木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

コロナで支給金

 

10万円のコロナ支給金、次女一家@大阪には6月上旬に届いたという

 

5月に訊いたときにはまだ来てないけど、届かなくても困らないよと言ってのけた次女。サラリーマンの旦那がコロナ失業になっていないことのありがたさが分かっていないなと思うが、困らないと聞いてオノマはほっとした

 

625日に問い合わせたところ、長女一家@香川、長男一家@兵庫は共に619日に入金があった由

 

長女一家、長男一家とも夫婦共稼ぎだが子供ひとりの次女とちがって、それぞれ学童がふたりずついて余裕がない様子がなんとなくわかる

 

二年前、長女一家は長男が大学受験に失敗して予備校に入ったが、授業料や寮費を工面するのに苦労していた。一年浪人した後も軒並み不合格。二浪後のことしも公立大学には受からなかった。合格した私立大学の入学金の工面で長女は青くなっていた。二年連続で貧者オノマは支援した

 

長女一家が受け取った支給金の半分はオノマへの返済(の一部)に当てられた(筈)

 

長男は営業職で顧客向けのイベントがよくあったのだがコロナでそれがなくなりボーナスが減ったようである。それにも関わらず支給金の半分をつかって冷蔵庫を17年ぶりに買い替えるつもりだと嫁から連絡があった

 

う〜ん、新婚当時の小さな冷蔵庫を17年も使っていたのか、やっぱり余裕がなかったのだねえ

 

支給金の半分が冷蔵庫に使われるのはいいことだ

 

四人家族にふさわしいサイズの冷蔵庫が手に入るという小市民のシアワセもさることながら、日本経済のためにいいことなのだ。20万円分の実体経済が生まれるのである

 

庶民の消費力がおちれば国全体に元気がなくなるということが理解できなかった安倍・麻生行政。消費税を増税しても庶民の消費が落ちないとタカをくくっていたのであろう

 

かてて加えて

 

あろうことか、国民にはたっぷり時間をかけて10万円を支給しておきながら、国会議員には賞与600万円のほかにコロナ特別手当200万円を速攻で支給し、あまつさえ、賭博罪が科せられてしかるべき黒川弘務検事長は6千万円ちかい退職金を懐におさめた

 

上級国民とその他大勢への対応との差が大きすぎる。じつに困った政府だ

 

カナダ政府はコロナ失業者にひとつき2,000カナダドル(16万円)を3月から6月まで支給してきたが、これが9月まで延長されることになった

 

16万円x7か月=112万円

 

カナダ政府の財政バランスはおおいに悪くなるが、コロナ失業者の消費力がおちない、消費税収が落ちないという大きなメリットがあるから賢明な施策である

 

そして

 

おどろくことに年金生活者にも、これは一回こっきりだが300ドル(2万4千円)が支給されることになった

 

(カナダ国籍でない)永住者・オノマにも届く。しかし、有難いという気持ちはない。コロナで収入が変わったわけではないのだから

 

受け取ったら全額を2ドルコインに換えていつも持ち歩いて路上で乞われるたびに施すつもりだ(コロナ以前からの失業者に月2000ドルの支給はない)

 

7月1日追記 

上記に国会議員のボーナス600万と書いたが、ほんじつの報道では議員300万、安倍400万

 

ちなみに25年ほど前(外資企業に転職する前)のオノマの夏ボーナスは200〜300万円。カナダ現地法人社長のとき親会社に2億円ほど配当したときに400万強もらったのが最高

 

議員の親会社は国民。国民へ配当(減税)したのであればボーナスもありだが、消費税を上げておきながら自らはボーナスをとるとは背信行為なり

| おのまのプロフィール | - | 16:42 | comments(0) | - |
コロナでいやさか

カナダから送った荷物を受け取るため二月下旬からひとつきほど日本に行っているあいだにコロナ騒ぎが大きくなっていった

 

荷物を送りだす準備をしていた一月、クロネコヤマトのひとからコロナで配船のスケジュールが乱れ始めていると聞いていた。そういう変化が起きていることをNHKは伝えなかったし安倍内閣の閣僚たちは相も変わらず飲み食いに淫していた

 

荷物を受け取る前に東京で知人や親類と会っておこうと早めに日本へ行き、東京・目黒のホテルで数日過ごしたのだが、時やや遅く、一夜で日本の空気は亜戒厳令のそれとなり、約束を軒並みキャンセルした

 

滑りこみセーフ

 

空気が変わる前日に姪とその両親に会っていた。両親は十数年前にカナダに来たことがあるが、姪とは二十年ぶりの再会であった

 

姪は交響楽団の一員である。三月中旬に公演会があるというのでスケジュールが合えば聴きにいくと言ったが内心ダメかもと危惧していた

 

危惧は当たり公演はキャンセルになった。二十年ぶりに姪たちの演奏を聴くことは叶わなかった

 

三月のいつだったか、姪は楽団が生き延びられないかもしれないと書いてきた

 

楽員の気持ちがあれば楽団は立ち直れるとエールを送った

 

やがて楽団はネットで演奏を配信しはじめた

 

姪が手を振っていた。涙がでた

 

ネット配信は続いた。墨田区の支援を得て立派な会場で行われた演奏・Vol 5はとても綺麗な映像だった。涙は出ず、姪と夫君と対面しているようで妙な気分になった

 

楽団はネット配信と共に寄付を募り始めていた

 

もう少し財閥になっておくのだったと思えど、あとの祭りの貧者・オノマ、すぐ五万円寄付した

 

オノマ、色々なところに寄付しているが大概は一万か二万で勘弁してもらっている。現役サラリーマンのときは一桁大きかった。日本政府のコロナ支給金より上だったし早かった・・・脱線した

 

貧者が何人いたのか、ひとりでいい、財閥がいたかいなかったかは知るべくもない。知るのは怖い

 

楽団は生延びている

 

NHK が楽団の模様を報道した

 

ネット演奏は今でも続いている。またもや涙がでることもある。出ないときもある。みんな偉いなと感心する。団員の家の様子が見えてほのぼのとする

 

禍福はあざなえる縄のごとしよとノーテンキにつぶやく

 

二十年ちかく会っていなかった姪や、会えなかった夫君の顔を頻繁にみることのできる今はコロナのもたらした福のときなり。弥栄(いやさか)

| おのまのプロフィール | - | 10:44 | comments(0) | - |
コロナで無為

2020622日、日本からもどって88日たった無為の時間を過ごしている

 

と書き出した途端にそれでは真実を現していないと思った

 

大した違いじゃない、命短し、なんでこだわるそんなこと と思いなおしたが、やっぱり精確ではない・・・

 

Goo辞書

無為=[名・形動]

 

何もしないでぶらぶらしていること。また、そのさま。「せっかくの休日を無為に過ごす」「無為な毎日」「無為無策」

 

⊆然のままに任せて、手を加えないこと。作為のないこと。また、そのさま。ぶい。

「日頃忘れていたゆったりした―の歓喜が」〈宮本伸子

 

《(梵)asasktaの訳》仏語。人為的につくられたものでないもの。因果の関係を離れ、生滅変化しない永遠絶対の真実。真理。⇔有為 (うい) 

 

おのれの無為がGoo 辞書の,鉢△砲△燭襪里牢岼磴い覆い里世、,鉢△砲枠妙な差があるようにも思う

 

ー動的な雰囲気。無気力、自堕落。うしろめたい気分になる

能動的な雰囲気。みずから求める無為。だから歓喜となる

 

おのれの無為にはあるのか

 

88日の無為とは身体的無為・不活発であり、精神的には大いに有為・活発だったと思う。にある永遠絶対の真理を探っているのではなかろうか。,Δ靴蹐瓩燭機´歓喜、共にない

 

その精神的有意なるものの内容をことばに変換するまでに至っていない状況にあるということだけを書きとめておく

| おのまのプロフィール | - | 15:04 | comments(0) | - |
コロナで進化論

北バンクーバーもコロナ規制が緩やかになってきたのだが二か月以上続いてきた自主隔離に慣れてしまった

 

327日、日本からもどって二週間の強制的自主隔離中はスキー仲間が買い物をしてくれた。強制隔離が終わったあとは運動を兼ねてふつかに一度は買い物で外出していたのだが、そうすると以前はあまり買わなかったものを買うようになった。買い物の頻度が増えたのは明らかで、いつも冷蔵庫のなかが一杯になっていた

 

でもって4月は2千ドル(16万円)強使っていた

 

買い物のほとんどは食料なのだが、ふたり分にしては少々使い過ぎではなかろうか、カナダで貰っている老齢年金・1200ドルを8百ドルも超えている。家計簿をつける習慣がないので正確なことはわからないのだが、買いすぎ、食いすぎだとぼんやり自覚した

 

家計簿をつけないのになぜ2千ドルと分かるのか。閑つぶしに㋃は買い物のレシートをカレンダーに貼っていたからである

 

5月は14日現在で804ドル使っていた。そのまま推移すれば1600ドルでやはり老齢年金を(400ドル)上回る

 

無為の日々に目標ができた。残る18 日、できるだけ節約しよう

 

買い物にでる頻度を減らした

 

息をつめておよぐ潜水泳法のごとし。17日に買い物をしたあと5日にわたって外にでなかった。冷蔵庫から食料がなくなった。水面に浮かび上がった

 

しかし買い物したのは222728日の三日だけ

 

結果、5月の買い物は1200ドル弱、すなわちちょうどカナダ老齢年金内に収まった。日本円換算で10 万円を切った。すこしばかりの達成感が生じた

 

禍福はあざなえる縄。コインの裏表。片方があがるともう片方は下がるシーソー

 

どこまで記録をのばせるかという「前向きな」気持ちと外に出ようという「前向きな」気持ちのシーソー

 

節約のコツは簡単引きこもり

 

強制されなくてもあえて引きこもるようになった自分を第三者の目でみる

 

命短しあせるなオノマ、何を生きても良いではないか

 

世の中にごまんといるひきこもり群像のひとりになってもいいではないか

 

なにか底なしの沼にはまって少しずつ沈んでいくような感覚だな

 

これはいかん、なんとかしないといけない・・・という気が一向におきないいや、これってまずいんじゃない?とちらりと思うことがないではないのだが一瞬できえる

 

近所にふたりのスキー仲間がいる。近所といっても距離にするとひとりは二キロ、もうひとりは五キロほど離れている。二キロの仲間が強制隔離のあいだ買い物をしてくれていた

 

ふたりがメールや電話で外に出ないとだめだとさかんに言ってくる。しかしそれが心に響かない。底なし沼から抜け出そうという気が一向におきない

 

その二人が偶然まちなかで遭ったらしい。北バンクーバーはゆったりした敷地の住宅街が多く、東京にくらべたら人口密度が低い。繁華街は限られているから買い物でばったりというのは珍しくない

 

でもって、これは想像なのだが、ふたりは底なし沼からオノマを救出せねばならぬということになったのではなかろうか。天気もよさそうだから二日あとに食事会をしようというメールが五キロの方からきた

 

二日後とは急だなと億劫に思ったが、別に用があるわけでもなしよって断る理由はない

 

天気予報が変わったこともあって三日後に会うことになった。それぞれの家人も加わって計6人は緩やかになった規制に沿う人数である

 

63()五キロ先仲間宅のバルコニーで食事会

 

肌寒いのでヒーター使用。ヒーターの値段は約3万円、お隣さんから借りた由

 

二メートルの者間距離に神経質なのは香港系カナダ人ならびにイギリス系カナダ人のふたり。日本人四人はそれほどでもないが二人に従っ

 

この三人(スキー仲間)が一緒になったのは150日ぶりくらいか。ホストはひげを伸ばしていた。コロナヒッキーでひげを伸ばした知人は他にもい

 

 

食事会は愉快であった。しかし、宴が終わって家にもどると、底なし沼に浸っているのは悪くないと思った

 

コロナでもって新種の人間がうまれつつあるのであろう

| おのまのプロフィール | - | 17:32 | comments(0) | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters