木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

資料 映画 「知事抹殺」の真実 予告編 (知事抹殺 31)

★仮の話、フクイチの事故をもって五年半前に日本は滅びたのだとしましょう 

 

★日本を滅ぼした下手人たちの仲間に小泉純一郎、安倍晋三、甘利明、石原慎太郎といった愚かな政治家たちがいて、彼らは日本の危機に気づいていた佐藤栄佐久という全うな政治家を葬ってしまったわけです

 

★悪貨が良貨を駆逐する。愚者が賢者を葬る。愚者がおのれの愚考、愚行を省みることなく、まるで麻薬患者のように愚考、愚行、暴走を続けている。今の日本はそんな国です。先行きの見通しはよくありません

 

★映画「『知事抹殺』の真実」予告編

 

http://www.facebook.com/eisakumovie/videos/1425400247493317/

 

★知事抹殺・30

http://onomar.jugem.jp/?day=20160902

 

 

| おのまのプロフィール | - | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
資料 オリンピック利権

下記に紹介する記事の筆者は五年半前フクイチ事故が起きたときにNHKより数時間、あるいは十数時間も早く事故の真相を伝え、しかも住民保護についてプラクティカルな提言をした人である。多少乱暴な物言いをする人だが、爾来オノマはフォローしている。

 

今回の記事も正鵠を射た論だと感じるのだが、はて、今の検察やマスメディアに石原慎太郎や森喜郎を中心とする疑惑の真相に迫るだけの正義感やガッツがあるのだろうかと問われるとオノマは首をかしげる。

 

新都知事にしても小池人気が上がったことをもって善しとし、豊洲市場は概ね現状維持、多少の追加工事をさせることによって自らの利権を獲得して幕を引くのではなかろうか。今の日本はその程度の国だと思うのだが、オノマの読みが外れたらそれはそれで大いにめでたいことである。

 

記事:   石原時代までさかのぼる「利権と裏金」腐れピック!

2016/09/16  

オリンピックなんて腐れ外道の金の亡者がわぁわぁいってる(柔道の山下がカネに・・・まぁ、これは柔道関係者なら誰でも知ってますね)くだらないオリンピック。フランスでやってくれた方がよっぽどよかったのに。

 

さて。それに伴う豊洲新市場。手抜き工事でカネを抜き、政官財でばらまくというとんでもない時点に発展しました。東京地検特捜部はここで御旗を立てられなければ「隠退蔵物資取締総局」時代からの特捜の歴史にまた泥を塗ることとなるでしょう。

 

ずばり言います。都と日建設計、鹿島あたりの蜜月ぶりは半端ではない。そしてその中心は、石原の友人、浜渦もと特別秘書です。俺も鴻池議員の部屋で会ったことがある。孫の話になったら急に普通の爺さんになってましたが・・・まぁ話がそれましたね。

盛り土問題は、もっともっと真相がでます。駐車場のジュラルミンとか、手抜き工事とか。そもそも都が盛り土を提案していたのに、日建設計が計画変更をし、都が未承認のまま、勝手に進めてきたというのが、核心だろうね。うすらハゲの自民党東京都連の内田都議らの利害と一致したんだね。だから、日建設計が利権の手助けをしたんだろう。
東京地検特捜部およびマスコミは、日建設計への捜査・取材をきちんとやるべきだろう
| おのまのプロフィール | - | 05:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
アサシャンインサンシャイン

九月。例年の通り昼の時間が刻々と短くなっています

 

そうか、例年の通りなんだねえ・・・

 

例年通りとは退屈でもある古希の秋

 

古希から四年たっていますが、まあいいでしょう

 

七十四年も生きているととてつもない天変地異が起きて、たとえば地球の自転が倍も遅くなって、夜と昼がそれぞれ二十四時間になってくれたら面白いのにと妄想したりします

 

そういえば・・・

 

そんな荒唐無稽な変化ではありませんが、ことしは季節はずれの花が咲いたり、思わぬところでトマトが育ったりしました。知人たちの家では葡萄(ブドウ)が大豊作だったり、ものすごくおいしい梨の実がとれたりしました。そうだ、我が家も人差し指の先くらいのサイズでしたがさくらんぼが沢山なりましたよ

 

もしかすると植物たちは来るべき天変地異を予感して最期の生を高らかに歌い上げたのかもしれないとふたたび妄想です

 

例年の通りじゃないよと梨、葡萄

 

日が短くなる イコール 太陽が遠ざかる イコール 朝の光が変化する 

 

冒頭の写真は、九月十二日の朝、芝裏公園(わがやの裏庭=芝裏公園+下野公園)に差し込んだ光です。夏のあいだとは大いに違った方向から差しこんでいます

 

動画も撮影しました。終わりのほう、ハチドリなのか、それとも光のいたずらなのか、青いものが舞っているのが見えます

例年の通りと思うは錯覚で同じ事象は存在しない

 

相変わらず寺田寅彦にも優るとも劣らないオノマの警句ですねえ(笑)

 

久しぶりに三日連続でブログ更新とはちょっとした奇跡です・・・とは大げさな・・・それよりは

 

プチ奇跡 隠岐の海が三連勝

 

稀勢の里、鶴竜、日馬富士を破って奇跡といったらファンに怒られますか。今日の相手は照ノ富士。これに勝てば優勝候補になりますね

 

 

| おのまのプロフィール | - | 09:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
資料 ヒラリー・クリントンの故障

オノマはあれほど嘘をつき続けては常人なら精神が崩壊する、ヒラリーは脳に障害があるのではなかろうか、コルサコフ症候群を病んでいるのではなかろうかと、なんどかFBで書いたことがあります。

 

もしかすると病気ではなく、ヒラリーは操り人形として訓練されてきた人間なのかもしれない、他者による強烈な暗示の力を借りて臆面もなく嘘をつき続けることができるのかもしれない、と想像したりもしますが、あまりにも根拠、証拠がないので今まで書いたことも喋ったこともありません。本日初演。

 

もし、後者であれば、ヒラリーの中にある良心的人格は大いに損傷を受けており、悲鳴を上げているだろう、気の毒なヒラリーと同情したりもするオノマは優しいねえ(笑)。

 

さくじつ911の十五周年式典でヒラリーは自力歩行ができなくなり、その様子を捉えた動画がネット世界に流れました。これまでヒラリー陣営はヒラリーが病人だと説える人たちを陰謀説であると強弁してきましたが、もう通じませんね。

 

昨日の様子です。

 

過去の故障に言及した動画もたくさんあります。

 

比較的短いものを紹介します。意味もなく頭を揺らしたり、言葉が出てこなくなったりするのは脳に障害があるからでしょう。

 

動画の最後のシーン、普段は押さえつけられてる別人格が表出したかのようにも見えてちょっと不気味に感じます。

 

★9月14日 追記

上の動画ふたつとも視聴できなくなりました。例によってヒラリー陣営は隠蔽工作に努めているのでしょう。別途視聴可能な動画をみつけたら紹介します

 

とりあえず

 

次の動画は目下視聴可能です

 

https://www.youtube.com/watch?v=gCx0x0rigeQ

 

https://www.youtube.com/watch?v=PSTaOka3Z9k

 

https://www.youtube.com/watch?v=n_8AO5MDBEw

 

https://www.youtube.com/watch?v=H8W0AeXkNU0

 

 

Check
| おのまのプロフィール | - | 14:12 | comments(0) | trackbacks(1) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ