木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

長頭ぶどう

六年前の大津波のあとも天変地異が続く祖国、一向に暴走の止まらない安倍政権、かてて加えて日光は華厳の滝、急速に落下するオノマの体力、気力、視力、知力・・等々・・ブログを書くのがしんどい今日このごろです・・などという愚痴はよして、本日は猛暑にピッタリ、オノマのブドウ処理法をご紹介します

 

まあ、処理法というほど大げさなことではなく、冷凍庫があればできることです。読者の中にも実践されておられる方がひとりやふたりおられることでしょう

 

ブドウの房を除きます

実を一粒ずつ洗います

適宜の容器、あればザル、に実を移します

天日で半時間ほど乾かします。あるいは布巾やペーパータオルで水気をとります

冷凍庫に入れます

三時間ほどでできあがり

 

口のなかでザクザク音をたてる、いえ、聞こえませんが、そんな感じで食べるブドウは真夏にもってこいです

 

やめられないとまらない、かっぱえびせん。房についているブドウだと一房全部を食べがちですが、一粒ずつだと、そして凍っていると冷たくてそう多くは食べられず、加計、いえ家計にも良いです。冷凍代を忘れれば・・

 

長頭形のブドウをみつけました。普通の丸いものより値段が安かったので二袋買って冷凍しました

 

日本から来た、オノマより一回り若い知人夫妻に出したところ、みたことがないというので、実は、といって・・・

 

 

凍らすとサナギも甘くなるのだと笑って出した長頭ぶどう

 

長頭ブドウというのはオノマの造語です。本当の名前を知りません

 

サナギも凍らすと甘くなる、食べてご覧なさいと言ったところ、ミセスは嘘!と言ってパクリ

 

ミセスがブドウだわと言い、オノマも面白い形でしょうと言ったのですが、ミスターは気味悪がってついに食べようとしませんでした

 

日本男子、軟弱なり、喝!!

 

オノマ一家五人は戦争が終わり満州から引き揚げ、しばらく母の実家@愛媛県北宇和郡、山の中の村に身を寄せたことがありました

 

美味しいから食べてご覧と大人たちに勧められた蜂の子をついに食べられなかった幼児・オノマも軟弱でした

 

いや、今だって蜂の子を食べることはできません。動いているものはもちろんのこと生け簀から出したばかりのイカの刺し身だって気の毒に思うオノマ、考えてみれば、偽善者です

 

| おのまのプロフィール | - | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
チョコラブの歌

ウィキから:

ラブラドール・レトリーバー

カナダのニューファンドランド・ラブラドール州原産の大型犬

先祖は小柄で短毛のセント・ジョンズ・レトリバーで漁に用いられ、魚網の牽引やニシンやタラの回収に使役された

 

母親の誕生日を祝うためにアメリカ・フロリダへ行った知人夫妻からチョコレート色のラブラドール・レトリーバー・略してチョコラブを預かっています

 

冬にも預かったことがあり、ブログに登場したはずです

 

元々は猫より犬が好きだったオノマ、毎日チョコラブと一緒に加納川べりを散歩しています。雪の散歩もよかったのですが、半ズボン姿での散歩はいちだんと爽快です

 

ちなみに 加納川とは・・・加納川=蚊の小川=Mosquito Creek・・・ 我家の近くを流れている川です

 

スキーの練習に良いだろうと思い、前傾姿勢になって下り坂を走ってみました

 

いやあ、驚きました

 

オノマは贅肉のない細身ですが、胸の肉というか、乳房というか、皮というかがブルンブルン締まりなく揺れ、腰のあたりが硬直していて、下半身の動きと上半身の動きがとてもちぐはぐに感じました。パーツがゆるんでいて、ネジが外れそうになっている飛行機が今にも空中分解するような感じでした

 

百メートル走・多田修平(関学大)の精悍なイメージはもとより皆無、ヨタヨタのヘーロヘロ、真正おいぼれの姿

 

半年後にはスキーができなくなっているかもしれない、ヨタヨタからの生還を図ろう、精悍を目指そう、筋肉をとりもどそうと決心しました

 

チョコラブのことを書くつもりが脱線しました

 

 

 

人間と一緒に海で漁をした犬の血をひく吾れはチョコラブ

 

ラブ犬は賢く、とても仕事が好きな犬だというのですが、能力にみあった仕事を与えられなくてちょっと申しわけない気分です

 

まあ、オノマだってあふれんばかりの才能を生かしきった人生ではなかったのだから(多分)、その辺を斟酌(しんしゃく)して我慢してくれよな、チョコラブ

 

それにしても能力が著しく劣る(多分)人たちが総理大臣とか法務大臣だとか防衛大臣だとかをやっている日本ってとても変ですよね。お仲間のみなさま、地位に恋々としていますよね、菅(すが)さん

 

ああ、また脱線しましたか

 

チョコラブが登場した以前のブログです

 

http://onomar.jugem.jp/?day=20170212

 

 

| おのまのプロフィール | - | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
「小よく大を制す」とか「目力」とかいったもの

スキー仲間のひとりが愛犬・ミアの散歩がてらにやってきたので、焼き鳥を肴に軽く飲んだ昼下がり

 

無言で見上げるミアの目に魅入られたかのような我家の同居人・くみちゃん

 

| おのまのプロフィール | - | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄県民だけではありません。オノマの気持ちでもあります@中日新聞の写真

中日新聞が載せた沖縄全戦没者追悼式の写真をほんじつ見つけました

 

安倍首相をみつめる目、目、目・・・・

 

めっ

 

戦後七十年が過ぎても解決しない沖縄の痛みを捉えていて、ピューリッツァー賞級の写真だと思います

 

その写真に、ゴメン、オノマの気持ちを加えてしまいました

 

 

沖縄に寄り添う気持ちのないあなたここにいてはいけません

 

歴代政府がのらりくらり、手をつけないできた辺野古基地建設を暴力的に、一気呵成に進めている安倍晋三さん、いくら美辞麗句を並べたって、そりゃ通じませんよ

 

安倍さん、基地建設などおやめなさい。さもないとあの世で大田実(おおたみのる)さんから叱られますよ

 

ウィキ

大田実中将が自決する直前、1945年6月6日午後8時16分に海軍次官宛てに発信した電報の現代語訳:

 

沖縄県民の実情に関して、権限上は県知事が報告すべき事項であるが、県はすでに通信手段を失っており、第32軍司令部もまたそのような余裕はないと思われる。県知事から海軍司令部宛に依頼があったわけではないが、現状をこのまま見過ごすことはとてもできないので、知事に代わって緊急にお知らせ申し上げる。

 

沖縄本島に敵が攻撃を開始して以降、陸海軍は防衛戦に専念し、県民のことに関してはほとんど顧みることができなかった。にも関わらず、私が知る限り、県民は青年・壮年が全員残らず防衛召集に進んで応募した。残された老人・子供・女は頼る者がなくなったため自分達だけで、しかも相次ぐ敵の砲爆撃に家屋と財産を全て焼かれてしまってただ着の身着のままで、軍の作戦の邪魔にならないような場所の狭い防空壕に避難し、辛うじて砲爆撃を避けつつも風雨に曝されながら窮乏した生活に甘んじ続けている。

 

しかも若い女性は率先して軍に身を捧げ、看護婦や炊事婦はもちろん、砲弾運び、挺身斬り込み隊にすら申し出る者までいる。

どうせ敵が来たら、老人子供は殺されるだろうし、女は敵の領土に連れ去られて毒牙にかけられるのだろうからと、生きながらに離別を決意し、娘を軍営の門のところに捨てる親もある。

 

看護婦に至っては、軍の移動の際に衛生兵が置き去りにした頼れる者のない重傷者の看護を続けている。その様子は非常に真面目で、とても一時の感情に駆られただけとは思えない。

 

さらに、軍の作戦が大きく変わると、その夜の内に遥かに遠く離れた地域へ移転することを命じられ、輸送手段を持たない人達は文句も言わず雨の中を歩いて移動している。

 

つまるところ、陸海軍の部隊が沖縄に進駐して以来、終始一貫して勤労奉仕や物資節約を強要されたにもかかわらず、(一部に悪評が無いわけではないが、)ただひたすら日本人としてのご奉公の念を胸に抱きつつ、遂に‥‥(判読不能)与えることがないまま、沖縄島はこの戦闘の結末と運命を共にして草木の一本も残らないほどの焦土と化そうとしている。

食糧はもう6月一杯しかもたない状況であるという。

 

沖縄県民はこのように戦い抜いた。

 

県民に対し、後程、特別のご配慮を頂きたくお願いする。

 

 

| おのまのプロフィール | - | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤井聡太四段を詠む


 

六月二十五日は記録的な暑さだった

 

西の空が見たことのない色に染まった

 

空の彼方、日本では少年棋士・藤井聡太四段・十四歳が戦っている

 

写真を撮ったあと徹夜、ニコ生TVで将棋観戦

 

増田康宏四段・十九歳、2七角で優勢

 

角金交換のまえに2六歩と力をためたら藤井聡太四段の29連勝はなかったのではなかろうかとアマ初段・オノマ、今は眠い、月曜の昼

https://www.youtube.com/watch?v=hXx_xXp1xUM

 

| おのまのプロフィール | - | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
この道は八十年前と同じ道@暴支を懲らしめよ

暴支膺懲(ぼうしようちょう)とは

暴戻(ぼうれい)支那(しな)ヲ膺懲(ようちょう)ス を短縮したことば

暴虐な支那(中国)を懲らしめよの意

 

暴支膺懲というマジックワードを以って中国との全面戦争を開始したのは1937年の七夕

 

 

八十年後のいま、中国の野望に備えよというマジックワードもどきが現れた

 

 

 

専守防衛から先制攻撃へとは安倍晋三さんの本音であろう。観測気球をあげてオノマの反応をみる(笑)

 

 

八十年前の戦争推進者のひとりが松岡洋右(まつおかようすけ)。三国同盟を推進したり国際連盟での脱退演説をしたひとで、戦後はA級戦犯容疑者

 

安倍晋三さんは彼の親類縁者のなかで松岡にとりわけ心酔しているという

 

昭和天皇は独白録でもって松岡を嫌っていたことを明らかにしている

 

今上天皇は安倍さんを嫌っている、とはオノマの想像。しかし、皇太子時代から沖縄に寄り添ってきた今上天皇が、沖縄に暴力的強権をふるっている安倍さんを嫌っていると想像するのはあながち見当違いでなかろうと考える

 

 

| おのまのプロフィール | - | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
奇跡もどき・安倍晋三さんへの怒り

 

これをもって「奇跡だ」と言ったら嘘つけ、となるでしょうが、正直なところ、見たその瞬間は、えっ、これって奇跡か、天が安倍晋三さんに怒っているのかと思いました

 

勿論、奇跡などではありません

 

せんじつ、日本からきた知人がステーキをたべたいというので、古いテーブルの上にイワタニのガスコンロを乗せ、厚手のフライパンをつかって肉を焼いたのですが、なんかの拍子にフライパンをまな板の上に置いてこんな風にこげたらしいのです。そのときは気がつかず、翌朝かたづけをしていて「奇跡か!」となった次第です

 

 

でも

 

やっぱり天の怒りなのかも・・・・

 

奇跡もどきなのかも・・・

 

安倍さん、男らしく反省しなさいよ

| おのまのプロフィール | - | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ