木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

屋根の葺き替え

本来は犬が好きなのに猫を飼ってしまったおのま。

この家に住むこと十一年目にして初めて犬が我が家にきました。♂、名前はティンバー、木材とか材木という意味です。



続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
屋根の葺き替え
ただいまは八月八日(月)の朝。

屋根の葺き替えは五日(金)におおかた終り、土日はやすみで今朝は七時から仕上げに入っています。五日までに撮った写真でこの家の屋根がどうなっているのかを見ます。



続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
屋根の葺き替え
1955年設計のこの家を買ってからそろそろ二十五年になりますがその間に屋根の葺き替えを一度もしていません。去年まで隣に住んでいたボブによると三十年以上していないようです。もしかすると半世紀前の屋根なのかもしれません。

続きを読む >>
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
_弍蟾舂の実験 関東大震災(火災旋風ほか) 4愿貘膺椋辧僻鏗下圓曚)
むごい映像に弱い人は以下をご覧にならないのが良いです

ご覧になる方、最後のは音声を消したら良いです

可能な人は人口密度が大きい所から離れるのが良いと思います

 
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
地上に降りたオーロラ
 一月二十日(木) 午後二時 面白いものが出現しました



地上に降りたオーロラ・・・・



ではありません

朝から降りだした雪がテーブルの上で厚さ数ミリの氷の膜になりそれが南側にずりおちてきたのです




どうしてこんなことが起きたのか



テーブル、というかテーブルが乗っている土地がわずかながら南側に傾斜しているのでしょう

写真を撮って一分もたたないうちに崩壊しました



今日の現象をみて三年前に起きた「自然の怪」の原因がわかりました

http://onomar.jugem.jp/?day=20071205
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 07:12 | comments(0) | trackbacks(2) |
新年の玄関

新年の来客のために玄関にインスタント靴置きを置くようになって四年目になる

http://onomar.jugem.jp/?day=20080101

2008 子



2009丑

写真がみつからない

前年つかった板の一枚を塗りなおし「うし」とか「丑」と墨書したような気がする

2010寅

板を黒と黄に塗っただけである。2008年に描いた字だか絵だかが見える



2011卯

黒と黄の板にウサギを描いた



次女が子供時分につくった作品を手本にした



おのまのは耳が短くて白猫にみえる。いっそのことひげを描き足してみるか



顔だと来客が靴を置きにくいかもと反省している
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 12:54 | comments(4) | trackbacks(0) |
幻灯
ブログを書いているとき壁にワヤンのような影が映っていた



マウスピースから出ている光が幻灯機のように働いたのだ



アクリルでできている時計をマウス幻灯機で映してみた



写真では分からないが実際には壁には赤い色も映っている

ほどなく書斎に入る外光が増えてマウス幻灯機ショーは終わった

インドネシアには何度か行ったことがある

踊りや音楽は何度か楽しんだがワヤンは一度もみなかった



ジャワ島で三夜にわたって演じられるラーマヤーナ物語をみたことがある

見たのは初日だけであったが壮大な遺跡に響き渡る音に圧倒された

トロントでは本物の象がでてくるアイーダをみたことがあるがそれより凄かった

プランバナンという世界遺跡が野外舞台の背景になっているのである

http://www.youtube.com/watch?v=0f6EOcP_lgQ&feature=related

ラーマヤーナ:
http://www.youtube.com/watch?v=i_nN7ktAfDU&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=9HQxFX8704U
http://www.youtube.com/watch?v=wfQ1Y6Sy9ws&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=tqKNMkX-SJQ&feature=related

インドネシアにはもう一度行ってみたい

どちらかひとつというのならバリ島よりジョクジャがあるジャワ島を選ぶ

でもバリも良い

水鳥の踊り:
http://www.youtube.com/watch?v=ESsrjWg9IiM&feature=fvw

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 04:36 | comments(1) | trackbacks(0) |
猫ゲンキーが見ているおのまの書斎


身のまわりにある小物は古いものが多い。古いといっても骨董のたぐいではなく二十年、三十年前に入手したものを使っているということである


それでもいつのまにか新顔が加わっていて、たとえば今向かってるラップトップはこの夏に買ったもの



パソコンを使い始めたのは1994年。日本人としては早いほうである

最初のは弁当箱のように分厚いコンパック。二台目もコンパックでまだ動く。2001年に日本で買ったIBMは二、三年まえから重くなり、なんどか専門家に診てもらったが効果なく、この夏四代目を買った。東芝。初めての日本製

この東芝はキーボードがとても使いにくい。爪があたると跳ね返される。爪でないところで打っていてもなにか気持ちが悪い感触があり、ちょっとした加減でタッチがずれてしまう。ピアノ弾きがピアノによって苦労するという話を聞いたことがあるが、そんな感じなのだろう


フォルクスワーゲンの形をしたマウス



このマウスはとても使いやすい。ロンドンドラッグでみつけたのだが一個だけ残っていて、キャッシャーは初めて見たと云った。19ドル・約1900円。ちなみにマウスパッドはおのまが撮った写真でつくったもの


スミルノフ(ウォッカ)についてきたグラス



このグラスでハードリッカーを飲むのはごくたまであり、普段はもっぱら茶を飲んでいる。熱い茶はゆのみ茶碗のほうが飲みやすいのだが茶碗の雰囲気がこの部屋に合わない


グラスの下敷き



オンタリオ州に住んでいるご婦人がつくっているそうで花や種が埋め込まれている。数年前にみつけたのだが今でも売られているロングセラーである


おのま、閑そうにしてるにゃあ



そう思うは猫ゲンキー四歳半の浅はかさ。この瞬間にも天才おのまの脳は忙しく動いているのだよ

そんなの嘘だニャー

まあ今日はここまで。つづきはあした書く

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 02:45 | comments(2) | trackbacks(1) |
棒中間あり
なんちゅうことだ、「ぼうちゅうかんあり」と入力して漢字転換したら「棒中間あり」とでた。こんな日本語使わないだろう。運動会のイメージかね。赤組と白組との中間に棒倒しの棒が立ってる・・

ぼうちゅう・・防虫・・・傍注・・・忙中・・三番目にあった

かん・・菅・・缶・・癇・・・あかん、かんがでてこない

かんせい・・・完成・・閑静



忙中閑あり・・・・忙しいなかにも閑(ひま)な時間が生じる

そういうことがおのまにもある

おのまは仕事をやめたのだから忙しくないはずだ、閑中忙ありだろうと云う方がおられるかもしれない

仕事をやめた結果他人とかかわる時間がおおいに減ったのは事実である。ざっと十分の一になったろう

他人と関わる時間が十分の一になったからといって一日二十四時間が二・四時間になるわけではない。あいかわらず一日は二十四時間である。閑・ひまなはずだ

そう思う人は幸せな人である

ニンゲン、いやあらゆる生物がそうなのだが、ニンゲンの持ち時間は有限である。刻々と減っていく持ち時間をみつめて愕然とし、それを惜しむ気分になったら閑な時間などどこかに吹っ飛んでしまう。こうしちゃおれん。光あるうちに光の中を進め。闇はそこまで迫っている

減りつつある持ち時間を如何に使うかを常に考えて過ごすと閑な時間は生まれない。おのまは以前にもまして忙しい日々を送っている

猫の蚤とりをしていると云ったではないかと問われるか。確かに云った。でもそれはおのまが何をしているかを説明するのが面倒だからそう云ったまで。何をしているかをひとくちではいえないのだ

上に書いたことを読んで分かる分かるという人は少なくないと思う。分かんねえよという方も、いつかあなたが組織とか世のしがらみとの関わりが十分の一になったときに分かるだろう

なんだか長くなったなあ・・・・

そういうわけでおのまの忙中閑ありの光景を写真で追う

七畳の書斎



ただいまもこの椅子にすわってパソコンをたたいている


バルコニー



寝っころがってパチリパチリ





風に吹かれて寝っころがっている時が一番しあわせだ

そう云ったらみっちゃんはショックだと云ったっけ



一時間ほど眠って目をあけたらさっきとは別の森と空があった



ぜいたくな時間を過ごした・・・・



二十五年前にシアトル空港で買った風鈴

セラミックに植物の葉を埋め込んだものでひとつひとつが違う、いわゆるてづくりという代物

これを買った十日ほど後にまたシアトル空港に降り立ったのだが、そのときはもう風鈴は売ってなかった

光あるうちに光の中を歩め
風が吹いているときに風に吹かれよ
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
ボブの話
この家を買ってから二十年以上たつのだが、その間に 屋根をふき替えた記憶がない。前の持ち主がいつ替えたかも知らない。

昨年は屋根屋に見積もりを頼んだのだが見積もりが出てこなかった。問い合わせるのも面倒なので、問題なしということなのだろうと解釈してそのままにしている。でも気になっている。

ボブに、屋根の葺き替えをしたことがあるかと訊くと五、六年前にやったと言った。そして、自分が覚えているかぎりではおのまの家は二十七年間いちども葺き替えていないと言った。





写真の奥がボブの家である。屋根に苔が少しついている。



おのまの屋根



葺き替える必要がないように見えるのだが・・・

クリックすれば葺き替え不要
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
ボブの話

北バンクーバーでは週にふつか、夕方七時から十一時まで芝に散水していいことになっている。番地によって違うが、我が家は水曜日と土曜日である。

一昨日の水曜日はことさら暑く、茶色い芝が増えてきたので、七時十分まえから水をまき始めた。前倒しは違法である。

七時半、水の向きを変えるために表にでたら、ボブがいてやはり散水器の位置を変えようとしていた。

一個千円くらいの散水器をホースにつないで使っている。ボブの散水器は水が360度、くるくる回るようになっており、当方のは滝の水が扇子をあおぐように動く。どちらも一度で庭全体をカバーできないから、ときどき位置を変える。ボブのは水を止めないとぬれてしまうが、おのまのは滝の反対側から近づいてやればぬれないですむ。





あらかじめ地中に散水器を埋め込んでいる家もあるが、これは設置に費用がかかるし、故障したときの修理が面倒ではなかろうかと思い敬遠している。


ボブに沢山の人が見に来ているけれど決まったかと訊くと、ほぼ決まった、子供のいる家族が買う予定だといった。売家の看板をだして一週間もたっていない。藤沢の家を売るときには半年以上かかったし、見にきたのは二組だけだった。

ボブの家と我が家とは同時に建てられたそうである。1955年に設計されたとあるので、建ったのが翌年だとすると築54年であるが、がっしりしている。

ボブがまったく問題がない家だが、引き渡す条件にオイルタンクの除去があると言い、こういう話をしてくれた。


今はガス暖房だが、前は地中のタンクにオイルを貯めておき、それで暖房していた。オイル暖房が禁止となり、タンクを空にして砂を埋めろとなったのでそうした。

ところがふたたび法律が変わり、家を売るときはタンクがあるとそれを買い手に言わなければならない、買い手が要求すればタンクを除去しないといけないことになった。除去に1500ドル(十五万円)ほどかかる。今夜八時から業者が来てやることになっている。

北バンクーバー市にはどの家にタンクが残っているかが分る公開資料がある。


五年まえだったろうか、我が家の玄関脇の壁を覆っていた蔦を切り払ったところ、鉄のパイプが地中からでていた。長さはおよそニメートル。

知人に訊くと、パイプの下にオイルタンクがあるのだろう、撤去しないといけないはずだという。

うーん、面倒な・・・。

鉄鋸(てつのこ)を買ってきてパイプが目立たないように切った。切るのに一時間ほどかかった。

住人がよければタンクを撤去しないでも良いとボブから聞いて気持ちが楽になった。




十時半に散水をやめた。前倒しの十分と差し引き二十分の短縮。前倒しの違法を問われてもおのまは無罪放免。小沢一郎だったらそうはいかないだろう。

陸山会の記載ミスについて、検審会が「不起訴不当」という判断をしたという。アンビリーバボである。つまらないことでもって大騒ぎして建設的なことに向かおうとしない輩は世界にまれな未成熟な珍種であることを自覚されたい。


菅内閣が国家戦略局を縮小するという。

国家戦略室をつくり、局に格上げしたことで民主党を評価したおのまの神経を魚で・・・逆なでするようなことをする菅はこれにて完。菅直人は大局観が欠けている、そして政治勘の悪いひとであった。

クリックすればタンク
クリックしないと豚
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164

国家戦略局(こっかせんりゃくきょく:National Policy Unit)は内閣官房に設置されることが予定されている部局。

2010年(平成22年)2月5日に閣議決定され、同日国会に提出された「政府の政策決定過程における政治主導の確立のための内閣法等の一部を改正する法律案」において、内閣法を改正して2010年(平成22年)4月1日から内閣官房に国家戦略局を設置することが盛り込まれていた。しかし、同法案は2010年(平成22年)5月13日になってようやく衆議院本会議で提案趣旨説明が行われ、同日、衆議院内閣委員会に付託されたが、同委員会での審議はその後行われないまま、同年6月16日に閉会となり、この法案は継続審議となった。よって、国家戦略局の具体的な設置時期は未定である。

なお、法改正までの暫定先行組織として、2009年(平成21年)9月18日、内閣総理大臣決定により、内閣官房に国家戦略室が設置された。

与党、民主党が第45回衆議院議員総選挙において示した政権構想のなかで、「官邸機能を強化し、総理直属の国家戦略局を設置し、官民の優秀な人材を結集して、新時代の国家ビジョンを創り、政治主導で予算の骨格を策定する」としていた。

上記改正法案により、すでに形骸化していた従来の経済財政諮問会議は正式に廃止される。

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(1) |
カイロでの考察

四日前に書こうと思ったことを本日こそは書く。 

「カイロでの考察」・・・・・硬いタイトルだ・・・・「カイロで思ったこと」でいいではないか・・・と思ったが、いずれにせよ大した話ではないからそのままでいく。


1975年10月某日

ロンドンからチューリッヒ経由でカイロへ行った。飛行機の窓からアルプスの山々をみて意外に小さいなと思った。

三ヶ月後、出張を終え、テヘランからイスタンブール経由でチューリッヒに飛んだのだが、その時に乗った飛行機がスイス航空であったことや、機内で働くスチュワーデスの様子をよく覚えている。しかし出張が始まったときの模様を思い出せない。

東京・ロンドン・チューリッヒ・カイロ・アテネ・テヘランと乗り継いだ飛行機は覚えていないが、テヘラン・イスタンブール・チューリッヒの飛行機を覚えている。これには理由があるのだが、いずれ書きたい。


カイロにはM銀行からアラビア語の研修生として派遣されたM君がいた。M君はおのまより三、四年若いひとで、大阪時代の同僚だった。どういう経緯でM君がアラビア語の研修生に選ばれたのかは知らない。

おのまは他人の家に泊まるのが苦手なのだが、M君は我が家に泊まってくれと、アパートに案内してくれた。天井が高く、大理石仕立ての広いアパートであった。


空港からM君邸に向かう道すがら見た建物や道路に強い印象を受けた。建物は重厚な造りだし、道路も幅が広く立派である。カイロは風格のある町だった。

しかし、建物も道路もくたびれていた。メンテナンスが行き届いていないのだ。イギリスから独立して、エジプト人のものになったからメンテがおろそかになったのだろうか、あいつぐ中東戦争でメンテどころではないのだろうか、その両方だろうかなどと考えていた。


2001年だったか、日本でもメンテの悪い町をふたつみた。

ひとつは長女一家が結婚当初に住んでいた町である。谷津(やつ)という干潟のすぐそばにある、東京都が経営している大団地は全体がくすんで見えた。

もうひとつはおのまが大阪時代に住んでいた香里団地。センチメンタルジャーニーで二十数年ぶりに訪れたのだが、建物は老朽化していた。おなじくくすんで見えた。

賃貸住宅だから住民が手入れしないのだろうか、東京都や大阪府がメンテの予算を組んでいないのだろうか。外壁を洗うなり、ペイントするなりすれば見た目が明るくなるし、花壇に花を植えれば潤いが出るのに・・・。

日本は戦争に直接巻き込まれているわけではないから、やろうと思えばできるのに、それをやらないのは民族的な欠陥があるのかもしれないと思ったりするが、そうではないと思わせる町もある。

おのまが東京でよく泊まるホテルの近辺、水天宮、人形町あたりは綺麗だ。建物も道路も小さいが、清潔だし潤いもある。住民が手入れしているのが良く分る。


カイロで考えたことはそんなことであった。なあんだ、と云うなかれ。大した話ではないとあらかじめお断りしてある。

おっと、もうひとつ書こうと思っていたことがあった。それは明日に延ばす。

クリックすれば中東
クリックしないと中豚
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164



三十五年前の話は、現在進行中の本宅での血気さかんな(笑)話より精神衛生に良い。

民主党が来年の今ごろはどうなっているのかを予想してみるのだが、どうも碌な結果になっていないような気がする。

七月の参院選は民主党が後退するのが良いと思うのだが、かつて社会党が躍進したような大きな変化は起きないのだろう。

今の日本は上から下まで、右から左まで、体も心も麻痺しているように見えてならない。それも又よしであろうか。生暖かく見守ろう。
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 02:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウッドデッキの変遷
六月。晴れた日は忙しくなります。

冬のあいだは殆ど裏庭に出ませんが、春になってみると、森から飛んでくる木の実や折れた枝がたくさん積もっています。これを除去したり、傷んだ芝生を直したりするので忙しくなるのです。芝から木の実や小枝を取り除くだけで三、四日かかります。芝生の手入れは秋が終わるまで続きます。

その上、今年はウッドデッキの修理があります。

ウッドデッキといってもたてよこ四十センチ位のすのこのをつなぎあわせるというお手軽なものです。

2006年9月につくったインスタントウッドデッキです。

 

その年の11月末に大雪が降りテントが潰れました。



あれからテントは使っていません。

冬のあいだにデッキは劣化し美しくなくなったので2007年の夏に黄色いペンキを塗りました。



ふたたび冬がきて2008年の春になるとペンキが所々はがれていました。夏、天気の良い日を選んではげた所を塗りました。

そして、冬が二回すぎた2010年の春になると、デッキは惨憺たる様子になっていました。溝に泥が入っていたり、ペンキもはげはげです。

晴れた日に全てを水洗いしました。ペンキがぼろぼろはがれました。全部はがれるといいのですが、はがれない所の方が多かったです。

黄色のペンキを塗るとあらが目立つので茶色のペンキを塗ることにしました。



黄色のままよりはましですが、とても美しいという感じがありません。

どうせ粗が目立つのだから全部を茶色にすることもなかろうと、おもいっきり手を抜いてみました。



なんだかいたづらしたくなりました。黒のペンキがあったのでやりました。



ゲージツ的なデッキがでっきました(笑)

すのこをバラバラにする、水あらいする、乾かす、ペンキを塗る、すのこをくっつける・・・・
晴れた日が続かないので、始めてから二週間以上かかりました。

昨日出来上がったばかりでペンキのにおいがします。

実物を見た知人はまだいません。さぞかし、評判が悪いだろうと覚悟してます(笑)。



クリックすればインスタントデッキ
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164




| おのまのプロフィール | 居住空間 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(2) |
グレタ & 美的空間
今年に入ってから日本の政治に関するブログが多くなっている。

我ながら激烈だと思うことがあるが、怒るべきときに怒らないと、検察のようなハレンチな連中はいつまでもデタラメを続けると思う。

しかしながら、そういう最近のおのまを善しとしていないかもしれないし、もし善しとしていても名前がでると迷惑になるかもしれないと思い、改めて訊いたら、前にもでたことだし、名前も写真もだして構わないといわれた。

ということで、ひさしぶりに会ったグレタことフォックス@美的空間中谷邸の写真である。



会った瞬間は飛びついてきて歓迎してくれたのだが、そのあとはソファーで大人しくしていた。食卓にきておねだりをすることもなかった。

中谷さんによるとこういう座り方もしなくなったという。



グレタはお行儀のよいレディーになっていた。ちとさみしい感じがしないでもない。



グレタも寂しいわ、おのま、もっとハンサムだったのに・・・



中谷邸の居間の床はじゅうたんからハードウッドに変わっていた。



暖炉と床との色合いがいいと思ったら、中谷さんたちもそこを考えて床材を選んだのだそうだ。



いつものことだが、改装工事は中谷さんたちがやったという。あきたらまた張り替えるそうであるが、とても良い感じに仕上がっているから当分はやらないだろう。

以前と比べると食卓も変わりモダンな雰囲気になった。

http://onomar.jugem.jp/?day=20070903

おお・・・



三年前におのまがつくった作品ではないか



あの頃はこういうのをいくつか作って知人にあげたものだ。

どれもその時の感興で一気に作ったのでどういう作品だったかは覚えていない。写真に撮ったのも少ない。



夏になったらまた作ってみようか。

床の張り替えはとてもできないがこれならできる。

クリックすれば美的空間
クリックしないと豚的空間
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 居住空間 | 02:11 | comments(0) | trackbacks(1) |
埴生の宿

はにゅうの宿も 我が宿
玉の装ひ 羨(うらや)まじ
のどかなりや 春の空
花はあるじ 鳥は友
おゝ 我が宿よ たのしとも たのもしや

こういう日本語に日々親しんでいる日本人はもういないかもしれない

原詩より訳詩の方がうつくしいと思う

’Mid pleasures and palaces though we may roam,
Be it ever so humble, There’s no place like home.
A charm from the skies Seems to hallow us there,
Which seek thro’ the world, is ne’er met with elsewhere.
Home, home, sweet sweet home,
There’s no place like home, there’s no place like home.


埴生の宿 を英訳すると shabby house とか humble house だろうか


トン子さんのように自らの家を Shabby House in Oregon と言うのは構わないが、通りすがりの家を見てそう思ったりしてはいけない。 余計なお世話である

それでもこの家のまえを通るたびに、家主にどういう事情があるのだろうかと思いつつ九年たった

写真左の家である。まわりはこぎれいな家ばかりだから目立つ



雨漏りするらしく屋根に青いビニールシートをかけてある



九年たってビニールシートも傷んでいる



前庭も荒れている



ある日この家の前に売家の看板が立ったと思ったら一週間もたたないうちに売れた

買った人はこの家をどうするのだろう。取り壊して大きな家を建てるだろうか

自分だったら壊さない

屋根をふきかえる
壁を塗り替える
床を張り替える
台所、浴室を改造する
芝を張り替える・・・

買った人を少しばかり羨ましく思う

クリックすればわが宿
クリックしないと豚宿
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164




| おのまのプロフィール | 居住空間 | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
芝の根っ子とトシヨリは
以前にも書きましたが芝の手入れは面倒です。

大豪邸の芝庭でもゴルフ場のグリーンのようなきめ細かい芝があるのはごくごく稀です。良くてフェアウェイ、たいがいはセミラフ。この界隈はセミラフクラス。十軒に一軒は茶色くなっています。五十軒に一軒は茶色アンドハゲハゲの修理地状態です。

我が家の玄関脇にある十坪ほどのセミラフ庭が五十軒に一軒状態に近くなっています。土はコチコチに固まり、芝の半分は茶色でハゲハゲがはじまる寸前。

修理地になるまえに手入れが必要です。どうするかというと・・・

熊手でもって芝をゴリゴリ掻きます。落ち葉や芝の枯れた根っ子が取れます。そのあとに種を撒きます。これでオッケー。

そういうこともありますが今回のはそんな簡便法ではダメです。

針というか槍というか車輪にとがった金属がたくさんついているウニのような道具を押したり引いたりして土をやわらかくします。そのあとに種を撒きます。これでオッケー。

そういうこともありますが今回のはそんな簡便法ではダメです。どうしたか。

芝をはがしました。

状態の悪い芝ですが、いやそれだからこそかもしれませんが、根っ子がこんがらがってなかなか取れません。

根っ子を掘り起こして土をサラサラにしたあとに種をまいて今度こそオッケーです。

この作業をしていると腰が痛くなるので毎日少しずつやっています。一週間前にやったところから初々しい芝が生えてきました。全部終わったら写真を載せます。

こんなことを考えました

日本の中枢は今こんな風である。コチコチ、茶色のハゲハゲ芝生。

古い根っ子が自ら通気性、排水性を阻んでいる。こまめに取り除かないといけない。

政治家もジャーナリストも裁判官もサラリーマンにならって55歳で引退するのが良い。

大統領を終えたら引退するアメリカに倣って首相経験者は引退するのが良い。小泉純一郎が引退したことを評価するとは前にも書いた。

海部俊樹、森喜郎、安倍晋三、福田康夫、麻生太郎も引退するのが良い。

でも彼らは自らが国のためになっているという自己欺瞞を棄てないから引退しない。だから選挙民が落選させればよい。あの五人がいなくても国民は困らない。否、いないほうが良い。

落選したからいなくなったと思ったらいる。イナイナイ、バー。

変だなあ。どうしているの。

比例で復活するという変なシステムは廃止するのが良い。

選挙民から否定された政治家に政治家としての価値がないことは明かである。恥知らずなヤツラはやっかいな古ねっこである。

比例代表制は選挙運動をする力や金がない、おまけに愛想がないから庶民に好かれない、でも世の中のことを上から下まで、右から左まで、赤外線から紫外線まで、草の根から宇宙のかなたまで見ているシロートのための枠にしたらよい。

比例シロート議員の任期は四年かぎりとする。選挙民にごまをする費用が要らないから報酬は一般議員の半分とする。

比例シロート議員は四年のあいだ沖縄問題や北方領土や拉致問題などの特定プロジェクトに専念する。

仕事がうまくいった場合には巨額の報奨金を出して比例シロートOBコンサルティンググループに加入させブレインとして働いてもらう。ビジネスにはあるが日本の政治家やジャーナリストに欠けている基礎研究をやってもらうのだ。

そういう新しいシステムはともかくとして、金を食うだけで成果のあがらないベテラン議員たちを除去することが今の日本にとっては大事である。

芝の根っ子とトシヨリは引っこ抜いて棄てちまえ

トシヨリの斧魔が云うのだからまちがいない。


クリックすれば青々芝生
クリックしないと豚になる

http://blog.with2.net/link.php?310164

訪問者  320 272 275 232 392 427 321 376 321 285
投票者   60  62  72  62 76 71 73   76 72   75
ランク   20  21  20  22 23  24 17   20 22   19

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 01:19 | comments(3) | trackbacks(1) |
入れ替えの効果
八月十九日

地下室の机とキャビネを入れ替えた



写真左にあるキャビネと真中にある机とを入れ替えただけだが効果が生まれた









照明と筆記用具をひとつにできたのである

椅子もひとつにできるが時々ゲンキーがここで寝るからこのままにしておく



ゲンキーが寝てるときはくるくるまわしてみたりする



クリックすればくるくるまわる回転ゲンキ
クリックしないと豚になる

http://blog.with2.net/link.php?310164

訪問者  320 272
投票者   60  62
ランク   20  21
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 09:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
去年よりずっときれいになった

ひさしぶりに西バンク−バーのグレンイーグルスゴルフコースをまわった

http://www.golfguide.ca/golf3931.htm

9ホールのパブリックコースである



初めてゴルフをするという人を何人か入れてスクランブルゴルフという遊びを数年にわたってこのコースでやっていた

参加者は八人から十六人。ひと夏に三回か四回やった

そのうちみんな上達して自力でゴルフをするようになり自然に解消したのがおととしの夏


スクランブルゴルフとはどういう遊びか:

四人がボールを打つ
四人の中で一番良い位置を選んでそこからまた四人が打つ

良い位置から打てるから初めてゴルフをする人も気兼ねしないでよい


初心者に最適なスクランブルゴルフであるが、80−90台で回る中級者からもあれは楽しい、また企画して欲しいという希望がなんどかあった

八月十七日(月) 八人でスクランブルゴルフをした

1組 ♂2 ♀2
2組 ♂3 ♀1

1組は4オーバーパーの40、2組はパープレイに36でまわった

おのまは2組 ブイ




新しいクラブハウスの建設中だった

大きく豪華にみせようというクラブハウスは下品だと思う

このこぶりで木造のクラブハウスはおのまの好みにぴったんこ




ゴルフを終えてランチでこういうことを言う人がいた。この人は夏の間だけバンクーバーで過ごしている人である

バンクーバーは着実にきれいになっていく

同感である

ダウンタウンにガラス多用の高層ビルが増えてきたことは気に食わないが、あらゆるところでメンテナンス + リノベーション が絶えることのないバンクーバーは何年たっても「去年よりずっときれいになった」である

グレンイーグルス・ゴルフコースも着実にきれいになっていく

クリックすればきれいになるが
クリックしないと豚になる

http://blog.with2.net/link.php?310164

訪問者   221 219 213 204 319 332 270
投票者    110 79 77  83  60 61  59
ランク    10 16 14  15  18  18 19


| おのまのプロフィール | 居住空間 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
知人宅の呑み会にて 2

船のデッキにて



そう錯覚させるにはもっと左のほうから撮らないといけない

この空間を切り取ってそのまま飛行船にぶら下げてみたらおもしろかろう

どこを飛ぼうか・・・

中米の密林の上、アフリカのサバンナ、シルクロード・・・

猿族ニンゲンのいないところが良い

いっそのこと地球を飛び出しオリオンめざしてユラリユラリ・・・

クリックすれば☆にトブ
クリックしないと豚になる

http://blog.with2.net/link.php?310164

訪問者  261 376 318 207 155 195 221 219 213 204
投票者   88  104 99 101 87  95 110  79 77 83
ランク   16  14 13  13 14  10  10 16  14  15


| おのまのプロフィール | 居住空間 | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
トン子さん@オレゴンのコメント
Shabby House in Oregonのトン子さんのコメントに対するおのまの回答

おのまさん、おはよう御座います!
ウチの小娘が、ウチの小娘が、おのまさんのブログに...!
万遍の笑みがこぼれてきます。あぁ〜、親バカだわ(笑)!

「かあちゃん何してるのだワン!」「トン汁、だまって頭さげなさいってば!」←アハハハハ...アハハハ... 大笑いしてしまいました(笑)!おのまさん、よくご存知で!山田くぅ〜ん、おのまさんに、座布団10枚(笑点風)!

ブログを拝見していてトン汁の気持ちがわかるようになったようです。

トン汁の写真に私の情けないイラスト、おのまさんのブログに載せて下さり有難う御座います。【人気ブログランキング】のバナーって、つまらないじゃないですか?
毎日 見てても面白い+笑える画像であれば...!っと思い、ちょいと手を加えてみたんですよ。

情けないイラストなどとはとんでもない。いい味があります。スライドになってるのもいいし。ちょっと感動しています。

さて、今年の冬は、バンクーバー、大盛り上がりになるのでしょうね!冬季オリオンピックの開催地*バンクーバー♪
どうですか?チョクチョクとローカルニュースで準備の様子などアップデートしてるのでしょうか?

云われてみるとバンクーバーのテレビでオリンピックの話あまりやっていないのに気が付きました。豚風邪も騒いでいないし・・・

ゲンキーちゃん、見事なハンティング キャットなのですね!
姿勢をただし、口をギュ!っとつむり、パパに無言の報告をして、誇らしげに立ち去る... かっこいいわぁ〜♪ “侍ネコ”ですね!
一応(?) ハンティング ドッグであるらしい ウチのトン汁...獲物を逃してばっかで、一度もしとめた事がない...
ゲンキーちゃんの爪の垢でも飲ませたいくらいだわぁ〜。

トン汁さんはトン吉さんがいるからぶりっ子しているのでしょう。その気になったら熊でもスカンクでもしとめますよ。 能あるトン汁つめ隠す・・・

ゲンキーちゃんの絵、毛のフサフサ感がでてて、立体感がありますね。墨でお描きになっているのですか?
赤い舌が、とってもかわいらしい♪

4Bの鉛筆とパステルです。一眼デジ・ソニーα200についてくる編集機能をつかって明暗を変えると原画にはない効果が出ます。

ところで、5/12のゲンキーちゃんの写真。後ろに障子が写ってますね。
カナダのお宅に障子があるなんて、和風仕立てですねぇ〜!すごい!!!
あっ!すみません!家の改造をしているもので、どぉーしても内装に目がいってしまうんです...
『SHOJI SCREEN』として、コチラでも一般的に買える様になってきましたよね。シンプルデザインなので、そこそこ人気がありますし。ただ、コチラでは和紙ではなく、白いプラスティックを使う障子だったりしますからね。
でも、おのまさん宅のこの障子は、特注でしょう...

障子はブラインドより保温力が高いし、光の調整がしやすいし、その上デザイン性もあるしと知恵のかたまりのような仕掛けですね。ニ、三年まえに引退してしまった日本人の家具師の作品です。

うおっと!長居してしまいました!そろそろ、アメリカへ戻ります!
おのまさん、トン汁を可愛がって下さり、本当に有難う御座いました!
| トン子 | 2009/05/13 11:52 PM |


本日 28位 480票
http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 02:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
オノマの書斎@大阪
久々に二週間を越える長きにわたって日本に行っていました。ジャパンレールパスを二週間分もって行ったのは初めてです。

http://www.japanrailpass.net/ja/ja001.html

旅行するときに自分のPCを持ち歩かなくなって四年。行く先々にPCがある保証はないし今回は移動が多かったので日記を書けない日があるかもしれないと思っていたのですが何とかつなぐことができました。

東京から福井へ移動するとき遠回りになりますがおのまの書斎@大阪に寄って更新しました。



椅子は大人の身長の長さがあります。十五分ほど寝ました。



オノマの書斎@大阪=新大阪駅から歩いて五分のところにあるネットカフェーを利用し始めてこれも四年になります。



http://www.media-cafe.ne.jp/


自分の運勢良くなれ♪

http://blog.with2.net/link.php?310164

本日22位

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 06:57 | comments(4) | trackbacks(0) |
西バンクーバー

グラウスのゴンドラから西バンクーバーの住宅街が見える。




1987年、西バンクーバーのキャピラノ・ゴルフ・クラブの近くにある家を買うことになっていた。http://www.britishproperties.com/

敷地が三百坪くらいあって家と家との距離がたっぷりある住宅街にあるその家は寝室がふたつしかない平屋だった。ちょっと小さいなと思いながら玄関から居間にはいるとよく手入れされた内庭が目にとびこんできた。

一面が全部ガラス戸になっている居間と庭とが一体になって創りだす大きな美的空間を欲しいと思った。

それまで百軒以上の家を見ていたのだが欲しいと思う家はなかった。トロント時代にも社宅を買うためにずいぶん見て周ったが値段が高い家とか内装が豪華な家とかがイコール欲しい家というのではない。ひとめ良くみえてもなにかしら気に障るところがある家が多かった。あれはどういう感覚なのだろうか。


平屋の値段は三千万円くらいだった。日本はバブルの真っ最中で敷地六十四坪の我が家に一億円の値段がついていた頃だからそれにくらべたら断然やすい。

前契約をとりかわし手付金を払うその日になったら持ち主が売らないことにしたと言いだした。すったもんだしたが結局買えなかった。

当時はバンクーバーの不動産価格も毎日のように上昇していたので売るのが惜しくなったらしい。ひとつきくらいたった時に三百万円上乗せした値段で買わないかと云ってきた。その値段でも良いとは思ったが買わなかった。買えばその人のずるさを認めるようで嫌だった。

こういうのを矜持(きょうじ)というのか負け惜しみというのかしらない。我慢して買えば良かったなと暫くのあいだ心が騒がしかった。

あの持ち主の強欲と自分の選択のおかげで裏庭が森に続いている今の家に住むことになったのだから面白い。目のまえに不愉快なことがあってもあまりこだわらずにやり過ごすのが賢いのだろう。


あの家を買っていたら自分の生き方はおおいに違ったものになったに違いない。

家そのものにはある種の力が備わっていて住人になにがしかの影響を及ぼすものだ。はやい話、田舎の古色蒼然たる古い家に住んでいれば心も蒼然としてくるだろうし、六本木の真中にあるピカピカのナントカヒルズの三十階などに住めば騒然としてくるだろう。


蒼然=古びた様子
騒然=さわがしい様子
小学館新選国語辞典新版

今の家とは様相がずいぶん違うあの家に住んでいたらこのブログを書く気にならなかったかもしれない。猫・ゲンキーには当然会えなかった。

その替わりに良いことがあったかもしれないがそれを想像してみようという気は起きない。あまりきょろきょろしない方だと思う。



本日9位

クリックされる方は自分の運勢良くなれ♪と念じましょう。

http://blog.with2.net/link.php?310164


Shabby House 49位。

トン子さんたち台所の改造も終わったそうです。我が家も台所を改造しようと思いながらやっていないので焦りを感じます。冷や汗


あなたはどこにいる。

小樽に旗。

あの町へ行ったときに感じたオノマの予感がひとつき後に本当になったことがある。
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 04:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
玄関・自分の運勢よ良くなれ♪

昨年の日記をみたら一月三日のアメリカ大統領予備選の初戦、アイオワ・コーカス(集会)のことが書いてありました。

おのまはオバマが当選するだろうとおととしの内から期待していましたがアイオワでオバマが思ったより大きく勝ったことに驚いています。

そのごの予備選についておのまの読みがよく当たっていたとほめてくれる方が何人かいますが、あの頃は全身全霊で「アメリカの意識」をさぐりオバマの勝利を念じていました。

このブログで大統領選挙について百二十回ほど書きました。三日に一度の割合。アメリカのネット論壇に送ったコメントも百本ほどになりました。


そんなことをやっているうちに一年が過ぎ、気がついたら身の回りのことがおろそかになっていました。

一年前のいまごろは五回目のスキーをやっていますが、今回はまだ一回。賀状をつくるのが遅れクリスマスや新年の挨拶も遅れました。この遅れを寒中お見舞いで挽回できるようになっている日本は知恵のある国です。


一年前の元旦の記事は我が家の玄関でした。

ドアをあけるとそのまま板の間。日本人のお客さんがそのまま上がっていいのかどうか戸惑う。キャンバスを貼ってインスタント日本式玄関。



今年も同じ事をやろうと思っていたのですが黄色いキャンバスが見当たりません。

えとをイラストした板を書き直そうとしたら雪のせいでペイントの塗り替えがうまくいかず一枚やって中断しました。



去年



来客は当然のごとくキャンバスに上がってから靴を脱いでいました。



今年



板の間に上がらず靴置きの板に飛び乗ろうとする人がいてはらはらしました。


トン子さんのブログを見ると引越し先の家の改良が着々と進んでいて玄関のタイル貼りがほぼ終わっています。

タイル張りにして日本風玄関にするというアイディアはおのまも前から考えていたのですが手をつけないどころかキャンバス張りもできなかったことにあせりを覚えます。

ことしは政治とか経済とかではなくトン子さん、トン吉さんのように身の回りのことに力を注ぐ日々をめざします。


ただいま6位。スゴーイ。



http://blog.with2.net/link.php?310164


昨日の訪問者は353人。得点は約1220点。122人のかた、訪問者の三人にひとりが投票(クリック)していただいた勘定になります。

ふたたび念! クリックしてくださった方の運勢よ良くなれ♪。

読者のかたもクリックされるたびに「自分の運勢よ良くなれ♪」と念じてください。長いのがいやと言う方は「良い運♪」と念じ、もっと短いのが良いと言う方は「♪」をイメージ。

毎日やれば霊験あらたかと悪魔・斧魔が云っています。風流・おのまは色を変えて「♪」でいきます。
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 04:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
願い事

きのうの日記に貼った「崩壊する地球」を壊し「続・崩壊する地球」を作った:



これも壊した。


願い事というほどのことでもないがこうしよう、こうありたいと思っていることが常にある。

叶うものもあるし叶わないものもある。若い頃は叶わないと罪悪感のようなあせりのようなものを感じたものだが近頃はそういうことがない。叶うも善し、叶わぬも善し。


1974年、留学から日本へ戻ったときには身の周りに緑が少ないことに衝撃を受けた。藤沢の実家の裏にあった雑木林はなくなっていた。勤務先の目の前にある日比谷公園はこんなに小さかったっけと驚いた。

1976年、一戸あたり六十坪ほどの敷地がニ、三百ある住宅街の南端の一画を買い42坪の家を建てた。ミサワO型ホームという家だった。費用の殆どを借金でまかなったからO型借金ホーム。

南の道路の向こうは小さな山で頂上から鎌倉や江ノ島の海がみえた。東側に小さい林があった。高台だったので夏でも涼しい風が流れてきてエアコンは要らなかった。緑に対する飢餓感が薄れた。


1982年シンガポール勤務から戻ると山も林もなくなり南や東には40坪ほどの敷地の家や小さな集合住宅が建っていた。

小さいながらも全体にきちんとした感じのある住宅街だったのがちまちまして脈絡がないものになっていた。海は見えなくなり二階の部屋から見えた鎌倉の花火も向かいの家の蔭に隠れた。

まわりの緑は減りつづけていき息苦しい気分が増していった。

八畳ほどの書斎に入ると左右は壁。左は本棚が並んでいたが右は何もなかったのでここに森の写真で出来ている壁紙を貼ろうと思った。


何回かに分けて家を改造した。

じゅうたんは板床になり、居間の壁の一部はレンガになり天井は板張りになり、次女の部屋の天井は高くなり、風呂場は広くなり、大きくなった窓から小公園の木々が見えるようになり、北側に十五畳ほどのデッキができ、台所の外は半透明の屋根でおおわれた物置ができた。

2001年に家を売った。23年前に建てた家に何の未練もなかったというのは正確でない。建てた時にかかった費用に近い費用をかけて改造した結果は悪くなかった。

でも周りの環境はいっそう悪くなっていた。夏は夜になっても涼しくならずさいごの頃は四部屋にエアコンをつけた。壁にエアコンを取り付けるとどうやっても美的空間にならない。室外機は外観を損ねた。いまいちどあの家に住みたいとは思わない。


北バンクーバーに移り住んで七年たった。

先日書斎で目がさめたときに、そういえばあの書斎の壁はついに森にならなかった、壁紙を探すこともしなかったと思い、そして気がついた。この書斎からは本物の森が見えるではないか。

エアコンは要らないし暖炉もある。藤沢の居間に暖炉をつけたいと何度も考えた。


今年は雪が遅い。グラウス・スキー場がオープンしたのは十二月十三日(土)。

十四日(日)の朝。留学するときに推薦状を書いてもらったことのある恩師が夢に現れた。某省の次官にまで昇った人だが最近脳梗塞で倒れたという。夢の中では若々しくこれからある銀行の顧問になると云った。

いつも華麗な人生を歩んでいるひとだなあと思いながら夢からさめたら雪が目に飛び込んできた。



本日24位
http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 居住空間 | 03:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
素朴な板床の年齢不詳
昨日の日記:
二階の床はたぶんこの家が建てられた五十年前のままだと思います。


はたしてそうなのかという疑問があったのでこの家を買ったときに撮った写真をみたところ



買ったときはじゅうたん床だった!

家を買ってそのまま人に貸すこと十四年。その間にじゅうたんをはがして板を張ったのかもしれません

であれば板床の年齢は二十年くらい

あるいは板床は五十年前のものでその上にじゅうたんが張ってあったのかも

買ったときにはあった天井の飾り梁(はり)がなくなっています


あっ、壁紙もなくなっている

ランキング
本日23位

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
Shabby House

リンクしてある「トン子・Shabby House」は9月14日から一月半も更新されていませんでしたが、11月に入ると「はんざつに」(笑)更新されるようになりました

愛読していたブログがいつのまにか更新されなくなることは珍しくないのでトン子さんも消えたかと思っていたのですが、引越しで忙しかったようです。消えないでよかった


引越しされた新しい家の外観をみると前の家より断然ゴーカ

プロフィルや日記からトン子さんは整理整頓、掃除、庭の手入れなどが好きな人だと分かります。こういう人は時間がたつにつれてだんだん良い家に住むにちがいないと思っていましたが、まずはめでたしめでたし

ブログの名前は「Shabby House(みすぼらしい家)」のままですが住宅雑誌にでてくるような写真がちょろちょろと出始めています

ただいま床のじゅうたんをはがして竹のフローリングに替えているそうで、段々できあがっていくのを見るのは面白いです。ほとんどをご主人とトン子さんのふたりでやっているということで感心します


2001年の夏、オノマもこの家の改造にいそしんだのですが、じゅうたんが貼ってあった一階の居間と地下室の床を板張りに替えました。といっても床の専門業者に頼んだのであってオノマがやったのは床材選びだけ

名誉のために云いますが、何枚かのドアは自分で買ってきて自分で取り替えました。ドアの取り替えは思ったより簡単にできます


二階はもともと板張りだったので我が家の床はほとんどが板張りとなりました。一部は石のタイルとビニールタイル。じゅうたん貼りはゼロです

二階の床はたぶんこの家が建てられた五十年前のままだと思います。素朴な感じがする板床をはだしで歩くと気持ちが良いです

一階は日に焼けると赤っぽくなるブラジル産の桜にしました。ローマ式と言われる古いスタイルの暖炉やシンガポール時代に買った紫檀(シタン)のキャビネットと合った色です。ここだけなら住宅雑誌にだしても良い美的空間(笑)。はだしで歩くと足跡がつきます

暗くなりがちな地下室はラミネート加工した楓(かえで)で白っぽい仕上げになっています。丈夫だしちょっとやそっとでは傷もつきません。はだしであるくと硬い感じがします


七年住んだ実感では三種類の板にはそれぞれの良さがあって愛着を感じます

石のタイルは四箇所にそれぞれ別な石をつかっていますが、もういちどやるとすれば石のタイルを残すのは台所と二階の洗面所であとの二箇所は板張りにしたい

地下の洗面所はトン子さんが使った竹を使ってみたいです。日本のゴルフ場の風呂場でも竹張りの床を使ったところがありますが、触感が柔らかくて暖かくてさりげなくゴーカ

書斎にしようと思ってきれいな大ぶりのタイル張りにした地下の小部屋は物置き部屋と化していて入る気もしません。ここも竹張りにしたら良い空間に変身するかも

でも床を張り替えるのはお金がかかるから多分しません。目下は台所のキャビネットの汚れをとり、ペイントを塗り替えている最中


美的空間をつくるには
一に整頓、二に掃除、三、四はなくて五が改装
お金は二の次、三の次

仏つくって魂いれず

家は誰かが作ってくれた仏様。魂を吹き込むのは住んでるあなたです

などとエラソーに云ってみる。なにせ目下ペイントをやっていますからね


二階の素朴な板床



ランキング
本日24位

http://blog.with2.net/link.php?310164



| おのまのプロフィール | 居住空間 | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
加納川 5
ここ数年続いてきた不動産ブームが鎮まってきた

一戸あたり二億円から十億円もする高級マンション計画のひとつ、リッツ・カールトン・レジデンス建設は中止されるという噂もある

http://www.vancouversturn.ca/

この界隈もあちこちで古い家が新しい家に建て替えられたが、頭の中で数えてみるとそれほどの数でもない。せいぜい二十軒に一軒ではないだろうか

大部分の家は昔ながらに小ぶりの家と広い前庭が残っているが、前庭に木を植えている家は案外少ない。芝生だけという所が多い

こういうのは少数派である



子供の空気が漂っている



猫もくつろげる



新しい家にこういう空間はない

ランキング
本日25位

http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 居住空間 | 03:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
加納川 4
はてこの家は前からあったっけ?



建物は塗装すれば新品にみえるから外見では新築なのか改築なのか分からない



生垣はできたてである。金網のフェンスが見えなくなるまで数年かかるだろう



新品であれ、改装であれ、垂直の線が短くて水平の線が長い建物なら海や山の線と同調し、突出した感じが薄れる



小野魔王は呪文を唱える。この家を作った猿に幸いあれ

ランキング
本日24位

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
加納川 3
加納川から住宅街に出る

この界隈は二百から三百坪の敷地の住宅街であるが、バンクーバーに多い敷地百坪の住宅街にある家とさして変わらないサイズ、すなわち六十ないし七十坪の家が建っているのでせせこましい感じがない

しかしこの頃は古い家を取り壊して百坪以上の家を建てるところが増えてきた。急勾配の屋根とごつごつした三角形とが目立つ家が増え、家と敷地のバランスが悪くなっていることは2006年3月の日記に書いた通りである

http://onomar.jugem.jp/?day=20060317

ダウンタウンを望むと、空を切り裂くような建物が増えている



以前はどこからでも見えたホテルバンクーバーの緑の屋根がどこかに埋もれて見えない。ビルの向こうに見える木々も少なくなった

町中も住宅街も垂直線が増え「木霊の宿る町」が消えていく

小野魔王は呪文をとなえる。時間よ停まれ。スカイラインを壊した猿達に災いあれ

ランキング
本日25位

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 03:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
もみじ
書斎からみえる紅葉はハロウインの頃に盛りとなり、ほどなく雨と風で散る。近所の紅葉と比べて赤くなるのは遅く、散るのは早い。ひ弱な体質なのかというとそうでもないようで、この一、二年でずいぶん大きくなった。いつの日か庭をぜんぶ覆うのではないかという勢いである



ランキング
本日27位

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 18:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ