軍人にはおおまかにいって二つの型があります。実力行使を最小にとどめようとする節約型と実力行使を最大にしようとする乱費型。

パパブッシュのときに国防長官をつとめたパウエルの用兵は前者。地上戦はせず兵を温存しました。軍人でもないのにやたらいさましいことを云うバカタローたちとは違います。


パウエルが国務長官に就任したときに行なった職員への挨拶の中で、自分に気を使うな、出張はファーストクラスでなくて良い、ホテルはホリデイ・インで良いと云ったのを今でも覚えています。

どこかの国の都知事が豪華ホテルにしか泊まらないというのと違うでしょう。

某省の役人がトロントに来たときアメリカ経由だったので何か用があったのかと訊くと、アメリカに用はなかったがカナダ航空にはファーストクラスがないからアメリカの飛行機を使ったと云ったものです。

お前あほか、オタワの役人と交渉するんだからあらかじめエアカナダに乗ってカナダの空気を読むものだ、カナダ人とのケミストリーを作るものだと苦言を呈したらきょとんとしていました。

ランキング
本日22位

http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 04:31 | comments(0) | trackbacks(1) |
日本は迷走のまま
日本では早くもオバマに対する疑心暗鬼が始まっています。一方は右派から、内心は戦争路線継続を望む形での公約批判と、左派からもしょせん、アメリカの大統領に期待してはいけないというものです。
 たぶん、おのまさんも私も、オバマに過剰な期待はもっていないと思いますが。そう言う人ほど、オバマが苦しい道に差し掛かった時に足をひっぱったり、「まだできないのか」などと騒ぐのでしょうね。
| 眠り猫 | 2008/11/08 4:43 PM |



なんどか書きましたがアメリカはブッシュ戦争の総括をしようともがいてきました

おもだったできごとをおさらいします


最初は2004年の大統領選挙

ブッシュ戦争をはげしく非難していたハワード・ディーン、あるいはジョン・ケリーが大統領になりそうな様相でした

結局のところ2000年に得票数で勝っていたアル・ゴアがおそらくは不正な票の集計で破れたと同じように、ケリーが勝利宣言を出す直前になってブッシュの逆転勝利となりました

総括に失敗しました


次は2006年11月7日の中間選挙

上院、下院共に民主党が勝ち、アメリカはブッシュにノーをつきつけました。総括の第一弾です

ブッシュ、チェイニーは戦争犯罪人として、あるいはアメリカ憲法を踏みにじった理由でもって首にすべしという勢力が一気に盛り上がるかと期待しましたが、実際にはブッシュがナンシー・ペロシに許しを乞い、ラムズフェルド国防長官の首で終わりました

中途半端な総括でした


Dennis Kucinichという民主党議員がだしたチェイニー弾劾決議案が司法委員会に送られることが議会で決議されたのが2007年11月6日、ブッシュ弾劾が2008年6月11日

しかしいずれも司法委員会はたなざらしにしました。ブッシュが戦争犯罪人であると決議した州もありましたが、実際にブッシュやチェイニーが公聴会に呼ばれることはありませんでした

総論賛成各論反対という総括でした

今年六月のブッシュ弾劾に興奮した甘い外交官OBがいましたっけ。外交官が新聞報道に飛びついて興奮するなんてウッソ−、シンジラレナーイと思いました、というのはウソです。以前から目の前に出された情報を検証する習慣がない人だと笑ってみていました。あの甘い元外交官はこれからも同じような興奮を繰り返すことでしょう。脱線


民主党がブッシュとチェイニーを弾劾していればアメリカはこんなひどい状況に陥らなかったはずですが、どうして弾劾しなかったのか

当初は国の大半がブッシュ戦争を支持し、そこに民主党議員の多くが加わったからです。ブッシュとチェイニーの弾劾裁判をしたら自らにも火の粉がふりかかるのを恐れての処置だったのです

というわけで内心忸怩(ないしんじくじ)たるものを抱えたまま大統領選挙になりました


ブッシュ・チェイニーを総括しなければいけないというのがアメリカの潜在意識にある、よってこの選挙はオバマが勝つというのがオノマの読みであったことは木霊の読者の知るところであります

そういう経緯があって2008年11月4日をもってアメリカはブッシュ戦争の総括を終え、晴れて新たな時代に向かうことになったという次第です


ひるがえって日本

眠り猫さんから寄せられた日本の状況はこういうことです:

ブッシュのたわごとをオウムのように繰り返すだけの恥かしい演説をした原口国連大使からはじまり、大量破壊兵器がないことを証明しないイラクが悪いと訳のわからない答弁をした小泉首相、それらをヨイショし続けた産経新聞の古森氏や花岡氏などなどの総括が一切行われていません

判断ともいえない判断をした彼等は、アメリカに先立って総括すべきだったのです。それをすると自らの非を認めないといけない。そうするだけのオトコ気がないものだからずるずると今日に至ってしまった

宿題を終わらせないまま新学期に入った生徒みたいなもの。先生に叱られるとワーワーおおきな声をあげて騒ぐか、ヘリクツでもって言い訳するか、黙って涙ぐむかです


みずからを秀才だと思っている破廉恥な彼等は涙ぐんだりしません。詭弁をもってオバマにケチをつけて騒ぎます

産経の古森氏はいまだにブッシュのメッセンジャーボーイみたいなブログをやめません。自分に不都合なコメントがくると片っ端から削除しています。敵に追われていよいよ逃げ場がなくなったダチョウが穴に首を突っ込むのと同じです。敵を見なければ安心だ

花岡氏はもっかのところ田母神問題という隠れ蓑に隠れています。コメントを一切削除しないところが古森氏とちがって偉いところですが、大きな問題に向かわないための時間稼ぎですな。ご自身に不都合なコメントやまともな質問に応えられず、詭弁をもって自らの主張を正当化する姿は見ていておもしろいです


アメリカの大統領に期待してはいけないという「左派」のコメントに至っては雑駁すぎてコメントする気もおきません

権威がありそうに見えて実は何もないことをしたり顔に言うのが好きな、これまた詭弁の徒のたわごとと切り棄てたらいいでしょう


オバマたちの前にあるのは壮大な厄介ごとです。四年で解きほぐすことができないかもしれません。来年からばら色の世界になると思っているアメリカ人はいないだろうと思います

しかし大事なことは過去を総括して問題がどこにあるかを知っていることなのです。今はアメリカが問題の正体と正対したということに大きな意味があるのです

日本人はアメリカが厄介ごとに取り組むのをとやかく予断するよりも、自国の厄介ごとを片付けないといけないのですが、日本はみずからが関わってきたブッシュ戦争の総括をすることもなく、問題と正対しようとしないのだから迷走を続けるしかありません


どうすれば迷走から脱出できるかとお訊きですか

ムズですねえ

とりあえずは詭弁でもって生きてきた方々が暫くのあいだは蟄居(ちっきょ)して瞑想にふけってくれるといいのですが

でも弾力性をうしなったG3たちには何を言っても無駄。お亡くなりになるまで待ちましょう

迷走から脱走しようと瞑想し
とどのつまりは元の妄想


ランキング
本日22位

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 01:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ