木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

はなはだ不本意ながら忘れたい安倍さんのことを書きます

「命短し 忘れよ 日本 今日は父の日 何思う @六月第三日曜」 を書き始める直前に関西で震度六の地震があった

 

大阪に住んでいるおのまの次女宅で食器が落ちて割れたなどはご愛敬のうちというべし

 

ブロック塀が倒れて下敷きになったりして五人が亡くなったのは天災というよりは人災であり痛ましい。昔からおのまは言っているのだが、地震で野生の猿や猪が死ぬことはめったにない、死ぬのは人間が構築した融通のききにくいシステムに閉じ込められている人間および家畜、ペットだけだ

 

人工システムの欠陥は常時、徹底して点検を続けないといけないのだが、かつてそれをやっていた佐藤栄佐久福島県知事はありもしない収賄事件をでっちあげられ、第一次安倍政権時代に抹殺された。安倍首相は日本の原発は安全だと国会で答弁をしていた

 

五年後にフクイチ原発でメルトダウンが起き、数十年の時間をかけて始末することになった。第二次安倍政権をとった安倍首相は自身の犯した間違いを謝罪したことがない

 

今回の地震で壊れた大阪ガスの復旧には一週間ほどかかるという報道もあった

そんなさなかに流れた安倍首相のツイッターには驚いた

国民のみなさん、いまは加計問題もカジノ法案も忘れてワールドカップを楽しみましょうとはしゃいでいた

ツイッターには抗議の声が殺到した

死者を弔うひとたちがいて、壊れたインフラの修理に取り組んでいるひとたちがいる瞬間に、サッカーで浮かれている安倍さんはいかれている

安倍さんがはやく退陣することを切に願う。日本は国家存亡の臨界点を超えている

 

 

 

| おのまのプロフィール | - | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
命短し 忘れよ日本 きょうは父の日 何思う @六月第三日曜 ・ 前篇

四十七年前の話。

おのまの父は再生不良性貧血という難病をわずらい、神奈川県相模大野市で病院くらしを数年つづけ藤沢市の自宅にもどることなく逝った。享年64。

おのまは入社五年目の駆け出し。東京で三年勤務したあと大阪支店勤務となり満二年になろうとしていた。ニクソンショックという為替の大変化がおきて昼食もとれない日々を過ごしていた頃であるが、忙しさが理由ではなく、大阪から東京まで行き来する交通費の工面ができず見舞いに行くことができなかった。

容体が急変したので戻ってこいという電話が勤務中にきた。庶務係長に相談すると、背広購入のための貸し出し制度を利用したら良いと二万円を貸してくれた。店が持っている日本航空株の優待券を使いなさい、飛行機で行きなさいとも言われた。

礼を言うと庶務課長は暮れなのに大変だなとつぶやいた。亡くなるのが決まっているかのような口ぶりであった。父は回復するだろうと念じた。

病院に駆けつけるとベッドに横たわっている父は顔をしかめていたが言うことははっきりしていた。やっぱり大丈夫だ、明日は大阪にもどれるだろう。今夜も病室に泊まるという母を残しておのまは藤沢の家に向かった。いつまでも病室に居ては父を疲れさす。

相模大野と藤沢とは小田急線一本で行き来できる。車窓の外は暗かった。学生時代に毎日のように乗ってた小田急線。下り電車は相模大野で小田原線と江ノ島線に分かれるのだが、分かれたとたんに風景が寂しくなると感じた。

家につくと学生時代から飼っている犬・プンクトが飛びついてきた。二年ぶりの再会。腕の中でブルブル震えていた。慟哭していると思った。

プンクトは家庭教師のバイト先、服部家の犬・ピンクが産んだ仔の一匹で、目が開いたか開かないかという時にもらった。目白から藤沢まで運ぶための箱に子犬をいれる時ピンクは怒った。

夜中、子犬はくんくんと鳴きはじめた。鳴きやまない。箱からだして胸に抱くと鳴きやんだ。朝まで胸の上において寝た。

子犬がとても小さかったのと母犬の名がピンクだったことからプンクトという名前を思いついた。ドイツ語で点という意味である。プンクトにしたと服部一家に報告したら生徒・庸一くんはプンクといって鼻のさきで笑った。

家に着くとすぐに電話がきた。容体が急変したという。ふたたび小田急線に乗ったが間に合わなかった。

はっきりしないのだが、弟ふたりと妹は死に目に間に合っていたような気がする。あのころ彼らはどこに住んでいたのだろうか。

父の妹・京子さんがいたのはよく覚えている。医者が遺体を解剖させてほしいというので一同が相談したときに、京子さんはお兄さんが可哀そうだと反対した。

薬学が専門の次男坊・保利は医者にカルテを要求した。カルテをみてずいぶん強い薬を飲んでいたんだな、これでは体がもたないと言った。三男坊・宏志はやぶ医者だと言った。

医療技術の進歩につながるのだからという理屈が通った。

解剖に同意する旨を告げに医者の部屋へ行った。医者が看護婦にむかって、あの患者は不治の病だ、治る見込みはなかったのだと大きな声で言っているのが聞こえてきた。

解剖が済んで医者がやってきた。中はきれいだった、内臓疾患があるという診立ては間違いだったとがっかりしたような表情で言った。数年にわたって多種多量の薬を服用させられた父が哀れだった。なにもできなかったおのれが哀れだった。診立て違いをした藪医者が哀れだった。

通夜には学友数名が東京から来てくれた。誰に連絡したのかを覚えていない。当時は学友との親交がとても密だったのだと思う。

藤沢は面積が大きい市で小田急線だけで九つの駅がある。東海道線の藤沢駅でのりかえる、急行のとまらない六会(むつあい)駅で降りる、タクシーはない、暗い田舎道を片道十五分くらいかかって歩いた学友たち。

悪かった、誰にも連絡しなければよかったのにと反省する。わが子たちよ、おのまが死んだときは誰にも知らせてはいけない。

客たちが帰り、家族、親戚数名、父が懇意にしていた「生臭坊主」が残った。「生臭坊主」とは三男坊が言っていたことであり、そういう呼び方をおのまは心のなかでもしたことがない。

賑やかであった。出前でとった寿司を食べたと思う。酒もあったと思う。遺族の悲しみを和らげるために通夜は賑やかなのが良い。

父の口のまわりにひげが伸びていた。亡くなったあとも髭は伸びるのをやめないのだと知った。

父が愛用していたカミソリを使って子供たちが順番に髭をそることにした。湯で温めた手ぬぐいで髭をむらす、髭剃り用のブラシで石鹸から泡をつくる、泡を口のまわりに塗る。

ウィルキンソン社の両刃のカミソリを小さな黒い箱にいれる、箱にはひもが通っている、紐を固定して箱を動かしてカミソリの刃を磨く。そういう作業を父は楽しんでいたと思う。

父のひげを剃るなどは初めてであった。剃り始めたとたんに涙がぽたぽたと落ちた。保利にカミソリを渡したあとも涙は落ち続けた。動揺した。それまで陽気だった生臭坊主が痛ましそうな顔になっていた。

大阪支店で借りた二万円はボーナスのときに返済したのだと思う。庶務課長の顔はいまでも覚えている。彼が父は死ぬに決まっていると予想したのは年の功なのだろうと今は良くわかる。

おのまはカナダ三井銀行の社長になったとき、現地社員のための貸し金制度を作った。貸し出し限度は月給と同額だったか二倍だったか、使途理由は問わず申請すれば即貸し出す制度にした。クリスマス時期になると利用する社員が何人かいた。

それまで現地行員にはなかったボーナス制度も設けた。これも月給と同額かせいぜい倍、しかも年に一度というささやかな制度であった。

| おのまのプロフィール | - | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
命短し 忘れよ 日本 なにはともあれ 下野公園

日本というか安倍晋三さんのことを考えないことが時々刻々と終わりに近づいているおのが命への礼儀というものである

 

6月17日(日)の朝

 

上下二段になっている裏庭。下段の庭、なづけて下野公園(したのこうえん)は日当たりがよくないので花はうまく育たない。あじさい、ふき、どくだみ、ちごなみだなどが植わっている。期待したほどには広がってくれないがちごなみだは元気である

 

小野小道に植わっている紅葉が年々大きくなり、いまや下野公園の半分を覆うようになった

 

覆われたところはテントの中のような感じがあってとても落ち着く

 

 

写真左上に写っている緑、三個が紅葉の枝葉である。緑にみえるが実際はかなり赤い

 

ちごなみだがでてくる過去ログ

 

http://onomar.jugem.jp/?day=20050527

 

http://onomar.jugem.jp/?day=20110915

| おのまのプロフィール | - | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
劇的変化とは大げさかもしれないが地下室前の庭

 

地下室前の庭

 

富裕層を優遇すればトリクルダウン効果で下々まで潤うというアベノミクスはインチキであるとオノマは考えてきた

 

五十年まえの話

 

オノマがサラリーマンになったときの初任給は月給26,500円であった。商社、保険会社、出版社などに比べて低かったし、時間あたりにすると学生時代のアルバイト(家庭教師、通訳)よりかなり劣った

 

しかし

 

経営者からみたら新入社員はアマチュア、戦力外、給料泥棒であることを自覚していたオノマ、今にみてろの臥薪嘗胆は大げさにすぎる、ましてや、おしんが感じたであろう悲しみなどはなく、入社三ヶ月後にボーナスをもらったときは申し訳ないとさえ思った

 

夏冬のボーナスをいれると年収は四十万円に近かった

 

そして

 

社員研修のとき、人事部の講師から十年選手のボーナスが、夏冬あわせてニ十万円でると聞かされた新入社員たちからオーと感嘆の声をあがった。オノマもそんなに貰えるとはすごい、この会社に入ったのは良かったのかもしれないなどと思った

 

そして

 

見上げる雲のはるかその上にいる社長の年収が二百五十万円、すなわち新入社員の六倍ほどと知ったときは感動した

 

巨額だからではない。財閥系の大会社で上下格差が六倍とは思ったより小さいねと感動したのである

 

日本の先輩たちは謙虚である、偉い、会社のため、日本のため、懸命に働こうと思った

 

オノマ一人にあらず。五十年前、同期生の多くはそういう気概で働いていたような気がする


 

おととい、知人と日本、カナダの初任給の話になり、その流れで調べたところ、かつてオノマが働いた会社の上下格差が二十倍ほどになっているとわかった

 

ビフォー・六倍、アフター・二十倍、劇的大改造ニッポン

 

かれこれ二十年。小泉純一郎、竹中平蔵あたりから始まった格差拡大傾向が止まないニッポン

 

知人がカナダやアメリカの格差はもっとかもしれないと言った

 

格差がどんどん広がっていく世界では社会のため、国のため働こうという気概は生まれない、自分の損得勘定が肥大する、社会全体は悪くなっていくとオノマは言った

 

針葉樹が植わっているため、地下室前の庭は表土から一センチ下はパサパサ、サラサラに乾いていることに気づいて、今年は朝晩水遣りに励んでいる

 

その効果だと思う。例年は数個しかならない苺がことしは三十個ほど熟し、食卓にのぼった

 

実は小さいが酸味と甘味の案配が絶妙で、市販のものより味が良い

 

果物は甘ければ甘いほど良いというのは間違っていると思う

 

しかし

 

多勢に無勢。ことごとくオノマの思いとは違った世界が広がっていくような気がするのは加齢のせいであろうか

 

 

他人のことは言えない、表土が濡れるのを見てよしとしていたオノマの水やりはアベノミクスに似ているかもねと反省した

 

反省ついでに書く

 

願わくは、日本に格差縮小に励む指導者が生まれんことを

 

今日もカナダ路線にならなかった・・・・

 

安倍さんの所為だ・・・・

 

 

 

| おのまのプロフィール | - | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
安倍外交についてこんな解説をするNHKさん、文書改竄財務省の真似ですか

安倍さんが各国の「橋渡し役」って・・・・

 

オノマ絶句・・・

 

 

安倍さんが金正恩と個別面談する首脳たちにすがりつこうと右往左往しているのは自明なのに岩田明子さん何やってるんですか

 

戦前の日本じゃあるまいし、ネット時代の今、こんな解説を信じるひとがいますか

 

こんな出鱈目な解説をカナダではみたことがありません(と、少しだけカナダ路線に戻ったこのブログ)

 

世のならいに従って、オノマも改竄作業

 

というか、これこそが放映すべき実相でしょう、岩田明子さん

 

| おのまのプロフィール | - | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
落語の師匠たちが叩かれているというから及ばずながら助太刀のつもりで昨日の短縮版

 

政権を批判した落語の師匠たちがなんちゃってウヨクから叩かれているという

 

これで師匠たちが萎縮したりテレビ局が自粛したりするのであれば、日本は一気に言論統制の戦前に戻っていくと、大衆は知っておくことが肝心。徐々にではない「一気に」である

 

ちなみに、このブログ、嘘つきしんちゃんと付き合うのはしばらく休みたい、ポイントを切り替えてカナダ路線にもどりたいと考えているのだが果たしてそれで良いのかどうかと大いに迷う

 

とりあえずは昨日の短縮版をもって木久扇師匠たちに助太刀いたす

 

高い視聴率を誇る長寿番組『笑点』(日本テレビ)がネットで炎上した。理由は、5月27日放送で安倍首相や政権への風刺、批判的な回答が連発されたためらしい。

 せっかくなので、この日の放送を再現してみよう。まず、司会の春風亭昇太から「人はうるさいと耳をふさいだりなんかしますよね。そこで皆さん、今回耳をふさいでください。で、一言言ってください。私が『どうしたの?』って聞きますから答えてください」というお題が出される。

 これに口火を切ったのは、三遊亭円楽だった。声色を安倍首相に似せながらこのように答えた。

「安倍晋三です」
「どうしたの?」
「トランプ氏から国民の声は聞かなくていいと言われました」

 続いて、手を上げたのは林家たい平。彼もまたモノマネを交えながら回答した。

「麻生太郎です」
「どうしたの?」
「やかましいぃ〜」

 政権批判ネタ三部作のトリを飾ったのは林家木久扇。彼はこのように答えた。

「うるせーなー」
「どうしたの?」
「沖縄から米軍基地がなくなるのはいつなんだろうねぇ」

http://lite-ra.com/2018/05/post-4041.html

| おのまのプロフィール | - | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
安倍さんは無視するのが賢いと思いつつ、党首討論のひどさに反応してしまったオノマ

 

★5月31日 追記

党首討論のひどさを日刊ゲンダイが簡潔に指摘しているのをみつけた

 

こうした指摘をNHKとか読売とかいった大手メディアが避けていることによって日本の大衆から善悪の感覚が薄れていき、よって日本が衰退していくのであろうとオノマは思う

 

記事抜粋:

 

「ご飯論法」とは、労働問題に詳しい法政大の上西充子教授が名付けた言い逃れのワザ。「朝ご飯を食べましたか」という問いに「(パンは食べたけど、ご飯=米飯は)食べていない」のように論点をスリ替え、ごまかす答弁だが、安倍首相もこの日、活用した。

 冒頭、森友への国有地売却の「関与」を金品授受に絞ろうとする安倍首相に対し、枝野代表は「急に金品や贈収賄のような限定を付したとすれば、ひきょうな行為だ」と指摘した。安倍首相は、過去に金品授受に触れた答弁が数回あることを示し「急に私が新しい定義を定めたわけでない」と釈明。金品授受の有無にかかわらず関与は問題との趣旨なのに、「急に」という言葉にだけ反応する「ご飯論法」である。

 

その後の答弁もヒドイ。加計学園の“安倍面会デッチ上げ”について、枝野代表が「個人としては平然でもいいが、総理として怒るべきだ」と質問すると、安倍首相はまた論点をスリ替え。「この問題で見失ってならない視点は獣医学部が50年間新設されなかったこと」と長広舌を振るって、最後に「政府はコメントする立場にない」と逃げた。「総理」の肩書を悪用された当事者意識ゼロだ。

 

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/230196/1

 

 

| おのまのプロフィール | - | 04:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
正直なイキモノたちはうそつきしんちゃんが大嫌い

コダマノヤドールマチ紙・モスクワ支局・オノマスキー記者:

 

平昌冬季五輪フィギュアスケート女子の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手への秋田犬・マサル贈呈式が5月26日(日本時間26日午後)、モスクワのホテルで開かれた

 

マサルはザギトワに抱かれると即座に顔をペロペロなめ始めた

 

 

日本の安倍晋三首相は秋田犬保存会が嫌がるのを無視して秋田犬政治利用劇を画策した

 

安倍から共演を依頼されてプーチン大統領は即座に断った

 

ニエート ニエート ニエート 

アベシン アンナカレーリナ ニエート アンナアホカイーナ  

 

それでも懲りない安倍は日露の国旗を掲げて政治劇を演出した

 

しかし

 

マサルは安倍に抱かれると即座に顔をそむけた

 

ニエート ニエート ニエート 

アベシン ドストエフスキー ニエート ドストウソツキー

 

 

それでも懲りない安倍しんちゃん

 

最後まで秋田犬贈呈政治利用劇の主演を演じきってみせた

 

 

アッパレというべきか

 

それとも

 

またぞろ秋田犬の政治利用を試みてプーチンに呆れられたのは、やっぱりアッホーというべきか

 

参考:

2011年6月にメキシコで開かれた主要20か国・地域(G20)首脳会議で当時の首相・野田佳彦がプーチンに提案した結果、2012年にプーチン大統領は東日本大震災の支援のお返しとして秋田県から秋田犬・ゆめを贈呈された

 

二匹目のドジョウ狙い

 

2016年12月、安倍はプーチンを山口県に招いた。秋田犬を贈ろうとしたが断られた

| おのまのプロフィール | - | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
懲りない政府が オノマにうつり 今日も侵害 著作権

潔(いさぎよ)くかどうかは微妙なところですが、はやばやと退陣した日大の内田正人さんとは対象的な安倍晋三さん

 

廃棄したはずの文書が一年後にでてきて森友学園問題が再燃しているのを幸いに加計学園問題の逃げ切りを図ろうとしている安倍晋三さん

 

懲りない安倍さんのデタラメ病に感染したか、著作権侵害の疑いがあるかもと思いつつ、うそつきしんちゃん第二弾です

 

さいきんのオノマさん、変だわねえ

 

安倍さんのせいよね

 

そうよ、そうよ

 

という読者の声が聞こえるオノマはチョー濃緑茶・・・

 

 

 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201805/CK2018052402000262.html 

「麻生氏を含めて責任問題検討を」 森友交渉記録廃棄で公明・北側氏

 公明党の北側一雄副代表は二十四日午前の記者会見で、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、財務省による交渉記録の廃棄などが明確になったことを受け、麻生太郎財務相の責任について「そういうことも含め検討してもらいたい。当然そうした問題は出てくるんだろう」と語った。

 北側氏は「決裁文書を改ざんし、廃棄していた。これはとんでもない話で、許されない」と批判。「誰が指示したのか、財務省が調査してもらいたい」と強調した。

| おのまのプロフィール | - | 02:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
著作権侵害のおそれがありますがボケロージンだからしゃあないかと勘弁してください

| おのまのプロフィール | - | 11:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ