木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

「八月に母國という語を抱きしめたい」に思う

 

もう政治のことには触れまい、終戦のことも書くまいと思っていた矢先に学友からメールが届き、半日考えた末、感想を書くことにしました

 

メールの骨子:

 

今朝の東京新聞1面に、小田島雄志先生が二面にわたって載っています。

   
 「平和の俳句」という俳句欄に先生の句が出ており、その流れで、終戦記念日の特別記事になったようです。
1面と24面にお写真が出ていました。1面のそれは艶がありお元気そうでしたが、24面の写真は「今のお顔」のようでふけられたなという写りでした。

 

東京新聞8月15日朝刊:

 

本日一面の「平和の俳句」に掲載された<八月に母國(ぼこく)という語を抱きしめたい>の作者は、シェークスピアの全戯曲を翻訳し、演劇評論家として活躍した文化功労者の小田島雄志(おだしまゆうし)さん(86)=東京都世田谷区、東大名誉教授=だ。小田島さんは旧満州(現中国東北部)で生まれ、終戦の翌年、十五歳で日本に引き揚げてきた。 (矢島智子)

 

八月は日本の敗戦で中国大陸に取り残された月であり、翌年、引き揚げるために新京(現長春)を出た月でもある。漁船に乗って満州南端の葫蘆島(ころとう)から博多へ。「憧れた日本がどんどん近づいてくる。その気持ちを表現したくてこの句ができました。母国という言葉には『祖国』よりももっと人間的なつながりがある、もう一歩踏み込んだ熱がある」と小田島さんは言う。

 

なぜ日本に憧れたのか。満州は日本人や満州人など多くの民族が仲良く暮らす「五族協和」を建国のスローガンにしていたが「日本人は日本人街に暮らし、日本語以外は話さない。日本人は満州人が話す日本語のなまりを笑い、満州人も日本人には丁寧語で話す。満州人と友だちになっても互いの心の隙間を絶えず感じていた。日本への憧れは心を開くことのできる人間への憧れであり、日本に帰れば、同じ日本人として心から付き合えるだろうという夢があったんです」

 

だが、苦労してたどり着いた母国で夢は破れる。引き揚げ者に向けられる目は冷たかった。「(国内にいる)日本人だって食えないところへのめのめと帰ってきて、自分たちの食うコメが減らされてしまう、という空気があった。おれだって日本人なんだぞ!と言いたかった」

 

父は旧制一高から東京帝大を出ていたものの、なかなか定職に就けない。日本女子大を休学中の姉が会社勤めをして家族五人を養い、旧制中学になんとか編入できた小田島さんも日曜日は道路工事、夏休みは工場で石炭運びをして稼いだ。

 

引き揚げから七十一年の今「母国」という言葉を意識することはなくなった。だが、英文学を研究対象とする中で、自分が微妙なニュアンスを伝えられる日本語の良さを実感し、大学で教えた地方出身の学生たちの話す方言にはうらやましさを覚えた。父から手ほどきをうけた俳句にも俳句の中だけで生きる言葉がある。「ますます日本語はいとおしくなりますね」

 

 

★オノマの感想

 

小田島先生がオノマ同様、満州からの引揚者だとは知っていましたが、日曜日は道路工事、夏休みは工場で石炭運びをして稼いだ 苦学生だったことは知りませんでした

 

入学直後、授業のしょっぱなに先生がにこやかな顔で「文学部をでた自分と違い法学部や経済学部に進む君たちには豊かな未来が待っている」というようなことを言われたことに違和感を覚えたのですが、なるほどそういう切実な背景があったからかと納得しました

 

オノマがもっぱらやったアルバイトは家庭教師でした。ぜんぶで三人の中学生を指導しました。今頃はみんな還暦を過ぎているんだよねえ

 

しいて肉体労働的なバイトというなら学校の図書整理と夏休みにやったガイドです。図書整理はせいぜい数百円にしかなりませんでしたが、拘束時間が朝から夜遅くまでと長いガイドはひと夏でサラリーマンの初任月給の倍の実入りになりました

 

ガイドと言っても羽田空港で迎えた観光客をホテルまで届けるのが主で、稀に都内、日光、箱根観光案内で先輩ガイドの助手をしました。学生寮のある三鷹に帰る電車に間に合わなくなって帝国ホテルやホテルオークラといった一流ホテルに泊めてもらえたのは貧乏学生にとって貴重な経験でした

 

アメリカからくる観光客は色々でしたが、概して気立ての良い人達でした。東京と箱根でアテンドした客のひとりはオノマの働きぶりを褒め、会社からもらう日当よりたくさんのチップをオノマに握らせたものです。会社の規則でチップは受け取れないとしばし押し問答。さいごはありがとうと受け取りましたが日米の格差を垣間見たノンポリ学生オノマ、日本経済の為に勉強するぞと決心、ガイドのバイトはやめました

 

今おもいだしました。新宿のキャバレーで働く学友がいて、ゆうべは女給(古いねえ)にその道の手ほどきをうけたと悦にいっているのがいました。まあ、そういうのは例外で、小田島先生が学生だったときから十余年、日本は家庭教師の需要がたくさんある時代になっていました

 

オノマが教えた生徒の家業は、僧侶、公認会計士、商社の次長でした。今はどうでしょうか。もしかすると大企業の部長クラスでも家庭教師を雇える人は稀ではないのかなあ・・

 

小田島先生が「大学で教えた地方出身の学生たちの話す方言にはうらやましさを覚えた」ことも知りませんでした

 

オノマは小学四年から高校卒業まで過ごした郡山で覚えた東北弁を今度は標準語に直そうと懸命だったのですが、先生からみれば賢明ではなかった 

 

この年になると方言は良いものだと小田島先生と同じように思いますが、当時は標準語が話せないことで劣等感がありました。東京には東北地方を軽くみる雰囲気がありました。いや、今だって変わってないのかもしれません。東北復興が終わっていないのに東京五輪をやろうという無神経ぶりは昔より下品かもしれません

 

あ〜あ、虚しい政治路線になってきたねえ

 

気を取り直して締めくくります

 

学友からのメールにあった一行にう〜ん

 

24面の写真は「今のお顔」のようでふけられたなという写りでした。

 

う〜ん。小生はもっと老けたかもしれないと思いました

 

半世紀恩師と変わらぬ顔となり

 

蛇足です:

 

苦労してたどり着いた母国で夢は破れる。引き揚げ者に向けられる目は冷たかった

 

詳細省略。満州から引揚て落ち着いた横浜のハズレの田舎でオノマはワルガキ三人にいじめられました

 

唯一の孫娘に言い聞かせています

 

女は愛嬌、人には親切、無理はしないでますます元気なみいたん

 

女を男に入れ替えても使える名句ですが、まずは孫娘から 

 

蛇足をもう一本:

 

安倍晋三さん、沖縄をいじめるでない! 

 

 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017081502000109.html

 

 

| おのまのプロフィール | - | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
やめるべきか

かつては日に二千人の訪問者があった「木霊の宿る町」。やがて千人になり、三百人になり、百人になり、最近では五十人を切るようになりました

 

読者のみなさまにおかれては、熱中症でお亡くなりになられる方が多いのでしょうか(笑)とは悪い冗談

 

書いている本人・オノマ自身に書きたいという気持ちが薄れています。かつてはこんなに内容が豊富でおもしろいブログはないと内心自画自賛していたのが、書きたいという気持ちが薄れているのでは面白いブログになるはずもありません

 

訪問者が減って当然なのですが、さりとてゼロになったわけではないので何か書かねばとは思っています

 

安倍晋三さんの話を書きたい気持ちはあるのですが、書くと虚しくなるので気合が入りません

 

安倍さんは内閣改造の直後にNHKニュース9に出ていましたが、キャスターの有馬さんや桑子さんの質問に対して率直に答えないことがあったのでオノマはハタと思いました。国会での饒舌で中身のない答弁やその場その場で変わるデタラメ発言は意図して行っているのではないのかもしれない、安倍さんは一種の脳機能障害を患っているのかもしれない

 

というようなわけで、ブログ=ウェブログ=管理者が記事を投稿する私的ニュースサイト、あるいは公開日記(ウィキ)という基本にのっとり、私的日記に徹しようと思っているのですが、十余年も書いていると今更あたらしい話があるはずもないし、ブログをやめるのがいいのかなあ

 

訪問者が十人を切ったらやめましょうか

 

国民の二人に一人が安倍さんの人柄を信じてないのに安倍さんはやめないのだから、せめて安倍さんがやめるまではオノマも負けずに続けましょうか

 

まあ、最低でも今日が最後ということはないでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| おのまのプロフィール | - | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
外付けの洗い場

築六十年超の我が家を十六年にわたって少しずつ改造してきましたが、目下のところ、コスパでいうと、壁を挟んで台所の外に造ってもらった簡単な洗い場が一番です

 

コスト:園芸用テーブルの一部を切って中古のシンクをはめ込み、壁に穴を開けて家の中の上下水道管とつないだだけ

 

材料費+手間賃=十万円以下

 

パフォーマンス:とても使いやすい

 

使いやすいというより使っているあいだ気分が良いと言うのが正しいかもしれません。汚れものを洗うという作業自体を気持ち良く感じるのです。家の中の台所では面倒に感じるのに外だと幸せ感が生じます

 

洗った食器やまな板などはそばにある古テーブルに乗せて天日と風で乾かします

 

なんなのでしょうかね、同じ作業でも内と外で気分が異なるというのは

 

これこれこういう理由でこうなる・・という理屈が思いつかないのですが、ものはためし、人生は一度、家の構造が許すのであれば外に洗い場を作られることをお勧めします

 

外付けの洗い場

 

食器洗いより楽しいのが糠漬け作業です

 

前日につけておいたものを取り出す、出したあとに新しい野菜を漬け込む、容器に蓋をして濡れタオルで覆う、日の当たらない場所に置くという一連の作業が楽しいのです

 

糠漬けを冷蔵庫の中に入れておくと冷蔵庫を開けたときに糠漬けの匂いが部屋に広がります。糠漬けを切るとき、新しい野菜を漬け込むとき、なんとなく手早くしないといけない気分になります(まあ、ならない人もおられるでしょうが)。外だと匂いは気になりません

 

急かされた気分がまったく生じず、安倍晋三さんお得意の「丁寧に」糠漬けを取り出す、「丁寧に」漬け込む、「丁寧に」フタをする、「丁寧に」・・・

 

 

外付けの洗い場で切る糠漬けや

 

安倍晋三さん、仕事しない閣、いや、仕事師内閣という掛け声は結構ですが、そのまえに、懸案となっている事項のひとつひとつをうやむやにするのではなく「丁寧に」解決、解明することが肝要です

 

原発電源喪失、安倍記念小学校、お友達のための戦略特区、陸自のイナダ反逆、どれも解明されていません。気合を入れて丁寧に洗いましょう

 

 

古漬けをそのままにして加えても野菜は旨く漬からない

 

| おのまのプロフィール | - | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
流れる雲

「流れる雲」というタイトルは誰かがすでに使っているかもしれないと検索してみました

 

ありました

 

流れる雲:原作は源氏鶏太の小説1965年10月4日から同年12月30日までフジテレビ系列局で放送。放送時間は毎週月曜- 金曜21:45 - 22:00 。

社長の御曹司と結婚するも、やがて離婚するヒロインのその後の愛の曲折を中心とした人間模様を描く (ウィキ)

 

源氏鶏太・・懐かしい名前です・・・でも「流れる雲」という作品があったのは知りませんでした

 

1965年10月・・昭和40年・・オノマは大学生・・渋谷に下宿していたのか、藤沢市六会(むつあい)の実家から通学していたのかを思い出せません

 

大学時代の一時期に下宿したことがあります

 

渋谷・代沢の下宿屋で二階に二畳の部屋が三室ならんでいました。オノマが持ってたものはちいさな座卓と布団くらい。テレビは無論ラジオもありませんでした。唯一のぜいたくといえば日本経済新聞を購読していたことくらいではないでしょうか

 

藤沢の実家には台所・食堂・居間が一緒になっている十五畳ほどの部屋にテレビがあったと思うのですが、はてテレビを見て楽しんだという記憶がまったくありません。記憶はありませんが「シャボン玉ホリデー」とか「夢であいましょう」といった番組を見ていたのは確かです

 

シャボン玉ホリデー』(シャボンだまホリデー)は、1961年6月4日から1972年10月1日、および1976年10月9日から1977年3月26日まで日本テレビで放送されていた音楽バラエティ番組 (ウィキ)

 

夢であいましょう』(ゆめであいましょう)は、日本放送協会(NHK)のバラエティ番組1961年4月8日から1966年4月2日まで毎週土曜日22時台に日比谷会館、日比谷第1スタジオ(H-1)から生放送されていた

 

脱線しました

 

おとといの夕方、群雲(むらくも)が静かに流れているのをみてパチリ

 

 

僕らのように名もない雲が幸せそうに流れてる

 

うろこ雲とかいわし雲とかいう名前があるよとおっしゃいますか

 

そうなのですが、それはパンダとか日本人とかのごとく集合体を表しています

 

今見ているうろこ雲も、いつか見たうろこ雲も、将来見るうろこ雲も、区別なくうろこ雲。うろこ雲を形成している一個一個のうろこやいわしには名前がありません。パンダの個体ならランランとかカンカンという名前をつけますが、それがありません

 

はてな、上野で生まれたパンダの赤ちゃん、ウンウンになる予感・・・雲雲と書いてウンウン

 

云々と書いてデンデンと読んだ安倍さん、ウンヌンですよ〜

 

オノマもあなたも何のたれがしという固有の名前があって夫々の生を生きているわけですが、しかし安倍晋三さんの目からみればそんなものは無いも同様。大衆とか日本人とかいう集合体でしか理解されていません

 

個人主義とか民主主義とかいったものが邪魔くさくて仕方がない全体主義者、独裁者たる安倍さん

 

「丁寧に説明する」という美辞でもって安倍さんが自説を押し付けてくることはあっても、安倍さんがオノマやあなたの話を「丁寧に聞く」ことはありません

 

オノマもあなた(たぶん)も無名で無力。少しでも目立てば、有無をいわさずしょっぴいて刑務所へ入れれば良いというのが安倍さんの思惑。嘘だと思うのなら沖縄・辺野古をごらんなさい

 

でも

 

詳細省略

 

安倍さんなど無力なのです

 

とどのつまりは、無名のオイラたちは(できれば幸せに)流れていけば良いのです

 

おのまと一緒に下宿していたのはふたりとも大学の後輩でした。顔は覚えていますが名前を思い出せません

 

よく加山雄三の歌を歌っていた一年生とはほとんど話をしませんでした。こいつとは話すことがないなと思っていたような気がします・・・

 

オノマより貧乏だった(たぶん)もうひとりの学生(二年生だったと思います)とは良く話しました。資力がないため高校を出てすぐ二、三年ほど社会で働いてから受験したという人でした。霞が関の官僚になると言っていました。よく勉強していたから試験は合格するだろうと思いましたが、なにかオズオズしているところがあって、向いていないのではなかろうかと少々痛ましい気持ちになったものです

 

もし官僚になってたとして・・・・国会で嘘の答弁をしている姿は想像できません・・・

 

どちらが良いのでしょうかねえ・・・嘘をついてでも国税庁長官になる・・・正直を通して出世しない・・・

 

巻積雲(けんせきうん)は雲の一種。白色で陰影のない非常に小さな雲片が多数の群れをなし、集まって魚の鱗や水面の波のような形状をした雲。絹積雲とも書く。また、鱗雲うろこ雲)、鰯雲いわし雲)、さば雲などとも呼ばれる (ウィキ)

 

★7月29日追記

雲の写真に「珍しい。まるでしらすクジラのお腹みたいですね」というコメントをもらいました。豪勢なイメージです。東京ドーム十個分もある・・・まんまるい感じでアンコウかフグのイメージになりますか・・・戦艦大和と武蔵をあわせたより大きなクジラが空をゆったり横切っていく。ウロコ雲、イワシ雲、サバ雲に加えてこれからはクジラ雲とも呼ぶ・・・

 

 

 

| おのまのプロフィール | - | 19:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
恵みの雨

あいかわらず天変地異が続いている日本ですが、当地も夏の異変というか、この頃は当たり前の現象になっているというか、山火事があちこちで発生しています

 

我が家から東へ車で数時間の所にあるカムループスから北上、ウィリアムズレークまで、日本でいえば名古屋から東京あたりまでの広範囲に渡って山火事が発生していて、灰燼に帰した町もあります。三万人が避難し、三千人の消防士が出動しています。ブリティッシュコロンビア州の人口・約四百万の1%近くの人が避難したわけです

 

火事の煙はバンクーバーまで流れてくるため、呼吸器の弱い人は外出しないほうが良いとテレビで放送しています

 

十数日に渡って夏日が続いていましたが、二十二日・土は久しぶりに朝から夕方まで雨が降りました。薄ら寒く感じるほど気温がさがりました

 

 

朝から降ってる冷たい雨に食器洗いをしてもらう

 

雨が降っているときは、デッキの上においてある、古びたテーブルの上に汚れた食器や布巾などを並べるようにしています。水道水も洗剤も使わないことでなにか良いことをしたような気分になります。すこしだけ自然と一体化したなというような気分

 

この日洗ってもらったのは湯呑み茶碗、醤油差し、オーブントースターの網の三品でしたが、肉を焼いたあとのフライパンも雨に一晩打たれると脂がきれいにとれます 

 

洗剤なしで脂汚れが取れるのですから酸性雨(たぶん)の威力おそるべしです

| おのまのプロフィール | - | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
長頭ぶどう

六年前の大津波のあとも天変地異が続く祖国、一向に暴走の止まらない安倍政権、かてて加えて日光は華厳の滝、急速に落下するオノマの体力、気力、視力、知力・・等々・・ブログを書くのがしんどい今日このごろです・・などという愚痴はよして、本日は猛暑にピッタリ、オノマのブドウ処理法をご紹介します

 

まあ、処理法というほど大げさなことではなく、冷凍庫があればできることです。読者の中にも実践されておられる方がひとりやふたりおられることでしょう

 

ブドウの房を除きます

実を一粒ずつ洗います

適宜の容器、あればザル、に実を移します

天日で半時間ほど乾かします。あるいは布巾やペーパータオルで水気をとります

冷凍庫に入れます

三時間ほどでできあがり

 

口のなかでザクザク音をたてる、いえ、聞こえませんが、そんな感じで食べるブドウは真夏にもってこいです

 

やめられないとまらない、かっぱえびせん。房についているブドウだと一房全部を食べがちですが、一粒ずつだと、そして凍っていると冷たくてそう多くは食べられず、加計、いえ家計にも良いです。冷凍代を忘れれば・・

 

長頭形のブドウをみつけました。普通の丸いものより値段が安かったので二袋買って冷凍しました

 

日本から来た、オノマより一回り若い知人夫妻に出したところ、みたことがないというので、実は、といって・・・

 

 

凍らすとサナギも甘くなるのだと笑って出した長頭ぶどう

 

長頭ブドウというのはオノマの造語です。本当の名前を知りません

 

サナギも凍らすと甘くなる、食べてご覧なさいと言ったところ、ミセスは嘘!と言ってパクリ

 

ミセスがブドウだわと言い、オノマも面白い形でしょうと言ったのですが、ミスターは気味悪がってついに食べようとしませんでした

 

日本男子、軟弱なり、喝!!

 

オノマ一家五人は戦争が終わり満州から引き揚げ、しばらく母の実家@愛媛県北宇和郡、山の中の村に身を寄せたことがありました

 

美味しいから食べてご覧と大人たちに勧められた蜂の子をついに食べられなかった幼児・オノマも軟弱でした

 

いや、今だって蜂の子を食べることはできません。動いているものはもちろんのこと生け簀から出したばかりのイカの刺し身だって気の毒に思うオノマ、考えてみれば、偽善者です

 

| おのまのプロフィール | - | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
チョコラブの歌

ウィキから:

ラブラドール・レトリーバー

カナダのニューファンドランド・ラブラドール州原産の大型犬

先祖は小柄で短毛のセント・ジョンズ・レトリバーで漁に用いられ、魚網の牽引やニシンやタラの回収に使役された

 

母親の誕生日を祝うためにアメリカ・フロリダへ行った知人夫妻からチョコレート色のラブラドール・レトリーバー・略してチョコラブを預かっています

 

冬にも預かったことがあり、ブログに登場したはずです

 

元々は猫より犬が好きだったオノマ、毎日チョコラブと一緒に加納川べりを散歩しています。雪の散歩もよかったのですが、半ズボン姿での散歩はいちだんと爽快です

 

ちなみに 加納川とは・・・加納川=蚊の小川=Mosquito Creek・・・ 我家の近くを流れている川です

 

スキーの練習に良いだろうと思い、前傾姿勢になって下り坂を走ってみました

 

いやあ、驚きました

 

オノマは贅肉のない細身ですが、胸の肉というか、乳房というか、皮というかがブルンブルン締まりなく揺れ、腰のあたりが硬直していて、下半身の動きと上半身の動きがとてもちぐはぐに感じました。パーツがゆるんでいて、ネジが外れそうになっている飛行機が今にも空中分解するような感じでした

 

百メートル走・多田修平(関学大)の精悍なイメージはもとより皆無、ヨタヨタのヘーロヘロ、真正おいぼれの姿

 

半年後にはスキーができなくなっているかもしれない、ヨタヨタからの生還を図ろう、精悍を目指そう、筋肉をとりもどそうと決心しました

 

チョコラブのことを書くつもりが脱線しました

 

 

 

人間と一緒に海で漁をした犬の血をひく吾れはチョコラブ

 

ラブ犬は賢く、とても仕事が好きな犬だというのですが、能力にみあった仕事を与えられなくてちょっと申しわけない気分です

 

まあ、オノマだってあふれんばかりの才能を生かしきった人生ではなかったのだから(多分)、その辺を斟酌(しんしゃく)して我慢してくれよな、チョコラブ

 

それにしても能力が著しく劣る(多分)人たちが総理大臣とか法務大臣だとか防衛大臣だとかをやっている日本ってとても変ですよね。お仲間のみなさま、地位に恋々としていますよね、菅(すが)さん

 

ああ、また脱線しましたか

 

チョコラブが登場した以前のブログです

 

http://onomar.jugem.jp/?day=20170212

 

 

| おのまのプロフィール | - | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ