木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

コメコメ@沖縄 & ちいさな決意

秋深し、閑古鳥なく わがブログ・・・にコメントがきましたので久しぶりにコメントへのコメントです

 

いえ、コメントは「通りがかり」さんこと「豊岳正彦」さんからよく頂いているのですが、読むだけで精一杯、コメコメする力がありません。まあ、投稿内容からみて、コメントではなくトラックバックで送っていただくのが適切だろうと感じるので、コメコメしないでいいですよね、豊岳さん(笑)。

 

頂いたコメント

こんにちは。
沖縄からデューサーです。


しばらくぶりにおのまさんのブログを拝見させていただきました。元気そうにブログを書かれている様子がうかがえ、沖縄の天気は今にも雨が降りそうですが、ココロ晴れ晴れです。


県知事選もデニーさんが当選し、少しホットしているところです。各マスコミ直前まで拮抗の報道で、投票日は猛烈な台風が沖縄上陸。懸念されましたが、投票締め切り後、すぐに当確がでて、よかったです。戦いはこれからです。沖縄は日本政府と闘わなければならないというのが、何とも言えないです。


おのまさんにおかれましては、季節の変わり目、どうぞご自愛ください。ブログ楽しみにしています。

 

コメコメ

 

命短し、ノンポリ・オノマ、日本人としてじつに情けなく思うものが三つあります

 

…鮮から拉致被害者を取り戻さないこと

 

田中均・外務省アジア大洋州局長がつくりあげたルートを安倍晋三・内閣官房副長官が壊したのが2002年。爾来十六年。安倍さんは何をやったというのですか。話題になるたびに決意表明をするけれど何も進めていない。対象はナマモノです。乾燥食品だって賞味期限十六年なんてのはありません

 

原発事故から教訓を学ばないこと

 

安倍晋三・内閣総理大臣が日本の原発で電源喪失はないと国会答弁したのが、又、大小さまざまな原発事故を究明していた佐藤栄佐久・福島県知事がありもしない収賄事件をでっちあげられて抹殺されたのが2006年。フクイチで電源喪失、メルトダウンしたのが2011年。2018年の今、安倍さんは責任をとっておらず、佐藤さんは前科者のままです。新たな原発メルトダウンが起きても知りませんよ

 

2縄に対して高配するどころか辺野古に基地をつくろうとしていること

 

沖縄県民斯ク戦へリ 県民二対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ

 

沖縄戦で孤立し自決した太田海軍中将が海軍次官に打った電報はすべての日本人にあてられた懇請です。戦後七十余年、その懇請に応えるどころか、やせた理屈をもって新たな米軍基地をつくろうとしている日本政府とはナニモノなのでしょうか。沖縄県民の意向を聞こうとしない安倍晋三さん、菅義偉さん、あなたがたがあの世で太田実さんと会うのはもうすぐです。どのツラ下げて会うつもりですか

 

デューサーさん、もっとおだやかなコメコメを書くつもりだったのですが、いけませんね、安倍晋三さんが出てくると怒りがこみ上げてきます

 

沖縄の方々の戦いをカナダから応援しています。いよいよとなったら沖縄に飛んでいき、FBで予告の上、抗議の焼身自殺をしようかと妄想したりします。いえ、そんなことはしないでしょうが、思いはあります

 

小さな決意

 

命短し、元へと戻れ

 

バンクーバーの過去・現在・未来をノーテンキに書こうと始めたブログが、小泉純一郎さんがブッシュ戦争を支持した頃から曲がっていきました。大いに反省しています

 

命短し、元へと戻れ、カナダのことだけ書きましょう・・・・で行こうと思います。できるだけ・・

| おのまのプロフィール | - | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
紅い藻に浮かぶマガモは悩みなし

ゴルフ仲間四人でつくっているSG会・スキンゲーム会

 

ホールごとに一ドルをだし、すなわち、十八ホールで十八ドル、それに加えてパー・スリー(コースによってちがうが大概は四ホール)で二ヤピンをかける。ひとりあたり二十二ドルの出資。ホールで一番スコアの良かった人、ピンに近かった人が四ドルを獲得するお遊び。スコアが並んだとき、グリーンに誰も乗らなかったときは次のスキン(獲得賞金)に加算

 

四人の都合が合う日がなかなか無い

 

暇人ヒッキー・オノマはいつでもいいのだが、あとの三人は仕事を持っている。最長老はこの九月、七十七歳になったのだが、まだ働いている

 

それってどうなのよ。生涯現役だと誇らしげにいうひとがいるが、一種の病気ではないの?

 

オノマは五十七歳にしてサラリーマンを辞め、個人会社をつくり、それもやめて六十三歳あたりからは年金以外の収入なし。男の背広には隠しポケットがある・・・たまに臨時収入があったりするがごく稀。でも自由。こんなに充実している・・いや、充実していない・・人生ってとても良いものだ

 

仕事があるけれどしませんかという人がたまに現れる。いたしません、きりっ。そんなことを言ってきたひとりがせんじつ亡くなった。オノマより若いのに・・・

 

でも・・・

 

元の会社や知らない会社で働いている夢をみることがある

 

元の会社。オノマは落ち込んでいる。なんとなれば、降格。オフィスの片隅にあるパッとしないグループには自分より若い係長がいたりする

 

あるいは他の会社。いろいろ交渉して、うまくそこのバンクーバー事務所で働くことになった。これで日本を出られる、と喜んでいるから目が覚めたときは一瞬あせる。ほどなく、自分は何年も前からバンクーバーにいるじゃないかとほっとする。夢と現実の境界時間はまことにスリリングである

 

このごろ日本の大会社は経営がダメになっているところが多い、基本的な姿勢が歪んでいるからだ・・まあ、それは現実なのだろうが・・・ひややかな目でみているオノマ・・・そろそろ日本を助けようか・・・日本に戻ろうか・・・どこかの社長になろうか・・・などと前向きになっていた。目が覚めて、すぐに目が覚めた・・ 

 

命短し 自分が大事 ヒトのことなど構うでない 

 

安倍晋三さんにデタラメを許している日本、落ちるとこまで落ちるのが自然・・・でいいじゃない

 

命短し この日が宝 ひとつひとつを丹念に

 

身近にある世界をよく観察することこそが人生の大事。敢えて能動的になりたいのなら、身近にころがっている石ころを拾い、磨いて輝かせる・・・

 

十月十日・水・昼過ぎ

 

今年初めてのSG会をマクレーリというパブリックコースで開催した

 

オノマが入っているクラブはこの日からコース地中に空気を送るためのパンチングが始まったので使えない

 

マクレーリの七番ホール。ティーグラウンドとグリーンの間に池がある。池に紅い藻?が浮かんでいて、そのなかに鴨が浮いていたのでパパラッチ

 

ニンゲンはみずからつくりだしたモノやシステムと関わっている時間が長い。ニンゲンがつくったものではない、すなわち、この地球上に前からあり、これからもある世界・・・自然とよぶか・・を遊ぶ時間を自らの意思で短くしている。とても勿体ないことではなかろうか・・・

 

鴨はニンゲンより賢明だ・・・健康寿命なんてことで悩んだりしないもんね・・・

 

マクレーリ・ゴルフコース七番Hの池

 

http://youtu.be/7b2eHRO6dog

 

なお、この日のオノマはひとつも勝てなかった。二番ホールから持ち越しが八ホールつづいた。オノマに総どりする機会が二回訪れたのだがいずれも逃した。十番ホールから七ホール持ち越しが続き、このときも取れなかった。一番若い仲間(五十数歳)がほぼ総どりして42ドル獲得。あとの二人は18ドル、2ドル、オノマが22ドルの赤字となった

 

健康寿命で悩んでるあなたにはこれ:

NHKスペシャル AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン 第3回▽健康寿命

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586063/index.html

| おのまのプロフィール | - | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本の国政はカビが繁殖するように劣化しているのだと思う

北バンクーバーは三日前から急に冷え込んだ。ラジオで霜がおりたと言っていた

 

冷え込む数日まえに天使のラッパが咲き出した

 

七月中旬に咲いた花が八月にはいると肥料不足だったのか全部おちてしまい、ことしはこれでおしまいかと思っていたのでボーナスをもらった気分である

 

十月のほうが花数も多いし、手のひらをおもいきり開くように咲いていて元気である

 

 

天使のラッパは寒さに弱い。冬のあいだは屋内に移さないといけないのだが、いまは大きすぎる。花が落ちたら思いきり枝を刈り込もうと思う

 

十年らい愛読している某画家のブログによると昨日の日本は蒸し暑かった由。蒸し暑さから安倍政権を連想していた

 

このひとは律儀で堅実。政治的には保守であろうと思っていたのでオノマの目は丸くなった

 

加齢とともに目のまわりの筋肉が弱り、開いているのか閉じているのか分からない・・・そこまでひどくはないが・・・まあ、そんな雰囲気の目を開かせたブログを以下に転載:

 

 今朝、荷物を届けに来た運送屋さんが、「台風の影響か、蒸し暑いですねえ」と言った。額に汗の玉が光っている。たしかに雨は降っていなかったが、その時刻の湿度は90%を越えていた。正午には気温27℃、湿度70%。


 秋のさわやかなイメージからほど遠い。まるで新内閣のようだ。安倍改造内閣、類は類を呼ぶ。あいかわらずバカものぞろい。最高学府まで行って、何を学んで来たやら。進取の気性などないから、ゴミ捨て場から拾ってきた「思想」をしゃべってみる。詐謀法に自己保身法に詭弁法。政界には必要な勉強なのだろう。就職のために「勉強」すると応える学生がいるにはいる。


 たったいま、市の防災課から台風注意報がメールで届いた。さて、国政堕落の防災課はないか?

 

http://plaza.rakuten.co.jp/plexus/

 

 

この人も安倍さんの詐話、詭弁に倦んでいるのだと分かり、オノマの気持ちは秋晴れのごとし・・・というわけにはいかない

 

三十五年ほど前、シンガポールに四年勤務。東南アジア各国の政治家、官僚、企業人と接し、日本の永田町、霞が関、丸の内界隈の日本人、すなわち日本のリーダーと称せられる人たちはとても遅れていると感じた。その時の路線のまま今日まできた日本、安倍政権で日本劣化が一気呵成に進んでいる

 

安倍晋三さんとその仲間たちは繁殖してやまない黒いカビのごとし。国政堕落を防ぐてだてはないのだと思う

 

💀💀💀

 

 

 

| おのまのプロフィール | - | 09:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
ことし一番の朗報@玉城デニーさんが沖縄知事戦で勝った

徹夜で沖縄県知事選をフォローした甲斐があった

 

以下FBで書き込んだメモを転載:

 

カナダ時間は9月30日朝4時半。沖縄県知事選挙、辺野古基地建設反対の玉城デニー氏が当選確実の由。欣快なり

 

得票率 玉城54% 佐喜真 44% 10ポイントの大差

 

当選した玉城氏の父親は米国海兵隊員。海兵隊員の子息が辺野古に反対であるということは米国も無視できない

 

知人@北海道:快挙ですね!沖縄から民主主義と知性を取り戻すうねりが波及してくれそうで嬉しいです。

 

嬉しいです。今年最大の朗報です。

 

沖縄の民意が辺野古に反対であることが再確認されたことをもって、中央政府は辺野古建設のごり押しを止めるのが賢明

 

米国に対しては「事情の変更」をもってあたれば良い。米国は理解する 

 

辺野古建設のごり押しはゼネコン、マリコンの利権、外務省アメリカスクールの退嬰的かつ慢性的な従米姿勢が大きな理由

 

 

安倍さんへ:「日本を取り戻す」つもりなら民意と対立するのではなく、民意を味方にして米国と交渉することです

 

落選が決まったとたんに誰もいなくなった佐喜真陣営。これも自民、公明の組織力というべきか

最終得票数:
▽玉城デニー(無所属・新)39万6632   
▽佐喜真淳(無所属・新)31万6458
▽兼島俊(無所属・新)3638
▽渡口初美(無所属・新)3482
2014年選挙・翁長雄志(おながたけし・無所属)36万0820
| おのまのプロフィール | - | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
資料・相澤冬樹記者@萎えていく日本

オノマ思うに・・・

 

安倍晋三さんの最大の罪は次から次へと嘘をつき、しれっとしていることにある

 

そこから多くの日本人に諦め感、絶望感が生じている。日本という国が萎えていく

 

危うし日本。杉作少年の運命やいかん 

 

危なくなるとどこからともなく現れるのが鞍馬天狗

 

鞍馬天狗(くらまてんぐ)といっても鈴愛の世代、すなわちオノマの長女世代にはわからないか

 

楡野鈴愛(にれのずずめ・ほんじつ28日に終るNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主人公・1971年生まれ。オノマの長女は1972年生まれ)

 

鈴愛にとって萩尾律(はぎおりつ)は笛を吹くと助けにきてくれるマグマ大使。マグマ大使のようなヒーローがオノマ世代では鞍馬天狗。杉作(すぎさく)は鈴愛

 

ちなみにマグマ大使が放映されたのは1966年〜67年なので1971年生まれの鈴愛世代はマグマ大使を知らないのではなかろうかという意見が視聴者から寄せられたという

 

まあ、鞍馬天狗ほどの無敵ではないだろうが、律くらいの力ならありそうな元NHK記者が、NHKの報道姿勢が歪んでいる、安倍政権はこどもでも分かる嘘をつきとおした、多くの人が無力感、絶望を感じている、これからも森友事件の取材を最優先に取り組むという決意を表明したので、以下に全文を貼る:

 

相沢記者が語る「森友事件の本質」と「移籍の思い」

2018年9月28日

 NHKを先月末に退職し、新日本海新聞社が発行する大阪日日新聞に移籍した相沢冬樹記者(55)は、森友学園への国有地売却問題を一貫して取材してきた。移籍後も、森友事件を追及しているが、そもそも、なぜ大手メディアから地方紙の記者に転身したのか。相沢記者は、「どこにもしがらみはなく、遠慮もいらない」(吉岡利固・新日本海新聞社社主)を基本とする報道姿勢に感銘を受けたと言う。森友事件の本質と移籍の思いを聞いた。

森友事件と移籍について語る相沢記者
視察に訪れた参院予算委の与野党理事らに応対する籠池泰典氏(手前左から2人目)=2017年3月16日午後、大阪府豊中市
森友学園の小学校名の経緯を明らかにした籠池氏の報告書

 −NHK退職の経緯は。

 突然、大阪の報道部から考査部へ異動を命じられました。私は森友事件を中心になって取材し、そのことはNHK内の誰もが認めていた。そして、異動が伝えられた5月は、財務省の背任事件に対する大阪地検特捜部の捜査がヤマ場を迎えていた時期で、しかも、いつ終わるか分からない。そんな時期に取材担当者を代えますか。異動先の考査部は番組を放送後に講評する部署です。これは私にとって左遷と言うより、記者という生きがいを奪う行為です。生きがいを奪われたから退職を決意しました。

 −「森友問題スクープ記者を“左遷” NHK『忖度(そんたく)人事』の衝撃」と日刊ゲンダイに報じられたが。

 組織内部のことは分かりませんが、森友事件で私が特ダネニュースを出した後に報道局幹部が激怒したこと、別の特ダネを出す際に圧力があったことは事実です。「近畿財務局が国有地売却前に森友学園側から、支払える上限額を聞き出し、その金額以下で売った」というニュースを放送しましたが、放送後、私の上司に報道局幹部から、なぜこのニュースを報じたのかという怒りの電話がかかってきました。

 そして「財務省が学園側に対し、実際にごみを大量に撤去したように説明してほしいと口裏合わせを求めていた」というスクープニュースを出すに当たっては、報道局幹部の了解を取り付けるためにハードルの高い取材を求められ、全てをクリアして放送する直前に、情報が野党に漏れているという理由であやうく放送がボツになりかけました。しかも、特ダネなのにニュース7の一番最後の項目という扱いでした。何かに忖度したとしか言いようがありません。

 −もともと、森友問題の取材を始めたきっかけは。

 森友問題が明らかになったのは昨年2月8日。豊中市の木村真市議が、森友学園に売却された国有地を巡り、国が売却額を明らかにしないのはおかしいと情報公開を求めて提訴したことがきっかけです。記者会見を聞いてみると、他の全ての国有地は売却額が公表されているのに、この土地だけ開示請求しても出てこない。そしてこの土地に建つ小学校の名誉校長は安倍昭恵首相夫人。その瞬間に何かある、話が大きくなると直感しました。そこから私の取材はスタートしました。

 籠池泰典理事長(当時)は最初に各社のインタビューに答えた後、取材に応じなくなりましたが、その後、学園側から私に電話があり、単独インタビューに応じると伝えてきました。「相沢さんが信用できると思ったから」という話でした。理事長とのやりとりで信用されたのだと思います。

 −森友事件をどう捉えるか。

 二つの謎が残されたままです。一つは、なぜ、疑問のある小学校が認可されようとしていたのか。もう一つは、なぜ、国有地がごみの撤去費の名目で鑑定額から8億円以上も値引きされて売却されたのか。そもそもごみは撤去の必要があったのか。問題の土地は、森友学園の前に大阪音楽大が売買交渉をしていました。ここでは、ごみは問題にならず、大阪音楽大が数億円の買い取り価格を提示しても、折り合いませんでした。数億円で折り合わないものを、なぜ1億3400万円で売ったのか。おかしなことだらけです。

 −問題の本質は何か。

 誰が見てもおかしな土地取引なのに、財務省の担当者も、財務相も、首相も「問題ない」と言い切る。関係書類の提出を求めても「廃棄したからない」と言い切る。ところが後から出てくる。しかも改ざんされていたと分かる。誰が見てもきちんとした説明はされていないのに、「十分説明した。もう終わった」と、子どもでも分かるような嘘(うそ)を政治の力で押し通した。嘘を突き通せば嘘がまかり通ることを世の中に知らしめてしまった。多くの人が無力感、さらには政治への絶望を感じているのではないでしょうか。

 森友事件は私がNHKを辞めて記者を続けようと思った大きな理由の一つです。この1年半、「自分はこの事件を取材するために記者になったのだ」と宿命的なものを感じながら取材してきました。先ほど挙げた二つの謎を解明するまで取材を続けるつもりです。

 −大阪日日新聞を移籍先に考えた理由は。

 知人を介して7月下旬に、吉岡社主に初めて会いました。私が一通り話をする間、黙って聞いていた社主は最後にこう言いました。「こういう形で言論を封殺する不条理をわしは許せない。有為な人材をこんなことで埋もれさせてはならない。うちの会社はどこにもしがらみがないし、どこに遠慮もない。相沢さん、あんたには自由に取材して真実をどしどし書いてもらいたい。あんたはうちで面倒みる」。私はその言葉に深く感銘を受けました。強い者、権力者、スポンサーに遠慮し、忖度して、報道内容を左右しがちな今のメディア界にあって、こんな気骨のある人がいたことが大きな驚きでした。

 その後、私は鳥取市の新日本海新聞社を訪れ、社長にお会いしました。その時、社長の名刺に「代表取締役社長 記者」と肩書がありました。社長は「うちの会社は社長以下全員記者という心構えでやっています」と語りました。これもすごいことです。記者という仕事に限りない愛情と誇りを感じている私にとって、これほどふさわしい会社はないと思いました。

 −今後の抱負を。

 森友事件は私にとって、読者の皆さまへの「取材公約」ですから、最優先で取り組みますが、やりたいことはたくさんあるんです。私はあと1カ月で56歳ですが、さらに修業を重ねて成長を続け、読者の皆さまに新たな視点の記事を送り届けたいと思っています。

 あいざわ・ふゆき 1962年生まれ。宮崎県出身。87年にNHK入りし、山口放送局を皮切りに神戸、東京社会部、大阪府警キャップ・ニュースデスクなどを歴任。大阪局考査部副部長を最後にNHKを退職。9月1日から大阪日日新聞論説委員。http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/180928/20180928087.html

| おのまのプロフィール | - | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
ことしのミニトマト

我が家の前庭の芝がパリパリに乾き、近隣の山火事で空が曇っていた季節が去り、ここ北バンクーバーは雨の日が多くなりました

 

昔から晴れている日より雨の日のほうが落ち着くオノマ、一向に苦になりません

 

しかし、植物は陽の光を好むものが多く、寒さを嫌うものが多く、一夜の雨に打たれ、酸性雨なのでしょうか、無残、黒くなってしまう花もあります。植物それぞれの様子をみて鉢に移植して雨のあたらない軒下に移したりしています

 

例年は陽あたりの良い地下室前に植えていたミニトマトをことしは鉢植えにし裏庭のデッキで育てました

 

八月が終わるころに実がなりはじめました

 

 

葉に隠れて見えにくいですが、数えてみたら百個以上の実がついていました

 

地植えのときより手軽に摘まめるので好きなときに赤い実を口に入れてます

 

葉が多すぎるかなと思い、ネットで調べたら脇芽を落とせとあったのでやってみました

 

しかし・・・

 

 

長髪から短髪にしようとしてスキンヘッドになった女の子を連想しました

 

覆水盆に返らず

 

きれいじゃんと思い込むことにしました

 

トマトは乾燥気味のほうが良いともありました

 

雨に濡れないよう室内に移しました

 

 

良い感じです

 

室内で楽しむ観葉植物・・・・いや、観実植物・・

 

青い実がクリスマスのころに赤くなったら良いねえ・・・

 

「青い実がたくさん付いているからもしかするとクリスマスまで持つか」とFBに書いたとたん、スキー仲間のひとりが「もたないと思う」と書き込んできました

 

速攻の断言にオノマ、軽く落ち込みました。憎たらしいやっちゃなあ。自分でやったことがあるの・・・という気持ちを飲み込んで「それでは片っ端から食べよう」と返しましたが、青いのは食べません

 

青い実よ クリスマスまで そのままで 

 

| おのまのプロフィール | - | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
メモ・自民党総裁選

安倍晋三:国会議員329+党員・党友224=553

石破茂:国会議員73+党員・党友181=254

(9月20日・共同)

 

選挙直前の予想:安倍の国会議員票は349。20票の減

 

細田派(安倍)が当初目指した党員・党友票は315程度。91票届かず 

 

安倍支持の党員党友票は55%。岸田文雄が出馬していれば安倍支持は50%を切ったであろう

 

出馬したかったのにヘタレた岸田、次の出番はないのではなかろうか

 

都道府県の雰囲気がなんとなく分かるような地方票分布

 

| おのまのプロフィール | - | 18:47 | comments(1) | trackbacks(0) |
資料・安倍晋三さんがまた嘘をついたらしい@プーチンとのテタテ

 

首相官邸FB 

http://www.facebook.com/sourikantei/

 

9月12日

官邸スタッフです。
本日、安倍総理は、プーチン大統領、習近平主席らと、ロシア・ウラジオストクで開催されている「東方経済フォーラム」に出席しました。
その様子を動画にまとめましたので、是非ご覧ください。

 

上記首相官邸FBに書き込んだオノマのコメント:

 

9月13日

あっと驚く「年内に日露平和条約」(プーチン)https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/f1a/1.5/16/1f62e.png😮 

 

二島先行返還が近いという印象をばらまき、山口の温泉宿でウラジミール(プーチン)との蜜月ぶりを演出した安倍様、一体どうなってるんですか? 真面目に答えてくださいよ

 

9月13日

さきほどのNHKニュースで日本政府はプーチンの真意を外交ルートを通じて探ると報道。絶句。すぐ横にいるウラジミールにシンゾーが訊けばいいではないか

 

9月16日

三日たち、今度はプーチン・安倍がさしで(+通訳)話したという報道。そのときにプーチンの真意をただせなかったから、外交ルートを通じて探るという話なのか。

 

安倍さんはその場限りの甘言が多く、言うことしょっちゅう変わる。信用できない。こんな人がいつまで首相を続けるのか、亡国日本・・いや母国日本https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/f9d/1.5/16/1f480.png💀https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/f9d/1.5/16/1f480.png💀https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/f9d/1.5/16/1f480.png💀https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/f9d/1.5/16/1f480.png💀https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/f9d/1.5/16/1f480.png

 

917日 

以下の報道を読むと、安倍さんはNHKで嘘をついたと言われているわけですが、反論されないのですか?

 

共同:モスクワ共同】

ロシアのペスコフ大統領報道官は16日放映のロシア国営テレビのインタビューで、プーチン大統領が12日に前提条件なしの年内の日本との平和条約締結を安倍晋三首相に提案したことに関連し、安倍氏本人からの反応はなかったと語った。
 

安倍氏は16日のNHK番組で、プーチン氏の提案があった後に2人でやりとりを交わし、北方領土問題を解決して平和条約を締結するのが日本の原則だと直接反論したと明らかにしたが、ペスコフ氏の説明とは食い違うことになる。
 

ペスコフ氏は、プーチン氏の提案後に「実際に安倍氏本人から反応はなかった。東京と外交官から反応があった」と話した

 

 

tete-a-tete meeting

差しの会談
| おのまのプロフィール | - | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
メディアが報道しなかった土居美咲の優勝 #6

九月八日の全米オープン女子決勝戦でセリナ・ウィリアムズ選手に三回のペナルティが課せられたことに対し、四日たった今も様々な論評が出ています

 

テレビ中継では聞こえにくかったセリナの抗議の声がよく分かる動画も出ていますのでブログの最後に貼ります

 

滅多にないというか、二度と起きないであろうと思われる騒ぎでしたので、オノマの見解を書いておきます

 

試合中のコーチング禁止、故意に行うラケット損傷禁止、審判に対する暴言禁止というルールの運用に幅があるところから生じた騒ぎでした

 

今大会ではやる気をなくしたキリオス選手の前に膝まづいて鼓舞する審判がいました。審判がやるべきことではありませんでした

 

審判によるダブルスタンダードを許さない方策を講じることが肝要であるという問題提起になった点で評価される出来事でした

 

セリナのコーチ自身が観客席から身振り手振りによってコーチングをしたのは事実であるのでそれに対して審判が警告を発したのは妥当であったといえます

 

しかしこのようなコーチングは大概の審判が見て見ぬふりしているのも確かで、セリナのコーチは、自分はコーチングしたが、コーチ全員がやっていることだと弁解しました:

 

I'm honest, I was coaching...like 100% of the coaches do, on 100% of the matches"

 

セリナがコーチングに気づかなかったと主張したことの真偽はやぶの中です。もし真であったとすれば彼女の不服申し立ては理解できます

 

ただし、彼女は試合後にコーチに対して試合中にコーチングをしないでくれと言うことができますからあの場では怒りを抑えるのが適切だったと思います  

 

セリナがラケットをたたきつけて壊したこと、審判を泥棒呼ばわりしたことに対してペナルティを課せられたのはルールにのっとったものであり、セリナに分はありません

 

良いラケットを作ろうと努力している人のことを考え、ああいうふるまいをしてはいけない・・・

 

ラケットをたたきつけたことで罰っせられたことをもって、泥棒と叫んだのは言いがかりでしかない・・

 

(ちなみにゴルフでもクラブを地面にたたきつけたり、折ったりする選手がいます。観ていてじつに不愉快です。そういう点でオノマはタイガー・ウッズを応援する気になりません。長〜いパットが入ったときになんども拳をつきあげ、絶叫しているときの顔は下品です。ジョーダン・スピースや松山英樹といった若い世代のほうが上品です)

 

セリナが言うように、同じ行為をしても罰せられないケースがあることも事実であり、罰せられなかった選手たちは彼女を擁護しています。だからといってセリナが正しいとはなりません これを機にルール運用が平準化することを期待します

 

もうひとつ

 

大坂がセリナをアイドルとしてきたことを知っているはずなのにセリナが激高しているのは残念だなと思いながら試合をみていました。試合後に大坂が言った「(勝って)寂しい、嬉しい」というコメントに同感です 

 

★もうひとつ 

大坂はことし三月、グランドスラムに次ぐ格付けの大会で優勝したあと、ある雑誌のインタビューでこういったやりとりをしています

 

Q 相手をリスペクトし、なおかつ闘争心をもって倒しに行くのは難しくないですか?

 

A そんなに難しいことではないですね。私にとってのリスペクトとは、怒りの感情を表に出さず、相手に失礼にあたる態度を取らないことなので。対戦相手も私と同じくらい勝ちたいと思っているはずだし、同じくらい勝つための努力を続けてきたはず。だから相手が誰かにかかわらず、簡単に勝てると思ってはいけないというのが、私にとっての「相手へのリスペクト」なんです

 

大坂なおみさん@二十歳、立派です

セリナが何を言っていたかがわかる動画:

https://www.youtube.com/watch?v=uiBrForlj-k

 

| おのまのプロフィール | - | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
メディアが報道しなかった土居美咲の優勝 #5

昨日のブログをみた知人からメールがきました

 

テニスの写真いいですネ。

 

左手を使ってないこと、チョットぼっ立ちですがラケットの振りは素晴らしいです。

これからまた始めたらどうですか。

  

大坂なおみやりましたネ!

 

これでトップ10に入るでしょうからオノマさんが言うno.1に後1年でなれるか難しいところですが可能性は出てきましたね。彼女が精神的にタフになったのが驚きです

 

この知人とはトロント勤務時代に知り合ったのですが、当時、伊達公子選手をはじめとする日本選手がトロントにきたときは世話をしていると言っていました。彼のテニスを見たことはないのですが、日本における後期高齢者グループでは百位以内にいるというから大したものです

 

二年まえにオノマは彼に、大坂選手はいずれ世界ランキング一位になると言ったことがあります。ならないという彼にあと二年でなるといったのが昨年の今頃です

 

昨日の全米オープン優勝でランキングは十九位から七位に上がることになっています。来年の今頃は一位になっている確率が七割。キリッ

 

オノマがテニスを再開する確率はゼロ。キリッ

 

左手でボールを上げる、ボールが落ちてくる、右手にもったラケットで打つ・・・・

 

ムズ・・・

 

おのれの体なのに左手と右手がシンクロしないのは何故・・

 

セリナ・ウィリアムズ選手に三回のペナルティが課せられて騒然となった昨日のUS Open テニス会場

 

異様な雰囲気のなかでの表彰式

 

涙目の大坂選手

 

オノマもらい泣き

 

・・・・・

 

彼女の優勝インタビューに関する記事の中に初めてみる言い回しがあったので転載します:

 

Instead of giving a canned response, Osaka deferred answering and said instead, through tears, "I know everyone was cheering for her (Williams) ... and I'm sorry it had to end like this."   

  

canned response ・・

 

缶詰の応え・・・あらかじめ考えられていた応え。ありきたりの応えといったところでしょうか 

 

ありきたりの応えではなく、大阪は質問をかわし、涙を流しながら言った 「みんなが彼女(ウィリアムズ)を応援しているのは分かっている・・・こんな風に終わってごめんなさい」

 

坂選手は繊細で誠実、そして正直な人だと思います。これまでのインタビューでも、あらかじめ模範解答を準備しているとか、どう答えれば受けるかを考えてるといった感じが全くありませんでした

 

セリナ・ウイリアムズを応援していたアメリカ人たちが一転、大坂なおみのひととなりに共感したのは間違いないとオノマは確信しました

 

蛇足

 

canned responseの常用者である某国首相にオノマが感動したことは全くありません。アメリカ人ならなおさらです。キリッ

| おのまのプロフィール | - | 01:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ